思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:
今年単独での活動がほとんどなかった
小田さんが、年末に来て、結構巷の話題に
なっている。

KAT-TUNに提供した「僕らの街で」がオリコン1位に!

ゆずおだの「クリスマスの約束」もチャート入り。
そしてオフ・コースのベスト版もチャート入りで今じわじわと
ランクを上げている。

おかげで、私もここに来て、小田漬けの毎日。

ゆずおだの「クリスマスの約束」も良かったけど、
「僕らの街で」、久々のマイヒット。
結構ヘビロテで聞いている。
それにしてもKAT-TUNと小田さんね~。

先日の「クリスマスの約束」の収録の時、小田さんは
確か、こんな事を言ってた。

(その時のネタバレ感想は、コチラ ↓↓↓)

http://ameblo.jp/samemoon/entry-10021512802.html



”忙しい時期だったんで、この話しが来た時、断ろうと
思ったけど、若い人に伝える事ができる機会ももう
あまりないと思うので引き受けた。”

”会ってみるとそれぞれ良い青年で、いい曲が作れた。”

・・みたいな事を。
はい。ほんと良い曲だと思います。
曲は、なんだか昔のオフコース時代を思い出すような
シンプルなラブソングです。
ミスチルのラブソングのように、胸をかき乱されるような
激しい衝撃はないけれど、甘く、優しい、そして何だか
せつない旋律です。

歌詞は、もう小田ワールド炸裂。

例によって、「この広い・・」「この時を・・」「あのまぶしい・・」
という指示代名詞の多用。
(小田さんの指示代名詞多用は、「ラブストーリーは突然に」
の頃から証明されている。「あの日、あの時、あの場所で・・♪」

君・・僕・・という呼びかけ

青い空。見つける。たしかなこと。
などのフレーズ。

そして、

「・・みたいだ」「・・・かな」「・・だね」という文末
失礼ながら、来年還暦を迎える人間の書ける
ラブソングではないね。(^_^;)
さすが小田さん。
そして、そんな青春群像は、まだ青さの残るKAT-TUNが
歌うのにぴったりだと思う。
当初は、ジャニーズが歌うと言うことで、先入観から
拒否反応を起こしてもいたけど、聞いてみると結構
良いな・・と思えてきた。
普通だったらKAT-TUNなんてわざわざ聞こうと
思わないものね。
こうやって、世代を超えた異文化(?)に興味を持てるって
いうのが小田さんの望んでいた事ではないかなと思う。
最近、若い人の間でもオフ・コースのCD聞く人増えてる
みたいだし。
さてさて、「クリスマスの約束」の放映も関東、関西共に
12/28に決まった模様。
今年からは、「年末の約束」になるのだろうか。

ここで、本家 小田和正の「僕らの街で」が聴けます

聞いた皆さん。どっちが良いと思うのでしょうかね~。

















AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつのまにやら年末恒例番組となってしまった
TBSの「クリスマスの約束」
今年もめでたく収録に参加することが出来ました!

昨年の小田さんは、ツアーをやってくれたので、観光旅行
兼ねての小田三昧の一年だったけれど、今年はなんと
初めてのライブ。うれしさひとしおです。
しかも、席がとんでもなく良かったんだよね~。(*^_^*)
四半世紀以上に渡って私を魅了し、元気づけてくれた
あの”小田和正”が、私からなんとわずか3m位の場所で、
こっち向いて
”そんなに自分を責めないで~♪”
と歌ってくれているんですよ~。
その姿を見ていたら、いろいろな事が思い出されて、
ほんととっても感慨深かったです。
さてさて、肝心の収録ですが、7時開始で、11時近くまでびっちり。
例年ほどの歌い直しはなかったものの、途中帰りかけたアーティスト
を呼び戻す為に、小田さんに”20分つなげ・・”という指令が出る
なんて事もありました。
お客は大喜びだったけど、小田さんからは、”もう疲れちゃったよ~。”
との苦笑いも・・・。
でも、ほんと元気でした!
そして、声の調子もばっちりでした!
これから、放送なんで、詳細は省かせていただきますが、
やはり、一番の感動は、KAT-TUNの「僕らの街で」を歌って
くれた事かな。
ファンの人なら良くわかると思うけど、あの歌は、まさに
”小田節”の真骨頂
KAT-TUNが歌う小田節もいいけど、やはり、本家の歌は格別です。
出だしからそののびやかで突き抜けた声にすっかり魅せられて
しまいました。
この歌は、「クリスマスの約束」で放映されるはず。
早く、もう一度聞きたいです。
それから、新曲「東京の空」も初披露
「そうかな」のアルバムにある「そして今も」のようなピアノ弾き語りの
壮大なバラードです。
多分、何かのCMか、ドラマのタイアップになるのだと思うのだけど
今の混迷した時代にぴったりのテーマです。
泣ける歌です。
そして、今回のゲストですが、いきものがたり、スキマスイッチ、
松たかこさん、斎藤哲夫さでした。
今年は、ゆずとCDを出したので、絶対にゆずがゲストに来ると
思った大方の人間の予想は、裏切られました。
小田さん曰く、
”「クリスマスの約束」聞きたかったら、CD買ってください。”
との事です。
はい。CDで我慢します。(^_^;)
代わりにスキマスィッチと一緒にクリスマスソング作ってくれました。
スキマスイッチがつけたタイトルが、
「僕らなら・・」
僕らなら・・どうするんでしょうね~。スキマスイッチ。
ゆずに対抗意識もってない~?(笑)
そのスキマスイッチですが、それまで、「全力少年」しか知らなかった
けれど、二人ともとっても好感のもてる人達でした。
特にいつの間にやら裸足になってキーボード弾いていた、アフロ君の
パワーには、圧倒。
でも、お客さんもいつもの彼らのライブに比べて、年齢層は絶対に
高いはず。
向く方、向く方で、30~40代の大量の女性に一斉に手をふられて
しきりに照れてました。
この「クリスマスの約束」の企画も回を重ねて6年目。
初め3回目までにあった、サプライズもドラマももう期待は
できないので、番組の展開も多少マンネリ化して来たという
感じを受けないでもなかったです。
ただ、番組立ち上げの発想であった、小田さんが考えた
”アーティスト同士が偏見を越えて、互いに尊敬をし、
 手を取り合って日本の音楽業界の発展に尽くす”
という目的は、じわりじわりと浸透してきたように思います。
若手、ベテランが世代を超えて、お互いを認め、尊敬し、
その良さを取り入れて自分の活動に生かす。
これって、音楽だけでなく、実社会でも言えることじゃないかな。
職業柄かもしれないけど、私もその姿勢だけは、常に忘れずに
行きたいと思っています。
最後に、一番うれしかったこと
”今日は、思ったより声が良くでたと思う。
 約束はできないけれど、これならまた来年もできる。 
 来年は、皆に会いに行ける。。”
との小田さんのお言葉。
お待ちしてます!2007年還暦ライブツアー!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゆずおだの「クリスマスの約束」

マルイのクリスマスキャンペーンのテーマソングだと

聞いていたけど、こんなステキなスキンがあったのね。

CDのジャケットそのまま・・。

早速、変えてみました。


さてさて、今年第6回目となる「クリスマスの約束」

の公開録画。


無事、参加できる事になりました!


ほんとうれしいです。v(^-^)v

例え、寒空に1時間以上も、外で待たされようと

例え、11時過ぎまで収録がかかって、走って終電に

かけこもうと、あの番組をまた生で見られるのがうれしいです!


収録はしあさって。


今日は、うれしくて眠れそうにありません♪




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
Mr.Children, Kazutoshi Sakurai
しるし
昨日は、ゆずおだがイチオシだと固く信じていたけど、
やっぱりミスチルの「しるし」を聞くと、これこそ究極の
ラブソング
だと思ってしまう私。
発売以来、毎日、ヘビー・ローテーションで聞いています。
でも、まだ飽きないの・・。
完全にツボにはまっちゃいました。

ご存知、ドラマ「14才の母」のテーマソング。
ミスチルお得意のミディアムテンポのラブソング。
これを桜井さんが切々と歌いあげています。
「ダ~リン、ダ~リン・・」というサビの部分になると
思わず、一緒に歌ってしまいます。
家なら良いけど、電車の中、ウォークマンを耳につっこんだ
状態での声無き絶唱は、あやしすぎるかな。
桜井さんの曲で、いつもすごいと思うのは、ありえない場所に
ありえないフレーズがはいるところ。
今回の「しるし」も「ダーリン、ダーリン」の2回目のサビの部分に
”半信半疑・・”、・・で、次は、”カレンダーに”なんて言葉を入れて
しまってます。
なんか、この辺のシュールな感じがたまらないの・・。
毎度の事だけど、初めてミスチルの新曲を聴いた時
メロディーと桜井さんの歌声に感動
            ↓
しかし、歌詞については、1回聞いただけじゃ、何を言ってるのか
わからない。
            ↓
歌詞カードで確認
            ↓
   
まるで小説と言えるようなそのストーリー展開と世界観
そして、あっと驚く斬新な表現に感動!
            ↓
曲を理解した上で、改めて聞き直して、曲と歌詞の見事に
マッチしたその世界に感動!
・・と言うことで、ミスチルは、私にとって、感動×3 
いや、感動の3乗のCDなのである
・・って、ほほほ・・。絶賛してしまいましたわ。
でも、その位、最近のミスチルは好きです。
「しるし」のカップリング2曲も良いです。
「ひぎき」は、「しるし」と違ってPOPな感じのラブソング。
軽快な感じが耳に心地よいです。
そして、「くるみ」。「シフクノオト」のアレンジと違ってソフトな感じ。
映画「幸福な食卓」のテーマソング用に再録音したというものだ
そうで、こちらの映画も楽しみです。
そうそう、巷で話題の日テレのドラマ「14才の母」もいよいよ
クライマックス。
主人公は、無事出産ができるのか?
このドラマも、、”中学生の出産”という、一見興味本位の
題材だけど、実際はそれを越えて、現代の親子のあり方など
いろいろな問題を含んでいて非常に興味深いです。
きれいごと?甘ったれ?甘やかし?
自立?命の尊さ?純粋?

親は、どこまで子供の自主性を尊重すべきなの?
いろいろと考えさせられます・・。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
しばらくほっておいたこのブログ。
心機一転、12月は、頑張って更新するぞ!・・と
いうことで、迎えた初日。
最近のイチオシと言えば、やっぱりこれでしょう・・。
小田 「中学からの友人みたいだけど、君たちは、仲が良いの?」
ゆず 「最近は、いいです・・」
小田 「いつまでも仲が良いと思ってたらいけないよ・・」
随分前の話しなんで、ちょっとあやふやですが、オフ・コースを
良く知っている人には、凍りつきそうな、こんな発言もあった
横浜新聞でのゆずと小田さんの対談も数年前のこと。
その初顔合わせを経て、3年前のTBS「クリスマスの約束」での
ゆずのゲスト出演。
そして、その時、両者で作ったクリスマスソングが、とうとう
CD化されました。
”ゆずおだ”という安直なネーミングもさることながら、
期間限定販売と言うことで、大した宣伝もなくいきなり発売と
なりましたが、曲は、なかなかステキなラブソングです。
静かで、心温まるその曲は、3人の抜群のハーモニーと
小田さんと岩沢くんのクリアボイスがぴったり。
特にラスト近く、”真っ白な~♪”と盛り上がるサビの部分は、
目を閉じて顔を上げれば、舞い落ちる雪を感じそう・・。
カップリング2曲も良いです。
小田さんの「大好きな君に」 そして ゆずの「いつか」
どちらもオリジナルの持ち味をいかしながら、原曲とは違った
ハーモニー重視の曲となっています。
特に、「いつか」
オリジナルはどちらかと言うと、若者の力強いメッセージソングと
いう感じだったけど、こちらは、3人のハーモニーで、ソフトで
心にしみる暖かな曲になっています。
”君たちはひとりじゃないんだ”
オフ・コースの名曲、「君住む街で」も当時、若者の自殺が
多かった事に胸を痛めた小田さんが、何とか命の大切さを
伝えたいと思って作った曲だと聞いた事があります。
「いつか」を聞いて、その事思い出しました。
TVに出ている役人や自称文化人ののきれい事を並べた言葉よりも
はるかに心に届くメッセージだと思います。
疲れている人、悩んでいる人、そして、ただ、寒い人。
寒い冬に心までホットになりたい人には、是非聞いてみて
下さい。
そうそう、今年も、年末に、「クリスマスの約束」の放映が
決定されているようです!
”ゆずおだ”の出演。大いに期待できそう♪

ついでに、公開録画の抽選の結果が、今週末あたり
わかりそう。。
先週投函した入魂のハガキ。あたれ~~~っ!!!!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。