世界遺産 吉野山を観て歩く

テーマ:

桜百選にも選ばれている吉野の桜、全国に数多く桜はあるが吉野の桜は山岳宗教にと結びついた

信仰のシンボルとして現在までに大切に保護されてきた歴史がある

今では200種類、約3万本の桜桜が四段階の壮麗な屋外劇を繰り広げている

4月の上旬に開花する下千本・・やがて淡いその色合いが中腹の中千本へと上昇し・・

4月の中旬から更に上部の上千本へと広がり・・中旬以降に最奥の奥千本が満開になる

吉野の桜に魅せられたラブラブ代表的人物が西行法師のであるとされている

生涯に一度は観てきたい名所・・吉野山を訪ねたあし・・・

 

吉野山観光駐車場にツアーバスバスが着き駐車場傍にある七曲り下の千本場所~中千本エリアの

金峯山寺に向け歩き始めたあしのは午後13時30分頃である・・・

 

 

七曲り下の千本(昭憲皇太后野立跡の石碑がある)      吉野山観光案内図

 

  

吉野山観光駐車場傍からの眺望   中千本~上千本を観る   上千本方面を観る(桜は今一つ?)

 

       

世界遺産 金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂             威徳天満宮

                              (天満神社ともいい菅原道真公を祭神としています)

中千本エリアにある金峯山寺蔵王堂(きんぷせんじざおうどう)は高さ34㍍の檜皮葺(ひかわぶき)で

吉野山のシンボルで修験道の総本山です。東大寺の大仏殿に次ぐ木造建築で

蔵王権現像(重文)3体が祀られ本堂は7㍍の高さに及びます

 

この天満宮神社で若いカップルをはじめ観光客が大変多く自撮りしていました・・撮影カメラ人気スポット!       

 

 

     

     黒門          商店が立ち並び賑わいを見せる    「さくら香」と書かれたお店

                                        何故か商品表示は中国語

 

    ちょうど中千本エリアの金峯山寺までゆっくり歩き折り返し戻る時間が約束された

    二時間で吉野山の桜の眺望は今一つ蕾が多かったが参詣道は賑わいを見せる商店が並び

    名産品を観たり、買いつまんだり、食べたり・・で結構楽しめる・・「花より団子お団子」・・かな

                        

    

皇太子御夫妻献上御菓子もある  吉野川名産 鮎の塩焼き  花より団子お団子・・みたらし団子と五平餅

 

   

駐車場は観光バスが整列   谷瀬の吊り橋 近郊の案内    谷瀬の吊り橋前でショット

 

吉野山の桜を堪能?して奥熊野の宿、川湯温泉温泉へ向かう途中に

日本一「谷瀬の吊り橋」(十津川村)に寄る・・

眼下に十津川の絶景が広がり長さ297・7メートル高さ54㍍の吊り橋がギシギシ・・・

ユラリユラリ揺れるスリル満点ガーンの空中散歩・・・踏板がカタカタ音がして思わず両脇のロープへ

手を差し出すがあせる・・これが両脇ロープ幅が広く手が届かないのです・・

真ん中を避け、どちらかの脇により、歩くようになりますね、私は真ん中の正中線をサッサと小走りあし

揺れ歩きましたよ~走る人ニコニコ

   

 

                 

                                         川面に面した露天風呂温泉

 

熊野詣で終え、大塔川を望む河原に面した露天風呂温泉に浸かり心身を癒す・・

深山の静寂の中に建つ奥熊野川湯温泉宿・・いいね~音譜ニコニコ

 

  

 

素朴ながら滋味深い郷土の味を堪能する・・夕餉は、ミニ会席プラス、バイキング形式だったよ・・

料理を運んだ分、上記すべて食しました・・鮎うお座の塩焼きは美味しかったので更に追加のお替り君です

お酒は日本酒たくさん種類がある中で、やや辛口の「那智の滝お酒」と洒落ではないが

熊野三山巡りをしてきたので「熊野三山お酒」を・・このお酒、結構上品で吟醸香の匂いがまたいい

結局、二本とも飲んでしまったパンチ!・・・病院病院の先生と奥方殿には言えませんがNG・・・

AD

コメント(10)