思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:
「マジック・アワー」見てきました。

『抱腹絶倒』・・とまではいかないけれど、さすが三谷幸喜。
ウィットに富んだ会話で、ある時は、大笑い・・そして、ある時は
ホロッとさせられる巧みな演出でした。

特に、前半の佐藤浩一演ずる売れない役者と、西田敏行演ずる
ギャングのボスとの出会いのシーン、そしてベトナム人との銃の
取引の場面。

アンジャッシュのコントのネタにも通じる、”勘違いの中での一致”
全く違う設定なのに、ちぐはぐな会話の中で、何故かところどころ
話しが通じてしまうというあの手法。

”言葉の妙味”のおもしろさ・・と言ったところでしょうか。

あんまり覚えてないけど、

「おれにカットといえるのは、一人だけだ。」
とか、結構笑わせられました。

でも、そのおもしろさを引き立たせてくれたのは、やっぱり
脇の寺島進さんとか小日向さんとかだな。
特に寺島進は、おもしろすぎ。いつもながら、全く期待を裏切りません。

その他、三谷監督ならではの名だたる俳優のカメオ出演。
相変わらず、唐沢寿明は不条理だし、谷原章介はいいとこどりで
鈴木京香は、きれいすぎ。でも、香取慎吾はさりげなくて、危なく
見逃してしまう所でした。

まあ、そんな俳優を見つけるだけでも十分楽しい。

そして、結論的に言えば、この映画の全編に流れているのは、
三谷監督の映画へのオマージュ

三谷さんってほんとに映画が好きなんだな。そして、映画と共に
年齢を重ねてきたんだな~という事が随所でひしひしと感じられた。

主人公が宝物にしていた撮影所の片隅に
あったという”毛布のきれはし”
「○○が持っていたかもしれない」「××が・・」
と佐藤浩一が夢をはせるあたり、
なんか、わかるんだよな~。あの気持ち。

売れない俳優が、現場では裏方さんに妙~に愛されてるというのも
泣かせる演出である。

ただ、後半、ちょっとぐたぐただったのが残念。
ラストも、”ボスとまりさんは、一緒になるだろうな~。”
”裏方さん達が苦心して作ってくれた仕掛けが、
佐藤を最高の”主役”にしてくれるのだろうな~。”
・・との予想がそのままあたってしまったし、敵対する組のボスも
なんか中途半端だった。

あのボスは、「アンタッチャブル」の名シーンを醤油で表現したあたりでは、
もっと期待のできるキャラだったのに、ちょっと残念。

でもまあ、全体的には、おもしろかったということで・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


osak

 今回のツアーは、”月に1回は参加するぞ!”・・ということで、
行ってきました、大阪2日目。

 静岡エコパ、横浜アリーナにつぐ3度目の参加だけど、2ヶ月半経って
どんどん小田さんのステージがグレードアップしていくようですごい!

 「小田さん~」「小田さ~ん」というかけ声をうっとおしそうにしている
のは毎度変わらないながらも、今回は

 「なんだかリラックスしてきたな~」

・・というありがたいお言葉どおりに、好きだったという洋楽の曲”today”
やら、”song of memories”を披露してくれたり、オフコース時代の
「水曜日の午後」なんて、超懐かしい曲もワンフレーズも歌って
くれました。

 そうそう、あの名曲「老人のつぶやき」に対しては、

 『NHKの「みんなのうた」に依頼された時に、当初「老人のひめごと」
という題をつけたけど、NHKに却下された。』などという裏話も・・。
 
 「あの曲を作ったのは、25才の時で、なんで、その年であんな歌を・・と
思っていたけれど、自分もその年になってしまった」 

 てなことも言ってました。

 その他、曲目は、毎回ほとんど変わらないながらも、後半
「そのままの君が好き」から、ピアノ弾き語り「風のように・・」
「東京の空」「ダイジョウブ」までは、何度聞いても感動してしまいます。
 今回も何度か泣きそうになりながら聞いてました。
 
 そして、2度のアンコールを経て、最後に皆で歌った「いつもどこかで」
 これも良かったな~。

 そうそう、”アンコールは一度だけだろう・・”と出口に急ぐお客さんたち
の流れが、2度目のアンコールが始まった途端に逆流してきたのには、
スタンドから見ていてちょっと笑わせられました。

 アンコール含めて2時間40分あまり。
 さすがに花道を走りまわる事は無くなって来たけれど、少しでもみんなの
近くに寄って歌を聴かせようと、すみずみまで歩いて回ってくれる
小田さんはほんとカッコ良かったです。
 声の方も、なんだか3年前のツアーよりずっと出ているような。

 『この年になると約束はできないけれど、一生懸命に
 生きていればまた会えるから・・』

 泣かせるコメントです。
 私も頑張らなくては・・


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。