1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-05-27 22:52:44

映画三昧 二日で三本「かちこみ!・・・」「ゴール2」「リーピング」

テーマ:映画日記

最近なかなか観たい映画を観にいくことができなかったのですが、金曜に代休を取ることが出来たため、二日で三本の映画を楽しんでまいりました。さすがにケツが痛くなりましたが・・・


1)「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」

香港映画、ドニーイェンとニコラス・ツェー主演。

香港で35年!以上愛されているコミックが原作だとか。

「龍虎門」という孤児院兼道場で育ったタイガー、ドラゴンという二人の兄弟が主人公。一時はそれぞれの運命により、善人と悪人側に別れた二人がやがてめぐり合い、共通かつ最強の敵を倒すという、よくあるパターンの物語です。

ほのかな恋愛あり、兄弟の反目あり、友情あり。

そして自己犠牲の精神、修行、師匠や父の死。

悪党に倒されて瀕死の状態に陥る主人公たち・・・死の淵から舞い戻った彼らが得た強大な力。

いや、ホントに少年漫画の王道パターン。かつてジャンプで何度も目にした記憶があります。

そんな物語をテレもなく正面きって描いているところに好感が持てる作品でした。

要素を詰め込みすぎで、細かな描写を省きすぎているのがもったいない。むしろ、1クールのドラマで観たかったなあ。


2)「ゴール!2」

1が予想外に感動的だったため、めちゃくちゃ期待して観にいった本作。

前作のプレミアリーグ編から、スペインのリーガ編へと変わりました。

名門レアルマドリーに入団してからの展開は、ほぼ予想通り。しかし、気になるのはやたらベッカムを持ち上げた描写が多いところ。焦点がやや散漫となり、期待ほどの感動場面はなかったというのが正直なところ。やはり実在のチームをモデルにした作品は難しい。最終作(3)に期待します。


3)「リーピング」

株主優待券があまったので、微妙な作品だと判っていながらのチョイス。一応ヒラリー・スワンク主演ですし。


「イナゴ少女現る!」が売りとなっていましたが・・・ええ、しっかり現れましたとも。

この手のサタン降臨の話って(そういう映画なんです)、やはり日本人には馴染みにくいというか。馴染みにくいからって「イナゴ少女」をプロモーションの中心にするのはどうか、とも思いますが。物語の中心になっている聖書の「10の災い」の怖さも実感が薄いし、アメリカ人が感じているであろう恐怖感が味わえないのは残念です。むしろ、アメリカの地方都市に対する恐怖感が増してしまいました。人間って怖い。なんて。

しかし、ヒラリー・スワンク主演の意味があったのだろうか?向こうのスターって時々意味不明の作品選択しますよね。不思議。


これだけまとめて観たのに、やや消化不良σ(^_^;)

来月はもうちょい作品の選択を考えます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-05-21 00:50:08

善福寺公園→再びタイ料理

テーマ:タイ料理

終電近くまで飲んだ土曜日の翌日は、ゆったりと過ごすに限ります。昼過ぎまでぐだぐだ寝て、近所のパン屋で買い物をしてから善福寺公園までゆったりと散歩。



ino3


この時期の公園は落ち着きます。いい風吹いていましたヨ。


公園のベンチに座り、白鳥やカモを眺めながらひたすらぼーーーっとする時間。「追われている感」が強い毎日に、このゆとりは貴重です。癒されました。


公園から駅に向かって遠回りしていると、普段通らない道にさまざまなお店を発見。もうン十年住んでいる街ですが、発見ってあるもんです。ワインと日本酒の品揃えのよい酒屋では、あまり店頭に置いていない「朝日」と「紫」を発見。今までネット通販でわざわざ買ってたのに、こんな近くで買えるとは・・・続いて表で呼び込みをしているタイ料理屋を発見。ちらっと中を覗いたところ、スタッフがオールタイ人の模様。この街には僕の知る限り3つのタイ料理屋があるのですが、スタッフがすべてタイ人なのはここが初めてかも。おいしい保証にはなりませんが、少なくとも本格感が味わえるのは確か。昨日散々‘クンメー2’でタイ料理を食べたばかりなのですが、開店サービスの20%オフという宣伝文句に引かれて入ってみることにしました。


タイ屋台料理ルアントーン

03-5948-4848


間口は狭いものの店内は意外に広く、居心地がよさそうなレイアウトです。

試しに何品が頼んでみました。


ヤムマクア(ナスのサラダ)。

それほど量は多くないですが、基本の味。普通においしい。屋台料理と謳う店だけあって、タイの屋台(屋外の店)にふらりと入ったときの味・分量に近いイメージかも。


ino2

ino1


麺料理も豊富。値段もそこそこ。味もまあまあ。タイ語が飛び交っているので、ヒアリングの練習にもなるし、こんな店が地元にあると、結構うれしいかも。この日はビール3本、料理4皿で正価4200円、割引で3360円でした。うーむ、安い。しかし二日連続でタイ料理屋に行くのもどうなんだろう?>自分。タイに行ったら毎日そうなんだし、まぁいいか。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-05-20 23:28:09

FP仲間と久々の会合(大久保クンメー2)

テーマ:タイ料理

ファイナンシャルプランナーの勉強をするために通学していた学校の学び仲間で、久々に集いました。当時からもう6年くらい経っているのですが、証券会社、メーカー、銀行、広告代理店、社労士、生保などなど色々な業種・境遇の人間が集っている面白さ故か、たまたま愉しい人間が集まったせいか、未だに不定期の飲み会をやっているのです。今回は、イギリスに転勤した方の一時帰国のタイミングにあわせて開催。また、タイ料理を食べたいというリクエストもあったので、例によって行きつけのタイ料理店‘クンメー2’へとお連れすることにしました。


路地裏の、こじんまりとした‘クンメー2’は佇まいだけで既に合格点をもらえたようです。いい雰囲気なんだよなあ。そして、味のほうもバンコクに長期滞在経験のある方から「ここは旨い!」と太鼓判をいただけて、大・満足をしてもらえた模様。もともとはタイ語の先生お気に入りの店だったのですが(1号店)、今ではすっかり自分の馴染みの店。接客態度もいいし、安心して友人知人を連れていけます。


写真は本日の宴会の後半から。

汁ありの麺。
me4

me3


デザートたち。


me2

me1

辛い料理を満喫し、ビールを浴びるように飲み、そして甘いもので辛さを落ち着ける。タイ料理の典型パターンですね。


4時間近く楽しんで、飲める人たちはアイリッシュパブ‘ヘーゼルバーン’での二次会へ。これも私の新宿飲み会の典型パターンですね。こんなにビールばっか飲んでると尿酸が心配ですが(笑)、こうして楽しい週末の夜は更けていくのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-05-17 00:42:50

佐久間京子さん、プチ復活

テーマ:観劇

なんと、嬉しいことに、憧れの女優・佐久間京子さん(exランニングシアターダッシュ)がプチ復活します。

残念なのは大阪オンリー、しかも1日のみ。さらに残念なのは、ワタクシ、実は6月1日から大阪に3日間出張があるのです。ああ、もうちょっとずれていたらなあ。本当に残念です。関西在住の佐久間ファンの皆さん、お元気な姿を是非確認してきてください。


伊丹想流私塾第11期生公演  ドラマ・リーディング『GATARI』

作:伊丹想流私塾第11期生 芦田牧子+坂本郁子+笹谷尚美+島崇+橋本健司
出演:や乃えいじ+樋口美友喜(劇団Ugly duckling)+坂口修一+佐久間京子
塾長:北村想
演出:中村賢司(空の驛舎)+芳崎洋子(糾~あざない~)+林慎一郎

スタッフ舞台監督・照明:西崎浩造(エスエフシー)
音響:濱田留美(エスエフシー)

日時:5月20日(日) 14:00(整理券の発行は1時間前、開場は30分前)
会場:伊丹アイ・ホール(JR伊丹駅前)
料金:前売1000円+当日1200円(全席自由席・整理券発行)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-05-14 23:28:34

6・6・6 (FC東京観戦記2007 その8)

テーマ:FC東京

666といえば映画「オーメン」のダミアンで有名な不吉な数字。そんな数字を見かけたのは、試合開始直前の味の素スタジアム。
マッチデープログラムを購入して、対戦相手であるJEF千葉との対戦成績を開いたところ飛び込んできた数字。6勝6分6敗かぁ・・・この不吉な数字を味方にするのは果たして東京か、千葉か??


今日の東京はスタメンにワンチョペ、ルーカス、リチェーリという外国人3トップを起用する今季初めての布陣。
普段サイドを駆け抜ける石川ナオが負傷で不在のための、苦肉の策ともとれました。

j22











と・こ・ろ・が。

開始早々に相手に決定的な場面を与えたものの、今日は東京の「よいところ」が次々に出てくるではないですか。「でも決定機を逃すうちに、相手に逆転を許すんだよな」と嫌な予感がし始めた25分過ぎ。奥様が誕生日を迎えたルーカスが、物凄い弾丸シュートをゴールに叩き込むっ!!


味スタ、絶叫。j5







j4 j6


その後も東京ペースはなかなか崩れず。梶山は普段の2倍走り、ワンチョペは前線からしっかりチェイシング。ノリオは対面の水野を完璧に押さえ込み、伊野波は二列目からの飛び出しを確実にケア。そしてこの日のMVPは、まだ19歳、あどけなさの残るリチェーリ!!千葉のディフェンスラインを切り裂いた超絶スピードは、1得点1アシストという結果以上に貢献していました。
j2

結果は完勝の4-1.スコア以上の大差の内容でした。


原監督曰く「今年のベストゲーム」。
相手(千葉)に助けられた感もありますが、面白いようにパスをつなげる展開は、観戦していて楽しいサッカーでした。

j3 j1
j9 j10

勝利者インタビューは今野泰幸。写真はお辞儀ではなく、単なるストレッチです(笑)
勝っても謙虚な今野選手は、「(大勝しても)サポーターも調子に乗らないように」と釘を刺す慎重派。この慎重さがあれば、次の横浜マリノス戦も期待できるでしょうか。

j8


(次回観戦予定(してないけど)・・・横浜マリノス戦?)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。