ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:

久々だなー。このテーマの記事は。


なんと、11月23日の勤労感謝の日に。。。。

頭倒立ができました!


えー、ココ最近ヨガスタジオにもまったく行かなくなってしまったというのにねえ。


どこでできたかというと、クライミングジム(TEKO CAVE )。


オーナーさんに「また来マース」とか行ったまま、時の流れに身をまかせてテレサテンを熱唱していたら、半年ぶりの訪問になってしまっていた。

やばい!行かなくちゃ!

いや、もうしわけない。

お詫びのしるしに、その日はMKを強引に連れて行った。


あのー、この人、新規会員に勧誘したんで、、、。(MK、人身御供にしてスマン)


「待ってたのにサー。遅いよ、もう」と散々言われちゃったんだけど、オーナー夫婦と、1歳2ヶ月の社長(!)に再会できて嬉しかったー。

(こっちだって、行ったとたんに、塩まかれたらどうしようとか思っていたんだい。)


さて、その日もクライマー向けYOGAのクラスに出てみた。

私が出ないうちに、結構激しい内容(下半身、特に太ももが鍛えられるアーサナ)になっていたので

足がプルプルとして、ついていくのがやっとの状態。


最後のほうで、壁を使って頭倒立をしてみることにして、

以前姉から聞いた「頭のほうに足を歩かせて動かない位置に来ても意識をそのまま歩かせるんだよ」という方法をリマインドさせながらやってみたら、ふわっ、両足が浮き上がって、あらら、こんな簡単にできるんだー。なにゆえ、今まであんなに苦労していたんだろう、というでき方でした。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-TEKO01
できているところでパチリと1枚。

、、、、のわけなくて(危ないがな)。

どこぞの森の中で気まぐれにとった写真で、単に腹筋使って脚あげしている捏造写真もいいところなんだけど

こういうイメージを頭に浮かべたからできた??


なんだか気分がよくて、そのままじーっとしていたら、最後「頭に血が上らないうちに足下ろしていいですよ」と言われるまで、そうだなー、2分くらいは立っていられたかな。


でも、家で一人でやるのはまだこわいですかねえ、、、、。

一人でこれをやって首でもおかしくしたら、、、。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-TEKO02

この日の参加者(男性!)から差し入れの手つくりCHEESE CAKEだす。

レッスン後に堪能いたしました~

もー、こんなのつくってくれるSWEETS男子、私のところへ婿にきなさい!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、身体伸ばしてますかー?


ここ最近、ヨガスタジオとはトンとご無沙汰してますが

クライミングでも、トレランでも

やっぱり基本、身体の基礎作りが大事ですね。


てなわけで、時間があれば

ヨガのようなストレッチのようなことをしつつ

床でゴロゴロしてます。


床上50センチで生きる生物、ミドリカワ。


アウェークニング (レタスクラブMOOK)/ユーコ・スミダ・ジャクソン
¥1,600
Amazon.co.jp

この前購入したのは、ン年前のYOGA FESTAで、

完全KOされた、ユーコ・スミダ・ジャクソン

YOGA FESTAの時は、あまりの激しさと熱気

そして、スミダ・ジャクソンの美しさにクラクラして

コテンパンにヤラれてしまった。


今回購入した本は、3分間のプログラムを曜日ごとに分けて行えば

アナタの美しさが目覚めるんだそうです。

中身は、身体のパーツに焦点を当てたエクササイズ、とはいっても

実質ストレッチのようなゆるーーーい内容です。

あのFESTAで経験した、アフリカのお祭りのような高揚感ゼロ。

そっちでもいいんだけどなーーー。


でさ、この教則本についているDVDなんだけど、音声が悪すぎるのさ。

家庭用ビデオで撮っているんじゃないのか?

やっている時は、音声調節して何とかボリューム上げて聞いているけど

コレが終わって、DVDの電源をオフにした時の

テレビの音量で、目が覚めるという具合。


元々、YOGAのDVDも複数枚持っているんですが

PLAY中に流れる音楽のワザとらしさが、なんかダメ。

その中でも、アラニス・モリセットの弟というのがつけているヨガ用音楽ってのを聴くと

「癒される音楽とはこういうものですよ。ささささ、癒されてください」という押し付けがましさを感じるんです。


五輪真弓聴きながらヨガしちゃいけませんか?


付録でついているDVDレベルじゃ、

音楽消せる機能がないのがつらいなー。


ここ最近欲しくなってきたのが

ラジオ体操の音楽に合わせて、バレエストレッチってヤツです。


西島千博 バレエ・ストレッチ

¥2,952


これは、真矢みきのダンナさまですね。


こうして、How To DVDが増えていくんだなー。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヨガというのは、

せねばならぬものではなく

心のおもむくままにすべし

 


...と、このように自由な解釈が可能なので

ズボラな私にも向くワイ、と思っていたら


回数券が期限切れになりかかってしまった。。。。


えーと、

いつも行っている横浜駅前のsalon de YOGA が4回分

(期限;3月18日)


日本橋のLOTUS8 が5回分

(期限;3月11日)


いかーん!こんなことでは!

そういうワケで


3月11日までにLOTUS8に5回

3月18日までにsalon de YOGAに4回行こう!

計画を立てました。

っと思った途端に、いきなり、深爪をきっかけに足の指から流血沙汰を起こしていまい

先週1週間は身体をお休み。

カッコ悪すぎるー(泣)



昨日の日曜日はsalon de YOGAのクラスにあわてて参加。

(これでsalonが残り3回分



今日は、LOTUS8まで久々の馬喰町へ。


こうなりゃ、何ヨガでもいいわい、とおもって飛び込んだクラスは

AWAKENING であった。



AWAKENING...

去年、YOGA FESTAで創設者のユーコ・スミダジャクソンさんの開くクラスに参加して

ユーコ氏のアマテラスオオミカミみたいな美しさとパワーに目がクラクラし

とてもハードなその内容にフラフラし

翌日とてつもない筋肉痛にヨロヨロになった記憶があります。



今日のクラスはビギナー向け、とはいえ、

そのビギナーの生徒さんの中でも更に輪をかけた超初心者のワタシ。



前半のダンスのようなパートが、

足はついていけても手の動きがまったく付いていかない。

でもねー、ダンスパートのバックでかかっていた

アフリカンな曲を聴いているうちに気分が高揚してきて

なんか楽しくなっちゃった。



これまで、  

クラッシック聞いたり

宗次郎聞いたり

スピッツを聞いて冬を過ごしてきましたが

春の気配とともに、オイラの身体の中にある

獣な部分が目覚めたというか



ハッ、こんなことしちゃいられない!

すぐにヤリ持って出かけなければ! 

というワケの分からない前世が目覚めたオーラな泉な気がします、ハイ。



2時間近くをたっぷり身も心もAWAKENINGさせて

やっぱりふらつきながら横須賀線に乗って帰りました。



LOTUS8は残り4回分です。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、ヨガフェスタに参加して、

すっかりとりことなってしまったダンカン・ウォン ことウォン様ですが、

11月の半ばの週末2日間、本人自らレクチャーしてくれるYogicArtsのワークショップが開催されたため、

LOTUS8へ行ってきました。



土曜日は早めに到着したので、教室が開いているのをいいことにずかずか入っていくと、

ダンカン・ウォン本人がお弟子さんの身体をアジャストしている真っ最中。



いいなー、なんて思いながら私も軽くストレッチをしていたら、

いきなりダンカン本人からウォーーーッと力をかけられてびっくり仰天した!

いや、ほんと、なんの足音もなく突然風に巻き込まれたかっていうようにいきなりアジャストされてしまい、

ボーゼンとされるがままの私。

しかし、私の困惑をよそに「アジャストと言うのはこうしてね。。。。」と私を使ってアジャスト方法を

弟子にレクチャーするダンカン。

そういうお茶目なアナタが大好きです♪



この回は、定員30人の教室に対して、40人参加者がいるというにぎやかなものとなりました。

ここ最近じゃヨガスタジオでも余裕ができているだけに、この詰め込み状態は戸惑ってしまう。


ダンカンの通訳者もアシスタントもフェスタの時と同じ顔ぶれだったので、

なんだか知り合いに出会ったような気分でワークショップは始まったわけですが、


……….


………


YogicArtsって難しい!



っというよりもダンカン、次々と遊びの部分を入れてくるのだ。



それが「こんなポーズもできるんだぜ」的な未知の領域なポーズであったり、

深いアーサナの合間にダンスの部分が入ってきたり、テコンドーも入ってきたり、、、

まさしく「ダンカン オン ステージ」。


こちらも会場の熱気に包まれて体中から汗が出てくるわ、でも気分が高揚したまま普段とてもできないチャレンジポーズにも挑戦しちゃおうとか思ってしまうわ、でますます盛り上がる教室。


ダンカン、ものスゴーくチャレンジングなポーズをとる合間にも、気がつくとひらりひらりを教室中を巡って、ひとりひとりをアジャストしていく。ものすごい集中力です。


YogicArtsというのは、この講師によるアジャストがとってもポイント高いのだ。

単に、生徒の身体に手をあてるだけではなく、

タイ式マッサージのように講師も全身を使ってこちらの全身をほぐしてくれるのです。



早めに教室に行ったことで、ダンカンがアシスタントさんに教える「アジャストのポイント」をみていただけに、このYogicArtsの深さを知った気がします(逆にいえば、インストラクターはものすごーく高度な技術がいりますね)。

「アジャストした人からチャイルドポーズに戻っていいよ」と言ってくれますが、人数が多いだけにアジャストされるのを待つ時間がながーい。

ひー、とこっちは必死こいて(ヨガに無理は禁物なのだが)苦手な股関節系のポーズをとって、

ふと人の気配を感じて目を開けたらダンカン、私をみてニヤニヤ笑っていた。

さぞかし眉間にしわ寄せていたに違いない。。。


結論、YogicArtsはとっても楽しい



このワークショップは1回2時間という普段90分でやっている私にとっては長いのですが、これがあっという間に終わってしまう気がする。ダンカンもモチロンですが、インストラクターみなさんが身体を張ってアジャストしてくれるから、こっちもいろいろチャレンジしてみる気になれる、パワフルアンドピースフルな気分を味わえました。



普段行っている静かにポーズをとるヨガもいいけれど、こうして大勢と一緒に熱気に包まれながら高揚感をもちつつやるっていうヨガも面白いです。

またワークショップに行きたいわ!

次回行くときまでにもう少しいい女になっとこうっと。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

Lotus8 で「Budokon」クラスに参加してきました。


Budokon というのは、ざっくりといっていまえば、ヨガ+武道+瞑想をミックスしたfrom欧米のプログラムだそうです。

ちなみに、日本語で書くと「武道魂」ということらしい。

おしゃれなヨガスタジオも、この時間だけは男性が多い。



講師の先生は、この日は日本人だったのですが、もともと空手をしていたそうで、立派なサムライ体型の持ち主。でも、B2にいるクライマーにそっくりで、なんだか親近感をもってしまいました。



最初に両手を三角の形にした中におでこを入れる「礼」ではじまって、その後で「ナマステ」をいうのはなんだか混在している気もしましたが、まあ気にせずに、ウォーミングアップより開始。



武道というのは、とにかく「蹴り」の体勢があるので、つまり股関節をよく動かすんですね。

姿勢を安定するには膝を軽く曲げてどこから敵にかかってこられてもパッと戦う姿勢をとらなければいけない、ということで股関節。股関節を柔らかく動かすには丹田の意識。

これが武道の基本ということでしょうか。

ダウンドッグのポーズなど、ヨガのポーズもとるのですが、そのポーズにいくまでに背中を丸めたり、背中を丸める順番が腰-背中-首とちゃんと順序があったり(背中を曲げるのに、丹田、自分の身体の中心を中心にしないと安定したポーズがとれない)、ダウンドッグがいまだにうまくできない私には、こっちの武道のダウンドッグも結構ハードだった!



蹴りの動作にはいってくると

先生の蹴りは、すんばらしくきれいに目線の高さまでかかとが上がりますが

股関節の硬い私のけりは、せいぜい相手の股間を狙えるぐらいしかあがらず。(ま、効果はあるとは思いますが)

蹴りの動作一つでも、丹田に力が入っていないと蹴った動作のまま静止できない。



いつもとは違うプログラムでしたが、いつもやっているヨガを違う角度から見ることができる、なかなか興味深い時間でした。

ヨガといい武道といい、アジアの思想は元をたどれば「瞑想」に行きつくようで、非常に面白いです。

なんだか、終わったあとは 身体がしっかりと訓練されたような気がしました。

さ、どこからでもかかって来い!アチョーッ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年の今頃、東京のどこもかしこも「ヨガ狂想曲」となっていた記憶がありますが、一時期の喧騒もちょっとは峠を越したのか、いついっても満杯だったスタジオにもマットの2,3枚分のスペースは生まれてきたような今日この頃。



行きたいとは思いつつ、なかなか重い腰があがらなかった、ヨガスタジオLOTUS8 にいってきました。



ここは、当初、なんか敷居が高い気がしてイマイチ行きづらかったのですが、ひょんなことから入会金OFFクーポンをもらって料金設定をみてみたら、あら、回数券使えば安いのね、へー。

そして、9月に参加したヨガフェスタのダンカン・ウォンのヨギックアーツがとにかくたのしいー内容だったのだ。そして、ダンカン・ウォンことウォン様のキュートな笑顔と真剣な教え方に私の心は奪われた!!

ヨギックアーツに参加できる(そして時にはウォン様に会える)のはLOTUS8だけ。

よーし、それじゃあ行ってやる!!



いやはや、さすがオシャレなスタジオは違う!

入ってすぐのショップは「オシャレ&カワイイ」で充実しています。

それから、ハーブティも飲めるのだ。



その日参加したのが

パワーヨガベーシック

パワーヨガだったら横浜でもやっているから今日だけ参加するかな、と思って教室に入ってクラス開始。

「はーい、それでは、ウジャイ呼吸でスールヤナマスカーラ」

これだけでいきなり開始。



へ?

ウジャイ分からない人いないの?スールヤナマスカーラってフローの説明しないの??

しかも、先生はポーズの名前をサンスクリット語で言っていくだけ。それに合わせて黙々とポーズをとり続ける生徒。それをまねするしかない、のだ。



これはかなりマニアックで高度なクラスだったのです。



レッスンはとても楽しく、しかもかなりのチャレンジポーズも出てきて充実していたのですが、

何が大変て、

LOTUS8にたどり着くまでが一番大変だった。。。

いつものうっかりハチベエ全開なんだけどさ。


はじめての場所だけに、乗換え案内サイトで行きかたを検索かけて、さすがに大阪の日本橋目指して新幹線に乗ることはしなったものの、いざ日本橋で降りて地図を広げても、なんか、ぜんぜん違う。

「うー、出口を出た目の前のビルが工事中なのが悪い!」と毒づいて再度地図を見たら、

がびーん( ̄□ ̄;)、

「東日本橋」が最寄駅だったのだ。



ひー、でっ、でも、日本橋の東なんだから歩いていけるかも、と思ったジャンボリーうTだけど、東日本橋は都営線と知ったとたんに、あきらめてしまった。


営団ならいいけど、都営線なんてもう無理だー。



しかも、東日本橋に日本橋から歩いていけるどころか2駅も遠いの。

ひー、これは横浜と新横浜くらいの違いだよー。



こうやっていざ「東日本橋」にたどり着いて、駅の出方も分からず案内図を前に途方にくれていたところに、一緒に行く約束をしていた友人に発見&保護された。友人曰く「あーこの人迷っているんだなーと思って顔をみてみたら私だった」だそうです。



そして、レッスンを終わって帰ろうと思って地下鉄駅に戻ったら、横浜方面まで出るJRの「馬喰町駅」まですぐ近くだったのでした。・°・(ノД`)・°・


その日最後のレッスンが10時に終わって、家にたどり着いたのが0時半。しかもタクシー使ってしまった。

ヨガして午前様って、

なんか。

違う(@_@)。


東京の地下鉄は苦手だ。というよりこの東京砂漠で生きて行ける自信がないですわ。。。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

通っているヨガ教室スタジオは、週末は予約を取らなくてもいいので、気が向いたときにぷら~と寄れるのが結構気に入っている。

その日も「あ、そうだ、ヨガに行こう」と思うなりぷら~っと出かけて行った、んだけど中に入るなり

あらら、何時もと違う雰囲気が。



時間割表をよく見てみると

ベリーダンスの時間」であった。


えっ、ベリーダンス?と一瞬驚いたものの

よくよく考えたら、ベリーダンスの腰の動きって、股関節に効きそうじゃん!!

ならば、レッツ・チャレンジ!



そして、スタジオに入って目にした先生の、

ゴビ砂漠に咲いた一輪の赤いバラ

のような美しさにショックを受ける(どういう表現だ)。

ひえー、こんなキレイなお方と同じ空気を吸っちゃてもいいんでしょうか。



そして始まったレッスンですが。。。


おっと、その前にストレッチの時間だ。

や、やっぱりキレイな人は、ストレッチをする姿も違う。

腹ばいになって、股関節のストレッチをする態勢でも

先生は頬ずえをつきながらやっている姿が、なんともなまめかしい。



その後ろで、楳図かずおの恐怖漫画みたいな顔でストレッチに苦悶している私。



そしてストレッチタイムがいつのまにやら身体のパーツをベリーダンス特有の「小悪魔チックに動かす」動きに入ってきた。


いやいや、さすがベリーダンスは奥が深い。

たとえば手の動き。

手の甲を合わせて、手首を中心にしてまわす、という動きにしてみても先生がやればそのまわされた手の指先から、ローズピンク色をしたフェロモンが糸となって出されるような妖艶さだというのに(なんだか今日はすごい表現がいっぱいだ。。)

私がやるそれは、「それじゃかめはめ波は出ませんよ」と言いたくなるくらい、動きが違うんである。



肝心の腰を動かすパートに入っても

腰が、動かない。

ふわー、できる人なんて身体が動いていないのに、腰に巻いたコインベルトからしゃらしゃら音が出てくるというのに!



最後までこういう具合だったので、骨盤をやわらかくする以前に、アタシのDNAにはダンスの動きがプログラムされていなかったことにようやく気がついたくらいの散々な時間だったんだが、散々な思いをした割には、身体があまり動かせなかったワケなので疲れなかったという不思議な経験ができもした。



おそるべし、ベリーダンス!

骨盤をやわらかくするにはもう少し時間がかかりそうなので

せめて指先の動きだけでも、レッスンでやったことを参考にしてみようっと。

さっそく、夏木マリの「絹の靴下」でも練習しようかの。

夏木マリ
絹の靴下~マグネット・アルバム~


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

GWにはじめたカイロは、通い始めは3日間連続通いうという、一般会社員よりも時間のやりくりが難しいアタシにはかなりキビチーものでした。。。。



でも、どうしても股関節開脚を

10時10分な状態から脱却したいのだ!!!

9時15分にまではもって行きたいんだよねっ。

頼むぜ、愛のカイロプラクティック!!(この言葉が分かる人は、とんねるず通かも)



ロルフィングは3月でもって10回コースが一通り終わっているので、

第2章、カイロプラクティックの章の始まり始まり~



さて、カイロプラクティックでなにをやるかというと

最初に柔軟性チェック(前屈)、全体のマッサージで整えてから

身体のゆがみを足の先から上に順番にほぐしていく、

それから気になる骨の箇所を重点的に、つまりバキッボキッと音を立てて矯正していく、というのがカイロプラクティックらしい。

筋肉をほぐすのに、手持ちドリルのようなマッサージ器を使うんだけれど、これがむくんでいる箇所に当てられるとむちゃくちゃにこそばゆい。



そして、股関節をやわらかくするストレッチ方法を教えてもらう。



こんな治療がしばらく続くらしい。。。。



そして、担当の先生からは

「前屈はこんなにやわらかいのに(ヨガのおかげで、手は床にべったりつくのだよ。

そして、状態そらしも小学校で学年2番目と言う実績あり)、

どうして股関節がこんなに硬いんだろう。。。。」

と首を傾げられているくらい、硬い状態が続くのは、いつ脱却できるのか、9時15分にたどり着けるのはいつのことになるやら。いやいや、それを通り越して、8時20分までいけないかなーー。



そういや、1回目のカイロから帰ってきて、テレビをつけたら「黒バラ 」という番組で、

SMAPの中居正広君が、めちゃくちゃ身体が硬いそうで、

「中君の身体をグニャグニャにするプロジェクト」なるものが始まっていた。



テレビの中の中居君、ヨガで言う「杖のポーズ(両足をそろえて前に出して、上半身をまっすぐ上に立てている状態)」なるもので、すでに「イタイイタイ」っと叫んでいた。身体柔らかい人には信じられんだろうが、これ、経験者のうTには、よーーーーく知っている痛さである。

中井君とうTの違いなんて、うTのほうが歌が上手いだけかもしれん。



それから、健康器具会社が売り出しているストレッチマシーンに挑戦していた中井君、

はてさて、身体がやわらくなるのはいつのことになるやら。



多分)うTの方が身体柔らかくなるのは先かなーーー。

うっふっふ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日やっとのことで、1件納品まで行って、仕事の山がひとつ越えられた。

やれやれー。



ひさしぶりにジムナスティックヨガ体験会 に参加してきた。

これは、2,3ヶ月おきに開催される企画ですが

昨日は「アロマヨガ」ということで、室内にはアロマキャンドルがともされていました。



アロマキャンドルはいいよー。

お香よりも匂いがまろやかだし、

キャンドルの炎って、とても目に柔らかい。

蛍光灯に慣れた日常を忘れられる。

ここ最近、

真夜中にキャンドルの炎を見ながら瞑想にふける、、、、

ということをやっているのですが

これは、ものすごーく気分がすっきりする!!



(この姿は人には見せられませんが。。。。)



昨日やったヨガは、呼吸系を主として、

パワー系のポーズの組あわせがなかったので

超初心者でもできる、とってもゆるいものでしたが

それでも、久しぶりに開放感を十分味わえた。



これをきっかけにまた生活を充実させようっと!

しばらくはゆるーく生きていきます。私。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

YOGA Japan Net は、ヨガ講師姉妹のマイヤース・純さんが運営する「ヨガ総合情報」サイト。

そのサイトで「横浜の中華街でヨガのワークショップ」が企画され、週末2日間参加してきた。



なぜかというと、2日目のプログラムテーマが、「ヒップオープニング」つまり股関節強化だったので、まさに軟体生物を目指すうT にあったプログラムだったから。



講師のマイヤース純さん、冨澤諭佳子さんのきれいさにひと目でノックアウトされた。

目の前でみるマイヤース純さんは、中原淳也の絵に描いたような方。

冨澤諭佳子さんは、MEGUMIをキュートにした感じ。



当初、定員12人だったのが、当日は風邪などで欠席者が相次ぎ、参加者5人のみになった。

でも、この5人で2日間じっくり取り組んだヨガは、これまでにやったことのあるヨガの全てが一度リセットされたくらいの、もんのすごい充実したものでした。



午前中は、基本姿勢をフローで行い、

午後は、午前中にやったひとつひとつのポーズをじっくりと解説と実践。



普段気づかなかった、自分の身体のくせを気づかせてくれ、サポートしてもらいながら丁寧に教えてもらった。



そして、股関節がむちゃくちゃ硬いうT、

いつも「補助具を使うほどでもないかな」と思っていたんだが

使わないとダメよ」と、あっさり断言された。

よってうTの周囲は座布団4枚と、ストラップベルト2本が常に用意されていた。



カチカチの身体プラス補助器具で、ポーズ自体はいつもよりも小ぶりな動きだったんだけれど

とにかく身体に効く感覚がじわっと伝わってくる。



そして、この2日間でなによりも目からウロコだったのが

ヨガの全てのポーズは「瞑想のポーズをとるための修行」であることを実感したのでした。



一日の初めにおこなう5分間の瞑想、

フローの最後に行う死体のポーズ、

そして、2日間の最後を締めくくる

「ろうそくを見ながらの瞑想」では、不思議な感覚を味わった。



ろうそくを見ながらの瞑想とは、、、

暗い部屋で、ろうそくの炎を見つめる。

目をつぶらずにみているうちに、瞑想状態になる

(これを夜一人でやると怖い?)

でも、すごくええ感じになるのだ。



最後は、名残惜しくてみんなで写真をとったりまた再会しようと言い合ったりして終了。



影響を受けやすいうT、

帰り道、ハワイアンショップに行ってキャンドルを購入してしまった。



やっぱヨガはいいわ。

今年は、ハワイorバリのリトリートにいこうかなあ。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。