思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:

ハッスルっていうのは、スラングで”詐欺”っていう

意味だそうです。


題名どおりの詐欺師のお話。


なんでも1970年代後半にアメリカで実際に起こった

収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材にしているそう。

自由と引き換えに、FBIが仕掛ける悪徳政治家検挙を狙った

おとり捜査に協力させられる詐欺師たちが主人公です。


かの「スティング」と比較されてるみたいだけど、オチの意外性は

やっぱり「スティング」の方が上かな。

こちらの映画は、どちらかというと詐欺の内容より、役者の演技と

1970年代当時のアメリカの世相を楽しむ映画。


音楽といい、服装、髪型といい、思い出すのは、

「サタデーナイトフィーバー」

あの頃のアメリカって陽気で明るくってなんか好き!

そんな日本のバブル期を彷彿させるような雰囲気が

全編で楽しめます。

特にアービンの妻ロザリンの電子レンジのシーンは

秀逸ですね。


そして、そのノスタルジックな世界をバックに入り乱れ、

丁々発止の攻防をする出演陣のかけあいの面白さ。


クリスチャン・ベイルは、例によって、体重増やしたとか、

そんな事ばかり取り上げてられてるけど、相変わらず

演技うまいね。

あのカッコいいバッドマンと今回のパッとしないおっさんが

同一人物というのがホント、信じられないです。


もちろん、エイミー・アダムズのエロさも、ブラッドリー・クーパーの

情けなさも、そして何よりジェニファ・ローレンスのキレっぷりも

すべて楽しませていただきました。


でも、映画観終ると、どれが彼らの本当の姿なのか

判らなくなってきます。

アダムズもシドニーも結構まともだし、ロザリンも「そうなの?」

という姿を見せる。

結局、最後に騙されたのは、我々だったりするのかもしれませんね。


そうそう、マフィアのボス


その存在感から、多分、有名俳優だと思ったけど、まさかあの方とはね。

これも騙された事のひとつかな。


この映画、アカデミー賞10部門ノミネートとか


確かに、男優、女優が賞を取るっていうのはわかるけど、作品賞と

なるとちょっと意外な感じがします。


「永遠の0」が大ヒットしている日本人とは、やっぱり感性が違うのかも。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨年読んだ原作が面白かったので、どんな風に映画化

されるのかな~、ハスミンは誰がやるのかな~と

ずっと前から期待していましたが、三池崇史×伊藤英明と

知った途端に嫌な予感が・・・


でもまあ、とりあえず・・と思って見に行ったけれど、予感的中(笑)

正直、あまり面白くなかったです。

原作でも後半に延々と描かれる流血殺戮場面のグロさは、三池監督予想

どおりの本領発揮(?)で、まあこんなもんかと思いましたが、前半がね~。


長い原作なので短くまとめるのには、無理があったかもしれませんが、

淡々と事実を追っていくだけで、生徒含め、登場人物が、どんな人間なのか

全く見えてこなかったのが、残念です。


特に、山田孝之さんの体育教師には、かなりの毒を期待していただけに

ちょっと肩すかし。

それから、吹越満さんの釣井先生もちょっとあっさり扱いすぎでしょう。

実は、ハスミンと似たような事してた・・ってのも省略されていて残念

でした。

そして、主役ハスミン。

サイコパスの演技は、なかなかの奮闘ぶりだったと思うけれど、

さわやかな人気教師の顔がイマイチ伝わってこなかったですね。


原作と映画は別物であるのはわかっていますが、この映画が『悪の教典』

だと思われたら、ちょっと作者の貴志さんが気の毒ですね。

貴志さんお得意のゾッとするホラーというより、バイオレンス映画のように

なってしまってました。

同じ貴志作品の映画化でも、『黒い家』とかは、結構怖かったですけどね。


この映画観て唯一の収穫は、昔からよく耳にする、ジャズの名曲

『mac the knife』の歌詞があんな内容だったっていうことかな。

ぷつん、ぷつんと針の音の聞こえるアナログ盤のレコード。

効果的に使われてましたね~。

原作でもこの音楽。ちゃんと使われていたみたいですね。

読んだ時には、どんな曲か気にもとめなかったわ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
悪の教典 上 (文春文庫)/貴志 祐介
¥730
Amazon.co.jp
黒い家 (角川ホラー文庫)/貴志 祐介
¥700
Amazon.co.jp






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜の午後に鑑賞しましたが、ほぼ満席

やっぱり「踊る・・」って、たくさんの人に愛されて

たんだなあとしみじみです。


映画の方は、例によって、対面しか気にしない

”本部”と日々地道な捜査に心身をすり減らす

”現場”との確執がメインテーマ

今回は、ファイナルということで、この両者の

戦いも一応の決着をみます。


まあ、相変わらず、


「それは、ないだろ~」


・・というツッコミどころ満載、かつ予定調和のストーリー

ながら、15年間演じてきたレギュラー陣の息のあった

チームプレイは、見ていて楽しいです。

あまりに古典的な各種小ネタも、まあ、ご愛嬌という事でパー


エンドロール後、客席のそこかしこでこんな会話が

交わされてるのを耳にしました。


「あそこのあれは、ないよね~」

「いいのよ、ファイナルなんだから」


皆さん、承知の上でした(^▽^;)


まあ、映画としての評価はさておき、ずっと「踊る・・」を

見ていた私としては、2~3年ごとに開催される

同窓会に出席する気分で楽しかったし、これでお別れかと

思うとしみじみですね。


特に、あのオープニングが見納め化と思うと

悲しいです。


今回も一番良かったのは、オープニング!(笑)


あの音楽といい、あの次々と変わるスナップといい

カッコよすぎます。

オープニングだけは、是非、永久保存版にしたいです。


そうそう、ネタバレになりますが、結局、すみれさんは

どうしたんでしょうね?


ラスト、すみれさんだけは、映りませんでしたね。

お客さんみんな、エンドロール終わってもなかなか

立ち上がらなかったのは、


”もしかして、最後に何か結論が・・叫び


・・って、期待してたのもあると思います。

う~ん。私は、もちろん戻って欲しいけど、戻らないに

一票かな・・


踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)/織田裕二,柳葉敏郎,深津絵里
¥49,875
Amazon.co.jp











AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2012年アカデミー賞で作品賞他、5部門を受賞した作品

近所のシネコンで2週間限定ということで公開されていたので、

遅ればせながら鑑賞


モノクロのサイレント映画ということなので、イネムリ必至で臨んだが

いやいや、面白いのなんのって、ぐいぐいとその世界に引き込まれて

途中、不覚にも涙してしまった。(←泣いている人はいませんでした(^_^;))



【内容】

   1927年のハリウッド。サイレント映画のスターのジョージ・ヴァレンティンは、

  ”アーティスト”としての誇り故、世の中のトーキーへの流れに乗り切れず

  仕事もなくなり落ちぶれていく。

    一方、新作の舞台挨拶で知り合った女優志望のベビーは、どんどん

  映画界で認められ、今や大人気の女優となる。

    しかし、彼女は、どんなに有名になってもあこがれのジョージの事を

  決して忘れず、素性を隠しいろいろな面で彼に手を差し伸べる。



モノクロ、サイレントという事なので、 ノスタルジックな映画?

はたまたヒットを狙ったネタ映画?・・かと思いきやとんでもない。


古いどころか新鮮でテンポがある。

そして、ロマンチックで暖かさを持った作品であった。



ストーリーは、起承転結がはっきりしていて非常にシンプルであるのだけど、

それだけに、役者や製作者の力量がはっきりするタイプの映画だったと思う。


「ゾロ」や「シラノドベルジュラック」等懐かしの映画や撮影所の風景を

盛り込んでオールドファン向けと思いきや、一方では、テンポの良い

展開と軽快な音楽でちっとも飽きさせない。

”無音”の中で唯一使った音のまあ、効果的なこと。

そしてラストのタップダンスの華やかさ。

なるほどね・・と思わず納得するハッピーエンドも用意されている。


主演の二人も良かったです。

セリフの無い表情だけの演技でこれだけ感動させてくれるのは、

すごいことですね。

ジョージ、かっこいいぞビックリマーク

そうそう、隠れた名優、あのワンコは、何か賞はもらえたのでしょうかね?

かわいすぎます(*^。^*)


この映画を見て、改めて映画っていいな~と思いました。

これぞ、ハリウッド映画の原点ですよね。


そうそうこの映画を見て、良かったな~と思った若い方は、是非、

「ザッツ・エンターテイメント」を見て欲しいですね。

より、この映画が楽しめると思います。


公式 HP http://artist.gaga.ne.jp/


ザッツ・エンタテインメント [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ
¥3,129
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早乙女愛、僕は君の為なら死ねる by 石清水弘


当時はそれなりに真剣に読んでいたけれど、今、思い出して

みるとあまりにもバカくさい漫画であった。


そのバカくさい漫画をミュージカル仕立てのコメディー(?)

で、再映画化すると聞いて早速見に行った。


いやいや、これがなかなかの傑作


原作を読んでいた私にとっては、このマンガを真剣に読んで

いた事自体がこっぱずかしくなるような茶化し方だった。


勘違い乙女の早乙女愛の武井咲(←初めてこの映画で彼女が

適役だと思った(^_^;))、完全なるストーカーの石清水弘役の

斉藤工。ガム子の安藤さくら。蔵王権太に至っては、なんとおっさん

井原剛志に高校生役をやらせてしまっている。


その誰も彼もが、キャラが立ちすぎて怖いくらい。

逆に主役である誠の妻夫木聡が普通過ぎて何だか影が薄い。


監督は、三池崇史さん


故に悪の花園、花園実業でのけんかシーンは、

まんま「クローズZERO」

けんかシーン、なかなかすごかったです。

そして、荒廃した高校の様子がビジュアル的に受けました。


ただ、全体的には、ミュージカル仕立てにしては、ちょっとテンポが

悪かった気がする。

どの歌もフルコーラスだったのよくなかったんじゃないかな。

歌われた曲も、初めて聞いた時は、大爆笑だったんだけど、

再三、TVやネットで公開されてたんで新鮮味に欠けたような・・。

もっと短くして、曲数増やして欲しかったです。


そして、これ。

リアル「愛と誠」世代以外の人が見てもあまり面白くないん

じゃないかな~。

純愛映画というよりは、どっちかというパロディー映画のような

ものだったんで。


音楽担当の小林武史さん、脚本の宅間孝行さん、そして、

三池監督。

まさに「愛と誠」リアル世代ならではの切り口の映画ですね。

なので、もちろん私も十分楽しめました(^o^)丿。


ところで、冒頭、誠が「情熱の嵐」を歌ったバックにあった

”新宿の目”


私には、懐かしいけど、今、ここで待ち合わせしてる人っているの?

いや、それどころか、その存在を知っている人ってどのくらいいるの?(^_^;)


愛と誠 情熱の嵐編 (講談社プラチナコミックス)/講談社
¥750
Amazon.co.jp


映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラック/フォーライフミュージックエンタテインメント
¥2,800
Amazon.co.jp









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『ダークナイト』を監督したノーラン監督の『インセプション』


ノーラン監督は、結構好きなので、公開時に早速

劇場に見に行ったのですが、前日の寝不足がたたって、

不覚にも途中でイネムリをしてしまいました。


この映画。夢の中に入り込んで、頭の中にあるアイディアを

盗んだり、植えつけたりするというお話。

しかも、意識を3層に分けて、段階的に深層心理に入り込む

という事なので、ちょっと気を抜くと何が何だか、わけがわから

なくなってきてしまいます。


ただでさえ複雑で気が抜けないのに、途中で意識を失って

自分も夢かうつつか状態だったので、もう、無茶苦茶(笑)

ほとんど、理解不能でありました。


それで、ブルーレイを借りてリベンジ!!


しかし、今度は、結構、真剣に見たつもりだったけれど、

やはり、難解 ショック!

ディカプリオの妻が出てきたあたりから、再び

迷宮に迷い込んでしまいました(笑)


発想は面白いと思いますが、大衆的な娯楽作品っていう

感じではないですね。

10年以上前に、渋谷の単館で、この監督の『メメント』を

見た時のような不思議な感覚です。


でも、映像は、やっぱりスゴイです。


それと、一見適当そうに見えて、各階層での行動が緻密に

計算させているのは、さすがですね。

階層ごとの実時間がズレているのも面白いし、また、

上の階層で体験している事が、次の階層の世界と

リンクしているあたりも良く考えられていると思いました。


夢の中の世界もスタイリッシュでカッコいいし、あんまり

深く考えないで、気楽に見た方が良いのかな~。


インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)/レオナルド・ディカプリオ,渡辺謙,ジョセフ・ゴードン=レヴィット
¥3,980
Amazon.co.jp








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

思い入れ★ホームシアター★日記-1408



  最近、スティーヴン・キングにお目にかかって
いないな~ということで、まずは、『1408号室』
映画としては、ちょっと小粒な印象を受けたけど、
幽霊やら、ポルターガイストやら、妄想やら
”まさにキング!”という一作であった。

 
【内容】

 超常現象をテーマに描く作家のマイクのもとに
匿名で、『ドルフィンホテルの1408号室に入るな』
という手紙が届く。
 好奇心にかられ、ホテルに行くと、

”その部屋に宿泊した56人の客全員、1時間以内に
 死んでしまった。”

という恐ろしい事実を知らされる。
 オカルト作家ながら、 実は、幽霊の存在を信じて
いないマイクは、支配人の反対を押し切って
その部屋に泊まるが・・・

 
お化け&怪奇現象映画の王道とも言える作品。
 
 入ると皆死んでしまう部屋。あやしい支配人。
電話、スプリンクラー、鍵、鏡、シャワー、壁に流れる
血など小道具を巧みに使って恐怖をかき立て、大きな
音でびっくりさせる。

 ほとんど、一人舞台とも言える主人公の演技は、
鬼気迫るものがあり、たたみかけるようにアクシデントが
次々とおそってくるので、画面から目を離せない。
 ホテルの外壁を伝っていったら窓がなかったなんて
ところもハラハラドキドキだった。
 
 でも、そんなに怖くないです
 
 ホラーとしては、ビビリ度『3』ってとこでしょうか  

 結局、”あの支配人が1408号室を何とかする為に
彼に手紙を書いたんでしょう・・”な~んていうオチも
映画みるとすぐわかっちゃったりして、ストーリーとしても
そう凝った作りではない。

 ただ、海でおぼれかけたシーンとか、娘を失ったシーン。
どこまでが妄想で、どこまでが現実なのか、見てるこっちまで
だまくらかされるような手法はさすがである。
 
 しかも『1408号室』はだだの幽霊部屋ではなくて、実は、
その部屋の恐怖というのは、その部屋にいる人間の”内面の
トラウマ”を描き出し、精神的に追いつめるものだったなんて
ところや

”人間が幽霊を作り出すのは、死んだ後に何も
無くなってしまうという事実を信じるのが怖いからだ”

なんていう哲学も入っていたりして、その辺が、実にキングらしい。

 まあ、確かに、「着信ありとか、「リング(←高橋克典の奴ね)
とか「回路」とか、日本のホラーの方が”恐怖”という点では
勝るかもしれないけれど、でも、”奥行きの深さ”、これは、
やっぱりキングの勝ちかな。
 
 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


思い入れ★ホームシアター★日記-okuri


アカデミー賞外国映画賞を受賞したということで、
再上映の映画館は、どこも大盛況。
私も上映時、見損なってしまったので、足を運んでみる。


【あらすじ】

楽団の解散で失業したチェロ奏者大悟は、妻と共に
故郷の山形に帰り職を探す。求人誌で見つけた高給の
仕事は、実は、遺体を棺に納める”納棺師”の仕事。
妻にも隠して勤めはじめるが、さまざまな納棺を体験する
内に、自分の仕事に段々と誇りを持てるようになる。
しかし、夫の仕事を知った妻は、理解できず、出て行って
しまう。


『静謐(せいひつ)』という言葉を映画の中で、モックンが
使っていたが、まさにその言葉がぴったりのおごそかで、
澄んだ朝の空気のような映画。


チェロの音色、日本の原風景である里山の四季。
そして、久石譲のBGMとバックのお膳立てはばっちり。
親しい人を一人でも見送った経験のある人なら、
どんな人であっても、感動し、涙ぼろぼろの映画である。


しかし、それが、感性をくすぐって、安っぽいお涙ちょうだい
ものにしていないところがすごい。


葬儀という重苦しい場所を舞台にしながら、現実の悲しみを
忘れさせる美しい一編の叙景詩のような作品に仕上がってる
ところにまず感動した。


そして、死を扱っていながら、そこには、絶望的なものも
説教臭さもない。
ごくごく自然に、死を人間であれば、誰もが通る『門』
とらえている。


映画で繰り広げられるいくつかのエピソードは、涙あり、
笑いあり。


これが、まるで、伊丹十三の映画をみるようで(これで、
津川雅彦が出ていたらまちがいなく伊丹作品!)、
泣かされたと思ったら、笑わされて、それでまたホロッと
させられての連続。

でも、その根底には、死者に対する限りない尊敬と愛情
あふれていて、みていて、とっても暖かい気持ちになれる
のである。


ただ、エピソードと並行して繰り広げられる妻との問題は
さておき、実の父への確執。

この実父との別れのエピソードを、最後の最後に持ってくる
必要があったのかな・・とは思った。


とっても感動的な場面ではあったけれど、あの話を最後に
持っていくことで、”おくりびと”という映画のテーマから
ちょっとぶれてしまったという印象を得た。

それに、”いしぶみ”のエピソードというのまで入れたのは、
ちょっと欲張り過ぎではないかなと思った。


主演の本木雅弘は、さすがの名演。今回の役も適役であった。
彼が演じたことによって、より上品な作品に仕上がったと思う。
もちろん、山崎努は、相変わらずうまい。余貴美子も存在感が
あってよかった。(ああいう、ちょっと疲れた役もうまいんだと感心・・)


妻役の広末涼子については、賛否両論のようであるが、演技力は
別にしてあの無垢な笑顔というのは、この映画においてとっても
重要な役割を果たしていると思った。


この映画をきっかけに『納棺師』という仕事に興味を持つ人が
増え、葬祭系の専門学校にも問い合わせが後を絶たないという。


実際の『納棺師』の仕事は、この映画のように、美しい話しばかり
でなく、精神的にもかなりのダメージを受ける仕事であるという。
それでも何かと敬遠されがちなこの仕事にスポットをあて、
社会の関心を向けさせたという事だけ考えてもこの映画は、
すごい作品であると言えよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、はまれる海外ドラマが少なくてつまらない

「24」も「プリズンブレイク」も「デスパレートな妻たち」
放映されたものは全部見ちゃったし、Super! drama TVで
放映されていた「HEROES 2」も終了。3は、来年の放映まで
おあずけ

毎話完結式の「BONES」やら「グレイズ・アナトミー」やら
「デッドゾーン」やらは、おもしろいとは思うけど、DVDで続けて
見るとなんか飽きる

今の唯一の楽しみは、AXNの「LOST 4」だけど、
これは、ただ今、迷走状態ショック!で一話見終わるたびにぐったり。

なんか、おもしろいドラマないかな~

・・と思っていた矢先、”あの”「X-ファイル」が映画化されたと
聞いて早速見に行った。

「X-ファイル」は、やはり私の海外ドラマ歴の原点である。
(「ツイン・ピークス」は別にして・・)

・・とは言っても、シーズン9まで放映された内の5だか6だかの
途中までみた記憶はあるが、どこまで見たかはうやむや
それに、放映終了6年経って、『何故に今頃・・』というのが正直な
感想である。


しかし、この映画。


ネット上のコアなファンには、どうやらあまり評判のよくないようで
あるが、”そこそこファン”の私には、十分楽しめた。

変人モルダーも理論派スカリーも確かに年を重ね、立派なおじさん、
おばさんにはなりその老け方に驚くが、それだけに味わいのある
ペアになっていて、年月の重みを感じる。


ストーリーも例によってお約束の題材

X-ファイルと言えば、大きく分けて、

① 異星人もの ② 奇形(モンスター)もの ③ サイキック
(超能力)もの ④ 国家陰謀もの・・

と4つに分類されるが
この映画は、サイキックもの
当然、展開はバレバレ。犯人もバレバレ。ついでにラストも
バレバレ。

それでも1時間45分の間、わかっちゃいるのに、緊張につぐ緊張、
ハラハラドキドキ。おまけに雪に覆われた舞台が、ドラマの暗さや
おどろおどろしさを例によって盛り上げてくれる。

そして、最後には、お決まりの人生教訓的なメッセージもあったり
なんかして、

「なるほどな」と納得してしまうオチも健在であった

この映画。なんだか公開されている映画館も少なく、朝からやってる
映画館もあまりない。私が見に行ったシネコンも観客10人余り
(しかも全員が一人で鑑賞・・(^_^;))しかいず、1週間で夜だけの
放映になってしまったというマイナーな映画

でも、何故か、見終わっての余韻は、「レッドクリフ」より上
だったんだよね、これが・・。

映画館から帰宅して、早速、近所のTSUTAYAへ向かう。
いやいや、映画みたら無性にDVDが見たくなった。
TSUTAYAに着き、どこまで見たかよく覚えてないので、とりあえず
シーズン4の1あたりから借りて来て早速鑑賞。

・・・・・・


なんだか、映画よりおもしろくて息もつかずに一気に見てしまった。

さすが、クリス・カーター!!!

周到に練られた脚本も演出もいまだに陳腐さを感じさせない。

20年ぶり位でみた「ツインピークスにはついていけず途中で挫折したが、
「X-ファイル」は健在。今度こそ最後まで見てやるぞ!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

earth


 ”らしくない映画”見てきました。
 
 でも、およそ大自然とは、縁のない生活をしていると
たまに、こういうものに無性に惹かれる時っていうものが
あるもんで・・。

 もともとこの手の自然ドキュメンタリーは嫌いではなく、
NHKで、日曜日放映されていた「プラネットアース」
時間があると結構見てた。
 
 その「プラネットアース」の北極映像がとっても印象的だった
ので、これは、大画面で見てみたいなと思って出かけたら、
文字通り、「プラネットアース」の映像使ってた。(笑)
 同じ、BBCの制作だから仕方ないのかもね。


 50万年前、巨大な隕石が地球に衝突し、その衝撃により
地球は23.5度も傾いてしまった。この傾斜が四季の移ろいや
多様な地形を地球にもたらした・・。


 こんなアナウンスで始まる「アース」は、地球上の自然や
生物の神秘を最先端の技術を駆使した映像で余すところ
なく見せてくれる。


 巨大な滝や、極寒の北極、南極。そして、喰うか喰われる
かの野生動物の戦い。
 どれも目新しい内容ではないけれど、その映像のすばらし
さにただただ圧倒。

 この手のドキュメンタリーというのは、眠い・飽きる・・と
相場は決まっているものの、この映画に限ってはその
あまりの美しさと迫力に、すっかり魅せられてしまって、
あっという間の1時間40分だった。


 この映画については、生き物の生々しい部分が描かれて
いない点が問題であるという見方もあるようである。
 確かに自然の厳しさを描いているとは言っても、動物が捕食
されるシーンやら餓死する姿などは全く映されていない。
 また、テーマとして、地球上における自然破壊を、何でもかん
でも”地球温暖化”で片づけてしまう現代の安直さにつながる
ものを感じとれないでもなかった。
 
 でも、そんな事を語るのがバカくさくなる程に、
地球は美しかった。
 そして、その地球で必死に生きている動物たちの営みにも
感動した。

 新年一発目の映画鑑賞としては、実に良いものを見せて
もらったな・・という感じである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。