1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-06-30 01:01:39

スカーレット・レター ハン・ソッキュ、イ・ウンジュ(イ・ウンジュ遺作)

テーマ:映画日記

sl1


スカーレット・レター ハン・ソッキュ、イ・ウンジュ(イ・ウンジュ遺作)


韓国の美人女優イ・ウンジュの遺作となったことで知られる本作品。
ラブシーンが原因だの、その割には駄作だったせいだなど、色々な醜聞が
取りざたされていました、確か。

うーん、確かにラブシーンは濃厚な味だけど、格別みだらでもなく、
話の展開上は「あり」なレベルだったかと思います。
かなり血生臭い場面も続いたので、自殺したという事実を知ったあとで
観ると、むしろそっちの方が原因ではないかと邪推してしまいます。


そんな余計な情報はさておいて、映画自体のお話を・・・

物語は(悪い意味での)男臭さ満載の刑事を中心に、彼の公私両方で起こる事件を
並列しながら描いた作品です。
(公→刑事として殺人事件追求、私→妻、その友人でもある愛人との三角関係)


とある写真館で起こった殺人事件で、容疑者の一人である妻を追いかけながら、
不思議な存在感に翻弄され、なかなか真実に到達できない刑事の苛立ち。

そして、妊娠している妻を裏切ってジャズシンガーの女性と不倫を重ねていくうちに、
同時期に妊娠をしてしまう愛人。
友人同士でもある妻、愛人と一人の男の微妙で不思議な緊張関係。

その二つの事件は、それぞれ謎かけをしながら、種明かしをせずにラスト近くまで
描かれていきます。
徐々に明らかになる事件の詳細と、破綻に向かい始める不倫関係。
物語の絡み合い具合はなかなか見応えあります。


ちょっとエログロが行き過ぎている感もありますが、不思議なトーンを持っていて、
僕自身は最後の方まで興味深く画面に釘付けになっていました。

が、終映後前を歩いていた韓国映画好きのお姉ちゃんたちは
「意味ワカンネー!」
と叫んでいましたので、韓国映画的ではないのかもしれません。


しかしこの日は平日のレイトショー、終了が23:30の回とあって、結構濃い目の
客層にびっくりしました。
明らかに韓国映画ファンな人、整理番号順の入場なのに、入り口の縄に
へばりついて、絶対に一番目に入ろうとするおばちゃんズ、どうやら
ハングル語を習っているらしい三人組の女性、オタクっぽい男性・・・
まぁ、世間的にはマイナーな映画ですからね。


イ・ウンジュがブルーノート・ソウル(ホントにあるの?)で唄う場面なんかは
結構好きです。
「バンジージャンプする」での彼女には魅力を感じませんでしたが、
今作を観ちゃうと、本当にもったいないというか・・・残念です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-27 01:12:47

「最後の恋のはじめ方」ウィル・スミス最新作

テーマ:映画日記

sat

「最後の恋のはじめ方」ウィル・スミス最新作


新宿武蔵野館の株主優待券(6月分)のために駆け込みで観にいったこの作品。
それほど期待はしていなかったのですが、予定していた4時の回に入れず、
その次の7時の回もギリギリと、思っていた以上の人気のようでした。
(武蔵野館は入れ替え制)

入れ替えの行列には、若いカップル中心の客層が。
なんと立ち見まで出る有様。
それほどの人気作とは認識してませんでしたが、どこかで評判になっている
のでしょうか??


さて、感想はというと、結構いい感じで楽しめる「映画らしい」ラブコメでした。
たとえば、「ノッティングヒル」「ウエディングシンガー」ほどの凝りまくり
ではないものの、メル・ギブソンが主演していた広告代理店舞台のラブコメ?や
メグライアンあたりの作品ほどベタでもなく、適当に力が抜けて、適当に真面目に
作っているといった風情の作品です。


劇場でも笑いが起きる場面多数。
脇役が「どすん」と音を立てて転がる(所謂大阪ノリ的な倒れ方)ような場面では
クスリとも笑わないのですが、ウィル・スミスがデートで失敗する場面などは
相当な笑い様。
素直に笑えるような内容です。


sa


ストーリーは・・・

主人公ヒッチ(スミス)は恋愛を手助けするコンサルタント、デート・ドクター。
一番最新の仕事では、セレブに恋したデブで間抜けな税理士・アルバートの依頼を
受け、なんとか二人が付き合うところまで持っていく。
一方自分の恋愛はというと、バーで知り合ったゴシップ紙の強面記者・サラに
熱心なアプローチをするものの、肝心のデートで失敗続き。
そんなうまくいかないデートをしながらも、二人はなんとなく近づいていく。
しかし、セレブと税理士との恋の裏側(デートドクターの存在)を嗅ぎ付けたサラは、
自分の新聞のトップ記事でスクープをしてしまう。
お互いの仕事へのプライドがぶつかり合う中で、二人の仲は果たして???



↑デートドクターという職業を採用している以外は、非常にありがち。
でも、そんなありがちで安心できて、さらにほどほど面白いのってあんまり
ないんですよね~


監督はアンディ・テナント(アンナと王様(1999)、エバー・アフター(1998))
出演はウィル・スミス以外はそれほど有名な役者さんなしです。
だからこそ、気楽に感情移入できるのかもしれません。

まさしく「デート・ムービー」。

カップルで映画にいくとき、ハズレのない一本です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-26 00:56:55

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「エピソード3/シスの復讐(ふくしゅう)」@ヒルズ先行

テーマ:映画日記

sw


「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「エピソード3/シスの復讐(ふくしゅう)」

最先行ロードショーに行ってきました!


場所は六本木ヒルズ。
本日夜の劇場は、ほとんどSW一色に塗りつぶされているといった様相。
ロビーには、帝国軍兵士やダースモール、ちびベイダーからよくわからない異星人まで、
コスプレ族の溜まり場となっています。
外国人やカップルが次々と記念撮影を依頼するなど、イベント色満載。
期待感が高まってきます・・・


しかし、なんと今日の先行上映だけで、43万人を動員するんだとか。
そりゃまあ、コスプレイヤーもがんばりますよね。


さて、映画の情報です。

「シリーズ完結編!今すべての謎が解き明かされる。」
 
監督 :  ジョージ・ルーカス
製作 :  リック・マッカラム
出演 :  ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、へイデン・クリステンセン

 
前作から3年後。
シスの暗黒卿ダース・シディアスはその正体を隠したまま、共和国の壊滅、

ジェダイの撲滅を狙う。
前作でも怒りの衝動で虐殺を働いた若きアナキン・スカイウォーカーは、

妻となったパドメを失うことを恐れるあまり、徐々に闇に落ちていく・・・
果たしていつ、どうやってアナキンは「ダースベイダー」に変貌するのか?
「帝国」はいつどうやって生まれたのか?
パルバディーンの怪しい動きは、何を生み出すのか?
SWサーガのファンにとっては気になる上記の疑問が、基本的にはすべて

解決される、まさに完結編!


感想を述べるだけ野暮ですが、新シリーズ三作の中では間違いなく一番面白い!
CGも無理やり使わず、かなり自然に採用されているため、エピソード1や2のような

違和感はなし。
また、アナキンが暗黒に落ちていく暗い話のため、エピ1のジャージャービンクスや

エピ2のプレス工場場面のような、どちらかといえば子供向きのテイストが薄れています。
これが大人のファンにとってはうれしい!


自分は4~6、1,2をDVDで復習して観てから行ったのですが(これ基本です)、
逆に1→6の順番で観たくなりました。
小学校の時代から足掛けン年、SWには本当に長い間お世話になりました。
これが最後とは名残惜しいのですが、今度はテレビシリーズも予定されているとか。

(クローン戦争編)
まだまだ楽しみは続く、のでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-23 08:06:48

Dragon gate東京後楽園ホール大会

テーマ:格闘技

dg


Dragon gate東京後楽園ホール大会に行ってきました。
一応、仕事関連ということでオフィシャルな参加。
決して遊びで観にいってたワケではありません。たぶん。

Dragon gateってご存知ですか?
所謂「イケメン」揃いで売っている新興のプロレス団体のことです。
プロレスとはいえ、客層は、「プロレス」にさほど興味のなさそうな女性中心。
女性同士、女性主導のカップルの姿が目立ちます。
エンターテイメントとして楽しんでいるといった感じなのかな?
お気に入りの選手に声援を送り、入場のダンス(振り付けまでちゃんとある!)に
熱狂し、3時間ほどの興行を思う存分楽しんでいるようです。

実はこの団体の生観戦は初めてだったのですが、
コアなプロレスファンである自分にも、相当に楽しめる内容でした。
筋肉キャラ、間抜けな王子さま、ニセアメリカ人、美形モデル風、キレキレ兄ちゃんなど
様々なタイプのレスラーが、短時間で自分の売りをリングでプレゼンする様子は、
一見さんにとっても取っ付きやすいようで、同行した同僚女性社員は、あっという間に
数人のレスラーのファンになっていました(笑)


yoshi


終了後は同僚とディスカッション@和民。
気がつけば午前1時。
このあと日本対ブラジル(コンフェデ)があるのに~(←結局朝方早送りで観ました)
そして明朝は部会があるからサボれないのに~
楽しく、そして仕事にも役立ったのですが、それでも眠いです・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-21 22:12:06

株主総会

テーマ:ブログ

今年も株主総会が続々と開かれる時期となってきました。
自分の保有しているいくつかの企業の総会も、今週から来週にかけて実施されるようです。

もっとも、平日に開催されるものが多いため、実際にいけるものは僅か。
今週水曜には、某企業のお土産・懇親会付きの総会があるので、半休して行ってみようかと
思っていたのですが(笑)、そういう日に限って会議を設定されてしまうもの。
やむなくタダ飯(懇親会)を諦めることにしました。


懇親会目当ては半分冗談としても、自分の保有している株式についての状況を、総会出席を
通じて把握することは悪いことではない・・・というか、マジメに投資するならそれくらい当たり前。
なのでしょうが、正直なかなかそこまでフォローアップできないのがサラリーマン投資家。
総会出席するなら、営業報告書くらいちゃんと目を通したいのですが、なかなか難しいっす。
株主総会をパスして、優待を受け取ってなんとなく満足するという、ちまちまとした状況に
落ち着いてしまっています。

デイトレーダーへの道は険しいなあ・・・

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。