思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:
子供の受験も一段落したので、3月中に家族で
北海道でも行こうかとANAマイレージクラブの
ポイントを確認してガクゼン
JCBから移行しておいたマイル、15000マイルが
いつのまにやら消えていた~~。ショック!

15000マイルでちょうど国内どこでも行ける往復チケット
と交換できる・・っていうので、替えておいたのに、
すっかり忘れて放置しておいたら、期限が切れて失効
してしまったようで・・。トホホ・・。
こういうのって結構あるのよね。
時間あって、マメにパソの前に座れる時には、いろいろな
サイトでポイントためたり懸賞に応募したりするのだけど、
忙しいと登録しておいた事さえ忘れてしまって・・。
そんなサイトの一つに『モラタメ』があります。
モラタメ http://www.moratame.net/
このサイトは、その名のとおり、企業の新商品を”もらったり”
”ためせたり”できるサイトです。
このモラタメも登録はしていたものの今まであまり活用できず
じまい、今日久々にのぞいてみたら、私が今とっても注目している
ビールのキャンペーン がありました。しょぼん

大量当選だったみたいなのに、惜しい事をしてしまった・・。


3月20日発売のKIRINのキリン・ザ・ゴールド
2杯目、3杯目も飲み飽きないビール!!

ビール大好きでいくら飲んでも飲み飽きない私が、こういうビールを
手にしたらどうなちゃうんでしょうね。
キリン・ザ・ゴールドのHPでもキャンペーンをしているようで、
こちらは、まだ間に合うので早速申し込みました。
抽選で10万名様にプレゼントだって。
KIRINって、太っぱら~~。
あたらないかな~♪ニコニコ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
NHK朝のドラマ 「どんど晴れ」の主題歌に小田和正が決定!!
昨年の小田さんの活動は、ap bank のライブへのゲスト出演やら
他のアーティストのライブにゲスト出演したり、ゆずとコラボレーションを
したり、あるいは、KAT-TUNに楽曲を提供したぐらいなもので、
小田さんフリークの私としては、とっても物足りなかったわけですが、
今日、うれしいニュースを目にしました!
待ってました!やっと小田さんの曲が小田さんの歌で聞ける。
題名は、「ダイジョウブ」
いきなりカタカナで”ダイジョウブ”っていうのが、相変わらず
唐突で小田さんらしいですが、まあ、小田さんが”ダイジョウブ”って
いうのですから多分大丈夫でしょう・・。(^^;)
NHKの携帯サイトで歌詞の一部が見られますが、
違法承知でちょっと紹介しちゃいますと・・
”あの笑顔を見せて 僕の大好きな時をとめてしまう 魔法みたいに”
だそうです。
もちろん、”風”やら”明日”やら”・・しているんだ”の小田さん語録は
盛り込まれています。
実は、4月に転職をする私。
期待に胸をふくらませてはいるのですが、不安なのも確か。
そんな私にとって、毎朝聞く、小田さんの歌声がどれだけの励ましになるか
今から楽しみです♪
そうそう。最近CMで流れる星野監督出演のSATOのストナリニのCM。
ここで流れるCMソングは、小田和正 &佐藤竹善の復活ユニット「PLUS ONE」
の楽曲だそうです。
どこかで聞いたことあるあのハイトーンボイス。こちらにも注目!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 日曜日に行われた東京マラソンのニュースの中で、
「今日は、商売あがったりだ~。」的な発言をしていた
浅草雷門前の和菓子屋さん、亀十。
HPは、ここ 

http://ryoma.cantown.jp/cgi-bin/WebObjects/Cantown.woa/wa/shop?id=118


HPによれば、創業は、大正末期。店の名は、『”亀は万年”の
着実に進む亀の歩みと十のおめでたい縁起をかついで亀十と
名付けた』そうです。
・・で、ここのどら焼きは、ほんとヤバイ位、うまいです。

カステラの部分は、普通のどら焼きの裏側にあたる部分が表になっていて
表側は、トラのしまじろうの様なこげ目がついています。
厚みもあって、ふっくらやわらかいのだけど、どこかもちもちとしていて
その食感がたまらないの。

でも、それより何よりあんこが抜群においしい
HPに出ていた画像をちょっと紹介させていただきますと、コレです↓↓


kamedora
白あんと黒あんがあるけど、北海道の十勝産のあんと沖縄産の
黒砂糖を用いてるということだけど、しつこい甘さではなく、
まろやかな甘さ。
口に入れるとふわ~っと甘みが広がって、後に残らないの。
こういうあんこってあんまり遭遇した事ないので、ちょっと衝撃でした。
お店は、昔ながらの和菓子屋さんのようにガラスのショーケースに
入れた和菓子を白衣を着たお店の人が売ってくれます。
小さいお店なのに、いつもにぎわっていて何人か並んでいます。
まだ、黒あんしか食べていないので、是非、白あんも食べてみたいな。
そうそう、ドラ焼きといえば、今日、『プリンどら焼き』というのを
食べました。
これまた、衝撃!
皮の間に、プリンの輪切りと生クリームがはさまってるの。
プリンがすべって皮から落ちないように食べるのがスリリングでは
ありましたが、プリンの味もよくてちょっとはまってしまった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
歯の治療をしたところが膿んでしまって、
鬱屈とした毎日を送っています。
もう、1週間になるけど、ちっとも痛みが
治まらない。
夜も熟睡できないし、口がうまく動かないから
ごはんもおいしくない。
何より悲しいのは、大好きなビールをもう1週間近く
飲んでいないこと。
飲みたくないわけではないのだけれど、後が
怖いしね・・。翌日、のたうち回って苦しむの目に
見えているし・・。ショック!
ところが、そういう時に限って、おいしそうなビールの
広告が目に入る。
ネットニュースで見たのだけど、創立100周年を迎える
KIRINが、100年の醸造技術を生かして 3月に新しい
ビールを発売するそうで。
その名も KIRIN THE GOLD!!
これです。
わ~。おいしそう。
今年は、暖冬なんで、特にビールが恋しいです。
キリンのビールの商品の中では、ブラウン・マイスター
お気に入りで良く飲んでいるのだけど、この新商品もチェコ産の
麦芽や世界最高級のチェコザーツ産ファインアロマホップを熟成
させたホップを使用していて、エビスビールやモルツのように、
オールモルトー「麦100%」のビールだそうである。
ビールはやっぱり、コクと苦みが命
このビール、大いに期待できそう。
ところで、先日の新聞に、ビールが発泡酒の売り上げに
肉薄してきているという記事が出ていた。
今まで発泡酒で我慢していた人達が、景気の回復と
共に、ビールにもどりつつあるのだそうだ。
この現象を”景気の回復”と見る人もいれば、”ますますの
格差社会(上流←ビール、下流←発泡酒)”なんて、見る人も
いるけど、どうでもいいよね。そんなの。
ビールは、やっぱりビールじゃなきゃ。
発泡酒は、失礼ながら私の中ではビールではないのだ。
ああ、早く良くなってビール飲みたい・・。しょぼん
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イルマーレ


「The OC」の第一話がおまけで入っていると言うことで
そちら目当てで借りて来たけど、なかなかおもしろかったです。

【内容】

2006年。シカゴへと引っ越すことになった女医のケイトは、
次の住人宛に「郵便物が届いたら転送して下さい」とのメモを
ポストに残した。それを受け取った次の住人は、建築家の
アレックスであったが、どこか話しがかみ合わない。二人は、
何度かメモをやりとりするが、やがてアレックスの”現在”は、
2004年であることがわかる。2年間の時空を越えて、二人は
実際に会う事を計画するが・・。

最近のロマンス映画というのは、どうも通常のラブロマンスでは
成り立たないみたいで、必ず何か仕掛けがある。
ワープしたり、過去を変えたり、未来を変えたり・・。
そして、この映画は、時空を越えた愛。
時空っていってもたった2年だから、2年前にふとした事で
接点なんかもあったりして、全くの空想話しでもない。
人気レストランの2年後の予約・・なんてのもなかなかおもしろい
発想であると思った。

でも、その僅差の故に、ちょっと辻褄のあわない所が出てきて
真剣に考えると頭壊れそう・・。
最後もどうしてああいう展開になったのか、ちと不思議???

ただ、この映画はそういう事を真剣に考える映画ではないのかな
とも思う。

とにかく、雰囲気が抜群にいい!

湖畔のガラス貼りの家だって、とてもじゃないけど実際に住めない
代物だけどとってもステキ。
四季おりおりの湖畔の風景も情緒たっぷりだし、その前にたたずむ
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックがとても絵になっていた。

キアヌは、ちょっと「スウィート・ノベンバー」を思い出してしまった。

彼って、絶対「マトリックス」とかより、こういう映画の方がステキ。
演技うんぬんより、情緒的で、風景にとけこむ感じの映画に
ぴったり。まるで、風景の一部のよう・・(←これってほめてない?(^^;))
サンドラとは、「スピード」以来の共演みたいだけど、年を重ねた分、
二人ともとっても良い雰囲気だった。

何でもこの映画は、韓国映画のリメイク版だそうで、オリジナルの方も
かなり評価は高いみたい。是非見てみたいです。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すごい視聴率みたいね。「華麗なる一族」
確かに、お金かけてるのわかるし、キャストも名脇役を
揃えているので、なかなかの見応えだと思います。
でもね。年寄りの私は、どうも昔のドラマを知ってるだけに
ついつい比較してしまって・・。
学生の頃、原作も読んだし、ドラマもみたし、映画も見た。
特に原作はおもしろかった。
かなり長い小説だったけど、一気に読んでしまった覚えが
ある。
ドラマもおもしろかったな~。確か、鉄平は、加山雄三だった。
そして、次男が林隆三。
相子さんが、小川真由美で、万俵頭取が山村聡だった。
・・って、言っても若い人は、誰が誰だか判らないと思うけど、
これが、なかなか良かったのよ。
今回は、巷の評判どおり、すべてキムタクの鉄平がドラマを
ぶちこわしていると思う。
私は、別にキムタクが嫌いじゃないし、彼のドラマも特に
批判的ってわけじゃないの。
でも、この「華麗なる一族」に関しては、ちと役不足かなと・・。
存在そのものがなんだか軽くて、鉄工所の従業員といても
財閥の御曹司というよりは、おともだち同士・・ってな感じで、
ちっともオーラないし、セレブ感もないの。
同様なのが、銀平の山本耕史。あの役は、万俵家のすべてを
冷めた目でみるシニカルな役なのに、あまりにも坊ちゃん坊ちゃん
して、ちっとも反抗的に見えないな。
それ以外の脇を固めるベテランの俳優たちは、なかなかなんじゃ
ないですか?西田敏行も毎度同じキャラながら、いつもながらの
存在感で見せてくれてるし、鈴木京香の相子さんは、実に適役
だよね。
これから展開するであろう、キーマン美馬中との駆け引きが
楽しみでもあります。
そうそう、あと、お金かけてる割に笑っちゃうのは、ラジコンの鯉かな。
その名は、”将軍”。
そのうち、漫才のネタとかで使われそうなキャラであります。
レジャー用に、発売されたりして?
お風呂とかに入れても楽しいかも。
後は、肖像画もなんとかして欲しかった。
あれじゃあ、ホーンテッドマンションにかけられてる動く絵と同じだよ~。
突然、目とかが動いちゃいそうで、見る度に大笑い。
もうちょっとお金かけてほしかったな~。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
オーメン666

My favorite horror BEST 3と言ってもいいほど、
お気に入りだった「オーメン」
そういえば、クラスで、6月6日が誕生日だった子は、
”ダミアンくん”って呼ばれていたっけ。
これって、今でいういじめ?
年寄りの私にしてみると「オーメン」は、怖い・・という
よりは、ノスタルジーの対象とも言える作品。
「ALWAYS」を見て、郷愁にひたったのと同じように、
神父串刺しやらカメランマンちょん切れなどのシーンを見て
怖さよりも、懐かしさを感じてしまった。
変だよね・・(笑)
あの傑作ホラー「オーメン」が30年ぶりにリメイクされたと
言うので、DVDを借りてきて見る。
公開時には見られなかったので、2006/6/6 6時と
6を四つ並べるわけにはいかなかったけど・・。
さて、リメイクされた「オーメン」は、オリジナル「オーメン」と
ほとんど同じ。え?何でこんなにそっくりなの???・・と思ったら、
同じ脚本を使ってのリメイクなんだって。
そりゃ、似てるわけだわ。でも、変に脚色するよりこっちの方が
潔くて良いかも。

でも、同じ脚本を使うとついつい比較してしまうもので。
リメイク版見た後で、久々にオリジナルも借りてきて見たけど
やっぱり、オリジナルの方が断然怖い!
まず、リメイクは、主役の二人が地味すぎ。
やはり、オリジナルのグレゴリー・ペックリー・レミックには
叶わないと思った。
でも、まあその辺は許せるんだけど、やっぱり最大の差は、
ダミアンくん。
オリジナルのダミアン君は、ほ~んと怖かった。
立ってるだけど、怖かった。ラストなんてふるえあがってしまった。
でも、リメイクの方は、普通の可愛い男の子。
ちょっとオーラが足りなかった気がする。そして、それがオリジナルに
勝てないすべてかなと。。
でも、乳母役は、リメイクのミア・ファローがかなりのはまり役。
あの不気味さは、なかなかのものです。
ミア・ファローと言えば、ポランスキーの「ローズマリーの赤ちゃん」。
かって、悪魔の赤ちゃんを産んだ可憐な新妻は、30年経ったら
悪魔のしもべだもんね。時代を感じるな~。
それにしてもこの映画。
昨年公開された時もたいして話題にならなかったし、ヒットも
しなかった模様。
結構怖いし、良く出来てると思うんだけどな。
日本の若者には、悪魔は受けないのだろうか・・。
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
オーメン 特別編
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。