思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:
なんだか、日本では余りヒットしていない模様。

公開前にマスコミで取り上げられた内容っていうのも
ヒース・レジャーの怪演やら、クリスチャン・ベールの
暴行疑惑ってなことばかりだった。

でも、この映画ほんとスゴイ!

夏場にスカッとするアクション映画みたいならおすすめでは
ありませんが、ノーラン監督作品の大ファンである私にとって、
これは、上半期ベスト1とも言える作品。

さすが、ノーラン。
誰も文句のつけられないお金をかけたアクション大作
なのに中味は
”人間の内面”に真っ向から向き合った人間ドラマ
素晴らしいです。

前作、「バットマンビギンズ」のテーマは、幼い頃にうけた
心の傷を孤独の中、どうやって克服し力に変えていくかに
あったが、今回は、人間の心に潜む”善”と”悪”。

世紀の悪党、ジョーカーは、人間の深層に潜む”悪”に
ゆさぶりをかける”悪魔”。
その悪魔に、主人公であるバットマンと地方検事デントは翻弄される。

善と正義の象徴であるはずのデントが正義の味方が一転して
悪に染まる構図が実にうまい。

最愛の恋人を殺され自らも重傷を負わされた怒りは、本来なら、
自分の不幸を招いたジョーカーにそそぎこまれるはずである。
それが、何故か、ターゲットは、善良な警官に向けられる。

「自分は、大事なものを失ったのに、何故、幸せに暮らしている
家族がいるのだ。」

という発想なのである。
でも、これって、怖いけれど土壇場の人間の深層心理なのかなとも
思う。

その他、主人公に、『恋人』か「HERO』かの究極の選択を
させたり(ここが、またすごいの。究極の選択の末に、ジョーカーの
悪魔のような罠がまっているんだもん)、極悪囚に人間の良心を見させたり、
悪魔に心をもてあそばれ、人間が”良心”を問われる仕掛けが満載である。

そして、終始報われないヒーロー、バットマン


”正義の味方”がいつのまにやら街に”悪がはびこる元凶”のように
言われて、最後には、警察官殺しの悪名を一手に引き受けての
”ダークナイト”の誕生。

しかも、最愛の恋人に、実際はふられてるのに”自分は選ばれた”
錯覚を生きるよすがにするなんて、かわいそうすぎ・・。


そんなかわいそうなバットマンを前作ビギンズに引き続き、
クリスチャン・ベールが地味に好演している。


今回の来日インタビューでも、主役なのに、ヒースレジャーの事ばかり
聞かれて、気の毒ったらないよ。

でも、一生懸命答えていて、ほんといい人だな~と思った。
もちろん、DV疑惑も不起訴に終わったしね。

犯人扱いしていた”めざまし”のキャスターたち。謝罪すべし。

そして、当然の事ながら、今は亡き、ヒース・レジャーの切れっぷりは、
うわさどおり半端ではない。
えんぴつのマジックに始まって、相手によって毎回言うことが違う
口が裂けるいきさつやら、かわいい看護婦姿やら、見どころは
満載である。

そして、そして、
モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、
ゲイリー・オールドマンと脇が贅沢すぎる。
何でも、次作は、ゲイリー・オールドマンが悪役で登場とか。
パンフでは、

『ノーランは、自分を悪役ではない役で使ってくれてうれしい』

なんて、本人のコメントが書いてあったけれど、いい役ではやっぱり
ストレスがたまるのかな?


次作は、ジョニー・デップがリドラー役をやるなんて、話しも
あるみたいだし、またまた期待大である。

「バットマンビギンズ」の感想
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 『頑張って生きていれば、良いことがある』第三弾。


 一度で良いから小さなホールでじっくりと小田さんの歌を
聞いてみたいという悲願がかないました。
 ある人のご好意で、行ってきました宇都宮。
 会場は、栃木県総合文化センターメインホール。
 なんと、1600キャパという、地元の文化会館並のコンパクトな会場。
 
 『しばらくお休みしていたので、私は元気です!』


の声と共に現れた小田さんはほんとに元気でした。


 『小田さんステキ~!!』


という若い女性の声に対しては、


 『三年前は、ほんとにステキだったんだけれど、最近はどうでも
  よくなった。』
 
 『「僕らの街で」を歌った後、KAT-TUNのコンサートに行こうかと
思ったけれど、他の曲は別に・・なのでやめた』


 『オフ・コースの頃は、男性ファンが少なかったが、今頃になって
 ”実はファンでした”と言ってくれる男子・・いや、おじさんが多いです』


 小田さんも終始リラックスムードで相変わらずのジョークも健在。

 会場のお客さんも、本当に小田さんのステージを心待ちにしていた人
ばかりで大変な一体感で、ものすごい盛りあがりでした。
 
 小田さんがステージに姿を現れる度に会場全体が揺れ動くかのような
歓声と拍手。
 「言葉にできない」演奏中のあの張りつめた緊張感。
 「今日もどこかで」の大合唱。
 そして、退場した後の鳴りやまぬ拍手。
 

とっても心温まる暖かいコンサートでした。 


 小田さんのコンサートと言えば、会場突撃が売り物(?)であるけれど、
今回は、なんと二階まで。
 しかもいつものアリーナでのライブと違って、席を離れて突進する
ふとどき者もほとんどいなかったので、結構ゆっくり歌を歌いながら
二階を回ってくれました。
 二階席から一階席に向かって、「キラキラ」を歌うあの姿は、圧巻だったな。
 ご本人も気持ち良かったようで、


 『ついに二階越えができました。

  皆さんのおかげでスムーズにいけました』


 ・・と言ってました。


とまあ、小さいホールのコンサートに参加できて、大満足の一夜でありました。
そして、今日は、横浜アリーナに向かいます。


 最近思い悩む事が多く、迷いに迷っている毎日ではあるけれど、
小田さんの「ダイジョウブ」を聞くとなんだか”大丈夫”な気がしてくるという
単純な私。
 今日もしっかり、パワーをもらってきます。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
TVのCMでは、柳原可奈子が「超ダメ~ジ~」とかわけの
わからない事を言っているせいで、変なホラー映画みたいな
印象を受けるかもしれないけれど、実際は、なかなか上質の
法廷ミステリーです。


 【内容】

 ニューヨーク。血まみれの女性が警察に逮捕される。彼女は、新進の弁護士
エレン・バーソンズ。容疑は、婚約者である医師殺害容疑。彼女は、無実を
主張するが、状況は彼女にとって不利なことばかり。
 一転して、逮捕から6か月前のシーン。彼女は、カリスマ弁護士パティー・
ヒューズの事務所に採用されて、弁護士としての一歩を踏み出す。
婚約者との結婚式も決まり、順風満帆な人生を歩み出したかと思えたが、
実業家フロビジャーを相手どった企業裁判を担当する事となったために、
思わぬ事件に巻き込まれてしまう。

 
 敏腕カリスマ弁護士は、かの名女優、グレン・クローズ。

 彼女見ると、どうしても「101匹わんちゃん」の悪女クルエラ
思い出してしまうのだが、このドラマでもクルエラのようなこわ~い女性を
演じている。

 このドラマの謎解き以外のもう一つの楽しみは、カリスマ弁護士パティーと
パティーにいびられ、利用される主人公の新人弁護士との女の戦い。
そのやりとりは、まるで
「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープとアン・
ハサウェイのよう。
 メリル・ストリープもなかなかだったけれど、グレン・クローズも決して
後にはひかない”鉄の女”を完璧に演じている。

 彼女を見るだけでもこのドラマは、一見の価値あり!
 
 ただ、それに比べて、主人公の女性は、ちょっと空回りかなとも思う。
 BSで放映された時の吹き替えがイマイチだったせいもあるのかも
しれないけれど、やたら、ヒステリックで、ちっとも可愛くないんだよね。
婚約者・・いい人なのに気の毒すぎ。
 アン・ハサウエィがとっても可愛くて魅力的だったのに比べてこちらの
ライバルは、ちょっと見劣りしてしまう。
 
 
物語の展開は、13話もありながら謎が謎を生み飽きる事がない。


 特に現在のシーンと過去のシーンを巧みに交錯させて、「え?あれは、
何だっけ?」とか「ああ、これがあの時の・・」とひたすら頭を使わされる
手法はお見事。
 おまけに、現在のシーンをフラッシュバックのようなシーンにして、視覚に
訴えるという手法が、ハラハラドキドキ感を高まらせてくれる。

 
ただ、ラスト。

 残念ながら、引っ張って引っ張って


 『挙げ句の果てがこれかよ・・』


というような結末ではあります。ひねられていない犯人、そして動機。

 特に最終話にいたっては、全編、あれあれと言う感じ


 何でも、season2が作られるとか・・。
 seaon2作るからって、無理矢理、最終話を次のseason の予告編に
するやり方。
 アメリカドラマの常套であるけれど、いい加減にして欲しいな。


 ・・とこの文章書いていたら、TVで新しい「ダメージ」のスポットCMが。
今度は、とってもリアルな内容で・・。
 そうそう、こうでなくてはね。


ダメージ シーズン1 VOL.1
¥882
Amazon.co.jp





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。