1人施術家の未来を考える

施術者の明るい未来、身体のことから日々のことなど、枠にとらわれず発信していきます


テーマ:

日本人は昔から、「お金」に対してネガティブな感情を持っている人が多いのではないでしょうか。  

 ...
お金は汚いもの、人前でお金の話はしない、儲ける、稼ぐという言葉は品が無いという風潮が、そうさせているのかも知れません。   

人は自分に好意を持ってくれたり、大切に思ってくれたり、必要に思ってくれたりすることで、その人に引き寄せられていきます。  

お金や物も同様で、ネガティブな感情を持っている人のところより、ポジティブな感情を持っている人のところへ集まっていきます。  

また、「お金を稼ぐ」ということは「 誰かの役に立つ 」という事。「誰かの役に立つ」からそこに価値が生まれるのです。   

お金を稼ぐということは、自分自身の人生を豊かにするだけではなく、多くの人を幸せにすることにも繋がるのです。  

幸か不幸か、終身雇用制や年功序列型賃金制度のあった頃のように、1つの仕事だけで稼ごうと思わなくてもよい時代です。   

どんな環境もどんな状況もすべては自分の選択。自由な選択肢がある中で、不自由に固い頭で苦しんでいるのは、自分自身ではないでしょうか。  

「人生お金じゃない」という人がいますが、「人生はお金だけではない」のです。心身の豊かさを追求するには、それなりのお金も必要だと思います。 
   

そして、あなたが「稼ぐ」ことは、誰かの幸せに繋がるのです。

富という物は、増える物なのだよ。そのメカニズムを説明いたしましょう。たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。
 

そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。 


最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。 


その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。 
  

この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家) 


次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。
 

その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。 


この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)
 

 こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)  

 やがて、二人は良い考えを思いついた。お互いに価値ある財物をたくさん所有するようになったので、それらを担保として1万円札をもっとたくさん作ろうと。 (10万円相当の財物を担保に1万円札を10枚作るということ)  

 その結果、もっと多くのお金が二人の間を行き来するようになり、もっとたくさんの財物が生産されるようになった。  

 以上です。設定にやや無理がありますが、原理は真実です。世の中の各人が「お金が欲しい!」と思い、お互いに努力し、生産し、サービスを提供し、つまりは経済活動をすればするほど、世の中全体の価値ある品物・価値あるサービス・財産、つまり富は増えていくのです。  

 要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう? つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?  

 あなたは儲けなければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。  

 たとえば、今中国が急速に経済成長し、国全体の富が急激に増えているのは、先ほどのA君・B君の営みを10億人規模で(それこそ血眼になって)やっているからです。  

 
つまり、多くの人々が「お金を儲けよう!」と必死で頑張ると、世の中の富は無限に増えるのです。  

 今の日本が経済的に縮んで(つまり貧乏になって)いっている理由は、多くの人々が「お金を儲けよう」としなくなったからです。  

確かにこれなら納得しますよね。日本人の持ちがちな”過剰にもうける=「悪」”のような罪悪感を拭うにはいい例えです。  

 「お金を稼ぐ」ということは「 誰かの役に立つ 」という事。「誰かの役に立つ」からそこに価値が生まれるのです。  

 悪いことでなければ稼ぐということに抵抗を持たなくてもいいんですよ。 
 

この回答はとても納得し、参考になったのでご紹介させていただきました。
リンク元http://heaaart.com/post/42578

----------------------------------------------------------------------------

尚、Facebookからも発信しておりますので、お気軽に友達申請してください。

AD
いいね!(23)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。