鮫鰐通信

バリで5年暮らした後スラバヤ駐在の旦那サマと結婚。スラバヤ生活5年半を経て、2016年4月末に本帰国しました。
       島が変われば品変わる。フリーライター系駐在員新妻のスラバヤあれこれ、時々猫とバリ。

ご訪問&ご愛読ありがとうございます!

春の人事異動で新しくスラバヤに来られる方も多いのではないかと思います。
少しでも役に立つ情報を書いて、スラバヤに来る不安をほんのちょっとでも減らせたらいいな、と思っています。
ご質問などはコメント欄や直メッセージでお気軽に!

テーマ:
ご存知のように、スラバヤから日本へのダイレクトフライトはありません。
どこかを経由しなければいけないのだけど、ペット連れとなるとさらに制約がかかります。調べていくに従ってそりゃもうぐったり。
すったもんだの末結局SQのシンガポール乗り継ぎで羽田に帰る便に決定(別記事でなぜSQにしたのか書こうと思います)したのですが、ここで問題になるのがシンガポールでの乗り継ぎ時。

乗り継ぎだけでも検疫って必要なのか?

イエス、必要です。

これがもう、調べても調べてもちーーーーっとも情報が出てこない。
ネットを掘りに掘ってやっと体験談を見つける&日本からスラバヤにシンガポール経由で犬を連れてきたお友達に話を聞くも、わかったのは「ネットでフォーマットを埋めて、クレジットカードでお金払っただけ。書類は持ってたけど、誰にもチェックされなかった」ということがわかったのみ…。

不安。
ホントにホントなの? ていうかAVA(シンガポール検疫局)のサイトに「乗り継ぎが4~6時間になる場合は別途施設使用料的なものが必要」って書かれてるんだけど、ウチみたいに乗り継ぎ10時間の場合はどうなるの? 書類チェックされないってのはシンガポールと言えど東南アジアだからさもありなんだけど、ちゃんと乗り継ぎの飛行機に乗っけてくれるの? シンガポールから日本に猫連れて帰った人が、SQのCAさんに「ちゃんと乗ったかどうか確認してもらえますか」って聞いたら「それはできません」てキッパリ言われたっていうブログもあったけど、それってどうなの?


でももうSQで帰るしかない! それが多分一番よんに負担がかからない、はず。


調べてみると、シンガポール乗り継ぎの場合に必要な手続きは2種類あることがわかりました。
・シンガポールを通過して第三国へ抜けるのに必要な「通過許可証」
・トランジット時間待機のための「着地検査申請」


AVAのサイトからオンラインでフォームを埋めていき、最後にカードで決済して終了…らしいのですが。

なぜか、どーーーーやってもその申請画面にいくためのアカウント作成の部分で引っかかってしまうのです。電話番号を15桁で入れないとエラーになるとか、ダミーで0を足してみてもダメとか、とにかく引っかかる。
何十回も試して、こりゃダメだ、と諦めました。

諦めてどうしたか。

ここにお願いすることにしました。
SPHスクショ


メールで問い合わせてみると、乗り継ぎのための通過許可証と着地検査申請の代行をしてくれるとのこと。その他、「トランジットが10時間くらいになるんだけどどうしたらいいの?」とか、「トランジットの間会いに行けるの?」などの疑問・質問にも答えてくださいました。

シンガポールの着地検疫所は平日8:00から22:30までの開所で、日曜祭日と開庁時間外到着の場合は、貨物ターミナル内の動物保管施設での待機になるとのこと。
これもあって、私たちはスラバヤ出発を月曜日にしました。

着地検疫所で待機の場合は会いに行くことはできる。貨物ターミナル内にあるので、旅客ターミナルからは車で20分くらいかかり、諸手続きを行ったあとパスを取得してから入ることになる。
ちなみにペットは滑走路脇の専用路を通るので、飛行機から着地検疫所までは車で5分くらいで着くとのこと。

2つの手続きでS$275。
実は最初に見積もりを出してもらってから、「自分たちでなんとかなるんじゃないか」と、一度は思ったのです。でももういいや、手続きに不備があってよんになにかあったら困るし、安全策を取ろう、ログインすらできないし、ということでお願いすることに。
ここまでが2月の話。

シンガポールペットホテルさんからは、
・日本の検疫の「届出受理書」(40日前申請の受理書)
・Vaccination certificate(blue book画像)
・狂犬病抗体価証明(Bio Bestの証明書)
・荷送人(飼い主)のパスポートコピー
をメールで送るよう指示がありました。

別途、シンガポールペットホテルさん側で申請に必要な情報を補完するためのオーダーシートに記入してこれも返送。
書類を全部確認後、手続きの委任状が送られてくるので、サインをしてスキャンしてメールで返送。

AVAの通過許可と着地検査申請には許可から30日間という有効期間があるので、実際の申請開始は3月末になります、ということで、一旦一息。

ふーーー。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
3/4はアイルランガ大学の獣医局へ。
Mさんと現地で待ち合わせ。同行してくれるのは心強いです。

獣医局


もちろん初めて行ったのですが、いやー、ボロい!!!
日本の防衛医大の救急&入院棟を思い出しました。国立の大学病院て決してきれいじゃないですね。古くて、暗くて、どうにも染み付いた死の気配みたいなものが空気をどんよりさせている。

まず受付を、ということで飼い主の名前やら住所やら聞かれます。
つまり診察券を作らないといけないわけですね。

開け放たれたドアの向こうには沼地と牛の声が広がるロビーで「大丈夫か、ここ」と思いつつベンチに腰掛けた途端、診察室に呼ばれました。

アイルランガにて

あとあと気づいたのですが、このブルーの白衣(日本語おかしいけど他に適当な言い方が見当たらない)の人たちは、多分インターンなんですね。体温測ったり触診したりはするけど、それ以上の踏み込んだことはしない(できない?)みたいです。

で、冷房のない部屋でドクターを待つこと数十分。

やっと来たおっさんドクターは、なにをどう勘違いしたのか「狂犬病抗体検査のための採血ね、おっけー、ウチでできるから、月曜日に採血しに来て」とのたまう始末。
私もMさんも「はぁ!?」。
「ちがーーう!さっきもこの子たちに説明したけど、この猫日本に連れて帰るの!狂犬病抗体検査はもうイギリスでやってあるの! 輸出検疫のために畜産支局にレター出してもらわないといけないから、ここの健康診断書と血液検査の結果が必要なの!フォーマットはこれ!こういう内容で書類作ってほしいの!」とまくしたてるMさん。
すると、「わかったわかった、えーと、ワクチンは?」
だーめだこりゃ。

おっさんドクターはBio Bestの抗体値検査証明とblue book、Mさん持参の書類サンプルを「コピーとってきて」とインターンたちに指示しながら部屋を出て行きました。

その後さらに数十分。
Mさんと最近のスラバヤグルメの話をしつつ、汗を拭き拭き待っていたのですが事態が動く気配がない。「今なに待ち?」とインターン君に問えば、「採血するドクター待ち」とのこと。
さっきのおっさんかなー、いやだなー、下手そうだなあ…と思っていたら、コピーをとった書類たちを持ってインターン嬢が戻ってきました。
Bio Bestの証明書もblue bookも、原本がないと絶対帰れない大事な大事なものなので、ひったくるようにして手元に確保。

その後、今度はジルバブ姿のおばちゃんドクターがやってきました。どうやらこの人が採血するらしい。
「採血のために前足の毛を剃るけどいい?」とのたまう。
はあ!?
2012年の時は前足から採ったけど毛は剃られなかったし、GAIAのドクターは後ろ足の内股から採ったよ!? 毛剃らなきゃできないの!?
というようなことを20倍くらいソフトに薄めて言ってみたのですが、剃らないとできないと言う。

がっかり。名高いアイルランガ大学の獣医局っていうからどんなにしっかりしてるのかと思ってたけど、昔の技術にがちがちに絡め取られて進歩しようとしてない、古い古い体質なんだ。
GAIAのドクターたちの方がよっぽど腕がいいよ、絶対。

毛を剃られる

わーわー言っても仕方ない。どうしてもアイルランガで血液検査した書類が必要なんだもの。
不満たっぷりですからね、という顔でOKを出し、粛々と毛を剃られるよんにずっと謝りつづけました。

採血

そんなに押さえつけなくても…というほどの人数に取り囲まれるよん。
無事1ml採血して、おしまい。

今後の手続きなどでMさんがあちこち行っている間、風通しのいいロビーに退避。
…と思ったら、まだ待っててと言う。まだなんかするのー?

間も無く再び診察室に呼ばれて、よんをケージから出して抱っこしていたら、カジュアルな格好でさばさばした感じの中年女性が「あなたラッキーね~、日本行くんですって? まー、きれいなコ、ラッキーよー、日本に行くなんて~」とハイテンションな英語で言いながら現れました。
「何歳ー? あら、8歳! んー、目も耳もきれいだし…おっけー、問題ないわよー」とちゃちゃーっと聴診器当てて触診してあちこち見て、傍に控えていたインターン嬢が持っている書類にささっとサインして「おしまーい! ん~Lucky boy!」。
か、風のようだった…。

あの書類は一体、と思っていたら、どうやらドクターのサインが入った健康診断書だったようです。封筒に入れられてMさんに手渡されていました。

これで本当におしまい。
ぷはー、暑かった~~~。

畜産支局に提出する書類で私たちが用意するもの(インドネシア側の出国手続き①参照)をMさんに渡して、ぐったりして車に戻ると、到着から2時間が経過していたのでした…。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
というわけで、Mさんとの打ち合わせの翌日、早速かかりつけ獣医のもとへ健康診断に行きました。

G WalkにあるGAIA動物病院は、北大獣医学部に留学していたことがある2人のインドネシア人獣医師がやっているクリニック。2人とも犬も猫も大好き、採血の時など「ゴメン、よーーん」とやさしく声をかけながらやってくれるので、私はとても信頼しています。

健康診断にきました


相変わらずケージに入れるとずっと不安そうに一定間隔で「なーん」と鳴き続けるよん。
「今日は痛いことしないよ~」と言いながら連れてきたのですが…。

クリニックに着いて、「今日はどうしたのー?」と聞かれ、「健康診断してもらって、書類にサインが欲しいんだー」と言うと、すぐわかってくれてさっさか診察室へ通されました。

体温計られて(お尻にぶすっと体温計さされるので嫌がるけど、そもそもお外がこわくて体こわばってるのでやるのは簡単)、
聴診器当てられて、
触診されて、
目もじーっと見られて、
耳そうじされて、
口あーんてさせられて…
ん?

「歯石が溜まってるわね」
へ?歯石?

「ほら、これ」と一番奥の歯を示すドクター。確かに、本来の歯にかぶさるようにサンゴのかけらみたいのがくっついてます。「これって、取れるの?」と聞けば、「取れるわよ。今やっちゃうわね」とガーゼを指に巻いて、なにやら液体をプシュッとやって、それで歯をごしごし。
歯茎からうっすら血が出てきました。
あうあう、ごめんよよん…おかあさん気づかなかったんだ…。

ガーゼだけでは取れず、刃のないハサミで何度かがし、がしとやると、ぽろっと取れました。
はー、よかった。
でもごめんよ、よん、今日は痛いことしないって言ったのに…。

異常なしで診断終了。
健康診断書5枚にサインをもらって、全部でRp.150,000でした。


お家に帰ったよん、ケージを開けたら一目散にベッドの下へ行ってしまったのですが、私がよんのごはんが入っている戸棚をごそごそやりながら「よー…」と声をかけたらもう足元にいました(笑)。
こういう時用のご褒美おやつ、CIAOのスープを出したら、もうパッケージを開けるのが待ちきれなくてそわそわして、ごはん茶碗の前で足踏み。
ゲンキンなやつめ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月もパティスリーアフマドアリス宇田川さん、スラバヤ予約配達決定でーすキラキラ

 

2016年5月のスペシャルは、

 

イスパハン

ライチとフランボワーズのジュレですってよ奥様ー!
なんて乙女な組み合わせ。イスパハンと言えばピエール・エルメのスペシャリテなんだそうです。エルメ出身パティシエのイスパハン、どうぞご賞味あれ!  もちろん18cmホールもあり!

 

さらにさらに、マカロンセットがバージョンアップ!
夏らしい新作・シトロン、そしてバニラ味が新たに加わるそうです。既存のフランボワーズや抹茶も、レシピを見直してレベルアップしているそうですよー!

 

というわけで詳細。

 

配達日:2016年5月21日(土)

予約受付:2016年5月7日(土) 午前9時~2016年5月15日(日)PM12:00(午前中いっぱい)

*十分な品揃えを心がけてはおりますが、万一品切れの際は先着順で締め切らせて頂きますことをご容赦下さい、とのこと。

 

予約販売の形で、締め切りまでにオーダー→各指定アパートメントロビーにて受け取り&支払い。

配達時間と場所は注文状況に応じて、ルート決定後にお知らせ。大枠は以下。

午前8時30分頃-Ciptra World
午前10時頃-Pri Matahari
午後12時頃-PriDarmo
午後1時頃-LenMarkMall周辺のアパートメントのどれか

 

注意配達2日前まではキャンセル料はなし。仕入れの都合上前日キャンセルから全額負担。

最低予約金額:1注文あたりRp.20万以上 → 例えばお友達と合算して20万以上になればOK。
その際、受け取りと支払いは1箇所で。

箱を分けることは可能なので、代表者が注文時に指定してください。

 

予約方法:
FB inbox(Messenger)
・E-Mail:patisserie.au@gmail.com
・LINE

メールがない方は直接電話でも受け付け
電話:店:0354-688-689
日本語直通:0813-3330-0957

受け取り方法:各アパートメントのロビーもしくはお近くのアパートにて、代金と引き換えに受け渡し。代金はなるべくお釣りのないように用意しましょー。

メニュー希望の方は上記いずれかの連絡方法で直接パティスリーAUさんにお問い合わせください。
一応PDFリンク貼っときます。


プリンの瓶回収してます!
必ずフタと一緒に、配達の時にお持ちください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本帰国が決まってすぐ、私たち夫婦は引越し屋さんのMさんにアポをとりました。
それより前から連絡はしていたのですが、いよいよ本格的なスケジュールと手続きの内容を打ち合わせしようということになったわけです。

Mさん(在留邦人のスラバヤ-日本の引越しのほとんどを手がけていると思われるエキスパート)にお願いできるのは、インドネシア出国側の手続きです。日本入国と、シンガポールの乗り継ぎ検疫の手続きは自分たちでやらなければなりません。

打ち合わせメモから拾うと、
・まずかかりつけの獣医さんに健康診断してもらって、健康診断書(自分で作ったフォーマットをプリントアウトして持っていく)にサインをもらう

・アイルランガ大学の獣医局で健康診断&血液検査、健康上問題ないという書類を作成してもらう

・かかりつけ獣医のサイン入り健康診断書(4~5通)、
 アイルランガに出してもらう書類、
 日本の検疫の「届け出受理書」(いわゆる40日前申請の受理書。受理番号が入っています)、
 飼い主のパスポートコピー、
 blue book(母子手帳みたいなもの。ワクチンの履歴が書いてある)の全ページコピー、
 Bio Bestの狂犬病抗体価証明書のコピー、
 マイクロチップ読み取り証明書、
 猫本人の写真
をMさんに預ける。

・書類を畜産局スラバヤ支局に提出、リコメンデーションレターを出してもらう

・それをさらにジャカルタの畜産総局に提出→2~3週間で輸出許可書が出る

・輸出許可書の有効期間(30日)以内にインドネシア出国。出国前48時間以内にかかりつけ獣医に健康診断をしてもらい、日本の検疫書類(いわゆるForm C)にサインをもらう

・出発の空港で最終検疫。Form Cに裏書きをもらう→すぐ日本の検疫にメールして内容チェックしてもらう

・出発

というのが流れ。

3月半ばにバリ旅行を控えて、3/2に人間の引越し見積もりでMさんに我が家に来てもらった時、「今後のスケジュールを…」と話していたら案外カツカツであることに気づき、その日の翌日にはかかりつけ獣医で健康診断、そのまた次の日にはアイルランガ…と、にわかにバタバタしだしたのでした。

時間軸でまとめると、

3/2 Mさん(人間の)引越し見積もりで我が家へ
3/3 私、よんを連れてかかりつけ獣医へ。健康診断してもらって、証明書にサインをもらう
3/4 朝一でアイルランガ大学獣医局へ。健康診断&採血
3/16 アイルランガからのリコメンデーションレターが発行される
→ジャカルタの畜産総局での手続きのため、引越し屋さんのジャカルタ支店へ書類発送
4/8 ジャカルタで輸出許可書取得 → スラバヤへ発送 → 私の手元へ

それぞれの日々の出来事は別記事で。
アイルランガでの血液検査の結果が出るのに、想定の2倍の日数がかかることが行って初めてわかって、Mさん共々慌てましたが、まあなんとかなりました。

レターが出れば、あとはジャカルタでの手続きなので私にはまったく見えないところで話が進みます。輸出許可取得までは、書類提出から2週間は見ておかないと、ということでした。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。