わたしよ、わたし サマンサ!

職業は「古屋サマンサ」

人がなんとなく心の奥で感じていることを
歯に絹着せぬ言葉で、バッサリ斬る

それがサマンサ流愛のぶった斬り


テーマ:

昨夜のこの記事
「今日のわたしは怒っている…」

いつにも増して反応が
大きかったわね

「怒り」も悪くないな…と思った

片手に触るだけで
3分で1個

心のブロックを解除する
マインドブロックバスター
古屋サマンサ
です


今日は朝から
「どーせ無理オンナ脱退お茶会」

image 


そして午後は2件の個人セッション

一日中ブロック解除してたからね
わたし自身がめちゃめちゃ
スッキリしたの


そう、マインドブロックバスターってね

人のブロック解除をすると
同時に自分のブロックも
解除されるのよ


一石二丁でしょ?(笑)


昨日は「怒り」と
「悲しみ」を
存分に味わった後
ブロックを解除して
さっさと寝たわ


で、今日、お茶会と
個人セッションで
9名の方のブロック解除して
どうなったかと言うと・・・

ふと、こんなことに
気がついたの


わたしは昨日
「ある人」に対しての
「怒り」を感じて
その後にすごい「悲しみ」に
襲われたのね

(だいたい「怒り」と「悲しみ」は
セットでやってくる)



昨夜は本当に悲しくて
わたしはどうしてあんなに
悲しかったんだろうって思って

気が付いたのは

それはわたしが
その相手に対して

特別な「想い」を
持っていたから・・・


どうでもいい人なら
ただムカッとして終わりで
こんなに悲しい想いは
しなかったのよ

わたしにとっては
その人はある意味
「特別な存在」
だったのね


あと、「その人」の
どこに対して
そんなに「怒り」を
感じたのかというとね

その人のイライラの
「感情が駄々漏れ」だったところ


あのね、今日もセッションの時に
どなたかにお話ししたんだけど

自分が自分に禁じていることを
誰かに目の前でやられると
それはそれは無性に
腹が立つわけ


わたしは他人に対して
「自分の(マイナスな)感情を
駄々漏れ」にすることを
「よし」としていないのよ

あっ、自分で自分の感情を
めいいっぱい感じることはいいのよ

ただ、それを家族でも
友達でもない人に
あからさまに出すのは
どうなの?ってこと


特に「仕事上」では
絶対NGなことだと
強く思っている




そもそも「感情駄々漏れ」な人は
すごく苦手なのに
それを「仕事上」でされると
ものすごい怒りを感じるのね

今まで「怒り」を感じた人を
思い出すと、つねに
このパターンだったわ

この間、福山雅治のライブに
行ったときの、何とも言えない
「残念感」

それは彼の感情が
すごく伝わってきたから…

プロなら、自分の孤独感とか
心の葛藤とかそんなものを
観客に悟らせるな!
って思うわけ(爆)


わたしにとってのプロは
松田聖子ね

彼女にも、ものすごい
精神的な葛藤があるだろうけど
舞台やカメラの前では
完璧な「聖子ちゃん」でしょ?

まあ、人間だから
抑えきれないことはあるのは
重々知ってるけれど

でも、プロならせめて
「それを隠す努力をしろ!」って
思っちゃうの(苦笑)

あっ、これはあくまでも
わたしの考えね

そんなことを考えてたら
ああ、あの人にもこの人にも
以前同じように
「感情を駄々漏れ」されて
そしてわたしは同じように
怒ったなーって思いだした…

そしてその人たちに感じるのは
怒りとともに、
ちょっとした「羨ましさ」よ

嫌味ではなく
よくあそこまで
他人に対して
自分の感情を露骨に
いや素直に出せるなーっていう
ある意味「驚嘆」ね


そして、そういう人の「甘え」を
許してあげている人が
必ず周りにいて
そこが「愛されポイント」
だったりするから
余計に腹がたつ(苦笑)


今日お茶会で
「人に甘えられない」って
いう方がいて

「人に甘えると
相手にウザいって
思われるんじゃないかと
思ってしまう」という
ブロックを解除したんだけど


これってまさに
わたしのブロックでも
あったのよね

そんなことを
しみじみ思いながら
今日は家に帰ってきたわ


わたしは立場をわきまえずに
露骨に感情を表す人に対して
ものすごい怒りを感じるんだけど

その反面、そういう
人間臭いところがとても
好きだったりするの

逆にプロに徹している人は
尊敬の対象であっても
けっしてその人を
好きになることはないのね

うん、どちらを
選ぶかっていうと


 
ああー
どちらも
やだ!(爆)




げげっ!!
わたしも
そう考えると
相当面倒くさい
オンナだわね

image 
  

「どーせ無理オンナ脱退お茶会」
・9/20(日)新潟県長岡
10:00~12:30 

・9/23(祝) 品川
10:00~12:30 
 
申込み受付中
こちらをクリッククリック



★サマンサと話したいなら★
こちらをクリッククリック
 

★サマンサの赤裸々な私生活は
Facebookで★
メッセージとともに
リクエストくださいね
こちらをクリッククリック


 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

古屋サマンサ・恭子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります