思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:


rihatu




先週”らしくない映画”(←『アース』に感動したのもつかの間。
今日は、最も”らしい映画”を見てきた。


 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

ティム・バートン×ジョニー・デップがタッグを組むのは、6度目に
なるんだそうだが、「スリーピー・ホロー」魅せられ、「エド・ウッド」で、
二人の世界にどっぷり浸かった私にとって、正直言って、「チャーリー
とチョコレート工場」は、イマイチだった。

 おまけに、パイレーツ以来、ジョニーもやたらメジャーに
なっちゃって、毒が抜けてきたような感じだったんで、今回も
そんなもんかなあ・・と思っていたけど、いやいや、どうして、
どうして、この映画はすごい!

 舞台は、19世紀のロンドン。
 「フロム・ヘル」「エレファントマン」「プレステージ」・・とダークで
おぞましい映画には欠かせない時代設定である。

 そして、そんな期待を裏切らず、オープニング、タイトルバック
から、ぞっとするような映像に息を飲んでしまった。
 
 全編、ダークな画面の中で、死人のような白塗りとアイメイクで、
無表情に殺害を繰り返す、主人公ベンジャミン・バーカーと
ミセス・ラベット。


 ストーリーは知っていたけど、ここまでグロテスクな映画とは
思わなかったんでちとびっくり。
 ”これは、スプラッター映画かい?”というように流血、流血・・。 
グロテスクな描写の嵐である。
 
 でも、
バートンのグロテスクって、変な話しだけど、なんか上品。
 
 これが、日本のホラーとか、やくざ映画だと、目を覆いたく
なるのだけど、この映画は、色調を押さえた画面に飛び散る
深紅の血しぶきのコントラストが妖しい雰囲気をかもしだして
まるで絵画をみているよう。
 
 ミュージカル仕立てにしたっていうのも良い。


 残酷な描写もコミカルな歌で、テンポ良くやられてしまうので
さほど、不愉快な気分にならず。


 あ、歌も良かったです。


 そこそこ、みんな歌うまいし、ほとんどが歌で展開していくにも
関わらず、無駄に長い歌もなくてダレるところがなかった。


 そして、、、ジョニデはやっぱりさすが!!


 陥れられた者の、怒り、悲しみ、やるせなさ、哀れさなんてものを
一見同じような無表情と思われる顔に、使い分けられているっていうのも
彼ならではしょう。

 唯一、明るい画面・・家族3人で幸福に暮らしていた頃の、はにかんだ
ような表情とのコントラストもさすがである。 


 ストーリー的には、最後にとんでもないオチも用意されていて、
なかなか楽しめる。

 ただ、ドラマとして見ると、登場人物の心情なんてものは描かれて
いないので、誰かに感情移入して泣いたり、喜んだり・・なんて事はできない。

 ただ、これは、意識的に排除したのでは?

 この映画は、ドラマとして見るよりは、ミュージカルとして、一編の
芸術作品として、五感で見るべきなんだろうな。役者も、ストーリーも
その作品の一部なんだろう。

 ネタバレになるけど、主人公が15年間思い続けていたはずの
愛する妻の顔を、全く忘れていたという場面が悲しい。
 
 「髪は、黄金色で・・」

とミセス・ラベットに聞かれて、口ごもるシーンが切ないなあ。 

 宿敵の二人は、一見しただけでも判別できたのにね。
 
 やはり、人間、極限状態になった時のエネルギーっていうのは、
”愛”よりも”恨み”ってことなのかな・・ 
 
 余談になりますが、ジョニデが愛娘を治療してもらった病院に
密かに、多額の寄付をしていたというエピソードに感動した。
 お金寄付するだけなら、そこらの金持ちなら考えそうだけど、
ジャック船長の格好で、入院している子供達に本を読んであげたと
いう話しはいいな~。
 やっぱり、やることがカッコいいし、いいひと・・。
 日本人ならさしずめ、マスコミ呼んで、床屋の格好で、宣伝に使うのが
おちなんだろうにね。(笑)
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

earth


 ”らしくない映画”見てきました。
 
 でも、およそ大自然とは、縁のない生活をしていると
たまに、こういうものに無性に惹かれる時っていうものが
あるもんで・・。

 もともとこの手の自然ドキュメンタリーは嫌いではなく、
NHKで、日曜日放映されていた「プラネットアース」
時間があると結構見てた。
 
 その「プラネットアース」の北極映像がとっても印象的だった
ので、これは、大画面で見てみたいなと思って出かけたら、
文字通り、「プラネットアース」の映像使ってた。(笑)
 同じ、BBCの制作だから仕方ないのかもね。


 50万年前、巨大な隕石が地球に衝突し、その衝撃により
地球は23.5度も傾いてしまった。この傾斜が四季の移ろいや
多様な地形を地球にもたらした・・。


 こんなアナウンスで始まる「アース」は、地球上の自然や
生物の神秘を最先端の技術を駆使した映像で余すところ
なく見せてくれる。


 巨大な滝や、極寒の北極、南極。そして、喰うか喰われる
かの野生動物の戦い。
 どれも目新しい内容ではないけれど、その映像のすばらし
さにただただ圧倒。

 この手のドキュメンタリーというのは、眠い・飽きる・・と
相場は決まっているものの、この映画に限ってはその
あまりの美しさと迫力に、すっかり魅せられてしまって、
あっという間の1時間40分だった。


 この映画については、生き物の生々しい部分が描かれて
いない点が問題であるという見方もあるようである。
 確かに自然の厳しさを描いているとは言っても、動物が捕食
されるシーンやら餓死する姿などは全く映されていない。
 また、テーマとして、地球上における自然破壊を、何でもかん
でも”地球温暖化”で片づけてしまう現代の安直さにつながる
ものを感じとれないでもなかった。
 
 でも、そんな事を語るのがバカくさくなる程に、
地球は美しかった。
 そして、その地球で必死に生きている動物たちの営みにも
感動した。

 新年一発目の映画鑑賞としては、実に良いものを見せて
もらったな・・という感じである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ればせながら、昨年TBSで放映された
小田和正さんの「クリスマスの約束」の感想です。


 今年で7回目になる放映だったけれど、2001年の番組開始
以来、4/6の確率で観覧している私にとって、(2004年は、TV「風のよう
に・・」総集編だったため、一般観覧なし)私にとって、仕事の関係で
応募すら出来なかった今年は、いつもより、関心の薄い放映であった。


 しかも、昨年一年は、生小田の歌を聴いていず、ミスチルで
本州縦断(?)をしていた私にとっては、小田さん自体もちょっと
遠い存在になっていたカモ。

 おまけに、当日の放映は、塾のお楽しみ会の菓子や景品の
袋詰めをしながらの視聴だったもんで、じっくり味わう余裕もなく・・。(^^;)

 そんな今年の「クリスマスの約束」

 はっきりいって、

 この番組もそろそろ企画的に行き詰まり??


・・と思うのは、私だけ?


 特に今年。

 ゲスト呼びすぎなんだよね~。

 確かに小田さんが番組を立ち上げた主旨としては、

 
”アーティストが世代を超えて日本の音楽の発展の
 為に手をとりあう”


 ・・っていうことだったんだけど、今回は、ちょっと雑多にゲストを
呼びすぎたのでは? できれば小田さんが歌うカバー曲をもっと聴き
たかったです。

 それと、ゲストの人選もね~。今回なんて、ほんとに小田さんが
呼びたいゲストだったのかなあ~。
 どうも、ここ数年、テレビ局の思惑みたいなものがちらついて素直に
楽しめないです。

それから、ネットでも結構たたかれてたけど、私も早稲田のグリークラブ
とのシーンがちょっと長すぎたと思った。

 あの練習風景とかのドキュメンタリーシーンは、あれはあれで、とっても
良いと思ったけれど、あれは、よくある事前予告番組とかで取り上げる
ものではないかな。

 2時間しかない放映時間の中で、あの取り上げ方はないでしょう・・と
いう気がした。 あの時間にもう2~3曲、小田さんの歌が聴けたよね。


 でも、早稲グリの為に作った愛唱曲はとっても良い曲です!


 生で聞いた時は、ほんとジ~ンとしちゃいました


 そうそう、昨年、生小田を聞いていないというのは、実はまちがい(^^;)。


 昨年12月2日に早稲田のグリークラブの定演に行ってきたのでした。
その時の指揮が小田さん。おまけもあって良かったです。


 その感想は、また次の機会に・・。
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
¥11,032
Amazon.co.jp
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「デスパレートな妻たち」は、season1からの大ファン。

 何がおもしろいって言って、4人の主人公のキャラの
それぞれの持ち味。

 美人でナイスバディーでありながらやってることは、
サザエさん並におっちょこちょいでドジなスーザン


 やり手のキャリアウーマンながら、家庭にいったんはいると
もろに”妻””母”になって冷静さを失うリネット


 色っぽい人妻で、お金と遊びの為なら何でもやっちゃうけれど、
実は、意外と良識的で堅実なガブリエル


 完璧な主婦を実践したが為に、家庭崩壊を招き、それでも
自分の主張をつらぬくブリー

 この4人を軸に、夫やら、恋人やら近隣の人間やらが
からんで織りなすドラマなんだけど、そのストーリー展開が
スピーディーでとにかくおもしろい。

 ドタバタのコメディーかと思いきや、突然、女性の本音が
ぶつかりあうシリアスなドラマ。
 ・・・と思いきや、殺人事件やら犯罪者がからんできて、
謎が謎を生むミステリードラマにもなる。
 
 特に、season2の後半からは、かの「ツイン・ピークス」
クーパー警部カイル・マクラクラン扮する歯科医が、参入
してきて、ミステリアスムード満開。
 2の最後では、衝撃的なラストシーンを迎えて、どれだけ
season3の放映を楽しみにしたことか・・。

 ああ、それなのに、それなのに、、、、、

 昨年10月から始まったseason3。
 ただいま、15話目の放映です。(全23話)

 前半は良かったんだけどね。ここ数回、展開のあまりの
脈絡の無さにちょっと疲れてきた。
 いくら、急展開が売りといっても、カイル・マクラクランまで
消しちゃうのはね~。
(まあ、落ちただけだから生きてるかもしれないけど・・(^^;))

 それから、4人の持ち味がseason3に来て、ちょっと方向性が
変わってしまって、私的には、おもしろさ半減。

 スーザンは、やっぱり少女の様な純粋なところが一番の
魅力なのに、あっけなく、昏睡状態の恋人捨てて、別の
男性と婚約しちゃうし、
 ガブリエルは、カルロスと対の魅力を捨てて、あっけなく離婚。
会社辞めて夫とレストランやるリネットもあれではただのおばさん。
前半費やした隠し子騒動も余計だったな~。
 まあ、ブリーだけは、相変わらずホラーの部分を一手に引き受けて、
確固たるステータスを保ってくれてるのが、救いではあるけどね。

 何でも、放映されてるアメリカでは、season7まで、契約している
とのこと。
 でも、現在は、米脚本家組合のストライキで、放映中のseason4は、
番組中断に追い込まれてるよう。
ストライキはかなりの長期化で、再開のメドはまったく立っていない
そうだけど、まさか、このまま自然消滅・・。
 それもちと寂しいです。


 season3の残り7回の盛りあがりと、4の再開に大いに期待です!


デスパレートな妻たち シーズン1 COMPLETE BOX
¥18,900


デスパレートな妻たち シーズン2 COMPLETE BOX
¥15,539
Amazon.co.jp



 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ここの所、アメブロともすっかりご無沙汰な私は、エンタメとは

縁遠い地味な年末・年始を迎えています。

 

 年末の福山雅治の感謝祭のFC枠もはずれてしまったし、小田さんの

「クリスマスの約束」に到っては、仕事の都合で応募さえできず。

(←でも、今年は番組みた限りでは、別に行かなくても良かったかな

という気も・・にひひ

 

 近くにシネコンが出来たのに会員になっただけで、一度も見に行って

いないし、「パイレーツ・カリビアン」に到っては、DVDがレンタルになっても

まだ見ていない。(ジョニー命だったはずなのに・・叫び


 海外ドラマも最近、燃えないな~。


 「LOST」は、終わっちゃうし、「24」も全部見ちゃったから、来年まで

お預け。「プリズン・ブレイク」は、きっとseason3でこけると思うので、

あまり期待せず。

 今、ちょっとだけ楽しみなのは、「4400」なんだけど、ちょっと役者が地味でね。

いまいち燃えましぇん。「デスパレートな妻たち」もおもしろいにはおもしろいけど、

season3に来て、ネタ切れなのか、ちとマンネリ気味。

 

 TVドラマも一段落。かといって、1月始まりでそんなにおもしろそうなのも

ないな~。

今の関心はといえば、「ちりとてちん」のA子が、その後どんな没落人生を

歩んでいるかということ位。


 いやいや、最近、努力が足りないな。


 もっと映画も見て、もっとライブにも行かなくては・・


・・ということで、とりあえずブログを再開してみることにしました。


今年は、小田さんのツアーもあるしね。

これが、最後のツアーかもしれないので、できるだけ参加したいと

思っています。(・・ってこう思うのは、何度目だろう・・(^_^;)


 昨日と今日は、たまたまつけたBSで「風と共に去りぬ」

「サウンド・オブ・ミュージック」を見てました。


 「風と共に去りぬ」なんて、もう10回以上は軽くみて、セリフや

衣装まで覚えているのにね。

でも、これが、何度見ても飽きないんだよね。懐かしいから

ちょっとだけ・・と思っていたのに、結局最後まで見てしまった。


 これこそが、まさにハリウッド黄金期の象徴ともいえる、傑作。


 役者もゴージャスなら、セットもゴージャス。ストーリーもゴージャス。

昔のこんなぜいたくな映画を見ると、最近の映画ってしょせんは、

お手軽なヒマつぶしなのかなと思えてくる。

 でもまあ、そんなヒマつぶし映画も今年は、たくさん見たいと思って

います。


 そうそう、私の今年の年回りは、”大厄”だそうです。


”今まで何となくうまく行っていたが、世の中そんなに甘くはない”

実感する年だそうです。


 なんか、嫌だな・・と思っていたら、年賀状に誤字があった事に

ポスト投函早々に気がつく。。大厄のはじまり、はじまり~。

 


 


 

 

 

 


 


 


 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。