思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:

今年は、内容公開するの早いですね~。

会場で、プロデューサーが、

「ネタバレしないように!」と言っていなかったので

何でかな~と思っていたけれど、もうYahoo!ニュースに

載ってますね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111202-00000001-mantan-ent


そうです!! 


今年も、42人のアーティストが集合

一昨年よりパワーアップしての大合唱『28分58秒』を聞かせてくれました。


出演者、みなさん歌唱力抜群の人ばかりなので、それは、もうもう、

とんでもない迫力のとんでもなく美しいハーモニーでした。


今、つまらない事でニュースになっちゃってますが、

この日、大通り隔てた向かいの幕張メッセの展示場では、

日テレの「ベストアーティスト」の生収録やっていました。


実は、私、放送が始まる前は、


”会場が近いのは、出演者が、かぶるからじゃない

のかな~”


とちょっと期待していました(^_^;)

あの距離なら、十分かけもち可能ですからね。


でも、始まってすぐ、小田さんが、


『音楽番組で、朝からリハして、それで、すぐ

本番・・っていうのが判らない。』


・・的なことを言ったのを聞いて、その考えはふっとび

ました。

そんな、小田さんが、やっつけ仕事的な企画に乗る

わけないですよね。失礼しましたm(_ _ )m


そして、その言葉どおり、この30分足らずの合唱は、

小田さんが、譜を書き、何度もメンバーで話し合い、

1か月以上練習を重ねてこの日に到ったようです。


楽譜覚えるのも大変だったみたいですね~


フミヤは、初日に楽譜見て、あまりの大変さに

怒って帰っちゃったと言っていました。

でも、次に集まった時には、ちゃんと全部暗譜

して来たんですって


モンキーマジックのメンバーは、日本語が

読めないので、全部ローマ字に書きなおしたと

言っていました。


やっぱりプロは違いますねドキドキ


こういう積み重ねの後だからでしょうか、

私は、今回、ステージ上の席だったのでよく見えましたが、

歌っている時、そして、歌い終わってからのアーティストの

皆さんの楽しそうな事、満足そうな笑顔っていったら

無かったです。


まあ、今回のこの企画については、小田さんファンの間

では早速、なんだかんだと言われてますが、

私は、やっと小田さんが考える


”アーティスト同士がお互いを尊敬して手を取り合う”


という番組の趣旨に近づいて来たな~と感動しました。


小田さんは、今年のクリ約は、もう一度この企画を

やりたいと、前回参加のアーティスト全員に手紙を送った

そうです。

”絆”の大切さを皆が感じたこの年だからこその企画

だったんでしょうね。


そうそう、こんな事書いて良いかわかりませんが、

日テレがらみで名前上がっちゃったいきものがかりは

確かに、こちらに来てました。

「掛け持ちなんだな~」って思ってたけど、そうじゃ

なかったんですね。


でも、かけもちじゃないと判って、かえってうれしいかも





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


思い入れ★ホームシアター★日記-makuhari


小田さんの音楽特番『クリスマスの約束』の収録に

行って来ましたビックリマーク


友人の所に当選の案内が来たのが、前日の29日。

先週末位からネットで当選の書き込みがされていたので

行けないものとあきらめていただけにもうビックリ!!


今回の応募総数は、確か12万通。その内、会場に

招待されたのが3000人とか。

大体、一人で2名の応募ですから、当選したのは、

1500人位ですか?

毎度おなじみ阿部Pは、今年も全部のハガキに

目を通して、選考したと言っていました。


誘ってくれた友人は、私に”クリスマスプレゼント”として

贈りたいと、一生懸命ハガキを書いてくれたそうです。

ほんと感謝、感謝です。


肝心の内容については、ツイッターとかでは、すでに

バラされているものの放映までNGとの事なので

伏せておきますが、心暖まるいい時間を過ごさせ

ていただきましたドキドキ


実は、今回、ステージ上の席でしたビックリマーク

しかも舞台至近距離叫び

小田さんが、こちらを向いておじぎをしてくれた時には、

思わずおじぎを返してしまった

近所のおじさんに道であったんじゃないって・・(^_^;)


まあ、そんなすごい席だったんで、いつも見えないものを

いろいろと見せてもらえました。

皆さん、ホントいい人達ばかりです!


そのあたりの感想は、放映当日にまた報告できたらと

思います。


しかし・・

まるで、アーティストの背景のような位置にいた私

放映が怖いですドクロ








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京ドームの小田さん

すごかったな~ 


もちろん、3時間余で29曲歌いっぱなしというとんでもなく

ハードなライブだったのもすごいし、アリーナ外周500m

&張り巡らされた花道をひたすら歩き、走り、ついでに

チャリこいで歌っていたのもすごい


走り回っても全く息が上がらず、ガラッと雰囲気を変えて、

しっとりとバラードを歌い上げる所もすごい。

これで、御年64才というのもすごい。


でも、それより何より、今回は、小田さんの気迫のようなものが

すごかった。


いつもだと、


「まあ、先の事はわからないけど・・」


とか、


「この年になると約束はできないけど・・」


みたいな発言が出て来て、ちょっぴりさみしくなるのだけど、

今回は、


「やれるところまでやるから」


・・とキッパリと言ってくれました。


どうやら、来年は、東北公演も予定しているみたいです。


きっとそれを決断するまでには、言葉には出せないような

様々な葛藤があったんじゃないかなと思います。

でも、ドームの花道を全力疾走していた小田さんの

姿には、確かな決意が感じられました。


そして、私自身もそのメッセージをしっかりと受け止め、

頑張らなくてはと決意を新たにしました。


今回、久々に『風の坂道』を選曲したのにもその意味が

あったのかなあと思います。


  言葉の前に走り出す いつも遠くを見ている

  いいわけしていないか 怒りを忘れていないか・・


次の小田さんのライブは、10月の横浜公演


ドームのライブは、その広さを全く感じさせない

素晴らしいライブでしたが、小田さんの地元横浜での

ライブも楽しみです♪





どーも/小田和正
¥3,059
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


思い入れ★ホームシアター★日記-yoyogioda


パソコントラブルでこの時期ずっと更新できなかったので、

今さらながらです・・


小田さんとは、2008年12月に京セラドームでお別れしてから

3年ぶりの再会


”頑張って生きていれば、また会えるからビックリマーク


この言葉どおり、また、ライブに行く事ができました。


この日は、今までで一番小田さんに近い席

アリーナの花道脇の最前列ドキドキ

隣りの方は、ステージ降りてきた小田さんにマイク向けられて

歌ってました。


まじかで見た小田さん


以前より、ちょっとふっくらされて、顔色も良く、

お元気そう。


そして、ステージは、相変わらずパワフル

歌い、走り、演奏し・・

一体、何曲歌ったんだろう?

聞きたかった曲は、ほぼ聞けたような気がします。


今回のツアーは、震災を受けて、開催についても随分

小田さん自身も悩まれ、また、震災そのものについても

思うところが多々あったようです。


私が言った日には、震災についてのコメントは一切ありません

でしたが、『明日』に始まり、『生まれくる子供たちのために』

に終わる選曲(途中に『Flag』『風の坂道』も・・)

どんな言葉よりも小田さんのメッセージが込められていた

ような気がしました。


さて、そんな猛暑の中のパワフルなライブから一月半

気がつけば、街は、秋のたたずまいと言ったところですが、

本日、東京ドームに参加してきますビックリマーク


今日は、私の小田さんライブ参加史上、一番の遠い席(^_^;)

自転車で走り回るという小田さんを遥かかなたから応援したい

と思います。


どーも/小田和正
¥3,059
Amazon.co.jp












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、静岡県のつま恋で南こうせつが野外ライブを開催。

それに小田さんがゲスト出演!

ついでに、NHKハイビジョンで、生中継!


ということで、かなり前から楽しみにしていた。


ああ、それなのに・・


小田さんの出番は、1時から8時までの長い放映時間の中で

唯一の空白時間、6時からの『天地人』の時間だったようで・・


なんてこったい・・


1時からTVつけっぱなしで、部屋の中をうろうろしてたのに、まさか

全く、放映されないとは。

考えてみれば、BSの番宣での出演者の中に、小田さんの名前は

なかったんだよね。

元々、放送の予定はなかったのかな。


おまけに、ネットによれば、曲目も2曲、トークもちょびっとと他の

アーティストに比べて少なかったとか。


NHKと小田さんと言えば、オフ・コース以来、いろいろとあったみたいだし

なんかあったのかな・・と思わず勘ぐってしまった。


小田さん自身は、


「千春がしゃべりすぎて時間がなくなった」


って言ってたみたいだけど(笑)



エンディング


出演者が一同そろった場面でやっとTVに登場


ジーンズにTシャツ姿で、相変わらずお元気そうでした。


考えてみれば、昨日は、小田さんの誕生日だったんだよね。

今年は、生小田にはお目にかかれそうもないけど、来年

期待してます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
賞味期限切れないうちに投稿です。


ドラマ、『トライアングル』も終了。
4月で、『めざましテレビ』のテーマソングも交代。
小田さんの歌声をTVで聞くとしたら、テレ朝の日曜早朝
『渡辺篤の建もの探訪』位しかないと思ってたら、なんと、
新曲が春の化粧品のCMソングに♪


こちらMAX FACTORのHPで聞けます。いや、見られます。


サビしか聞けませんが(←まだ他はできていないのかも)


恐るべし61歳!


何とも甘く切ないフレーズと歌声です。


『これが、春の化粧品?』


っていう感じがしないでもないけれど、CMのイメージ
キャラクターである、クールビューティーな綾瀬はるかさん
HPに出ていた新商品のコンセプトにぴったりな楽曲かも。


昨年は、私にとっては、”小田さんYear”でそれを楽しみに
1年間頑張ってきたわけだけど、今年の小田さんの活動やいかに・・

吉田拓郎もラストライブ宣言をしたし、ちと不安もよぎるけれど、
まあ、このCMソングを聴く限りはまだまだ大丈夫なのかな~と
思いますが・・。


でも、今年は、ツアーもないだろうし、つまらないです。
小田さんの生歌を聴くためには、7月に”あそこ”に行くしかない?
”あそこ”か~~(^^;)。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

思い入れ★ホームシアター★日記-dome

この数ヶ月、いろいろ感動的なものに出会ったにも関わらず、
なかなかブログを更新できないのが口惜しい・・・。

小田さんのツアーファイナル 

でも、これだけは、今日の『クリスマスの約束』の放映前には、
是非書きとめおきたいと思った。

 12/20(土) 京セラ大阪ドーム 
  ♪今日もどこかでファイナル♪ 『きっと またいつか』

4月から月一回ペースで参加してきた今年のツアー。
小田さん曰く、”そんな物好きな・・”(←全公演参加したという
ファンに対して使ってました(^^;))私もさすがにこのくそ忙しい年末
に、大阪くんだりまで出かけていくつもりはなかったけれど、

「ラストは、やはり行かなくちゃ」

という家族のありがたい(^^;)勧めもあって、結局行ってしまった。

でも、本当に行って良かった。

最近感情コントロールの聞かなくなった私は、未だに思い出しては
うるうると・・(笑)


元々、9月の武道館でのライブでしっかり完全燃焼できた私と
しては、ドーム公演ははっきり言っておまけみたいな位置づけ
だった。今まで、他のアーティストで東京ドームのライブには
何回か足を運んだことがあるが、はっきり言って、満足して
帰ったことは皆無。

ドーム広すぎるんだよね。ステージは遠いし、音は、反響して
割れる。それにあれだけ人が集まると、お客さんも全員が
ファンってわけじゃないんで、やりたい放題、し放題。
まあ、イベントとしては、楽しいかもしれないけれど、果たして
小田さんの歌の良さは発揮できるのだろうかと思ったのである。

しかし、”小田さんの歌にドームのような広い場所は
似合わない・・”という想像は、うれしい位に裏切られた。

翌日の情報番組やスポーツ誌では、自転車と全力疾走の
場面しか取り上げられず例によって、

”高齢者がんばる・・・”(^^;)

みたいな視点で取り上げられていたけど、
そんな事より、あの歌唱力と表現力にもっと注目して
欲しかったな。

あんな広い場所であっても、小田さんの歌の求心力は健在でした。
特に、真骨頂ともいうべきピアノ弾き語り。
ドームの天井まで突き抜けるような澄んだ美しい声は、見事に5万人
近い観衆をくぎづけにしてしまった。


公演でまわった土地土地の青い空をバックに歌ってくれた
『東京の空』

今の正直な気持ちであるという『さよならは言わない』

そして、27年も前に書かれたにもかかわらず若手アーティストの
カバーが続く『生まれ来る子供たちのために』

以前、”モーツァルト同様、小田さんの歌声を聞くと、α波
(←この状態の時にリラックスできる)が多く出る”という
実験をしていたTV局があったけれど、私もその歌声を聞いて、
ここ数ヶ月のもやもやもイライラもすべてふっとんでしまった。

そして、3時間程のステージ。少しでもお客さんに近づきたいと、
アリーナに設けられていた5カ所のサブステージを休み無く
歩き回って歌い続けてくれた小田さんの真摯な姿にはほんと
感激であった。


ここにいたるまでに、小田さんはどれだけの努力を積み重ねて
きたんだろう。そのストイックな姿を見るといつもながらやる気が
わいてくる。

今年は、私にとっていろいろな意味で節目の年であった。
いいこと、楽しいこともたくさんあったけれど、辛く苦しいことも
多かった。そんな激動の一年。私を支えてくれたのは、やっぱり
小田さんの歌声。
そんな年の締めくくりにこんなに感動する事ができて本当に幸せで
あった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 『頑張って生きていれば、良いことがある』第三弾。


 一度で良いから小さなホールでじっくりと小田さんの歌を
聞いてみたいという悲願がかないました。
 ある人のご好意で、行ってきました宇都宮。
 会場は、栃木県総合文化センターメインホール。
 なんと、1600キャパという、地元の文化会館並のコンパクトな会場。
 
 『しばらくお休みしていたので、私は元気です!』


の声と共に現れた小田さんはほんとに元気でした。


 『小田さんステキ~!!』


という若い女性の声に対しては、


 『三年前は、ほんとにステキだったんだけれど、最近はどうでも
  よくなった。』
 
 『「僕らの街で」を歌った後、KAT-TUNのコンサートに行こうかと
思ったけれど、他の曲は別に・・なのでやめた』


 『オフ・コースの頃は、男性ファンが少なかったが、今頃になって
 ”実はファンでした”と言ってくれる男子・・いや、おじさんが多いです』


 小田さんも終始リラックスムードで相変わらずのジョークも健在。

 会場のお客さんも、本当に小田さんのステージを心待ちにしていた人
ばかりで大変な一体感で、ものすごい盛りあがりでした。
 
 小田さんがステージに姿を現れる度に会場全体が揺れ動くかのような
歓声と拍手。
 「言葉にできない」演奏中のあの張りつめた緊張感。
 「今日もどこかで」の大合唱。
 そして、退場した後の鳴りやまぬ拍手。
 

とっても心温まる暖かいコンサートでした。 


 小田さんのコンサートと言えば、会場突撃が売り物(?)であるけれど、
今回は、なんと二階まで。
 しかもいつものアリーナでのライブと違って、席を離れて突進する
ふとどき者もほとんどいなかったので、結構ゆっくり歌を歌いながら
二階を回ってくれました。
 二階席から一階席に向かって、「キラキラ」を歌うあの姿は、圧巻だったな。
 ご本人も気持ち良かったようで、


 『ついに二階越えができました。

  皆さんのおかげでスムーズにいけました』


 ・・と言ってました。


とまあ、小さいホールのコンサートに参加できて、大満足の一夜でありました。
そして、今日は、横浜アリーナに向かいます。


 最近思い悩む事が多く、迷いに迷っている毎日ではあるけれど、
小田さんの「ダイジョウブ」を聞くとなんだか”大丈夫”な気がしてくるという
単純な私。
 今日もしっかり、パワーをもらってきます。

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


osak

 今回のツアーは、”月に1回は参加するぞ!”・・ということで、
行ってきました、大阪2日目。

 静岡エコパ、横浜アリーナにつぐ3度目の参加だけど、2ヶ月半経って
どんどん小田さんのステージがグレードアップしていくようですごい!

 「小田さん~」「小田さ~ん」というかけ声をうっとおしそうにしている
のは毎度変わらないながらも、今回は

 「なんだかリラックスしてきたな~」

・・というありがたいお言葉どおりに、好きだったという洋楽の曲”today”
やら、”song of memories”を披露してくれたり、オフコース時代の
「水曜日の午後」なんて、超懐かしい曲もワンフレーズも歌って
くれました。

 そうそう、あの名曲「老人のつぶやき」に対しては、

 『NHKの「みんなのうた」に依頼された時に、当初「老人のひめごと」
という題をつけたけど、NHKに却下された。』などという裏話も・・。
 
 「あの曲を作ったのは、25才の時で、なんで、その年であんな歌を・・と
思っていたけれど、自分もその年になってしまった」 

 てなことも言ってました。

 その他、曲目は、毎回ほとんど変わらないながらも、後半
「そのままの君が好き」から、ピアノ弾き語り「風のように・・」
「東京の空」「ダイジョウブ」までは、何度聞いても感動してしまいます。
 今回も何度か泣きそうになりながら聞いてました。
 
 そして、2度のアンコールを経て、最後に皆で歌った「いつもどこかで」
 これも良かったな~。

 そうそう、”アンコールは一度だけだろう・・”と出口に急ぐお客さんたち
の流れが、2度目のアンコールが始まった途端に逆流してきたのには、
スタンドから見ていてちょっと笑わせられました。

 アンコール含めて2時間40分あまり。
 さすがに花道を走りまわる事は無くなって来たけれど、少しでもみんなの
近くに寄って歌を聴かせようと、すみずみまで歩いて回ってくれる
小田さんはほんとカッコ良かったです。
 声の方も、なんだか3年前のツアーよりずっと出ているような。

 『この年になると約束はできないけれど、一生懸命に
 生きていればまた会えるから・・』

 泣かせるコメントです。
 私も頑張らなくては・・


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
行ってきました。横浜アリーナ

4月のエコパ以来、1ヶ月ぶりの小田さんのコンサート


 先週の月曜から体調崩して、高熱続くは、アリナミンのCMの
ように右手が固まって全く動かなくなってしまうわ・・それでも仕事は
休めず、ほんと泣きそうな毎日だったけれど、この日の為に、毎日
点滴と注射に通ってなんとか復活しました。

 それでも当日は、手が痛くて拍手も出来ず、まわりからは白けた奴
だと思われていたかも。
 
 小田さん。静岡の時よりパワフルで良かったです。


 声の調子もバッチリでした。病み上がりだけに、「ダイジョウブ」や
「東京の空」めざましのテーマ「いつかどこかで」は、泣きそうな位
良かったです


 実は、今回も席には恵まれました。サブステージのまん前2列目。
 今までで一番近かったかも。小田さんのつまびくギターの音が生で
聞こえたのには、感激してしまった。
 ほんと、真面目に頑張って働いていると良いことってあるんだな~と、
しみじみ実感。
 あ、この↑について異論のある知り合いの皆さんは、遠慮無く私に
言ってください。

 
ライブでの小田さんのトークは、相変わらず何らのテーマもなく
思いつくままに・・
 
  「会場からの質問にひとつだけ答えま~す」


話すことなくなったみたいで、こんな問いかけも・・
 
 「ほら、いざ言われると何もないでしょう・・」

なんて言葉に対して、


 客席から   「いつまで歌うんですか?」


 の問いかけが。



 「すいません。いつまでも歌っていて・・」


 と小田さん相変わらずの切り返しでありました。でも、


 「できるだけ長い間、歌っていたい」


とのありがたいお言葉も。


 そうそう、今回はアリーナ席への突入がありました。

 なんと、あの巨大な横浜アリーナのアリーナ席の最後部まで
行って、壁沿いを歩いてはるかかなたのセンター席に手を振りに
行ってしまったんです。
 当然のごとく、どっと押し寄せるファンにもみくちゃ。
 
 遠くから見ていたけど、とんでもない遠方の席からダッ~とかけよる
40~50代ファンのあのフットワークの良さには、いつもながら脱帽です。
 小田さんは、かなり疲れていたみたいだけど・・。
  
 5~6年前だったかの「キラキラ」のツアーの時に、


 「自分もファンもお互い年を取って、枯れてしまってその気(?)が
なくなったら  一度、客席を歌舞伎の”お練り”のようにまわりたい。」


・・てな事を言って、客席を笑わせていた小田さんだったけれど、
還暦過ぎてもまだまだお互い、枯れることはないようで・・。
 当分無理ですね。(笑)
   
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。