思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:

涼を求めて映画館へペンギン


あまり頭を使わなくて、気楽に観られるものという程度で

鑑賞しましたが、面白かった~。

画面釘づけでした。


テンポの良い展開。

出てくるだけで、良い人か悪い人か判ってしまう

シンプルなストーリー。

想定内のハッピーエンド。

”絶対にどこかで見た事ある!”ハラハラドキドキの

侵入劇。

・・でスパイスにちょっとしたオチとナイスバディ―の

大サービス。


急に暑くなって,油っこいものが見るのもイヤパー・・って時に、

無性においしく感じる冷し麺的な感じで良かったのでは?


食べ終わってスッキリさわやか♪

まあ、大して栄養にはならないと思いますが・・(^_^;)


主役は、「アバター」の主演のサム・ワーシントン。

スタントなしで、ずっと壁にへばりついてたとか。


この壁の使い方が実にうまい!

バカなマスコミのシーンなんて、もうビックリです。

張りついてる時のパフォーマンスには、「Mi:4」のドバイの

ホテルよりドキドキしたかも。


それから、字幕見てビックリしましたが、あの富豪が

エド・ハリスとは・・。


「ロック」とか「ビューティフル・マインド」での役がカッコ良くて、

結構彼の作品を観ていた時期がありましたが、

しばらく姿を見ないと思ったら、随分、お年を召されてしまって・・。

昔のニヒルでインテリな感じが少し薄れてしまったのがちょっと

残念です。


映画館ガラガラでした。

1800円の価値があるかと言われれば微妙ですが、

ただ、”崖っぷち”の緊張感を味わうには、スクリーンで

観た方がいいと思います。

ちなみに私は、ポイント利用の0円だったので、

何の文句もありません(^o^)丿


公式サイト http://disney-studio.jp/movies/gakeppuchi/






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『悪の教典』がいよいよ映画化ですね。


『黒い家』、そして、最近では”密室殺人”で有名な

貴志祐介さんの長編小説


図書館70人待ち位でやっと昨年読めました。

順番回ってきたは良いけれど、どうやって2週間で

あのぶあつい上下巻を読もうかと思っていたけど、

おもしろいのなんのって、あっという間に読み終わってました。


いやいや、激しい小説でした(^_^;)


ただ、私は上巻のまだ化けの皮がはがれていないハスミン

(主人公のサイコパス教師 蓮実聖司)が好きだったけれど、

下巻になるといきなり”バトルロワイヤル”になっちゃうので、

ミステリー仕立ての面白みがなくなってきたようにも思います。


下巻の後半は、ちょっと飽きてきて、適当に読み飛ばしていたような。

ハスミンの正体を見破る釣井先生には、あんなに早く消さないで、

もうちょっと活躍してほしかったですね。


そんな『悪の教典』がいよいよ映画化!


監督は、三池崇史さん


R15は、決定ですね・・ドクロ


主役のハスミンは、意外や意外、伊藤英明さんとか。

う~ん。ちょっとイメージわかないです。

私としては、玉木宏さんに演じてもらいたかったな。


他、セクハラ体育教師の柴原に山田孝之さん。

美術教師の久米(㊚)と恋人関係にある前島に

林遣都さんと最近ダークな役がお似合いの二人は、

ナイスなキャスティングかも。


そうそう、忘れちゃいけない、釣井先生


この役を誰がやるんでしょう?

公式には、まだ載っていないけど、出演者の中に

吹越満さんの名前が・・

彼なら適役かも。


なんだかんだで楽しみです!

「黒い家」のような衝撃的な作品にしてして欲しいな。


公式HP http://akunokyouten.com/


悪の教典 上/貴志 祐介
¥1,800
Amazon.co.jp

悪の教典/貴志 祐介
¥1,785
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2012年アカデミー賞で作品賞他、5部門を受賞した作品

近所のシネコンで2週間限定ということで公開されていたので、

遅ればせながら鑑賞


モノクロのサイレント映画ということなので、イネムリ必至で臨んだが

いやいや、面白いのなんのって、ぐいぐいとその世界に引き込まれて

途中、不覚にも涙してしまった。(←泣いている人はいませんでした(^_^;))



【内容】

   1927年のハリウッド。サイレント映画のスターのジョージ・ヴァレンティンは、

  ”アーティスト”としての誇り故、世の中のトーキーへの流れに乗り切れず

  仕事もなくなり落ちぶれていく。

    一方、新作の舞台挨拶で知り合った女優志望のベビーは、どんどん

  映画界で認められ、今や大人気の女優となる。

    しかし、彼女は、どんなに有名になってもあこがれのジョージの事を

  決して忘れず、素性を隠しいろいろな面で彼に手を差し伸べる。



モノクロ、サイレントという事なので、 ノスタルジックな映画?

はたまたヒットを狙ったネタ映画?・・かと思いきやとんでもない。


古いどころか新鮮でテンポがある。

そして、ロマンチックで暖かさを持った作品であった。



ストーリーは、起承転結がはっきりしていて非常にシンプルであるのだけど、

それだけに、役者や製作者の力量がはっきりするタイプの映画だったと思う。


「ゾロ」や「シラノドベルジュラック」等懐かしの映画や撮影所の風景を

盛り込んでオールドファン向けと思いきや、一方では、テンポの良い

展開と軽快な音楽でちっとも飽きさせない。

”無音”の中で唯一使った音のまあ、効果的なこと。

そしてラストのタップダンスの華やかさ。

なるほどね・・と思わず納得するハッピーエンドも用意されている。


主演の二人も良かったです。

セリフの無い表情だけの演技でこれだけ感動させてくれるのは、

すごいことですね。

ジョージ、かっこいいぞビックリマーク

そうそう、隠れた名優、あのワンコは、何か賞はもらえたのでしょうかね?

かわいすぎます(*^。^*)


この映画を見て、改めて映画っていいな~と思いました。

これぞ、ハリウッド映画の原点ですよね。


そうそうこの映画を見て、良かったな~と思った若い方は、是非、

「ザッツ・エンターテイメント」を見て欲しいですね。

より、この映画が楽しめると思います。


公式 HP http://artist.gaga.ne.jp/


ザッツ・エンタテインメント [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ
¥3,129
Amazon.co.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。