思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:
「山田太郎物語」
何だかんだ言って、見てます。
かって、金曜10時TBSのドラマと言えば、大人の
時間帯。本格的な恋愛ドラマから社会派ドラマまで。
野島3部作とか、金妻とか、「岸辺のアルバム」とか
結構、真剣に見て育った世代です。

それが、何だか最近は、肩のこらないお手軽ドラマ枠
路線変更してしまったようで・・。しかもジャニーズが常連(笑)
10月もすでにTOKIOの長瀬くんに決まっているとか。

「山田太郎物語」もコミックが原作のラブコメ

タイトルからマンガチックだと思ったら、全編マンガ。
まあ、悪意ないし、おもしろいし、適当に微笑ましい部分も
あって良いのだけどね。
ドラマとして見ると物足りなさを感じはしますが・・。

主演の二宮和也くんの世間での評価は高いみたいですね~。
あの倉本摠に見込まれたみたいだし、「硫黄島からの手紙
もなかなか良かった。、演技もなかなかうまいと思うけれど、
このドラマのキャラにはどうだろう・・。
どちらかと言うと、レトロで日本的な顔をしてる二宮くんが
王子っていうのもね~。
かっぽう着姿は、みょう~に似合ってたけど・・。


ど貧乏っていうのも結構早くわかってしまったみたいだし、

これから先、どうなるのだろう。

毎回の単発エピソードの積み重ねだと10回は持たない気も・・。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ファースト・キス」
久しく縁のなかった月9を今期は毎週見てます!
理由は、二つ・・
まずは、脚本が井上由美子さんであるということ。

以前から彼女の作品は期待はずれがないので、だいたい
見るようにしている。
もちろん、今期放映のNHKの「マチベン」も見ているけど、
「白い巨塔」やら、「14歳の母」のようなシリアスなドラマだけで
なく、こういうラブコメでも彼女は、十分才能を発揮できるんだんと
思った。
このドラマの井上真央演ずる主人公美緒は、見ていて
ムカつくようなワガママでどうしようもない自分勝手な女だけど、
実は、その”ワガママ”も難病を抱え、明日自分がどうなるか
わからないという不安感を隠し紛らわす為のただの”虚勢”に
すぎないということが段々と判ってきておもしろくなってきた。
そして、あの”今さえよければ良い”のでたらめな兄が
生き方を変えられるかも興味津々。
また、何故、美緒が手術前に日本に来て兄にあうことあんなに
こだわったのかなという事もちと気になる。
彼女は、一体何を求めて日本に来たのだろう・・。
そして、おふざけ満載のドラマ展開ながら、要所要所核心をついた
セリフは、さすが。
脇を固める役者が芸達者揃いの人ばかりなので、毎週しっかり
笑わせてもらってます。
特に阿部サダヲと劇団ひとり。地?ネタ?演技?
最高ですね~。

これが、私が月9を見るひとつめの理由。
そして、理由の二つめは・・
それは、もちろん、主題歌が小田和正作曲であるということ♪
何でも、小田さんが月9の主題歌を書くのは、「東京ラブストーリー」
テーマソングから16年ぶりだそう。
でも、そんな年月を感じさせない相変わらずの直球ラブソングに
6月中に流れた予告編からすっかりやられてしまった。
何かの雑誌に書いてあったが、何でも、今では当たり前の、ドラマと
タイアップしてその主題歌からシングルヒット曲を作るという売り方は、
「ラブストーリーは突然に」からだとか・・
このドラマの主題歌の「こころ」もドラマのイメージをかなり
大切にし、ドラマを盛り上げる主題歌だと思う。
ラストで、ドラマの核心に近づいた時に流れるイントロといい、
一度聞いただけで口ずさめるような判りやすいサビの部分の
歌詞といい、さすがは小田さん。
押さえるべきツボはすべて押さえてある。
そして、もちろん、小田さんの澄んだ歌声と圧倒的な
歌力は、健在。
しばらく聞けなかった「キラキラ」のような歌。
ライブで盛り上がるだろうな~。早く生で聞きたいです!
そうそう、フジTVのHPに、井上真央ちゃんが小田さんのスタジオに
遊びに来た時の事が書いてあった。
何でも、「こころ」を聞いた真央ちゃんが、
”わー。なんか月9って感じ。良くわかんないけどそんな感じ”
と言っったそうで。(^^;)
それに対しての、小田さんのコメントが
”きっと気に入ったのだと思いひと安心しました。”
”良くわかんなかった”のは、きっと小田さんの方だったろうな。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX2(「明日に向って撃て!」DVD付)
seaon2を10話まで見ました。
相変わらず、息もつかせぬ展開と次話にひっぱる
思わせぶりな各エピソードのラストはおみごとです。
でも、脱獄して世界が広がっただけに、season1とはちょっと
展開が変わってきたみたい。
まず、イケメンスコフィールドくんの影がなんだか薄くなって
しまった。
season1では、アタック25の児玉清も真っ青の大胆かつ
慎重な作戦を立てて脱獄を成功させたスコフィールドくんが、
season2になった途端になんだかことごとく計画頓挫。
まわりはことごとく逆らうし、ちょっと脇役に回ってしまいました。
逆に、生活力あふれる、無実の罪とはいいながら、なかなかの
悪党の兄リンカーンが本領発揮!
相変わらずのわがまま放題で計画をブチこわしつつも
スコフィールドの助け役となっています。
それ以外もシーズン1に引き続きの活躍は、何と言っても
ティーバック。
10話まで見ての主役ははっきり言って彼だな。
今後、どんな展開が待っているかわからないけれど、
彼には、安易に殺されてほしくないな~。
そして、追跡者側も、トラウマかかえたFBIの捜査官やら
これまた懲戒免職なって本領発揮の看守コンビやら
バラエティーに富んでいて、ほんと飽きさせない展開です。
後、何話だろう。。season3はあるのだろうか・・
早く最後までみたいです。
何と言っても
”あの男が帰ってきた・・”
9月になるとジャック・バウアーが帰ってくるもんね。
「24 シーズン6」
これまた、年中行事のように秋から冬のレンタルが楽しみです♪
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。