思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:

早乙女愛、僕は君の為なら死ねる by 石清水弘


当時はそれなりに真剣に読んでいたけれど、今、思い出して

みるとあまりにもバカくさい漫画であった。


そのバカくさい漫画をミュージカル仕立てのコメディー(?)

で、再映画化すると聞いて早速見に行った。


いやいや、これがなかなかの傑作


原作を読んでいた私にとっては、このマンガを真剣に読んで

いた事自体がこっぱずかしくなるような茶化し方だった。


勘違い乙女の早乙女愛の武井咲(←初めてこの映画で彼女が

適役だと思った(^_^;))、完全なるストーカーの石清水弘役の

斉藤工。ガム子の安藤さくら。蔵王権太に至っては、なんとおっさん

井原剛志に高校生役をやらせてしまっている。


その誰も彼もが、キャラが立ちすぎて怖いくらい。

逆に主役である誠の妻夫木聡が普通過ぎて何だか影が薄い。


監督は、三池崇史さん


故に悪の花園、花園実業でのけんかシーンは、

まんま「クローズZERO」

けんかシーン、なかなかすごかったです。

そして、荒廃した高校の様子がビジュアル的に受けました。


ただ、全体的には、ミュージカル仕立てにしては、ちょっとテンポが

悪かった気がする。

どの歌もフルコーラスだったのよくなかったんじゃないかな。

歌われた曲も、初めて聞いた時は、大爆笑だったんだけど、

再三、TVやネットで公開されてたんで新鮮味に欠けたような・・。

もっと短くして、曲数増やして欲しかったです。


そして、これ。

リアル「愛と誠」世代以外の人が見てもあまり面白くないん

じゃないかな~。

純愛映画というよりは、どっちかというパロディー映画のような

ものだったんで。


音楽担当の小林武史さん、脚本の宅間孝行さん、そして、

三池監督。

まさに「愛と誠」リアル世代ならではの切り口の映画ですね。

なので、もちろん私も十分楽しめました(^o^)丿。


ところで、冒頭、誠が「情熱の嵐」を歌ったバックにあった

”新宿の目”


私には、懐かしいけど、今、ここで待ち合わせしてる人っているの?

いや、それどころか、その存在を知っている人ってどのくらいいるの?(^_^;)


愛と誠 情熱の嵐編 (講談社プラチナコミックス)/講談社
¥750
Amazon.co.jp


映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラック/フォーライフミュージックエンタテインメント
¥2,800
Amazon.co.jp









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
DVD鑑賞

公開時、大ヒット!という事で映画館に行こうかとも思ったけれど、

多分、”想定内”の笑いと面白さだろうと思ったので、DVDになるの

待ってました。


で、やはり、”想定内”の面白さでした(^_^;)


いつもながら、テーマの斬新さとウィットに飛んたセリフには、

笑わせられました。

でも、有名な俳優を意外な役でカメオ出演させて、場面に

メリハリをつけるあたりとかも含めて、「有頂天ホテル」

「マジックアワー」に続き、似たような展開や似たような笑いのツボ。

「マジックアワー」の時とかは、結構面白かったけれど、

これも、三作目ともなると、ちょっと飽きてきたかな~。


それに、今回の作品は、かなり深津さん頼みだったような・・。


主演の深津さん。やっぱりうまいですね。

もうすぐ40歳なんでしょう?

最後のツヨポンとのシーンなんて、まるで、10代の少女の少女の表情。

とても「悪人」と同じ女優さんと思えない。


そんな深津さんを含めて、西田さん、中井さんがやっぱりうまい・・

・・で、この人達がいなかったら、この作品、面白かったなのかな~?

とちょっと疑問に思ってしまいました。


三谷作品は、「ラヂオの時間」とか「みんなの家」とかが好きです。

次回作は、豪華じゃなくていいから、三谷組の有名俳優入れないで、

演出と脚本で笑わせて欲しいな~。



ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]/深津絵里,西田敏行,阿部寛
¥3,990
Amazon.co.jp

みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD]/唐沢寿明,田中邦衛,八木亜希子
¥2,940
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

BSで再放送しているドラマ版がおもしろいので、

こちらはまだ放映中でラストまで行き着いていないながら、

先に映画を見に行った。

でも、ドラマ観てなくても十分楽しめると思います。


仕事帰りで、睡魔との戦い?と思っていたけど、面白かったな~。

2時間あっという間。


【内容】


国際テロを未然に防ぐ諜報部隊。その行動は徹底的に秘匿され、

家族にも正体を明かさない。
警視庁外事第3課・住本は、任務遂行のためなら手段を選ばず、

民間人をスパイとして利用する--。



「24」大好きな私としては、たまらない内容です。

もちろん、「24」のような派手なアクションシーンやストーリーの

緻密さはないけれど、緊迫感あふれるストーリー展開と

脇役含め役者陣の演技に画面に引き込まれっぱなしだった。


特に、結局、悪女なのかなんなのかよくわからない協力者の真木ようこさん

の存在感。すごかったな~。

今回、役回りかもしれないけど、尾野さん、ちょっと影が薄かったのでは?


そして、忘れちゃいけない狂った科学者田中泯のいつもながらの怪優っぷり。

あの人、本業は、前衛舞踏家だそうで・・。

完全に他の役者さんを喰っちゃってたな。


サブタイトル ”その男に騙されるな”


「へへへ、騙されないよ~」


~と結構早くから予想していたけれど、DNAは、クリアしたものの

”チョッパリ”には、やられたな~。

住本・・ホントひどい奴(笑)


外事警察 CODE:ジャスミン/NHK出版
¥1,785
Amazon.co.jp









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。