1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-12-19 00:11:11

カヴァーながら魅力の一環伝わるかな?

テーマ:音楽
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-18 23:57:41

チャットが中野にやってきた

テーマ:音楽
本日はチャットモンチー@中野サンプラザ!でした。
地元にチャットがやってくるということで、当然参戦。
7列目という良席で、堪能してきました。

チャットモンチーといっても「シャングリラ」くらいの認識の方も多いかと。
個人的なツボは、随分追っかけてたバンドSUPERCARのメンバー、
いしわたり淳治くんがプロデュースしているというとこなのですが、
それを差し引いても歌詞も独特でリズムも独特、サウンドもスリーピース
にしては厚みがあって、ボーカルも迫力、なんともいいとこばかりの
バンド・・・という事実は意外と知られていない?
職場でチャット行くっつっても、イマイチ反応悪いのですが。

会場は老若男女、当然若者多いですが、全般的には草食系な感じ?
ライブが始まってもはじけるというよりは、じんわり楽しんでいる人多し。
飛び跳ねているのは(ワタクシ含め)1割に満たないくらい。
サウンドは結構ノイジーなので、音と会場のノリのギャップが凄いかも。
MCはまったりなので、全般のイメージはマッチしてます。
今日はクリスマスイベントということで、オープニングアクトあり、
本編1時間プラスアンコール30分という変則で。
アンコール一曲目は前座を務めたOKAMOTO’Sというバンドが
変装して「シャングリラ」というお遊びあり。
来年発売のニューアルバムからの新曲あり。
と盛りだくさん、めっちゃオトクなライブでした。

来年はツアーで全国まわるとか。
・・・地方公演まで行っちゃおうかな、っと。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-11-25 01:50:36

カジュアルエリアでの暗闘を、チャットは知るまい。(チャットモンチー ビルボードライブ東京)

テーマ:音楽
チャットモンチーのビルボードライブ東京公演に行ってまいりました!

職場最寄のライブ会場ながら、まだ一度も踏み入れたことのなかったビルボードライブ東京。
音源だけ聞いて、ライブは見たことなかったチャット。
せっかくの機会ということで、激戦のチケット争奪を乗り越え、いざ、ミッドタウン。

ビルボードの仕組みは大体ブルーノート東京と一緒で、整理番号付きの自由が前方にあり、やや距離があって見やすい場所を課金制の指定席にしています。特徴は、二階サイドと三階に「カジュアルエリア」というセルフな席を用意していること。やや観にくい場所で、セルフサービス前提のため、チケット代金も少し安めになっています。今回、初ビルボードであること、チャットモンチーについてはアコースティックライブという本来とは違う構成であること・・・などの理由で、カジュアルエリアをチョイス。その中では一番いいド真ん中の席を確保しました。(しかし、この選択が後々の後悔につながるとは・・・(ノ_-。))

こちらは公演前のステージ。上からなので、かなり見下ろす感じです。

In Hamony  Today サムイを夢見る日々


そしてこちらは公演後。
ステージ後のカーテンが開くと、檜町公園のイルミネーションが見えるのです。
これはクリスマス時期限定、しかも3階席限定のメリットかな?
1、2Fは比較的フラットなので、一部しか見えなかったようです。

In Hamony  Today サムイを夢見る日々


普段のチャットのライブは断片でしか観たことないのですが、この日は非常にリラックスした雰囲気で、ステージ上の各種楽器を渡り歩きながらの演奏でした。初めてのナマの印象は、彼女たちの声の持つ迫力に圧倒され、一筋縄ではいかないメロディに魅了され、オトコには書けそうにない歌詞のユニークさに改めて気づき、改めてバンドに惚れ直したライブとなりました。

しかし、残念なこともいくつか。
カジュアルエリアの中で一番見やすい指定席(着席)を取ったのですが、当然、そこは誰にとっても観やすい場所で。途中、チャットの関係者らしき人たちが上から眺めに訪れ、席の真後ろで延々と雑談を続けるのに最適という、そういう場所でもありました。でも関係者さんよう、アコースティックだから雑談されたら聞こえないっちゅうの!3回振り返って睨んでたらやっと1メートル下がりましたが、まだそこで会話を続けている有様。客の邪魔してちゃ、アーティストが泣くよ、つーの。

そしてもう一つ。
うるさい関係者が掃けたと思ったら、次はビルボードのスタッフと客が延々押し問答を開始!
ちょうどアンコール前後のタイミングだったのですが、MCすら聞き取れないくらいの押し問答の状況。今度は連れや隣の客も迷惑そうな顔で振り返り始めました。(そしてステージ上はアンコール一曲目の弾き語り)
さすがに呆れて「ここでやるなよ!(怒)」と一人をドツいてしまったのですが、それでもスタッフ2名と客の諍いは収まらず・・・怒り心頭立ち上がり、(ステージに聞こえないくらいの音量で)「お前らうるさい、いい加減にしろっ(小声)」と遺憾の意を呈すると、ようやくスタッフと客は撤収。しかし既にアンコールは進行し、ステージにも集中できず、ビルボードに対する心証は最悪のものとなったのでした。聞けなかった分、払い戻ししてほしいくらいだわ。700円くらい。(セコイか。。。)

ということで、初のビルボード体験は、

・チャットモンチーのライブは感動モノ
・でもスタッフは・・・
・ビルボードからクリスマス時期に見えるイルミネーションは最高
・でもスタッフの対応力は・・・
・ビルボードのカジュアルエリアは非常にうるさいので、音楽を聴くには不向き

という、感動と教訓を得た一夜でした。

チャットモンチーは12月中野サンプラザにも参戦。
ビルボードは、しばらくはいいや。

(ちなみに諍いの原因は公演中の写真撮影の模様。しかし、その程度のことで大騒ぎになり、他の客に迷惑かけるってのは、プロの仕事じゃないだろ>ビルボード東京。もうちょい騒ぎが大きくなったら、公演に差し障るよ?)


会場を出ると、東京タワーが。こっちからだと見えるんだ。

In Hamony  Today サムイを夢見る日々


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-21 23:13:36

the pillows OOPARTS TOUR  音楽に包まれた週末

テーマ:音楽

結成21年目を迎えたバンド、the pillowsのツアーファイナル。

1989結成。ってことは、社会人同期です。。。(^_^;)



ピロウズを見るのは何年ぶりになるのか。

多分21世紀になっていたと思うのですが,もしかすると今世紀

になってから初めてかもしれない(汗)

劇団ランニングシアターダッシュのテーマに使われていたことが

きっかけでハマりだし、CDを買って、下北沢のCLUB QUEという

小さいハコに観にいったことがありました。

しばらくアルバムを買ったり買わなかったりという、微妙な付き合いを

続けていたのですが、20周年記念の武道館のチケットを取れなかった

ことで逆に熱が目覚め。

今回は、随分とスケールアップした姿を見ることになると、ワクワクして

JCBホールへと向かいました。


座席は2Fの6列目。

このホールはアリーナ(今日はスタンディング)、1、2、3Fと

コロッセオ型の非常に見やすい構造になっていて、格闘技の

イベントにも使われています。

2Fの3列目までは完全に関係者席となっているので余計に

見やすく、伸び伸びと唄って踊れる環境。

いいっすね、JCBホール。


ライブは定刻を10分ほど過ぎてスタート。

最新アルバムの曲を中心に、全22曲、ほぼ休みなしで

2時間弱を走り抜けるステージでした.


随分昔にライブハウスで見たピロウズと、本質的には何も変わってません。

サウンドはオルタナっぽく、でもポップだしメロウだし、歌詞も響くし、

山中さわをの独特の声も胸にしみる。


でもやっぱりスケールアップしたなあ。

堂々としたステージングを見ながら、今度はスタンディングの方で頑張ろうか、

と思うピロウズ同期の自分でした。



the pillows OOPARTS TOUR

2010年2月21日(日) 東京 JCB HALL


1.Dance with God
2.ビスケットハンマー
3.空中レジスター
4.YOUR ORDER
5.FOXES
6.Lemon Drops
7.メロディー
8.kim deal
9.Rodeo Star Mate
10.ターミナル・ヘブンズ・ロック
11.Culry Rudy
12.Sleepy Head
13.like a love song
14.ジョニーストロボ
15.Beyond the moon
16.LIFE SIZE LIFE
17.Primer Beat
18.この世の果てまで
19.No Surrender

~ec1~
20.雨上がりに見た幻
21.LAST DINASOUR

~ec2~
22.No Substahce

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-02-19 23:54:59

COLDPLAY VIVA DA VILA tour 2009.2.11 -.2.12.

テーマ:音楽

先週グラミー賞を三部門受賞したばかりのコールドプレイの来日です。


Coldplay @ saitama superarena

VIVA DA VILA tour 2009.2.11 -.2.12.


01 Life In Technicolor
02 Violet Hill
03 Clocks
04 In My Place
05 Speed Of Sound
06 Yellow
07 Chinese Sleep Chant
08 42
09 Fix You
10 Strawberry Swing
11 God Put A Smile Upon Your Face (techno remix)
12 Talk (techno remix)
13 The Hardest Part (Chris solo)
14 Postcards From Far Away (Chris solo)
15 Viva La Vida
16 Lost!
17 Green Eyes
18 I'm A Believer (cover tune of The Monkies)
19 Viva La Vida (remix interlude)
(1st Encore)
20 Politik
21 Lovers In Japan
22 Death And All His Friends
(2nd Encore)
23 The Scientist
24 Life In Technicolor ii
25 The Escapist (outro)

In Hamony  Today サムイを夢見る日々

アリーナ、すっげえ人でした。この日はオールスタンディング。
In Hamony  Today サムイを夢見る日々


ライティングも迫力満点。
In Hamony  Today サムイを夢見る日々 In Hamony  Today サムイを夢見る日々
06‘yellow’にあわせて黄色いボールが飛び交います。


In Hamony  Today サムイを夢見る日々

途中、アリーナ後方のミニステージでアコースティック・セット。

携帯カメラで囲まれる光は壮観でした。
In Hamony  Today サムイを夢見る日々

まさにナンバーワン・バンドの貫禄。圧巻のステージは、2月27日にMTVでオンエア。

見逃すな!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。