思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:
24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス
シリーズもシーズン5ともなるとさすがに
いくつかの法則性が見えてくる。
1.まわりの人間は、いとも簡単に殺されるが、ジャックは
  刺されても、撃たれても、心停止しても死なないので
  安心して見ていられる。
2.事件の鍵を握る犯人の一味を苦労してつかまえるが、
  その犯人は、秘密を明かす前に、彼らに恨みを持つ
  一般人にあっけなく殺されてしまう。
3.CTUの上司は、必ず、左遷か殉職という不幸な結末が
  待っている。
4.ジャックの基本的なスタンスは、”犯人逮捕の為には多少の
  犠牲は仕方ない。”であるが、何故か、身内が絡むとその
  鉄則が破れる。
5.結局、アメリカの高官もCTUもボンクラばかりで、国家の危機を
  救えるのは、ジャック一人である。
・・と冷静に考えるとムチャクチャな展開である「24」も
気がつけばシーズン5。
そのシーズン5も9巻まで見てしまった。
残りはあと3巻6時間。
本シーズンは、出だしから飛ばしてくれたけど、これが
回を重ねるごとにエスカレートして、今は、とんでもない事に
なっているのよね。
”あの男を何とかしなくては、アメリカに真の平和は
 訪れない!”
・・なんだそうだ。
それにしても相変わらずの目の離せない展開と
良く練られたストーリー。
しかも、サブのキャラクターを数人ずつ巧み入れ替えてる
ところがうまい。
全とっかえでは、雰囲気がらっと変わってしまうし、
いつまでも同じメンバーではマンネリになってしまうもんね。
そんなこんなで、まだまだ、楽しみな「24」
かのXファイルでさえ、さすがにシーズン5あたりから
飽きてきて、どこまで見たかわからなくなって自然消滅して
しまったけど、この「24」だけは、まだまだ、まばたき忘れて
夢中に見られるのだからさすがとしか言いようがない。
何でも、キーファー・サザーランドは、後、3年、「24」の
契約を継続したとか。
50になってもガンバレジャック!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「白い巨塔」「タブロイド」「マチベン」と社会派ドラマでは
絶対にはずれた事のない井上由美子さんの脚本と
いう事で見始める。
テーマは、私立の女子校に通うどこにでもいるような
中学2年の女生徒が、塾で知り合った1才年上の中学生の
子供を妊娠するという衝撃的な内容。
ただ、衝撃的なテーマとは言っても、金八先生の「15才の母」
世代の私としては、あまり驚きのない内容である。
昨日3回目が終わったが、予想どおりに両親の悲しみ、
主人公の葛藤、とまどう相手・・という事を中心にストーリーは
展開していく。
来週あたりからは、学校でのパッシングなんてのも加わりそうで
これも予想どおり。
ただ、このドラマ。
視聴率もかなりいいし、実際の中学生からの反響も
結構大きいようである。

ドラマとしてありがちな内容でありながら、真面目にテーマに
真っ正面から取り組んでいる内容が共感を覚えるのでは
ないだろうか。
特に、母親役の田中美佐子が気弱そうに見えながらも
いざとなると母親としての強さをしっかりと見せてくれる所が
実にリアルで良い。
金八先生で、杉田かおるが中学生で母親になったのが
1979年。
それから、30年。中学生も随分と様変わりした様に見えるけど、
こういうドラマを見ると、大人びているようでいて、実際は幼く、
そして本質的に純粋であるっていう点では、今も昔も変わって
いないんだなと思う。
今後、おそらく彼女は、出産と言うことになると思うのだけど、
3流ゴシップ週刊誌の記者である北村一輝がどういう風に
ひっかきまわすのか・・。自らも未婚の母である相手の中学生の
母親室井滋がどう出るのか、井上さんの脚本だから月並みには
終わらないのでは・・とちょっと期待。
そうそう、テーマソングは、Mr.childrenの「しるし」という曲。
このドラマのテーマにぴったりの壮大なバラードです。
11月15日発売だそうです。買います!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、巷で話題の俳優が・・というより、マイ・ブームの
俳優が揃って登場と言うことで、たいして、内容も
確認せず観に行く。
【内容】

かって大統領の危機を救った事もあるシークレットサービスの
エイジェントが大統領暗殺の汚名を着せられる。
その彼を追うのは、かっての友人で、今は仲違いをしている
調査員だった。

大体、大統領夫人とシークレットサービスの恋愛なんてありえる
わけないじゃん。(笑)
しかも、安直な逢い引き・・。
・・で、ありえない話しなんだけど、展開は月並み。
裏切り者も結末も見ている内にあっという間に読める。
お約束のシーンが続いて、お約束の結末。
「24」の一話分の方が良く出来ているカモ・・・。
でも、いいの・・。
60過ぎたマイケル・ダグラスがアクションシーンで全力疾走
してもいいじゃないか。
スーツ着ても、どんな役柄であっても、結局キーファー・サザー
ランドジャック・バウアーにしか見えなくてもいいじゃないか。
「デスパレートな妻たち」で色っぽい奥さんやってるエヴア・ランゴリア
犯人追いつめてる姿がどこから見てもアカデミーで2番だったっていうのが
信じられなくってもいいじゃないか。
だって、3人共大好きなんだもの。
でも、そうじゃない人は、わざわざ映画館まで行かなくて良いカモね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、夜時間があるせいか、連ドラばかり
見てる私。
昨日見たのは、「嫌われ松子の一生」
2回目です。
巷では、裏・・いや表(笑)のドラマ「Dr.コトー・・」に
視聴率的にも完全に喰われちゃってるみたいだけど、
何故か、私はこちら。
原作も読んだし、映画も見た。
その時の感想は、コレ ↓ ↓ ↓
【原作】



【映画】


原作はさておき、映画は、ほんとにおもしろかったので
見始めたわけだけれど、TVドラマの方は、もちろん
ミュージカルでもないし、CGなんかも使っていない。
原作のように、悲惨な松子の一生を、淡々と描いて
いく。
なので、はっきり言って、暗い話が延々と続く・・。
でも、ついつい真剣に見ちゃうのは、、TVドラマの方が
ひとつひとつのエピソードが、時間かけてじっくり書かれてる
・・ってことかな。
昨夜の萩原聖人の売れない作家なんてのも映画では
クドカンがさらりと顔見せで出てただけだけど、こちらは、
なかなかの熱演だった。
次回は、その作家の友人で妻子持ちの男性との恋
映画では劇団ひとりが演じていたのだけど、TVは谷原章介

全然違うキャラになりそう・・。
(映画では谷原章介は、白い歯のまぶしい同僚教師だったのに・・)
そうそう、北原一輝が、ソープのマネージャー役で出ている。
これまた、映画ではさらりと出ていたけど、原作ではかなりの
キーマン。
クセの強い北原が演じるだけに今後がたのしみである。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「たったひとつの恋」第一話


主題歌目当てに録画しておいたのだけど、結局全部

見てしまった。


今が旬の亀梨和也くんと綾瀬はるかちゃん共演の

今期一番の話題作と言って良いドラマ。


ドラマの方は、オバさんは見ていて恥ずかしくなる

ような純愛ラブロマンスの王道ドラマだった。


身分違いの男女の恋愛ドラマ。

現代版ロミオとジュリエットなんだって。


ほらほら小泉さんのせいで、格差社会の影響が

ドラマの中にまで・・。


設定もベタならセリフもベタ。


加勢大周でてこ~い・・。

・・という感じ。(笑)


でも、主役の二人はなかなか良かった。


綾瀬はるかは、「僕の生きる道」以来の清純路線だけど、

同じ、現代っ子ではあるけれど、長澤まさみじゃちょっと元気すぎる

部分を彼女は、しっかり補っていると思う。

ちょっと憂いがあっていいのよね。


亀梨君については、”どうせ、ただのアイドルじゃん”と全く

ドラマも見たことなかったけど、

夏休みにやっていた金八先生の第5シリーズですっかり

見直した。

初めは全く目立たない役なんだけど、ラスト付近での

クローズアップ。

なかなか、底力のある役者なのでは・・と思った。


・・で、肝心の小田さんの新曲


せっかく、大好きな小田さんの作った新曲だったのに、KAT-TUN

赤西君休業で初めからミソがついた感じ。


某スポーツ誌には、”小田サイドから、赤西休業の脱退が漏れた・・”

なんて書かれちゃうし、ほんとかウソか、赤西氏がトーク番組で


”ドラマの曲書く人間が脚本読んでないのでキレた・・”とか、

”台本読まずにドラマ書く資格ない・・”


な~んて事言ったなんて話しがネット上に流れてるし・・(ホントなの?)


ジャニーズのファンもなかなかかもしれないけど、小田さんのファン
も年季
入ってる分、結構、怖いからな・・。

ファン同士で、変な言い争いにならないといいけど・・。

(もう、なってるか・・)


曲は、ミディアムテンポのバラードで、まさに小田節。


「まっ白」のように、インパクトの強い曲ではないけど、ステキなラブ

ソングでした。

これからの季節に心まであたたまるような優しく暖かい曲です。


CD化未定・・ってことで、タイトルもついてないけれど、


早く、ちゃんとCD化して欲しいな~。


出来れば、セルフ・カバーで・・。


・・って、ジャニーズファンに喧嘩売ってるのは、実は、私だったりして・・。(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「純情きらり」終わっちゃいましたね。
あれだけ悪口書いたのに、最終回は、やっぱり
涙してしまいました。
「輝一ちゃん・・」
一度もその腕に抱くことがなかった我が子への思い。
そして、家族への感謝の言葉。短かったけれど、精一杯
生きた悔いのない人生。
これだけ、泣けるツボを揃えるっていうのは、ある意味
反則ですな。
誰でもあれを見せられたら泣いちゃうよ~。
でも、やっぱりヒロインには朝から死んで欲しくなかったかな。
最終回の感動の余韻を胸に、ゴミ出しをする私の身にもなって。
このドラマって・・
振り返ってみると、一つ一つのエピソードは
とっても丁寧に描かれていておもしろかったと思う。
役者もうまいし、内容もおもしろかった。
今まで、いくつも朝ドラを見てきたけど、ここまで、次の日の
展開を期待したドラマもなかった。
でも、各エピソードはよかったんだけど、つなぎがあまりにも
急展開で・・・。
それから、あまりにも劇的で・・。
サブの主役が最終週にいきなり川に落ちて、生死をさまようのよ。
でも、次の日には、元気になっちゃうのよ。
そして、今まで元気にしていた人間が、晴れの舞台の当日に
いきなり不治の病で寝込んじゃうのよ。
それ以外にも嫁にいった先が掃除しかさせない家だったとか、
産まれた子供が目の病気だったとか、老舗の味噌屋にいきなり
のっとりを謀る親族が現れるとか、etc,ertc・・・
数え上げたらキリがない。
なんだか、すべての話しが、極端なんだよな~。
まるで、昔の大映ドラマを見ているよう。
これに、記憶喪失と子供取り違えがあったら、完璧だよ~。
それにしても、NHK。
最近、宮崎あおいちゃんにおぶさってませんか?
再来年の大河ドラマもあおいちゃんが主役みたいだけど、
あれって、
『「蔦姫」の主役は、宮崎あおいさんに決まりました。』
ではなくて、

『宮崎あおいさん押さえたんで”蔦姫”やります・・』
だよね。きっと。
まあ、どうでもいいことですけど。
さて、「純情きらり」の後番組は、藤山直美主演
「芋たこなんきん」
田辺聖子さんの半生を描いた大阪人情喜劇だそうだ。
民放の連ドラなら、最終回の後、次のドラマまでにつなぎの
バラエティー特番とかが何回か入るんで、気持ちの切り替えも
できるし、興味なければ見ないんだけど、朝の帯ドラマは
1日空けただけで、容赦なく次のドラマが始まる。
音楽を愛する学者一家のお話から、いきなりコテコテの大阪
大家族物語へ
おまけに、主役は、おさげ髪も初々しい、小顔のあおいちゃんから、
TVの画面の半分位は占める存在感あふれる藤山直美さんへ。
それでも、特に違和感なく受け入れて、結局、チャンネルを合わせて
しまうのは、時計がわりの朝ドラだからだろうか・・。
そうだとしても、人間の順応性ってすごい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。