思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:
ここの所、映画もドラマもリメイクばやり。
そんな中、”あの”傑作「インファナル・アフェア」が
スコセッシ&ディカプリオで、ハリウッド映画として
リメイクされたというので見に行った。
もともと、”トニー・レオン Love you~♪”で、”ディカプリオ
ん?ちょっと・・”の私がこの映画を見に行くというのは
ほとんどけなす為に映画館に足を運んだようなものだったけど、
実際は、どうして、どうして、なかなかおもしろかった。
巷では賛否両論のようだが、要するにこの映画は、
オリジナルと全く違う映画と思ってみればよいのよね。
2分に1回位の流血暗殺シーンと卑猥なスラングの連発・・
という2点を除けば普通のギャング映画として、十分満足の
いく作品だった。
2時間以上でちょっと長さを感じたけど、全く飽きずに(・・というか、
人が殺されまくりなので居眠りしてる暇がないの)見られた。
ディカプリオもなかなか良かったです。
、孤独で報われない気の毒な警官を熱演していたと思う。
ただ、マット・デイモンと体型とか雰囲気がちょっと似ていたのが
残念だったかな。二人に個性が感じられるようなキャスティングに
した方が良かっのではと思った。
ジャック・ニコルソン扮する親分は、まああんなものでしょう。
さすがの貫禄で主役の二人よりも目立ったしまってた。
・・とまあ、役者も揃っていて、ギャング映画としては、及第点の
作品だと思ったけど、でも、いったん、オリジナルと比べてしまうと
これは、もう物足りないなんてものじゃない。
随分前に書いた 「インファナル・アフェア」の感想はこちら。
まずは、主役の二人。
アンディー・ラウ、トニー・レオン。彼らの映画を見ちゃうと、今回の
二人なんて、ただのチンピラ。
アンディーとラウは、ものすごい存在感だったし、絶対的な孤独感に
あふれていてすごかった。
唯一の味方の警部の扱いも軽すぎたのが不満である。
お誕生日プレゼントとか泣かせるシーンがあったから
あの屋上からのシーンも生きたのに・・。
この映画では、前段がなかったので、ディカプリオの嘆きも
いまいちの説得力であった。
その他、オリジナルの緻密なスパイ活動に比べると意外に
ずさんな計画にもちょっと失望したかな。(←普通、署内でスパイが
親分と携帯で連絡取る?メールとか打つ?)
そして、何といっても、映画の主題。
仏教の”インファナル・アフェア・・無間道”がこの映画では、あの
ラストによって、全くなくなってしまったのが残念である。
やはり、罪は一生背負って生きていくから地獄なのよね。
”ディパーテッド・・死者”が真実を語る・・っていう、死んで
すべてを片づける・・っていうのは、ちょっと安直過ぎるのでは?
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
のっけから何ですが、このドラマの病院のシーン。
いくつかの病院でロケしてるようですが、その内の
ひとつが家の近所の病院です。
友人のお母さんが、その病院の常連(?)で、たまたま
病院の前を通りかかったら看板が”戸谷病院”になって
いたので、”さては、つぶれたか・・”とあわてて病院に
電話したそうです。
そんなね~。屋台の焼き鳥屋じゃないんだから、いきなりは
ないでしょう・・(^^;)
でも、そんな問い合わせにも、電話に出た病院の人は、
日曜にもかかわらず不愉快な声ひとつ出さず
”金曜9時「わるいやつら」見てね。”
・・と言ったそうです。ロケ場所の鏡だな。
ちなみにロケに遭遇した人に言わせると、米倉涼子は、背が高く、
顔が小さくてやっぱりきれいだったそうです。
ああ、見たかった。。
肝心の、ドラマの方ですが、まだ2回しか見ていないので何とも
言えないけど、前2作、「黒革の手帳」「けものみち」に比べると
若干地味めかと。
まあ、前2作の設定が銀座のホステスとか高級宝石店とかだから
仕方ないかもしれないけど、米倉涼子十八番の成り上がりセレブが
今回は、見られないのはちょっと残念です。
ストーリーの方は、原作と随分変えているような・・。
確か、松本清張の原作では米倉演ずる看護婦なんて出てこなかった
んじゃないかな。
随分前に公開された映画は原作どおりだったんで、キーマンは新進
気鋭のデザイナー槇村隆子で松坂慶子が演じて随分華やかだった
気がする。
今回のドラマでは、この役を失礼ながらあまり有名とは言えない
笛木優子が演じている。(この女優知らなかった・・(^^;))
きれいなんだけど、ちょっと若すぎるし、華やかさとオーラに欠けるかなと。
戸谷先生の上川隆也も役歴上、誠実な弁護士の印象が強いので、女に
だらしのない医者っていうのがどうもね~。
ちなみに映画は、片岡孝夫でした。
これは、さすが、歌舞伎役者。
線細くて適役だと思いました。
まあ、まだ始まったばかりなので、今後に期待かな。
原作とは違う展開になりそうだし。
そうそう、またまた北村一輝が正体不明のキーマンで登場ですね。
でも、そんな役わざわざ作らなくても、彼が戸谷でも良かったような
気がするけどな。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今期、イチオシのドラマと言えば、やっぱり
この「ハケンの品格」でしょう。
始まるまでは、

”なんで~。また篠原のOLものか~
月並みだな~。”

・・な~んて思ったけど、どうしてどうしてこれが
なかなかおもしろい。

今週号の週刊文春にちらりと書いてあって、うまいこと
言うな~とみょ~に納得したけど、
まさに現代版『木枯らし紋次郎』

一匹オオカミの春子は、マントにマフラーを
なびかせて木枯らしの中をニコリともせず
歩いて行く。
そして、まわりの人間にどんなに情に訴えられても
基本スタンスは、

”あっしには、関わりのない事でござんす”

でも、何だかんだ言って、最後は、手助けしちゃうん
だよね。
ほんと、紋次郎そのものです。

彼女のキャラもおもしろいけど、脇で固める役者たちも
バッチリ適役を揃えていて笑わせてくれる。

仕事はできるが、派遣社員を差別する正社員を
演ずる大泉洋

性格は良いけど、仕事は大したことない小泉孝太郎

性格も良くてかわいいんだけど、使えない派遣社員の
加藤あい
(←派遣に限らず、こういう女の子ってどの職場にも必ず
いるんだよね。悪気ないから、怒れないし・・。(^^;))

そして、チョイ役なのに、何故か、重要な役回りで
笑わせてくれる百貨店社員の渡辺いっけい
(←彼は、本領発揮です)

こんな人たちが、テンポ良く話しを進めてくれるので
ほんとおもしろいです。
そして、ただ、おもしろいだけでなく、現代日本の労働の
実態をズバリ斬っているところも実に興味深いです。
”社員は家族なんだ!”
前回の大泉洋のこのセリフは、なんだか懐かしかったな~。
派遣社員や契約社員をバカにするつもりはないけど、
終身雇用性があたり前だった日本。
昔は、企業も社員を家族のように扱って、大切にしていたから、
社員もそれに答えて会社の為に一生を捧げて尽くしんだけどね。
”愛社精神”
もはや死語ですな。

ドラマの脚本は、中園ミホさん

彼女の代表作「やまとなでしこ」
”愛は年収”という名言を産んだあのドラマも傑作だった。
「やまとなでしこ」の主人公が最後にお金より大切なものに
気づいたように、正社員時代のトラウマを抱えているであろう
春子さんも愛社精神に目覚める時が来るのだろうか・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
プリズン・ブレイク シーズン1~2 コンプリート・セット (Amazon.co.jp仕様)

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
・・と思っていたら、もう1月も中旬になってしまったではないか・・。
その間、海外ドラマにどっぷりつかっていたのは言うまでもなく、
もちろん映画も結構見た。
でも、雑事に忙殺されているうちに1ヶ月近く立ってしまったの。
おもしろい映画、いろいろあったんでぼちぼち更新して行こうと思う。
まずは、昨日season1を見終えたばかりの「プリズン・ブレイク」
【内容】
IQ200のエリート建築技師マイケル・スコフィールドは仕事でも
成功を収め何不自由のない生活を送っていたが、兄、リンカーンが
大統領の弟殺害の嫌疑をかけられ死刑の判決を受けた事から
運命が変わる。
無実を主張する兄を脱獄させるべく、自らが犯罪を犯し刑務所に
収監され、緻密な脱獄計画を建てる。
そして、いよいよ脱獄が実行されるが・・。
season1の13話までの感想はココ
年があけて14話から22話まで一気に見たけどこれがおもしろいの
何のって・・
前半も、おもしろいにはおもしろかったけど、はっきり言ってはまる程では
なかった。でも、後半一気にはまりました。
場当たり的でなりゆきまかせの脱獄計画は相変わらずであるが、
後半は、共犯者のひとりひとりの人間像がじっくり描かれていて
今まで以上に登場人物へ愛着が・・。
特に、16話「フォックスリバーへの道」では、共犯となる人間達の
過去、また、サラ医師やベリック刑務官の過去なんかも明かされて
とても興味深い。
”あの”T-バックですら、それなりに過去に傷を持っている事がわかって
同情したりなんかして・・。
それから、やっぱり主人公のマイケルがかっこいいです♪
知的でちょっとノーブルな顔立ちが、他のムショ仲間とは、一線を画して
いて、実にいいです。
この役者は、今までマイナー映画しか出ていなかったみたいだけど、
これから大いに期待出来るのでは?
そして、season1のラストでは、ついに脱獄が決行!
これもさあ、脱獄して、はい終わり・・ではないんだよね。
大体が、メンバー多すぎで目立ちすぎ。そして、メンバー仲悪すぎ、
だまくらかして、出し抜いてやろうという悪党多すぎ。
なのに、マイケルは、やたら人良すぎ・・。
「24」同様、一時たりとも目が離せない展開でした。
ほんと、どうなるんでしょうかね~。
精神科病棟の”彼”もいきなり登場して、主要人物になっちゃうし、
あのチクリ野郎がどうなったかも興味津々です。
何でも、この春には、season2がDVD解禁になるとか
今度は、”脱獄者”一転して、”逃亡者”達になるそうで・・。
楽しみである♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。