思い入れ★ホームシアター★日記

わ~い。ついに我が家にホームシアターが・・
6.1ch 80インチスクリーン。
その驚きの臨場感!!近所の皆さんごめんなさい。m(_ _)m


テーマ:
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「ネバーランド」 2004年 イギリス、アメリカ
主演 ジョニー・デップ ケイト・ウィンスレット
監督 マーク・フォースター

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

どうせ、すぐにレンタルになるから・・と思いつつも愛しのジョニー・
デップのお姿をひとめみたいと映画館へ。
いつものシネコンは開演前に満席のアナウンス。
でも、ネット予約の私は、余裕で良席へ・・。
おほほほ~。ちょっと優越感♪
(←年取るとほんと優越感感じる機会が少なくて・・。^^;)

・・で、この映画。

とにかく画像がきれい。
全編に美しい公園やら別荘やらが出てきて緑がとってもきれいで、
落ち着く。
あの緑を見てるだけで癒されるよね~。
映像のテーマカラーって、感動させる為の必須小道具だよね。
考えてみると、心にしみる名作には、緑の風景が良く似合う・・。
この映画もそんなあざやかな緑色にふさわしい爽やかで、清々しい
感動を覚える一作。

でも、それだけ・・。

ただ、こういう映画っていうのは、それでいいんじゃないかなあ。
ピーターパンの作者のバリーっていう奴は、結構いろいろ言われてるみたいで・・。
デップも伝記をいろいろ読んでびっくりしたって何かで言ってた。

子供を愛するその正体は、実は、そういう趣味の・・。(>_<)

・・って、でもそんな事、聞きたくないし、考えたくない。
ここは、素直に子供の心を持ったバリーの純粋な気持ちに感動したいっす。


要所要所では、よく出来てるな~と思った。
例えば、バリーが妻と寝室に入るところ。どうやらこの夫婦は、寝室を別に
しているみたいなのだけど、別れてそれぞれの寝室に入るときに、妻の入る
部屋は暗闇なのに、夫のはいる部屋は、花咲き乱れるネバーランドの世界。
二人の気持ちをよく現してるよね。
こういう夫婦って日本でも多そう。(笑)
長男が30秒で大人になるところも良かった。
お約束の感動場面であったけれど、見ていて思わずほろり。

しかし、この映画見て、イギリスっていうのは、明部と暗部の極端な国だなあ
とつくづく思った。
かつて、デップが演じた「フロムヘル」は、同じロンドンでありながら、あの
国の恥部であり暗部である裏町が舞台。
時代は、18世紀と違うけれど、あの猥雑で、救いのない裏町とこの映画の
舞台が同じロンドンなんて・・。
さすが、貧富差、身分差の激しいイギリス。
日本では、考えられない世界だわ。

愛しのジョニデは、なかなか知的な紳士を好演していたけど、私としては、
やはり、”ふつう”でないジョニーを見たかったりなんかして・・。
アカデミー賞候補ってことだけど、どうだろう。
ちょっと、作品が小品過ぎる気も・・。

・・と言うことで、素直に感動したけど、ジョニーが”ふつう”でちと物足り
なかったんで・・。

<評価> ★★★☆☆

<今日のひとこと>

レッドカーペットの ジョニーの姿を
  ひとめ見んひとめ見んとぞただに急げる




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近ご愛用のシネコン。ネットで席が予約できるから、とっても便利。
特に水曜日は、女性は、1000円なので、ご愛用。

でも、最近ほんと平日の映画館混んでますね。
いつも行くシネコンも水曜日ともなると、おば様達グループで超~あふれ
かえっている。

そりゃそうだよね。たったの1000円で、現実離れて夢が見られて、そんで終わ
ればいきなり、お友達とランチして、ダンナやら、姑やらの、グチグチ大会。
映画見ただけじゃ、ただの逃避だし、
友人とランチしただけじゃ、あまりに所帯じみてて悲しすぎるし・・。
そこいくと、映画鑑賞って、短時間で、両方の欲求がそれなり満たされるから、
とっても便利。おまけに、冷暖房安楽椅子完備だもんね。
こ~んな安上がりの娯楽はないわさ。

でも、お願い。

さっきまであんなに泣いていたのに、会場が明るくなったからって、いきなり、
「さあ、何を食べに行く~?」「この間の帰りにいった、あそこ・・」
・・って、現実に戻らないで~。

【今日のひとこと】

うつろふ心は、光ファイバーのごとき早さ・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「ヴァン・ヘルシング」 2004年 アメリカ
主演 ヒュー・ジャックマン ケイト・ベッキンセール
監督 スティーブン・ソマーズ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今日、シアター業者に久々に電話。アンプの使用法について新たな
知識を得たので、では、試してみよう!・・つう事でレンタル。

なんかさあ~。これって、「ハムナプトラ」?って思ったらやっぱり
同じ監督だった。
美男、美女とおとぼけキャラのトリオで次々に襲いかかるモンスター
をばったばったと・・。
どんな不条理なシチュエーションであっても絶対に主人公が助かるっ
っていうのが判ってるから安心して見てられるのだけど・・・

それだけ・・。

最後も「あんた、ヒロインを殺しておいてそんなあっさりほほえんで
いいの~?」という展開。
私は、それより、いかだで大海原へ漕ぎ出したフランケンのその姿に涙。
でも、荷物持ってたね。彼にも私物はあったんだ~。と妙に感動。


<評価> ★★★☆☆

ストーリーは、さておき、アクションは楽しめた。
ウーハーがすご~く効いていて、ものすごい迫力。
思わず、近所の苦情を気にして、夜回り・・。
でも、意外とまわりに聞こえて無くて安心。


<今日のひとこと>

◆ 騒音用心。ウーハー 一発、隣人戦争の元!◆


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。