思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:

職業柄(笑)これだけはと思って時間を作ってみてきましたが、

さして期待していなかった割には、いい意味で予想を裏切る

心にしみる良い映画でした。


原作は本屋大賞を取った三浦しをんの『舟を編む』

タイトルにある”舟”とは、辞書のこと。


”人は辞書という舟で言葉の海を渡り自分の気持ちを的確に

表す言葉を探す”


という意味だそうです。


辞書作りの地道な作業と辞書作りに愛をもって取り組む

編集者を描く映画ですが、ともすれば、退屈になりがちな地味な

テーマを個性あふれる役者さんたちの演技とユーモアあふれる

展開で、味わいのある作品に仕上げています。


主人公の松田龍平のひょうひょうとした雰囲気は主人公の

まじめ君(間締くん)そのものであるし、

妻の宮崎あおいは、相変わらず夫を陰ながら支える

妻役としては、ピカイチですね。

この夫婦は飼い猫と共に実に安らげる空気を醸し出してくれます。

やっぱりあの二人に似合うのは犬ではなく猫でなくてはだめ(笑)


脇を固めるのは、どんな役をやっても相変わらず素晴らしい

小林薫。今回もものすごい存在感です。

そして、実直な学者を演じる、お懐かしや加藤剛、

その奥様の八千草薫さんもぴったりの適役でした。


でも、この映画で一番良かったのは、やっぱり辞書編集部の

先輩役であるオダギリジョーかな。

見た目も言動もチャラ男でありながら、実は”いいヤツ”。

そして、主人公同様、辞書作りに愛を持って取り組み恋人に

大しても、誠意を尽くす、実は”誠実なヤツ”。

そんな難しい役をオダジョーがユーモアたっぷりと演じてくれました。

彼は、ああいうレトロな役も似合うんですね。


最近は、辞書も電子辞書ばっかりだった私もこの映画を観てきた後、

なんとなく紙辞書を手に取ってしまいました。

目的もなく、ぱらぱらとめくって面白そうな所を読む。

昔は、そんな使い方をしてたな~と思いつつ・・

忙しい毎日をしばし忘れてほっこりできる、そんな気分にさせる

映画です。


舟を編む/三浦 しをん
¥1,575
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30年以上前に、『エイリアン』観た時は、そりゃあ、びっくりしましたよ。

前知識なかったし、出るか出るか・・っていう感じで、柄にもなく

手で顔おおって指のすきまからみてたっけ。


あの時から月日は流れ、映画の技術もとんでもなく進化した現在、

あの『エイリアン』のリドリー・スコット監督が、あの『エイリアン』の

”エピソード0”的な映画を作ったという事で、観に行きました。


前半は、ハイテクな宇宙船生活に目を見張りながらも気がつけば、

うとうと。

後半、やっとゾクゾクの展開になったけれど、何ともアナログな

戦いっぷりは、もはやお笑い?

後ろのおじさん、途中で吹きだしてたっけ・・。


詳細は控えますが、あれだけの大金と時間をつぎこんだ壮大かつ

周到なプロジェクトの目的が”あれ”で、しかも一発素手で殴られて

おしまい・・っていうのもねぇ・・(^_^;)


まあ、ツッコミどころ満載の映画ではありますが、あのアンドロイドが

何で乗務員に生物を注入したのか?とか、謎も結構残ってるんで、

続編できたら、観に行っちゃうかも。


ところで、3Dですが、画面に集中できるようにする為か、

最近の映画は、大体、字幕→2Dで、吹替→3Dが当たり前のようです。

今回も、3D見たさに吹替選びましたが、声優を選ぶ時には、

もう少し配慮して欲しいですね。

特に、タレント選ぶ場合には、年恰好とかイメージとか考えて

欲しいです。

今回特に感じましたね。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

図書館シリーズでおなじみの有川浩さんの小説の映画化。

公開時に見に行けなかったのでDVD鑑賞です。


宝塚と西宮北口間を約15分で走る、阪急今津線

その電車に乗っているそれぞれ悩みを抱えた乗客が、たまたま

乗り合わせた他の乗客に悩みを打ち明け、勇気をもらうという

おはなし


可愛がっていた会社の後輩に彼氏を取られ、腹いせに

ウェディングドレスで結婚式場に乗り込むOL、

彼氏のDVに悩む女子大生、

息子夫婦との関係がうまくいっていない老婦人、

人に合わせられず、どこかまわりから浮いてしまう大学生、

知人のつきあいをうまく断れずストレスを抱えている主婦


そんな、とんでもなく深刻とは言えないまでもやりきれない

悩みを持つ人たちが、たまたま乗り合わせた見知らぬ人の

一言に勇気をもらい、一歩前に踏み出していきます。

そして、同時に、誰かに勇気を与えてあげます。


ともすれば、群像劇は散漫になりがちですが、”同じ電車に

乗り合わせた”というのが前提になっているので、場面場面が

良くつながっています。

電車の往路、復路を時の経過に使ったのも憎い構成だと

思いました。


ただ、スケールは小さいので、映画というよりは、2時間ドラマ的では

あります。また、各人の悩みや人物背景も深くは掘り下げられて

いないので、本格的な人間ドラマを期待すると肩すかしかもしれま

せん。


でも、全編ほのぼの。

見終わって暖かい気持ちになれる映画です。


個人的には、勝地 涼の大学生が良かったかな。

「未来講師めぐる」あたりから気になる俳優ではありましたが、

惚れ直しました(笑)


”袖ふり合うも多生の縁”


たまには、電車乗ってもすぐ耳にイヤホンつっこむんじゃなくて、

ぼんやりと車内の音に耳を傾けるのもいいかもしれませんね。


関東人の私にはまったくなじみのない電車ですが、

レトロな雰囲気のあのチョコレート色の車体

この映画を見るとホント乗りたくなります。

そして、駅員さんが言っていたように、沿線に住みたくなりますね。


阪急電車 片道15分の奇跡 [DVD]/中谷美紀,戸田恵梨香,南果歩



阪急電車 (幻冬舎文庫)/有川 浩

¥560
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

TSUTAYA限定レンタルというこの映画、

結構面白いです!

特に、前半は、かなりいい!



【内容】


銀行強盗で指名手配中のジョンは、身を隠す為、

ある豪邸に、そこの主人の友人の友人をかたり、

巧妙に転がり込む。

そこに住む中年紳士ウォーウィックは、初めは、

ジョンを暖かく迎え入れるが、やがて、ジョンの

素性がバレてしまう。

居直り、主人を脅すジョン。

しかし、本当に”怖い”目にあうのは、実は、ジョンの

方であった。



このホスト役の主演俳優、デヴィット・ハイド・ピアーズが

とってもうまいです。

コミカルで、かわいらしい(?)中年紳士が、表裏一体で

見せる凶暴性とそのキレっぷりは、かなり期待に応えて

ゾッとさせてくれます。

なぜか、その昔、名作『ツインピークス』でいきなり踊りだし

ちゃったお父さんを思いだしちゃった。


ジョン役の俳優もなかなかの好演です。

ふてぶてしい凶悪犯が、いつの間にやら、恐怖におびえる

被害者に変貌していく過程が面白いです。


パックの道具もなかなかいいです。

プールつきのセレブなお屋敷もステキですし、ワインやら

写真立ての写真やら、小道具がとっても効果的に使われて

ます。特に絵葉書の使い方・・。なるほどね~とうなずいて

しまいました。

それと、、プール。豪邸のプールって、ああいう使い方

あるんだな~ってね(笑)


ただ、後半、屋敷を出てからは、その雰囲気が全くなくなり、

リアルな世界になってしまったのが、私としては、とっても

残念。


『ソウ』のプロデューサーが手掛けたというで、これでもか

これでもかと仕掛けてくるどんでん返しが始まってからは、

何だかつまらなくなっちゃったな~。

まあ、最後の最後のオチがオチなんで、多少なりとも

余韻は残ってますけどね。


で、ここから、かなりのネタバレなんで、まだ、見てない方には、

読んでもらいたくないのですが・・・・・・・・・・





ゴミ捨て場で気がついた、ジョンは、顔のテープを

はがしてましたよね?

主人は、かなり、豪華なメイクセットを所有してたみたいだし、

結局、この主人は、お客を恐怖に陥れて、写真を撮るのが

趣味なだけ?

ジョンも初めから殺す気がなかったとか?

まあ、ラストで招待された部下は、秘密を知ってしまったのだから、

間違いなく、消されてしまったでしょうけどね・・。




パーフェクト・ホスト-悪夢の晩餐会- [DVD]/デヴィッド・ハイド・ピアース,クレイン・クロフォード,ナサニエル・パーカー
¥3,990
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



思い入れ★ホームシアター★日記-swan

鑑賞してから随分と日が経ってしまいましたが、

今さらながらちょっとだけ感想


いや、いや、ものすごい映画です。


うわさには聞いていましたが、久々に遭遇した

残酷で美しい、上質のサイコミステリーでした。


冷静に考えるとストーリーそのものは、ありがちな

心理ドラマなんだけど、映画の撮り方と誰もが知ってる

チャイコフスキーの原曲の使い方がとってもうまいんだな。


特に後半、実際の舞台とリンクして、主人公ニーナが

追いつめられていくあたりからは、もう、画面にくぎづけ。

原曲のクライマックスに併せて、ぐいぐいとラストまで

引っ張って行かれます。


『白鳥の湖』をまともに目にするのなんて、大学の時に

観たボリショイバレー以来の事だけど、はっきり行って

その時以上の衝撃!


あの時は、ただただ、バレリーナの軽やかな踊りに

魅せられただけだけど、この映画では、オデットと

オディールの”白””黒”のコントラストが徹底的に

描かれていてびっくりです。

見終わってしばらく、『情景』の音楽がぐるぐると

頭の中を回っていました。


そして、なんと言っても、


主役のナタリー・ポートマン、ほんとスゴイです


この世のものとは思えないような清純な美しさと

後半の現実と妄想が交錯した狂気。

それは、まさに彼女の演じた白鳥のオデットと

黒鳥のオディールさながら。

どんどんと壊れていくニーナをある時は、清らかに

ある時は、官能的に見事に演じきっていました。


彼女が、各賞を総なめにしたのもわかる気がします。

ラストの満足げな微笑みがすごいです。


それにしても、芸術を極めるっていうのは、やっぱり

大変なことなのね。


芸術家っていのうは、ストイックでそして、すぐにも

壊れてしまいそうな繊細な感受性を持った人なんだ

なあ~と改めて実感です。

女優もまた、然り!

ナタリー・ポートマンもそういう人なんだろうな~。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3D上映を見てきました。


予想どおりの”良くできたファミリー向け娯楽作品”です。

ちょっと戦いのシーンが多すぎて間延びしたような

感じも受けたけど、特に退屈することもなく、それなりに

楽しめました。


ただ、『スリーピー・ホロウ』や『エド・ウッド』なんかで

ジョニデのファンになった私としては、このシリーズでの

ジョニーの使い方は、ちょっと無駄遣いのような気がします。

今回は、特にそれを感じたかな。

もちろん、カッコいいことはカッコいいのだけどね。


前作までの主役グループだったオーランド・ブルーム、

キーラ・ナイトレイが今回は、出演していないのも

何となく本作が小粒な印象を受ける理由カモ。

宣教師と人魚の純愛も軸にはなっているけど、

余りにも地味で・・・。


3Dを観たのは、『アバター』、『アリス・イン・ワンダーランド』

以来、3作目。

だけど、果たして、この作品に3Dが必要だったかと

思うとちょっと疑問です。

ジョニーが崖から飛び降りるシーンとか、船上でのバトル

シーンなんかも『アバター』のキャメロン監督だったらもっと3Dの

特色を生かした作りにしたんだろうな~と思った。


でも、目的が3Dではないから、それは仕方ないかな。


ラスト。またまた、次回作を暗示させる作りになって

いたけれど、まだ、続くの?(笑)

次回は、公開を映画館から、TDLに移すなんてのは

どうでしょう・・にひひ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここの所、忙しかったので、全く予備知識なく、

イーストウッド監督の『ヒアアフター』を見てきた。


ヒアアフターとは、”来世”

テーマとなっているのは、『死後の世界』

『死者との交信』


【内容】


・ 津波に巻き込まれて、臨死体験をした女性記者は、

  今までのキャリアを捨て、”来世”について本を書く。 

・ アルコール依存症の母を支え、双子の兄弟と共に

  頑張っていた少年は兄弟を事故で無くし、どうにか

  してもう一度会いたいと願い、霊能者を訪ね歩く。

・ 大病をして、死者と交信できるようになった青年は、

  その能力を”人助け”とは思えず、”呪い”と

  思い、その能力を封印し、普通の生活をしたいと

  願っているがうまくいかない。


前半は、この何の関係もないバラバラな三人の群像劇。

それが、後半になり、ロンドンで開かれたブックフェアで

接点を持つことになる。



イーストウッド監督という事で、「チェンジリング」や

「グラントリノ」のような劇的なストーリーを多少期待して

いたが、全然違って、衝撃もなければ意外性もなかった。


津波のシーンや地下鉄のシーンは、なかなかの

迫力であったが、全体に、淡々と場面が展開し、

ラストも何の波乱もなく、静かに終わっていく。


昨今の監督の作品になれていた私としては、

見終わって、少々、肩すかしの感もあったけど、でも、

そう思いながら、泣けて泣けて・・


とにかく”いい話し”で、後からじわじわと感動が。

さすが、イーストウッド監督。

こんなにさらっと描いた作品でこうまで泣かせて

くれるとは


静かな音楽に乗せて、積み重ねられるシーンが

本当に感動的である

そして、それぞれに悩みを抱えた三人が、未来に

向かって新たな一歩を踏み出す事ができた姿には

涙が止まらなかった。

久々に登場人物に感情移入できて、心の底から

喜ぶ事ができたような気がする。


”ヒアアフター”という語には、『来世』と同時に

”今後”という意味もあるそうだ。


”死”という完全なる”負”の要素を使って、”再生”や

”未来”や”希望”につなげられるイーストウッド監督に、

またまたやられてしまった。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版 (2枚組)
上映中、繁忙期で見に行けなかったので、レンタル初日に
借りてきて見た。
 
「セブン」「ファイトクラブ」デビッド・フィンチャー監督
いうことで”オチ”があるのかな・・と多少期待していたが、
そういうものは、全くなし。主役バトンの一生が、関わった人間との
エピソードを交えて、淡々と描かれていく。
2時間半と長丁場で、退屈はしなかったものの全体的に平板な
印象であった。
 
でもこういう一代記もの・・っていうのは、しょうがないのかな。
一つ一つのエピソードは感動的なんだけど、順番に並べられてもね。
この手の映画にありがちな、『フォレスト・ガンプ』になってしまっていた。


でも、段々若返っていくという発想は、十分評価できるし、
映像もきれい。

それに、恋愛だけでなく、親子の情愛、老い、人生における師など
いろいろと考えさせられるテーマがいくつもあって、見終わって
心やすらかに余韻にひたれる映画であった。


ラスト近く、今までふれあった人たちが1カットずつ出てくる
シーンが特に好き。


彼に人生を教えた船長。老人施設で知り合った人たち。
夜ごと逢瀬を重ねた愛人。そして、彼に無償の愛を与えた
育ての母。(このお母さんがとってもいい!)彼の人生に影響を
与えた誰もが、アメリカのよき時代の精神を感じさせる人たちで
あった。


恋人役ケイト・ブランシェットは、相変わらずきれいで若くても
老けてもステキ。
彼女の存在が映画に深みを持たせてくれた。
ラストで幼いベンジャミンの手を引いて歩くシーンとかも良かった。
一方、ブラピはどうなんでしょうねえ。。
単調な展開が、ますます単調に・・
な~んてね。


それにしても老いを迎えるのではなく、老いが遠ざかっていく。
これってうれしいことなのか、悲しいことなのか・・。


段々と若返って活力がみなぎってくるっていうのは、喜ばしい事かも
しれない。それに、人生80年。自分の人生の期限がわかってるから、
ライフプランも完璧に立てられる。
これは、いいかも。


でも、同世代の誰とも”人生”を共有し続ける事ができないっていうのは
悲しい。それに、自分の人生の終わりを迎える時期になって、整理も
反省もできないっていうのがね。できるかもしれないけど、4才や5才で
人生の整理はしたくないよね。
やっぱり私は、普通どおりの方がいいや。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

baberu


巷の感想を読んでいると賛否両論さまざまだけど、
私は、久々に見応えのあるドラマを見た・・っていう感じで
見て良かったと思った。
スカッとする映画ではない。
重くのしかかる映画。
菊池凛子の話題性だけで見に行ったら後悔するのでは?
テーマはズバリ
”今や家族でさえも心が通じ合わなくなった現代人の心。
 孤独な魂。”
言葉の壁、人種の壁、そして、国家間の壁。
そして、言葉の通じる家族や友人でさえも心が通じ合わなくなった。
そんな人類に希望はあるのか??
ということみたいなんだけど、私が見終わって感じたのは、
格差社会への痛烈な批判。
特に、アメリカやら日本やら先進国に対する批判かなと。。
ストーリーの軸となっているブラピ夫妻と役所親子の
”心が通じ合わなくなった・・”という悩みも所詮は、
恵まれた階層の贅沢な悩み。
彼らが悩み、傷つき、そして再び一縷の希望を手にした影で、
彼らの”無意識の中での悪意”によって、絶望的な状況に
追い込まれている人間達がいる。
ブラピ夫妻が子供を置いて、”自分たち探し”の旅にでていたが為に、
留守をまかされたヒスパニア系家政婦は、16年かけて必死で築いて
きたアメリカでの生活のすべてを奪われる。
彼女は、ただ、自分の子供の結婚式に出たかっただけなのに。
一方、妻に猟銃自殺をされた役所父は、凛子娘と心が離れて
しまったことに悩んでいる。
娘も娘でぶつけどころのない悲しさやさみしさをどう解消したら
よいかわからず、自暴自棄の生活を送っている。
でも、あの贅沢なマンションでの生活をみたら、
「その悩みってなんなの?」
・・と思ってしまう。
父が娘との関係に悩んでいる間に、父が無責任に渡した一丁の
銃の為に、モロッコの一家族は、長男は射殺され、次男は、逮捕
される。
家族間で悩むどころか、もう二度と、家族の間で心を通わす事が
できなくなり、永遠に引き裂かれてしまったのである。
バベルの塔
旧約聖書の時代、傲慢になった人間は神を越えようと天まで届く
塔を作り上げようとした。
それが、神の怒りをかい、塔は崩され、今まで共通言語を
話していた人間は、バラバラの言葉を話すようにされ世界各地へと
散らせれてしまった。
現代は、このバベルの時代であるという。
ラストで東京の夜景に映し出される高層マンション。
これは、まさに、現代のバベルの塔を象徴しているに違いない。
高度成長、先進技術・・傲慢な人間は、再び神の怒りを買って、
今度こそ本当にひとりひとりバラバラにされてしまうのではない
のではないだろうか。
ラスト近く、やっと救援にかけつけたヘリコプターに乗り込むブラピが
最後まで付き添ってくれた現地人のガイドにお金を渡すシーンが
印象的。
そのガイドは、同じアメリカ人のツアー客がバスごと逃げ出した後も
一人残ってブラピ夫婦の助けとなってくれた。
そんな彼にブラピは、感謝の気持ちで、財布からお札を抜いて渡そう
とするが、ガイドは辞退する。
ところが、ブラピは、”これでは足りなかったのか・・”とばかりに、
財布からもっとたくさんの札束を抜いて渡そうとする。
もちろん、ガイドは頑として受け取らない・・。
先進国の人間って、結局こういう形でしか感謝の気持ちを表せない
っていうのが哀しい。

つけ足しだけど、ブラピの娘役の少女。
ダコダ・ファニングに似てると思ったら実の妹だって~。
早、大物の風格であった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファイヤーウォール 特別版
ハリソン・フォードお得意のサスペンス・アクション映画。
・・とは、言ってもハン・ソロ様も64才。
まだまだ現役バリバリ~・・と言いたいとこなんだけど ^^;)

【内容】

銀行のセキュリティーシステムの開発者であり幹部である
ジャック。そのジャックに目をつけた犯罪者グループは、
周到な準備の後、妻子を人質にとり、ジャックを脅して、
銀行のシステムを破り、高額の現金を強奪する事を要求する。

よくある”家族人質→父単身で悪と戦い家族を守る”という
定番素材の映画である。
コンピューターのセキュリティーシステムを利用する・・って
いうのが現代的であると言えば言えるのかもしれないけど、
計画は、ただコンピューターのプログラムを使っているというだけで、
”家族人質にとって、システムの責任者に銀行の資金を
犯人口座に送金をさせる”・・なんて、極めて古典的な展開だよね。
でも、この映画は、むしろその辺の巧妙な手口がどうこうと
いうのを描くというより、もっぱらジャックの家族奪還作戦の
方に重きを置いているようである。

そう考えれば、1時間40分というお手頃な時間でもあり、それなりの
山場もあって、全編、飽きることなく楽しめた。

ハリソンももちろん頑張ってます!

あのラストの主犯の男との格闘シーンなんて、そう出来る物では
ないでしょう。
(これまた定番の湖畔の山荘での乱闘!)
ただ、やっぱりね~。
妻子と言っても、二人の子供なんてほとんど孫みたいな感じだし、
奥さんも若すぎ。しかも、64才で、銀行のプログラミングの第一人者って
いうのもちょっと無理があるのでは・・。
そうそう、「24」のクロエが、ジャックの秘書で出演してた。
どちらかと言うと、彼女を脅して資金を強奪するのが普通では・・と
思うのは、「24」見てる人間なら誰も思うのでは?
主犯格の犯人。
どこかで見た事あると思ったら、「ダヴィンチ・コード」のシラス役の
ポール・ベタニー。
シラスも良かったけど、今回の犯人もクールでなかなか良かった。
シラスファンは、必見かも。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。