ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:
季節がらなのか、人生のいくつかのうちの一つの折り返し点ということなのか
この1週間で憂鬱な気分に取りつかれている。

きっかけは、、、たぶん、1週間前の実家からの連絡。

「梅酒作ったから、取りに来なさーい」

これには何の意図もない。きっと。

でも、それを「面倒くさいなあ」と思ってしまった自分。
そんなの取りに行く時間あれば、走りに行きたい。
でも実際には走ることが日課になっていない毎日。
寝て休みを取りたい。でも毎日満足に寝る時間も確保できていない日々。実際には寝床に入ってからスマホをいじっているという無駄な時間を多く過ごしている。

それなのに、徒歩10分足らずで行ける実家に行くことさえ煩わしいと思う自分に落ち込んでしまった。

実家に行けば、実家のイヌが私を見つけて「散歩に連れて行って♪」と期待に目を輝かせてまとわりついてくるであろう姿が目に浮かぶ。それを見て見ないふりをして通り過ぎた後、彼らはガッカリとして寝床に戻るんだろう。

ここ最近、夜になるととにかく寝たくなってしまう自分。
仕事内容は大したことをしていないのに、拘束時間を長く感じる。
家事だって大したことをしていないのに、3食×2人分作ることだけでさえ、つらいと思う。

そして今日、1週間後の週末にやっと実家に行って、これから梅酒になるであろう大瓶を受け取った。
家に戻って大瓶をみているうちに、なんだか自分がとても情けなく感じた。

小さい頃は家族総出で庭の梅や杏をもいで終わった日曜日をとても楽しく感じていた。
その時の母の年齢をとっくに超えたというのに、いまだに梅干しや梅酒を作ったこともない自分。
今や収穫でさえ全くかかわっていない。

両親も叔母も今でもあの、昔住んでいた家の庭になっている梅や杏の実を取りに行っている。
あの庭で採れた杏ジャム以外おいしいジャムを知らない。
梅干しはお金を出して買ったことがない。
梅酒は、、、実家で作ったもとより酒場に置いてある梅酒の方がおいしいと思う、正直言って。

でも、これまでそれを当たり前のように受け取って消費することしかしていなかった。
作る過程に一切かかわっていないのに、この先両親がいなくなったらどうすればいいのだろう。

おいしい梅やアンズを作るのに、どれだけの週末を両親はつぶして車で昔住んでいた家に通ったことだろう。
肥料を与え、土を耕せばよいのだろう。
それだけの水を使って実をきれいに洗い、器具を消毒してこれを作り出しているんだろう。
その時間をまったく自分は知らない。

でも、その手間暇かけて作った成果を私は面倒くさそうに受け取ってしまった。

いいんだろうか、これで。
これで、自然が好きとか、どの口が言ってるんだ。

私が愛していると思い込んでいた自然って、そこにあるものをただ単に見るだけで終わっていた。

春先にきれいだね、と言って眺めていた花はその後実になることを忘れていた。
そして、自然の恵みを受け取って食べられるように作り上げていく時間をまったく持てない。
そんな生活でいいんだろうか、という思いがここ数日消えない。

仕事していれば梅干しを干す時間をどうやって持てというんだろう。
でも、仕事をしながら子供を育てる人がいるように、今の季節実を収穫して洗って梅干し作りをやっている人もきっといるのだろう。

そういう人に自分は程遠いところにいる。
走るよりも、ゴロ寝するよりもそういう時間を持つことが大事じゃなかろうか。

これまで、平日は仕事して、その分週末はリラックスしてまた仕事を頑張る、というサイクルにいることに何の疑問も持たなかったけれど、でも、煩わしいことはやらないでいいのかな。

来年までこの気持ちを持ち続けられるだろうか。
いや、この気持ちは消すべきではないと思う。
来年は自分が育ったあの家に行って、実をとってこよう。
私が木に登って実をもいでこよう。
そして自分が収穫したものを立派な梅干しにしてみよう。

そうしたら、今のこの気分からやっと解放される気がする。
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
あら、いらっしゃーい。
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-2012_01


待ってたのよーん。
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-2012_02


オレも♪オレも♪
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-2012_03


(...ちっ、うぜえ)
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-2012_04
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-santa2011

がんばって鶏の丸焼きでも用意しようかなあ、と思っていましたが
結構本格的に歯の治療中の相手が「骨がついているのはちょっと」ということなので、急遽鶏鍋に変更。

ワンダー×ワンダー」で、エノキージョーンズの旅するナイル川源流への冒険にワクワク。
ギアナ高地を思わせる、テーブル状の大地から流れ落ちる滝。その上に存在する、エチオピアの緑の大地。エチオピアの人って、美男美女が多いことを知った。←いや、本当、みなさん目と鼻がきれいなラインなんですよ。そして、足がものすごく長い。

思えば、この番組で、モンブランレース、アドベンチャーレース、アルプスの山からパラグライダーで降りて、ランニングを組み合わせたヘンテコなレースがあることを知った。
結構好きな番組だったのになあ。終わりなんて残念。

でも、その後に放送された、「ミラクルセンス」。
「ワンダー×2」とどう違うんだ?と疑問に思いつつ、登場人物の驚異的な研ぎ澄まされた感覚に「ほほー」と感心することしきり。

感覚というのは、文字にして書きとめておくことが大事だっちゅうことを重い知らされたひと時。

祝女」に受け、

NORAD(SANTA TRACK)で横浜の上空にプレゼントがばら撒かれる瞬間に、思わず窓の外を見て、

野田と申します」という不思議なコメディドラマを堪能。
(「ハッピーリューイヤー」のはがきが年内に届くくだりが実家の母はウケていたらしい)

TV漬け、NHK漬けのイブであった。

でも、最後は「明石屋サンタ」。これはゆずれないですね。
なんと!相手はこの番組の存在を知らなかったらしい。

今年の晦日も、紅白と笑ってはいけないスペシャルでいったりきたりするのであろうなあ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
旬の食べ物ってあるんでしょうかねー。
スーパーとか行っても、一年中同じ食材が手に入りますもん。

お、そういえば。旬の味覚かどうかは不明ですが
HORNの冬季限定はおいしいぞ。(亀田興毅も好きらしい(ブログ情報))

秋の味覚といえば、そういえば、あったあった。
今年がんばって作っているのが
アップルパイなのでございますー。

おいしいアップルパイに欠かせないものは、紅玉!

他のりんごでも試したんだけれど
紅玉に勝るものはなし。

しかし、この紅玉、秋の初めの一時期に一瞬出て、すぐに店頭からなくなってしまうのです。


それが、最近使い始めたネットスーパーで
毎週「紅玉」が載っている。

こ、これはすごい!今の季節でも紅玉があるなんて!

これでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろうこれでアップルパイを作ろう

と、脳内アップルパイモードに変換されながら注文。

しかし、家に来るころには、脳内アップルモード率も内閣支持率並みに低下しており、
それから平気で3、4週間が過ぎていく。

ある週末に、いたみかけた紅玉を見て
「やばい!」と慌てて近所の実家に帰り
せっせとパイシート作って、りんごを煮て
結構な量できるため、実家とこっちの分作って、
生地をねかせる間に犬の散歩をして、焼きあがるなり風とともに去る。
それで週末の一日は潰れますね。

でも、これがうまいんだなー。
甘酸っぱいりんごと、バターの香りがほわわーーん、と部屋中に広がって、
あー、生きててよかったー
というシアワセなひと時をすごせます。
これに、アイスクリームと手挽きのコーヒが加われば、言うことなし。


てなわけで、今年はせっせとアップルパイに焼きくれる秋を過ごしました。


しかし、紅玉もっと出回ってほしいです。
日本人よ、もっとりんごを食べよう!
りんごはすっぱい方がいろいろ料理に使えて応用が利くのよ。


それにつけても、栗原はるみの「haru_mi10月号」に載っているというタルト・タタンのレシピが知りたい。(NHKのテレビでこのケーキを作る過程が紹介されていた)

アマゾンで買えばいいじゃんとか聞こえてきそうですが、
私こういう個人フィーチャリングのタイトルの本ってダメなんですよー。

あ、栗原はるみさんは好きですよ。

栗原はるみさんのレシピというにんじんサラダなるものは、耳で聞いただけなのをなんとなくつくってみたら、すっごくおいしくて、「栗原はるみ、おそるべし!」とはるみエプロン買おうかなとか一瞬思いましたもの。

でも、今現実に生きている人の名前の本が、
自分の本棚に置かれた図を想像すると、マジ、無理。
エロ本買うより恥ずかしいです。っと、そういう類の本も個人名入りタイトルが多いので、こっちも無理だった。(または、「美神」とかよくまー、恥ずかしくないのかね、中身よりもそのタイトルが。)

でもレシピは知りたい。
どうすりゃいいのさ。雑誌にカバーをかける、とか??

栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2011年 10月号 [雑誌]/著者不明

¥980
Amazon.co.jp

ブログに貼るのはOKだったりする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぼこぼこにされ続けた仕事もどうやら一休み、という日に。
実家に行ってきた。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-aki10

こーんな犬ですが、コワイ顔の犬ですが
私にとっては、最高の癒しをくれます。

こっちは、手に余るやんちゃぶり。

$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-aki16

相も変わらず「オレが!オレが!」と自己主張が激しい。

世にいう「ジャックラッセルテリア」のやんちゃぶりに悩む人は多いらしく
なんでも、アメリカでは、ジャックラッセルの犬種特定の捨て犬の保護、里親探しのNPO活動もあるそうです。

と思ってたら、日本にもあった


アパートは、例のごとくペット禁止なので、お互い一緒に暮らす前は
犬やら、鳥やらにまみれていた日々を当たり前にすごしていたから
「もふもふのいる生活を送りたい!」


と、本日は、我が家と同じくジャックラッセルテリアを飼っている糸井重里氏のほぼ日に、
環境省が募集した、「動物愛護管理のあり方について(案)」の報告と、
引き続きパブリックコメントの募集要項とその内容が紹介されています。

出そう!という意思はあっても、なんせ(役所文書だから)結構書き方とか難しいらしいのですが
そこらへんも、ほぼ日で詳しいやり方がのっていますので
今度こそ!
相手も巻き込んで提出しよう、これをやらなきゃ年は越せないぜ!てな気分です。

実家のテリーもねー。

ジャックラッセル特有の気性というよりは、
生後ン週間で乳離れも満足にできないまま
ペットショップに出されるという運命をたどったのが、
「小さなジャイアン」になった要因だと思うんですよね。

KYと、乱暴狼藉ぶりで、近所のお犬様の集まりにも入れなくなっていたところへ
もとの飼い主さんが飼えない事情になり
自由気ままに散歩させていたマルと一緒にしてほしい、
という元の飼い主さんの要望があって、
我が家にやってきたという事情もあるらしいです。

もちろん、元の飼い主さんが困っていた時に、
それを見過ごせずに我が家にテリーがくるように協力してくれた人たちには本当に感謝しているし、みんな「自分の犬は守りたい」と思っているのは当然なので、そのお犬様クラブ人たちには本当に感謝してます。

おかげで、「やるときはびしっと!上下関係は厳しく」の警察犬訓練士さん仕込のマルの元で少しは大人になってくれたような。

でもそうでもないような。(相変わらず、会うなり鼻パンチをされるのは勘弁してほしい)

ペットだって、(ある意味人間以上に)必死で生きているのだから
命あるものには幸せな生を送ってほしい。


悲しいことに、生き物に対して「ありえない行為」をする人間がいます。
そして、命をもの扱いするような行為を助長するような人たちによって、
そういう「ありえない飼い主」が出てくると思うのです。

では、幸せな人間と動物が過ごせる世の中にしたいよね、
じゃあ、そういう人や動物を増やすにはどうすればいい?ということを
意見で表明するというのが今回の取り組みだと思います。

ひとそれぞれ考え方はいろいろだと思いますので、一読だけでもしてみて考えてみてはどうでしょう。

あー、そしてさー、これが一番の本音。
そういう「いい動物」が増えれば、ペット飼育に対する世の中の常識も変わってきて、ペット飼育OK、ペット連れOKな場所がもっと増えると思うんだよねー。
そしたら、アパート暮らしでも、もふもふまみれも夢じゃない??


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とんと昔にあったげな。


いつものように、鎌倉まで行って山を降りたら
そこは知らない場所だったんじゃと。


日暮れも近いことで、ちょっと急ぎ目に走ってたら

ふと気づくと、目の前に階段が現れたんじゃと。


なにやらうっそうとした森の中を
どこまでも登っていくかのような、高い高い階段だったそうな。

横には、「○○親王之墓」とどエライ高貴な方の名前を冠した案内板があったんじゃと。


その若者(?)じゃあ、行ってみようかいの、と階段を上り始めた。


したらばよ。


その階段、ずんずん上まで続いていたんじゃと。

そんでも、その若者、馬鹿の一念岩をも通す!でもって
上に上り続けたんじゃと。

やっと、広いところさ出て、一息ついたら。

まだ階段はその奥に続いていたんじゃと。

そんでも、その若者、いまさら引き返すのも癪だわ、
ってなことで、疲れた体を追い立てて、階段を登り続けたそうじゃ。

そして、着いたところにあったのは。



「この先立ち入り禁止 ○内庁」



そういう看板は、入り口に立ててよ。
納得いかねえ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日曜日、雨戸を開けたらこにゃにゃちわ。

$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-rezard1105

とかげですよ。とかげ。
カメラでとった後で確認したら、しっぽが生えかけていた。
とかげのしっぽってこうやって生えるんだねー。知らなかったです。


それにしてもですよ、きれいなコブラのポーズですね。
私負けましたよ。

というのも、その前日。

ご無沙汰しているヨガ教室に久しぶりに行ったら
その日は、ヨガウェイトロスといって

ヨガというと、コアの部分ばかりに集中しがちですが
その周囲の筋肉だって実は大切とかいうことで
トレーニング要素の強いクラスだったのですが....


20分も立たずに撃沈しました、私。


腕立て伏せとかも、還暦過ぎたおばちゃんにもついていけずに
死んでいたよ。

なんかさー、そのヨガの教室って、
もともと、姉と通っていて
「横浜のマイヤース姉妹」とか一時期いわれていたというのに

仕事とかー
男とかー
クライミングとかー
トレランとかー...

もろもろにウツツを抜かしていたら
いつの間にかそのクラスのレギュラー陣て
倒立とかもできるようになってしまい


この夏に久しぶりにクラスに参加したら、浦島太郎気分を味わったよ。


それにしても、考えてみれば
めまぐるしく生活が変わったこの一年。
慣れない生活をつくりあげるのに必死で
仕事も今までにないくらいの忙しさがやってきて

今年はじめに円形脱毛症までかかってしまい

やっぱいわゆるドーシャっていうんですかね。乱れまくりの
カルマたまりまくりの
脳波乱れまくりの日々だったんだなあ、、、と実感しましたわ。

てなわけで、今週アマゾンにてこっちを購入。



黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ 1日10分 伝統のデトックス法で奇跡の美肌/著者不明

¥1,470
Amazon.co.jp

しかし、いの一番に日の出とともに起きる生活とか書いていやがったぜ。それができれば苦労はしないわい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この場所は、牛牛、牛だらけ。
この日は、茶臼岳というところまで行ったのですが、牧場の中を通り抜けるコース設定(いいのか?)。

$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0911_06

トイレもこうです。

$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0911_08


$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0911_07


$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-(笑)

牛って、後ろ足で耳をかくんですね。
結構びっくりした。
じゃあどうやってかいていたのか、と問われても「牛が耳をかく」というシチュエーションを思い浮かべたこともないという、なんとも工場生産品的な脳内メーカーの自分。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。