院長の雑談

横浜市戸塚区の歯科医院「歯科さめじま」院長、鮫島佳子のブログです。
歯科医師ならではの「そうだったのか!」というお話ができたらと思っています。


テーマ:
こんにちは。
今回は患者の皆様にはあまり知られていない、歯科医院の器具の滅菌・消毒のお話をします。
歯医者の器具は唾液も血液も当然付着します。ですから完璧に滅菌・消毒をしなければなりません。
しかし、細菌やウイルスというのは目に見えるものではありませんから、本当にこれらのものが死滅しているのか分かりません。

医療の世界では細菌やウイルス各々の菌の強さ、感染力の強さ、安全性などによって消毒薬を使い分けています。
そして、オートクレーブという高圧蒸気滅菌器の中に器具を滅菌パックに入れて滅菌をします。
細菌やウイルスが死滅する薬剤は、従来のものは人間の体にも有害であったり、環境に優しくないものであったり、蛋白凝固作用により不確定であったりなど等問題点が多々ありました。

現在当院がメインで使用しているフィリオ30は有効塩素濃度500ppm/ph6・0に安定化され、最新の技術で安全性と純度の高さを追求して、塩酸を使わずに製造された、高濃度・弱酸性次亜塩素酸除菌水です。この商品は私がオブザーバーとして開発にあたりました。

高速除菌とタンパク分解のダブルパワーで細菌やウイルスを素早く除去し、漂白性やきつい塩素臭まで抑えた高濃度でも、高い安全性で取り扱いも簡単な為、全国の歯科医院 2000件以上で導入されている最新の次亜塩素酸除菌水です。
電気分解でもなく、塩酸も使わない(安全性を高める為)PHの安定性と安全性を高めた、全く新しい最先端特許製法の『緩衝法』により次亜塩素酸ナトリウム(アリカリ性PH9~10)の約100倍以上の除菌力があり、かつトリハロメタン発生の心配ない弱酸性(PH6±0.5)にしっかり安定化させ、更に、タンパク分解力、消臭力も兼ね備え、金属イオン吸着、水道水の不純物を除去する事により、金属の腐食性や漂白・変色性も大幅に軽減した安定性から強力性、即効性、純度の高さ”まで追求されたNEW弱酸性次亜塩素酸(HClO)除菌水です。
高速除菌・タンパク分解の力で、細菌ウイルスを素早く除去します。又、除菌消臭後はふつうの水に戻るので、取り扱いも簡単です。手肌についても安全な弱酸性なので万が一、小さなお子様が手に触れても安心です。

当院が推奨する殺菌・消毒の手順がこれです。
院長の雑談


これは皆様にもスタッフにも環境にも配慮した安全性の高い薬剤であり、なおかつ強力です。
受付でも取り扱っていますので購入希望の方はお声かけ下さいね。
インフルエンザ、ノロ等で家族全滅なんて事はなくなりますよ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

鮫島 佳子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります