かけはし

日本とヨーロッパの交流コーディネイターのさんぼです。
草の根のちいさな交流が広がれば、きっとお互いにわかりあえる、受け入れられる。


テーマ:

 最近は運転ガイドばっかりしている、と言うか、それどころかガイドなしの全くの運転手としての仕事も結構やっているんですが、我らの本業、音楽文化交流の今年のプロジェクトも実際に稼働し始めました。

 

今年は秋に、このために結成されたオーケストラとともに日本に行く予定です。日本では二回コンサートを行い、モーツアルトのレクイエムを日本の合唱団の皆さんと演奏しますし、オーケストラ曲としては、管楽器アンサンブルでルネサンスの素敵な小曲を二曲、わたしは個人的にこの時代の楽曲は大好きなので、すごくうれしい。弦楽アンサンブルではモーツアルトの弦楽曲を演奏します。

 

これは、おととしの終わりごろから開始したプロジェクトですが、最初に考えていたオーケストラの指揮者が、家庭の事情でキャンセルするに伴って、ぞろぞろとそのオーケストラの団員もキャンセルしてしまったために、数か月夜もよく眠れない思いをさせられたものです。

 

まあ、わかるわ。誰だって慣れ親しんだ指揮者と行きたいだろうしね。

しかし、日本側は用意が整いつつあるのに、ドイツのオーケストラが準備できないなんてことがあってはいけませんから、急遽団員を募集して、あちこちのオーケストラから、文化交流と日本旅行に興味あるメンバーを寄せ集めて一つのオケを結成しました。

 

年齢もバラバラ。一番若い奏者は15歳です。音楽学校の先生も混じっていますし、まったくの趣味で長年楽器演奏を続けていた人物もいますし、音楽クラブに属していて、マーチングバンドみたいなことばっかりやっているけど、日本に興味あるし、ちょっと頑張ってモーツアルトやってみようか、と言う人々もいるんです。

 

指揮者は、突然の願いにもかかわらず、ちょうどスケジュール的に空いていて、日本にも興味あるという経験豊かな人物で、この人が引き受けてくれたおかげで、彼のコネクションでもたくさんの優秀な演奏家が集められました。

 

で、先日第一回目の合同練習でした。指揮者の住む街の市役所のホールを借りて丸一日行われたんですが、実を言うとわたし、結構緊張して行ったんですよ。だって、下は15歳ですよ。わたしの娘と一緒にバイオリンを始めたような子達で、娘が演奏しているようなレベルの楽曲をやっているわけで、まあ、モーツアルトのレクイエムの第二バイオリンは楽譜だけを見ると、たぶん弾くだけなら次女も弾けるとは思いますが、オーケストラの一員として、指揮者の指示に従い、モーツアルトを表現する力量が娘にあろうとは夢にも思わないので、そういう若い子が何人か含まれているので、「どーかなー」と半信半疑で練習に赴いたんです。まさか、指揮者が怒り出して帰るってことは無いだろうけど。

 

わたしの心配は杞憂に終わりました。

まったく、わたしの次女に、立派にオーケストラの一員として演奏しているお友達たちの姿を見せたい。15歳ぐらいのメンバー達は、このツアーのために、去年の初めから音楽学校のオーケストラに入団したそうなんです。そして、週に一回欠かさず練習に参加したおかげで、オーケストラで演奏するということはどういうことかを徐々に学ぶことが出来たわけで、初めてのメンバーとの初めての練習だったのにもかかわらず、ボーイングなんかも一切間違わず、指揮者の指示をきちんと書き留めて、立派に参加していました。本当にリスペクト。

因みに、次女も参加させようとわたしはいろいろと策を練っていたんだけど、「知らない人と一緒に弾くのはいや」と言う次女の頑固な一言と、彼女は只今卒業試験の真っ最中で練習する時間が全くないということで、今回は参加しません。残念です。

 

また、メンバーの中には職業音楽家などもいるわけで、こんなにレベルがまちまちのオーケストラで演奏する機会なんてあんまりないだろうなあ、と心配していましたが、それも杞憂に終わりました。みんな和気あいあいと、いろいろと若者にアドバイスしてくれたりして、本当に感謝。

 

別にわたしは演奏しませんけど、大体の場合は一番最初の合同練習には行きます。みんな日本のこと聞きたいしね。今回もちょっと旅行説明もしました。

 

そして、ギャラを貰うどころか、旅行代金を払って日本とドイツの友好のために演奏してくださる方々に、ちょっと日本の味を紹介するためにカステラを焼いて、ついでに夫に焼いた残りのルバーブケーキ、気力と材料があったのでさくらんぼチョコレートケーキをたっぷりと持参して、休憩時間にみんなにつまんでもらいました。

 

今まで何年も日本への演奏旅行は真夏が多かったので、その暑さにはかなり苦労したんだけど、今回は秋。食べ物もおいしいだろうなあ。

ドイツのみんなにも日本の受け入れ先の方々、観客の皆さまに楽しんでいただけるように、しっかりと準備します。

 

もうちょっといろいろなことが具体的になったら、このブログでもコンサートの紹介をさせてくださいね。

{5283A161-D55F-417B-AEAB-3080010BB5F9}

一口ケーキ。カステラも好評でしたよ。今までの経験で、わたしのまわりのドイツ人があまり興味を示さないケーキがシフォンケーキでー彼らが言うには、製作途中としか思えない、なんかこれと言ったインパクトがない-カステラも同系統だろうから、あんまり好まれないかな、と思ったんだけど。でも一番先に無くなったのはルバーブのケーキ。さすがドイツ人。

 

さんぼ

 


にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長い陰鬱な冬が終わり、やっと太陽が顔を出し、気温も上がり、花も咲き始め、やっと本格的な春がやってきたと思いましたが、やっぱりドイツ。

ドイツ人は4月にはどんな天候も起こりうることを知っており、春先に突然大雪が降ったり、気温が零下まで下がったりするような狂った天気のことを「April Wetter」と呼んでいます。不安定な四月の天気についてはかつてこの日記に書いていましたね。

 

やはり今年もイースターの後に、気温ががくんと下がり、なんと零下になり、更に雪まで降ったために、あちらこちらで交通カオスが巻き起こりました。

 

実はわたしも夫もその気温が零下になった日に、早朝出発の仕事があったんですよ。わたしは早朝3時出発、夫は6時出発で、わたしの車は既に冬タイヤを交換したばかり。

わたしの行先は、これはドイツ人のトランスファーの仕事だったんだけど、ドイツ国内を移動するだけだったので、途中で大雪が降りはしたけど、スムーズに工程を終えることが出来ました。ああ。良かった。ここまでがちがちに緊張して出発したのははじめてだったかもしれない。

 

で、夫のほうはドイツからよりにもよって北イタリアのドロミテに行くツアーで、標高も高く、大雪が積もっているんじゃないかと、わたしは本当に心配でした。いや、彼はちゃんと任務を遂行するだろうけど、この時期は既に夏タイヤにかえている人のほうが多いし、ふらふらつるつる走っている車が路上に多いとしたら、彼の神経も摩耗してしまうだろうなと思って。実際、その夜彼にご機嫌伺いの電話しましたが、「君とおしゃべりする気分じゃない。もう一刻も早くビール飲んで部屋にこもりたい」とか言ってたので、相当ストレスだったのじゃないかな。

 

この日はやはりドイツでも雪が原因の多くの事故が発生したようです。今後は5月に入ってからタイヤをかえようかなあ。だいたい最低気温が6度ぐらいで安定したらかえ時と言われているんだけどね。

 

そして、もう一つ気をつけなくてはいけないのが、お庭の花です。

毎年イースターの時期にはお庭をきちんとしておきたいという誘惑にかられるんです。家族も揃うし、お客も来るし。テラスに色とりどりのお花を植えて、デキる主婦をやりたい。

ところが、誘惑に負けて、イースター前にお花を植えて、テラスをデコレーションしたならば、十中八九その後にやってくる零下の気温に苗が負けて、枯れてしまうんですね。これは意気消沈しますよ。

ですから、ゼラニウムとかスミレとか、テラスにお花を植えるのも5月に入ってからのほうが断然安全です。

 

また、お洋服も同様で、ちょっと暖かくなると、今まで厳寒対応の服ばっかり着てたわけなので、ついついクローゼットを整理し、ダウンとかヒートなんとかとか、タイツとかそういった真冬の衣類をさっさと洗ってしまいこみたくなる。しかし、これもやはり5月ぐらいまで待ったほうが二度手間になりません。どうせ一回はがーんと気温が下がるんだから。

 

ドイツ生活も20年以上におよび、そのあたりはちょっとは学ばねばならないんですが、3月に入って、数日太陽がさんさんと輝く日が続くと、つい忘れちゃって、早々に夏タイヤにかえるし、お花の計画を立てるし、セーターなんかも洗っちゃうんですよね。

 

あと、未だにわからないのが、この時期に着るべき服。寒かったり暑かったりで、本当に何着ていいかわかんない。

この前数日間のお仕事があったんですが、わたし、普段はかなりコンパクトな荷物で出張に行きますが、寒いのも嫌だし、暑いのもイヤということで、たったの三日間の仕事に中型のスーツケース持って行きました。その時は想定したよりもずっと寒かったので、結局正しい衣類が無くて困ったんですけど。

 

今後春休みにヨーロッパ旅行にいらっしゃる方、持って行く洋服の選択は悩むところと思います。わたしが思うに、どんなに暖かそうでも、次の日気温が零下に下がる可能性が常にあるのが春のヨーロッパと思って、念のために暖かい上着も是非とも持参なさったほうが無難と思います。例えばコンパクトになるダウンなんていいですね。あとわたしが愛用しているダウンのひざ掛け(ボタンがついていてポンチョみたいにもなる)は結構使えると思います。

 

{86A48E27-7DA3-4F22-8A8E-DDFA09A6751A}

4月なのに零下の風景。早く本格的に暖かくなってほしい。切実に。

 

 

 

 

 

 

 

さんぼ

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近は「旬の味」がだんだんあいまいになってきている気がする。

特に日本では、ほとんどのお野菜とか果物、一年中食べられるでしょう?だんだん季節感も無くなり、いつだって「イチゴ」は入手可能とか。

 

ドイツはその点、まだまだ「この季節でないと食べられない」果物やお野菜がいっぱいあります。

今の時期にとにかくドイツ人がこぞって食べるのは、

〇 白アスパラガス

〇 イチゴ

〇 ルバーブ

 

特にアスパラガスは、公式には6月24日のJohannistagと呼ばれる日で収穫が終了することになっているので、本当に限られた時期にしか食べられない。ですから4月の終わりから6月の終わりごろまでのレストランでは、「アスパラガスメニュー」と言うのが別にあって、アスパラガス料理を供するところがとても多いです。

と言っても、保守的なドイツ人、あれこれ凝った新しい料理方法は都会のおしゃれなレストランに任せており、ごく普通のレストランでは茹で上げたアスパラガスとジャガイモが基本セットで、それに付け合わせるもの—例えばカツレツとかステーキとかお魚とかハムとか—を選ぶ形式になっていることが多いです。

 

イチゴに関しては、最近では結構長期間にわたって販売されるようになりました。えっと思うような時期にスーパーに置いてあったりしますもんね。だけど、自然の香り高いイチゴは5月から7月はじめまでしかありません。

 

そして、ドイツ人が偏愛している果物(というかこれ、野菜のカテゴリーかなあ?)がRhabarber(ルバーブ)で、これこそ4月から6月おわりぐらいまでしかお目にかかれないもので、この時期に、長い冬が終わって春が来たことをしみじみ喜びながら食べるものです。

 

ルバーブは日本でも最近は販売されるようになったことを聞きました。値段はどうなんだろう?想像ですが、こんな新種のお野菜は、結構高く売られているんじゃないかなあ。

 

わたしにとって、ルバーブは実は買うものではなくて、義母のお家に遊びに行ったときにその庭から勝手に取っていくものでした。プルーンもそうだったし、ラズベリーもブルーベリーも義母が亡くなるまでお店で買ったことありませんでした。

義母が亡くなって、庭も整地されてしまったあとに、初めてお店でそれらの果物を買ったんだけど、ものすごい違和感を感じましたよ。

 

ルバーブは、さして手入れも必要なく、勝手ににょきにょき成長する強い植物らしく、この時期はいつ義母の家に行っても立派なものが何本も生えており、それをぼきぼき折って車のトランクに放り込み、ケーキにして楽しんだものです。

 

告白すると、わたし自身はルバーブのケーキは大好物と言うわけでないんです。ちょっと酸味が勝っているので、どうせ酸っぱい味ならレモンとかライム系の酸味のほうが好きなので。

でも、夫が最も好むケーキの一つであるし、長女も大好きなので、割と頻繁にルバーブのケーキは焼きます。

 

ルバーブのケーキはいろいろなバリエーションがありますけど、我が家で一番多く作るのは、バターケーキの上にメレンゲであえたルバーブをのせて焼き上げるものです。義母のレシピを少しアレンジしたものです。義母はメレンゲにヘーゼルナッツの挽いたものも混ぜ込んでいましたし、砂糖の量はわたしのよりずっと少ないです。

 

〈ルバーブのケーキ〉

〇 バター 125g

〇 砂糖 130g

〇 塩 少々

〇 レモンの皮のすりおろし 一個分ぐらい

〇 卵黄 4個分ぐらい

〇 全卵 1個分

以上をハンドミキサーでクリーム状になるように混ぜます。

それに、

〇 小麦粉 200gぐらい

〇 ベーキングパウダー 適宜

を混ぜ込んで、つやつやになるまでヘラで混ぜ合わせます。固いようだったら牛乳かなにか液体で調節します。

 

ところで、ケーキのレシピを見ると良く「さっくりと混ぜ合わせる」なんて書いてありますけど、これ、本当に正しいんでしょうか?わたし、ケーキを日常的に焼き始めて20年以上ですが、ベーキングパウダーとバターが入ったケーキ生地は、さっくり、軽く混ぜ合わせただけだったらきめの粗いぼろぼろした出来上がりになるんですけど。スポンジ生地だったら、メレンゲがつぶれないように割と慎重に「さっくり」混ぜてますけどね。わたしはプロではないし、お菓子なんて習ったことないけど、経験上バターケーキタイプの生地は、生地がつやつやになるまでしっかり混ぜたほうが出来上がりが良いです。

 

出来上がった生地をケーキ型に平たく伸ばし、その上に、

〇 小口切りしたルバーブ 7-10本

〇 卵白 三個分とお砂糖大匙2‐3杯で作ったメレンゲ

を混ぜ合わせたものをたっぷりと載せる。

わたしが使用するケーキ型は、この場合は40cmX30cmぐらいのものです。だから、下のバターケーキ生地は本当に薄く延ばす感じになります。

 

それを180℃ぐらいのオーブンで焼き上げれば出来上がり。40分ぐらいかなあ。

 

このレシピは結構甘目です。これは好みの問題で、わたしはケーキはしっかり甘いほうが好きで、わたしの場合は、しっかり甘かったら一切れで満足できるのでかえって量を食べすぎないからです。

 

このケーキに、ほとんどお砂糖を入れずに泡立てた生クリームを添えていただきます。夫などはこれがあったら、朝ごはんにも「あれ、まだある?」なんて言って、大きな一切れを食べて一日をスタートするのが好きです。

 

とにかく、ルバーブの時期には夫が家にいるときは必ずこれを用意しておきます。どうせ、旅行シーズンが始まって、ほとんど家にいないのだから、いる時ぐらいは(健康のために甘いものは食べないほうが良いとは言え)大好物があってもいいかなと思って。

 

{26490E0A-597F-41DE-8B41-1DEA2CECECDA}

メレンゲであえた小口切りのルバーブ。

 

{142A5C87-FFE3-43A5-B12A-92FDB1B0D5FF}

 

これを生地の上にどさっと乗せる。乗せた後になるべく均等に均す。

 

{9CDF9B25-F925-476E-A5E7-AA260B7AD73F}

 

焼き上がりはこんな感じ。地味だけど、しみじみ美味しい。この時期にドイツ人がこぞって食べるケーキは、イチゴかルバーブのケーキです。

 

 

 

 

 

 

 

さんぼ

 

 


にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。