月命日

テーマ:
サンが旅立って1ヶ月が経ちました。

サンがすぐそこにいたのが遠い昔のような気がします。



今はここにいます。

皆さんのお心遣いのおかげで寂しくなく、
それどころか、うちの中で一番華やかです。

1ヶ月前にいただいたお花も整理しながらもまだこんなに残ってくれていて、
季節的にも良かったな、と思います。

埋葬するまであと1ヶ月。
さすがにお花は少なくなってくると思いますが、
今度は庭の花が咲き出します。
取ってきてお供えしてあげようと思います。
サンが寂しくないように・・・というより
私達が寂しくないように、になってるね。

四十九日まではこちらにいると言うから、
サンのものはまだそのまま残しておいてます。
フードだけはクラウドが少しずつ食べてくれてます。

気持ちは・・・まだまだ整理できてないのか、もうできてるのか、わからないです。
特に最期の時までの介護を考えると
もっとできたんじゃないか、と思うことが多くて。
でも、いろいろ考えても、これで良かったんだと思えるのが
穏やかな最期があったからだったと思うんです。
無理に何かしていたらあの最期はなかったかもしれない、と思うと
やっぱりこれで良かったんだ・・・という結論になります。
そう思うようにしてくれたのはサンだろうしね。

クラウドは一人っ子になってもさほど変わらず過ごしてます。
少し落ち着いたかな?
競わなくても良くなったしね。
ダンナに、クラウド落ち着いたよね、と言うと
「散歩ではバカだよ。」と。笑
クラウドはそうでなくちゃね~と笑いました。
もしかして、クラウドはサンが見えてるのかな?と思わなくもないです。
遠慮しなくてもいいのに座布団じゃなく床で寝てることが多くて。
座布団にはサンが寝てるのかな?と思うんですよね。
ま、ただ単に暑いだけかもしれないけど。笑


AD

3月の雪

テーマ:
今日も雪が降りました。

今日は10cm~15cmくらいかな。



また大雪になったらどうしよう・・・と思ったけど、大丈夫でした~。

ちなみに、前の大大大雪の時はデッキがこんなんでした。



何もみえん。

そして、今日はサンがいなくなって3週間。
そのお知らせの雪?
お知らせしなくても忘れないから大丈夫なのに。
今日はミルクをお供えしました。
ふっと思い出したので。
栄養つけたくて飲ませました。
サンは、用意すると気を使ってかしばらくは食べたり飲んだりしてくれました。
その度にほっとしたっけ。

家の中にもサンの写真が何枚か見えるところにあるんですが、
私は写真よりもサンの気配を感じたくて
サンがいた場所を見たり思い出したりしています。
感じないのが寂しいけどね。
でも、そこにいるんだよね?サン。

暗いけど、クラウドのいい顔を撮れたので。



雪が降ると大好きなデッキにも出られなくてつまんないね~。
でもさすがにこれが最後の雪かな~。

AD

サンの花

テーマ:
サンの花が昨日届きました。



クリスマスローズ ダブルファンタジー

これだ!と思ったので即注文しました。

間違っても踏まないようなところに埋葬しようと思っているので
半日陰なんです。
ちょうどいい環境だし、花もかわいい。
しかも、早咲き種らしいので命日にもしかしたら咲くかも?!

たくさん増えて咲いてくれるといいな。

いつもついつい面倒になってやらないんだけど、
種を採って植えるのもいいかも。
頑張ってみようかな~。

今日は久々に水汲みに行って来ました。
大雪の影響でいけずにいたんですが
同じような考えの方が多かったらしく
今までに無い大盛況でした。
明日もまた雪だって言ってるしね・・・
降っても積もらなきゃいいんだけど・・・
AD

2週間

テーマ:
あーごめんなさい・・・
サンがいなくなった日を数えなくてもいいんだけど、

ああ、もう2週間か・・・

と、つい考えてしまうんです・・・。
いけないですよね、そう思ってはいるんですが。

桜の季節になれば、今年はサンがいない・・・とか
泣き言ばかり言うと思いますが、許してやってください。

日常の生活の中では涙で明け暮れる、ということはなく
思い出してはにっこりしてみたりしてるんですけどね。
いつもイベントは一緒だっただけについそんなことを思ってしまいます。

クラウドはとっても元気にしているんですが、
まだ散歩に行けてません。汗
日課にするまでに時間かかりそうです。
行かなくちゃね。
でも、クラウドはデッキに出てれば一人で走ったり吠えたりしてくれるので
まぁ気晴らしにはなってるのかな~と。
サンがいるときから一人でデッキで楽しんでました。
クラウドがワンワン!吠えると
サンもデッキに出てみようかな~なんて感じで。
いや、それでも行こう、行かねば!!

サンを土に帰してあげたら
そこに花を植えようと思ってました。
昨日、あ、これにしよう、と思うものがあり即購入。
サンのイメージに合うものだったので。
今の時期に咲く花というと限られてくるんですが
クリスマスローズの原種を買いました。
色はもちろんホワイト。
咲いたらサンがにっこりしてくれているんだって思えるといいな。


一週間

テーマ:
サンが旅立って一週間。

ずいぶん前のような気もするし
つい最近のような気もするし。

いつも車に乗せて出かけていたので
振り返ればサンがいる生活をしてました。
今日、久々の出勤で一人で車に乗って
サンの特等席を見てみました。
そこにはもういないんだけど、
きっと私が見る時にはサンはそこにいるんだ、って思いました。
見えないだけだって思いました。
これからは毎朝サンと通勤できるんだな、なんて。
真冬の寒い時でも「窓を開けろ!」と言っていた鬼のようなサン。笑
もう催促されることはないけど、
たまには開けてあげようと思います。

そして、クラウドの様子ですが、
たまにとても寂しそうな顔をするときがありますが
食欲もあり、比較的元気にしています。
おそらく、私達がひどく落ち込んでいたら
クラウドも辛いと思うんですが、
今までと変わらず過ごしているから
クラウドもそれに合わせているって感じがします。
サンを探すということもなく、
それでも私が「サンちゃん」と言うと
ボクにもおやつー!!と張り切って私のところにやってきます。笑
大丈夫、クラウドも少しずつなれていくよね。

今は雪があるので行けてないんですが、
雪がなくなったらクラウドとお散歩に行こうと思います。
遊び相手のサンがいなくなって運動不足になっちゃうもんね。
私にもいい運動だわ。


伝えたいこと。

テーマ:
私がブログを書くのは、
自分やサンやクラウドのことが
少しでも誰かの為になれば、という思いも一つの理由です。

サンの最期を迎えて、とても大切なことだと思うことがあったので
書きます。

生きているものはすべていつかは「死」を迎えます。
それはサンを迎えた時からわかっていました。
でも、考えるだけで気が狂いそうでした。
生後2ヶ月で我が家に迎えていつも一緒でした。
大事に大事に育ててきました。
そのサンがいなくなるなんて・・・私おかしくなるだろうな・・・と
想像だけでもそう思っていました。

今、そうではない私に一番びっくりしているのが私です。
その大きな理由の一つが火葬であったと思っています。

今回火葬をお願いしたのは「ペットセレモニー山梨」さんです。
甲府市のニトリのすぐ近くにあります。
車の中に炉があるので自宅まで来て火葬をしてくれるそうですが
サンは大きさが入るかわからないということで
会社まで私達が連れて行きました。

サンの火葬の時には私が書いた写経とご朱印を一緒に入れたいと思っていました。
それを伝えると快諾してくれて、何度もこれでいいですか?と
確認してくれました。
そして、たくさんの花と一緒にサンは天にかえりました。

3時間弱で終わって骨を見せてくれました。
真っ白でとてもきれいです、と言ってくださいました。
病気があると骨に色が出るそうです。
そういうものが全くない、とてもきれいな骨だと。
年にほんの数頭しかそういう骨はないと言っていました。
そして丁寧に骨を拾ってくれました。

真っ白なきれいな骨だと言われた時に、
サンが「お父さんとお母さんのおかげだよ、元気に過ごしていたんだよ」と
メッセージをくれたんだと思いました。
それで気持ちがとても楽になれました。

少し、お話をさせてもらったんですが、
ご自身もペットの火葬で疑問をもった経験があったそうで、
そういう思いをされているからこそ
最後の時を私達が納得いくようにしてくれたんだと思います。
火葬してくれるところも大事だな、と思います。
今、元気にしていてそんなこと考えたくもない!と思うでしょうが、
周りの方に聞いて知っておくことは自分達だけでなく
亡くなったペットの為にもなることだと思います。

それと、もう一つ。
どこでもできるわけではないかもしれませんが、
骨をパウダー加工できるそうです。
そうすると、海や川へ帰してあげることができるそうです。
我が家は土に帰してあげるつもりなのでしませんでしたが
パウダー加工すると骨壷も少し小さくなるそうです。

私としては、火葬はペットの最後のメッセージを受け取れる場であると感じました。
自分のうちの子だけを火葬してもらって
生前のことを知ること、それはきっと自分の気持ちの整理を出来る場でもあると思います。
サンからもらったメッセージでペットを失った悲しみが
少しでも癒されるのならば、と書いてみました。

ちなみに、ご朱印ですが、
神社やお寺でもらえます。(300円)
本来は「御朱印帳」というものがあり、
そこに書いてもらいます。
最終的には棺の下に敷いて火葬してもらうことで
神仏の世界に導いてもらうことができるものだそうです。
うちではダンナが集めていて、そのことを知りました。
それを聞いた時からサンの時にもどこかのご朱印を、と思っていました。
サンには火葬に向かう途中、「甲斐善光寺」にてご朱印をいただき
遺体の下に写経とご朱印を敷いて送り出しました。


ペットセレモニーさんのHPです。
http://accelhb.com/

さよなら、サン

テーマ:
昨晩遅くに亡くなったサン。

糖尿病を6年、膀胱炎は3ヶ月間患いました。
食欲が少しずつ落ちて、
食べさせるのに苦労しました。
それでも、食べてくれるとまだ頑張れる、と思ったものです。

先週、右後ろ足を少し引きずるようになったな、と思ったら
2,3日でほとんど動かなくなってしまい、
介護生活に。
亡くなる1日前には寝たきりに。
時々、痛みが走るのかピーピーと鳴くので
ダンナが獣医さんで痛み止めをもらってきてくれました。

昨日の晩は、その薬を飲ませたら痛みが引いたのか、
本当によく眠っていました。
そして、眠り始めて2時間、ふっと顔を上げてふーっと長い息を吐いたんです。
あ、起きたのかな?と様子を見ていると
また眠るように顔を横たえました。
でも、様子がおかしかったので大丈夫かな?と見ていたらダンナがやってきて
息をしていないことに気づきました。
それが、サンの最期です。

前の晩には、ひどい発作が2度ほどありました。
苦しさでもだえていました・・・。
発作は短い時間で終わって、その後は平常に戻ったんですが、
その時に覚悟しました。
だったら、もう苦しませたくない、という判断での痛み止めの薬でした。
痛みの中での最期だったら後悔が残ったと思いますが、
痛みなく眠るように息を引き取ることができて良かったと思っています。

そして、今日は火葬をしてきました。
苦しむこともなく、体重もあまり減らなかったので
面差しも変わらないサンを見ているとただ眠っているだけに見えました。
体を清めて毛を整えてあげるといつものきれいなサンになりました。
きれいなままのサンを覚えていたかったし、
きれいなうちにサンを送り出したかったんです。

自慢の娘サンの骨はとってもきれいだと火葬してくださった方が褒めてくれました。
骨まできれいだったのか、となんだかうれしくなりました。
歯もツメも、尻尾の先の本当に小さな骨もどれも形を留めていました。
おかしなもので、それを見たらすーっと悲しみが無くなりました。
小さくなって骨壷に入ったサンを抱きしめると
私の愛情は消えないんだとわかりました。

なので、今は心から笑うことができます。
不思議とつらくはないです。
私達がつらくないようにサンがそうしてくれたんでしょうね。
素晴らしい犬です。

今はまだ庭に雪が残っているので家の中に置いてますが、
暖かくなったらサンを土に返してあげようと思ってます。
一部は大好きだった川に。
たくさん頑張って生き抜いてきたから今度はゆっくり静かに眠ってほしい。

大好きなサン。
本当にありがとう。

朝陽にキラキラ

テーマ:
サンの調子が悪いので
早起きになりました。

今朝は朝陽にキラキラしているつららを見つけました。



穢れていない美しさを感じました。
大雪で筋肉痛だし、出勤時間遅刻だしいいことなかったけど、
この美しさを見られるのは大雪だからかな。



サンも頑張ってます。
ダンナも頑張ってくれてます。
私も頑張ってます。



クラウドも応援してくれてます。
ついサンにばかり目がいってしまうんですが、
クラウドも頑張って、ガマンしてくれてるんだと思います。

サンに優しい時間が流れるように、祈るばかりです。

大雪

テーマ:
今日は朝から晩まで雪が降り続き、
今もまだ降ってます。
甲府盆地では積雪40cmとか。
スノーブーツの上まで積もりました。

クラウドは新雪を楽しんでましたが、
サンは、もう雪の上を走れる体ではなくなってしまいました。

犬が雪を好きなのは、元気だからなんだな、なんて思いました。
あんなに雪が好きだったのにな~。
ま、考えてみれば人間だってそういうところあるからね。

雪で出かけれらなかったので、
サンの介護用品を作ってみました。
ネットで調べて同じような感じに。
先ほど試しに使ってみたところ
オシッコもできるし使えそうです。
また改良点があれば、改良して
サンが少しでも苦痛にならないようにしてみようと思います。

昨日はキャベツブームが来たサンですが
今日はもう飽きたらしく。
何を食べたいのかダンナとあれこれ試すもなかなかヒットしなくて。
ところが、ダンナがサンの処方食を食べさせたら
ガツガツと食べ始めたではないですか!
もう、サンが何を食べたいのか、何なら食べるのかさっぱりわかりましぇん。

ま、そんなところがサンらしいのかもな。
そう思って、ダンナとあーじゃないこーじゃない言って
頑張ってみましょう!
食べてくれればそんなのはたいした苦労ではないもの。
残ったら、クラウド食べてくれるし。笑