思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:


gojo mise


北海道に行って来ました!


何と25年ぶりです。
”若か~ったあの頃♪”は、ユースに泊まって大自然の中を
ただただ歩き続けるだけで幸せだったけど、



今回の目的は、ズバリ”食”

北海道の冬の味覚を食べ尽くすぞ!

・・と言うことで、2泊3日の短い期間の中で、
ビジネスホテルをベースキャンプにして、
ソルマック片手に、食べ歩きしてきました。

まずは、
ラーメン 第一弾 「五丈原(ごじょうげん)」

札幌の繁華街からちょっと離れた場所にあるこの店。
カウンターがあるだけの小さな店だけど、午後2時過ぎと
いうのに5人程が店内で待ち。

札幌在住の人に聞くと、”道人”(地元の人?)にも人気の
店とか・・。

一番人気は、『とんしお』




gojo



21時間かけてうま味を抽出するスープは、濃いめに見えるけど
実は、あっさり。あと味すっきり。

飲んだ後に飲んでも胃にもたれないそうです。

う~ん。でも、最近こってりラーメンに慣れている私には、ちょっと

物足りなかったかも・・。
それから、太麺が好きな私には、中太のこの店の麺もイマイチ不満。

家族は、しょうゆと味噌を頼んだので、ちょっとお味見したけれど、

色も3つとも余り変わらず。そして、これまたあっさり。

でも、しょうゆはなかなか良い味出してました。


それより、なによりおいしかったのは、余りの空腹に思わず頼んでしまった

『チャーシューおにぎり』

タレでじっくり煮込んだチャーシューのほぐしたものが、おにぎりに
混ぜ込んであってベストマッチ!
結構大きくて150円だし、これは、オススメです。


えー。次回は、居酒屋「おれの札幌」を紹介してみたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前から、興味を持っていたビールが発売になったようだ。


KIRINが創立百周年をかけて作った”キリン・ザ・ゴールド”


新聞や雑誌での派手な宣伝もさる事ながら、スーパーなどの

店頭でも最近良く見かける。

箱でど~んとおかれて目立つところに陳列してある。

本当は、HPからの応募であたってから飲もうと思ったけど、

CMのボサノバのリズムにつられて待ちきれずに買ってきてしまった。


”隠し苦み”


確かに、飲んだ時に感じる苦みは抑えてあるけど、単なるさっぱり

すっきりなだけの発泡酒とは違って、うまみが残る。

かといって、後に変な味が残るわけでなく後味すっきり。


これなら、飽きずにいくらでも飲んでしまいそう。


このビールは、どっちかと言うと、冬場よりこれからの季節に合いそう

な気がする。

しかもランチビールとかに・・。

これから、どんどん気候が良くなると昼下がりのビールが

おいしくなるのよね。

そんな時にぴったりのビール。

野外でのお花見とか、バーベキューとかにもあいそう。


ここの所、冬が戻ってきた、いまいちビールに手が

伸びなかったけど、またまたくせになりそう・・。


HPは http://www.kirin.co.jp/brands/kirinthegold/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レベッカ
先日本屋に行ったら、中学時代から大好きだった映画が
1コイン500円で手に入るというので、つい買ってしまった。

昔みた「カサブランカ」やら「シャレード」やらをもう一度
見ようとは思わないのだけど、この「レベッカ」だけは
なんだか別なのである。
イギリスの女流作家ダフネ・デュ・モーリア女史の原作も
大好きだったけど、この映画もTVで放映される度に
欠かさず見ていた。
今日も買ってきて、懐かしくてちょっとだけ・・のつもりが
ついつい1時間半釘づけで最後まで見てしまった。
【内容】
モンテカルロでイギリスの大富豪と出会い恋に落ちた
若いアメリカ人女性は、望まれて彼の二度目の妻になるが、
イギリスの大邸宅マンダレイで二人の新しい生活を始めようとした
彼女を待っていたのは、先妻の召し使いの冷たい仕打ちであり、
いたる所に見え隠れする先妻の影であった。

ヒッチコックがアメリカに渡って撮った第一作。
もちろん古色蒼然たるモノクロ映画であるが、ヒッチコックの作人の
中でも3本の指に入る傑作であると思う。

なんと言ってもため息のでるような美しさの
ジョーン・フォンティーン
がステキ。
これほど完璧に美しい女優さんっていうのもそういないのではない
でしょうか。
実に清楚で純情そうな彼女も、実生活では、姉のオリビア・デ・ハビランド
(ごぞんじ「風と共に去りぬ」のメラニー役)との不仲や、4度の結婚など
なかなか華やかな話題の持ち主だったようであるけど、そこはさすが
アカデミー女優。純情可憐そのものです。
何てったって、1940年といううはるか昔の作品なので、BGMの
入れ方やら、必ず主人公のアップの表情で終わるなんていう
場面の盛り上げ方なんてのは、古くさいけど、モノクロ画面ならではの
ミステリアスな画面はおどろおどろしくてなかなか怖いです。
今見ても、ミステリーとして、とっても完成度の高い作品なんでは
ないでしょうか。
首が飛んだり、死人が生き返ったりする映画だけがミステリーだと
思ってる皆さんには、こういうのが本当のミステリーなんだよ・・と言いたいな。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ニコラス・ケイジのウェザーマン スペシャル・コレクターズ・エディション
ほんとこの2~3月は、忙しいのなんのって、ブログも
開店休業状態
どっかで書くきっかけを作らなくては・・と、この間見て、
ちょっとおもしろかった映画の感想を書いてみる。

それは、ニコラス・ケイジ主演の「ウェザーマン」

ニコラス・ケイジというと「ナショナル・トレジャー」やら
今公開されている「ゴーストライダー」やらの
大がかりなスペクタクル巨編やらアクション映画に
欠かせない俳優と思われがちだけど、実は、
人生の
悲哀を描いたヒューマンドラマでこそ本領発揮である。

アルコール依存症の為にすべてを亡くし、後のない
男性を描いた「リービング・ラスベガス」は、彼の
魅力を余すところなく描いた傑作であると思うが、
この「ウェザーマン」でも実に味のある中年男性を
演じている。


【内容】

地元テレビで活躍するお天気キャスターのデイヴは、
人もうらやむ年収と美女にモテモテのハンサムな容貌。
しかし、私生活では、妻とは離婚、子供達も自分から
離れていき、実の父親との関係もうまくいっていない。
そんな彼に全国区のお天気キャスターの話が来て
彼は、残る人生の命運をその仕事にかけようとするが・・。

この映画は、日本では公開されていないとのこと。
全編1時間半、これと言った事件も盛り上がりもなくどちらかと
言うと淡々と進んで行く。
でも、要所要所のエピソードは、悲しくもおかしいものばかり。
また、父親役のマイケル・ケイン(相変わらずのうまさ!)との
やりとりも残酷ではあるが、思わず微笑みがもれてくる。
”人生は天気予報と同じで、予測不可能。そして、風向き一つで
すべてが変わる”
劇場まで行って見る映画ではないかもしれないけど、
人生思いどおりにいかなくて、ため息ついてる時に見ると
ホッとするような一作であると思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。