思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:

baberu


巷の感想を読んでいると賛否両論さまざまだけど、
私は、久々に見応えのあるドラマを見た・・っていう感じで
見て良かったと思った。
スカッとする映画ではない。
重くのしかかる映画。
菊池凛子の話題性だけで見に行ったら後悔するのでは?
テーマはズバリ
”今や家族でさえも心が通じ合わなくなった現代人の心。
 孤独な魂。”
言葉の壁、人種の壁、そして、国家間の壁。
そして、言葉の通じる家族や友人でさえも心が通じ合わなくなった。
そんな人類に希望はあるのか??
ということみたいなんだけど、私が見終わって感じたのは、
格差社会への痛烈な批判。
特に、アメリカやら日本やら先進国に対する批判かなと。。
ストーリーの軸となっているブラピ夫妻と役所親子の
”心が通じ合わなくなった・・”という悩みも所詮は、
恵まれた階層の贅沢な悩み。
彼らが悩み、傷つき、そして再び一縷の希望を手にした影で、
彼らの”無意識の中での悪意”によって、絶望的な状況に
追い込まれている人間達がいる。
ブラピ夫妻が子供を置いて、”自分たち探し”の旅にでていたが為に、
留守をまかされたヒスパニア系家政婦は、16年かけて必死で築いて
きたアメリカでの生活のすべてを奪われる。
彼女は、ただ、自分の子供の結婚式に出たかっただけなのに。
一方、妻に猟銃自殺をされた役所父は、凛子娘と心が離れて
しまったことに悩んでいる。
娘も娘でぶつけどころのない悲しさやさみしさをどう解消したら
よいかわからず、自暴自棄の生活を送っている。
でも、あの贅沢なマンションでの生活をみたら、
「その悩みってなんなの?」
・・と思ってしまう。
父が娘との関係に悩んでいる間に、父が無責任に渡した一丁の
銃の為に、モロッコの一家族は、長男は射殺され、次男は、逮捕
される。
家族間で悩むどころか、もう二度と、家族の間で心を通わす事が
できなくなり、永遠に引き裂かれてしまったのである。
バベルの塔
旧約聖書の時代、傲慢になった人間は神を越えようと天まで届く
塔を作り上げようとした。
それが、神の怒りをかい、塔は崩され、今まで共通言語を
話していた人間は、バラバラの言葉を話すようにされ世界各地へと
散らせれてしまった。
現代は、このバベルの時代であるという。
ラストで東京の夜景に映し出される高層マンション。
これは、まさに、現代のバベルの塔を象徴しているに違いない。
高度成長、先進技術・・傲慢な人間は、再び神の怒りを買って、
今度こそ本当にひとりひとりバラバラにされてしまうのではない
のではないだろうか。
ラスト近く、やっと救援にかけつけたヘリコプターに乗り込むブラピが
最後まで付き添ってくれた現地人のガイドにお金を渡すシーンが
印象的。
そのガイドは、同じアメリカ人のツアー客がバスごと逃げ出した後も
一人残ってブラピ夫婦の助けとなってくれた。
そんな彼にブラピは、感謝の気持ちで、財布からお札を抜いて渡そう
とするが、ガイドは辞退する。
ところが、ブラピは、”これでは足りなかったのか・・”とばかりに、
財布からもっとたくさんの札束を抜いて渡そうとする。
もちろん、ガイドは頑として受け取らない・・。
先進国の人間って、結局こういう形でしか感謝の気持ちを表せない
っていうのが哀しい。

つけ足しだけど、ブラピの娘役の少女。
ダコダ・ファニングに似てると思ったら実の妹だって~。
早、大物の風格であった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小田和正
ダイジョウブ
「お~またせしました~~!」
・・とライブでの小田さんの声が聞こえてきそうな
久々の新曲のリリースです。
「ダイジョウブ」
NHK朝のドラマ「どんど晴れ」の主題歌です。
ドラマの公式HPで小田さん自身が
”何度も台本を読み、この先はどうなんだろう・・。
 どんな人が見るのだろう・・”
・・とかなり感情移入して

、”ドラマに寄り添いすぎてしまったかな・・”
・・と語る位、このドラマのテーマにどんぴしゃ。
聞いているだけで、ドラマの主人公の笑顔が浮かんで
くるような歌です。
曲名の「ダイジョウブ」の意味は、ドラマで流れている
部分を聞いただけでは、いまいち理解出来なかったけど、
CD買って聞いて
「なるほど!」
・・と思いました。
シンプルなメロディー。そして、直球の歌詞。
典型的な小田節でありながら、例によって、聞く度に涙し、
そして、励まされる自分がいたりして・・。
発売以来、飽きずに毎日毎日聞いてます。
ドラマの曲を聞いたことのある人で、
「ダイジョウブ」の意味を知りたい人は是非買って聞いてください。
カップリング曲は、オフ・コースの名曲「哀しいくらい」
この曲。オフコ時代に、私、一体何回聞いただろう・・
・・という位、真夜中、あかりを消して一人片思いの人を思うときの
テーマソングでした。
還暦小田さんが平成の時代にこの曲をどう蘇らせるのだろうと
思ったら、ボサノバ調の、やはり夜の似合う大人の曲になってました。
これまた、懐かしさを越えての名曲。
どちらも、早く、生で聞いてみたいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「どんど晴れ」毎日見てます!
小田和正さんの「ダイジョウブ」が聴きたくて
4月以来、毎日欠かさず見ているわけだけど、
これがなかなかおもしろい。
ストーリーは、おんな主人公の根性ドラマとしての
王道。
突然、実家の老舗旅館を継ぐと一方的に婚約解消を
してきた恋人との愛を貫くために、結婚に反対する
両親とけんかして家出をし、旅館に押しかけ中居として
働き始める。
しかし、そこには、彼女を良く思わない叔父一家が
待っていた・・。

・・とこれだけ書くといかにもどろどろだけど、
そこはNHKの朝ドラ。
結構さわやかな展開になってます。
主人公、夏実役の比嘉愛未さんは、すらっとした
現代風美人でとってもさわやかで可愛いです。
前に何かで読んだけど、頬骨の出ている俳優って
成功するんだって。(ジョニー・デップしかり・・)
比嘉さんもそんな感じ。顔は、違うけど、松島菜々子と
ちょっと雰囲気かぶるかな。
脇の役者もうまい人揃えています。
特に、おかみの宮本信子とその息子の東幹久は、息もぴったりで
ばっちりですね。
婚約者が、一見誠実で信念を持った好青年風でありながら、
冷静に考えると、自己中の優柔不断な奴で、わずか2週で
消えた・・
・・という展開が以外ではあったものの、主人公をとりまく下宿の面々
(何故に、今時下宿?)とのエピソードを交えるというありがちな
展開で、おかみ修行は続き、主人公は、日々成長していく。
テンポも良いし、安心して見てられるので、朝、出勤準備をしながら
見るにはぴったりです。
ところが、今週は、GWだから何なのか、おかみ修行も1週お休み・・っ
てな感じ。
今週のエピソードは、何故か、お忍びで韓国スターが旅館に来て、昔の
恋人を探すというお話し。
この役が、リュ・シウォン
いいんだけどさ~。でも、何で、韓国スターがいきなり登場?
大体、部屋の仕事も任せてもらえない中居の下っ端の夏実が
何故そんなVIPの一日観光を任せてもらえるの?
そして、岩手に来て一年も経っていない新参者が観光案内?
まあ、多くのクエスチョンはあるものの、今週は、
視聴率UP強化週間なのかな・・ということで納得。
来週以降に期待します。
そうそう、それから、私は、「どんど晴れ」を毎日BSで7時半から
見ているのだけど、その後の番組は、「さくら」の再放送。
これって、H14年の作品なんだけど、視聴率的にはどうだった
んでしょう?
あまり話題に上らなかったような気もするし、主人公も悪いけど、
聞いたこのない女優さん。
何で、数あるドラマの中で、このドラマを再放送?
・・と思ってたら、先週あたりから、下宿先(また、下宿だ・・)の娘役で
何と、今をときめく長澤まさみちゃんが出てます。
高校生役でこれがまた、とっても可愛いの。。
・・・って、もしやこれも視聴率大作戦?
思わず勘ぐってしまうのでありました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。