2006-11-04 10:55:58

ドイッチュランド回想

テーマ:ドイツW杯ツアー

久々にドイツ行きの回想です。


ルフトハンザでフランクフルトに到着した当日は、ちょうどドイツ代表の

試合が行われている日。以前アップしたように、ドイツが快勝し、街中は

♪どいっちゅら~んど という応援歌一色になっている状態でした。


二日目は、勝利の美酒に酔いまくりのフランクフルトを抜け出し、

近郊の都市バーデン・バーデンへ!


鉄道好きの知り合いがみたら垂涎?の、ドイツ鉄道に乗っての旅です。

外国人向けの対応をしてくれる係員に教えてもらい、楽勝で切符は

買えたのですが、初めての鉄道旅とあって座席の確保の仕方がよく

わかりませんでした。

フランスを旅したとき、指定になっている座席にはサインが入っている

ことを学習したのですが、ドイツではイマイチ理解できず。。。

勝手に座っていたら、途中駅で困った顔の男性が横に立っており

(しかも5分以上)、慌てて席を立つという失敗をしてしまいました(^_^;)

女性車掌に「どこに座っていいの?」と聞いたら、「どこもないわよっ」

と何故か怒られてしまい(忙しかったみたい)、しょぼくれながらの旅と

なってしまいました。


(ちなみに帰りの女性車掌は大変親切で、「空いていればどこでも

いいのよ」とやさしく教えてくれました。なぜ対応がここまで違う??)



G005


バーデンバーデンの街。

保養、温泉地なのです。


G006


温泉はスパとして水着で入れるのですが、一部エリアはなんと

「ヌーディストエリア」(///∇//)

サムイでトップレスは見慣れているとはいえ、さすがに入る

勇気はありません。残念。


G007


スパのあとは、ビアガーデンで一服。

おなじみレーベンブロイです。ドイツのビールはマジで旨いっすね。



G008


街中を走るバスに乗っていた幼児。

なぜかこちらを気にしていて、ずーーーっと覗き込んでいました。

終いには、はしゃぎ過ぎて乳母車ごと倒れてしまい、お母さんに

睨まれてしまいましたが。。。


G009


近郊都市とはいえ、片道数時間かかるため、戻りは夜になってしまいます。

(6月のドイツは21時くらいまで明るいので、写真はもう夜です)

ワールドカップだけで過ごすのも楽しいとは思うのですが、旅好きとしては、

いける範囲で色々体験してみたい・・・とちょっと欲張った一日でした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-31 22:14:55

夕暮れのファンフェスタ

テーマ:ドイツW杯ツアー

fra002


日韓ワールドカップとの最大の違い。

それは、チケットを持たないサポーターや地元民が、最大限参加できるような

仕組みの有無、でした。


川の真ん中に巨大なビジョン。

両岸からは、ビールや料理を楽しみながら、ゆるりとサッカーを楽しむことが

できるようになっていました。


熱狂のど真ん中にいるのもいいけど、こんなにユルい空気もまたサッカー。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-07-22 00:34:37

フランクフルトの町

テーマ:ドイツW杯ツアー

初日のドイツ対スウェーデン戦の直後。

レーマン広場?にはサポーターの集団が集結。コマ劇前みたいなもんでしょうか。

でも楽しそう。

彼らの写真を撮ってたら、親切なドイツ人サポが、僕らの写真も撮ってくれました。


g001


町が落ち着いたところで、適当なパブに飛び込み。


g002


ビール、マジうめえ!!

苦味が強いのですが、どうも自分はビターなビールが

好きなことを再認識。飲みまくりの旅でした・・・



g003


シュニッツェル。

これまたうめーっ!

ドイツ、食べ物飲み物うまいっすよ。

いや、一生こればっかは勘弁ですが、旅の間くらいは全然OK。

旅行中、食べ物で悩んだことはなかったです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-22 00:23:19

サインくださいってフランス語でなんていうんだろメルシー

テーマ:ドイツW杯ツアー

test


フランス代表不動のセントラルミッドフィールダー、ビエラ選手。

やさしくて素敵だった~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-10 20:32:17

ドイッチュランド その2

テーマ:ドイツW杯ツアー

070101


「プライド」を背に、颯爽と歩く人々。

つくづくうらやましい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。