ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:
パイは小さな秘密を運ぶ (創元推理文庫)/アラン・ブラッドリー

¥1,155
Amazon.co.jp

あー、やっと読み終わった。
考えると、ここ最近一日中本を読んで過ごすことってなくなったなあ、、、。
でも、独り身で親と暮らしていたときは
週末といえば、本を両手にごごろご転げ回っていたというのに。

暮らすって、やらなきゃいけないことが多すぎますよ。
でも、これまでやらなきゃいけないことを誰かがやってくれていたんだなあ。。。
おかあさーああん。

で、ここ最近の読書の傾向としては
通勤電車内が唯一の読書時間になっていたりする。
それだって、スマホで「発言小町」読んでた方が
「事実は小説よりも奇なり」っとばかりに、
一時期あれほどハマっていた、ミステリーからも遠のき。。。

今回読了した本は、海外ものでございますが、
ミステリー賞を9冠達成とか帯に書いてあるから
久しぶりに創元社文庫読もうと思ったんだけど。


うーむむむ。
これをおもしろいというかどうかといえば、おもしろい。
しかし、もう一度読みたいかというものではないので
新しい内に古本屋に出そうかな、というジャンルに分けてしまった。

主人公が11歳の少女、とかいう割には
あんましカワイクないんだよなー。

ただ、これは巻末にも書いてあったのですが
なにゆえこれが賞を獲りまくっているかといえば
今書店に並ぶミステリーに対する警鐘でもあるのかも。

なんかさー、いきなり殺人事件現場に刑事が直行して、
それがとんでもない凄惨な殺され方とかいって、
快楽のために人の命奪ったり
かといえば、一介の刑事やら検死官やらに捧げる殺人とか
事件担当者の個人名なんぞ調べて事件の起こすようなIQ高いのに殺人者なんて
なんか、小説だからってつくりすぎやろーおい、とか突っ込みたくなるね。

はー、また本屋巡りをしなくちゃいけないのかしらん。
めんどくさいなーもう。

一時期、全然知識もなくミステリー本ハンターしていたときは
嗅覚が優れていたのか、おもしろいものを立て続けにゲットできていた。

ジェフ=アボットの「図書館の死体」とか、ケン=フォレットの「第3双生児」なんか
読み終えたときの満足感は、半分は「これを見つけた自分ってすごい」といった
自分リスペクトだった。
嗅覚が鈍ってるってことなんだろうなー。ぐずん。

面白い本見つけたら、報告します!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
TSUTAYAにて、「隠れた名作コーナー」というのが設置してあります。
派手ではない。いまや名優のなにがし、が出ているわけでもなし。
知名度はないけれど、観てみると結構面白いよ、ドーゾ、というコンセプト。

そこにあった「カプリコン」を観てみる。

カプリコン・1 [DVD]/エリオット・グールド,ジェームズ・ブローリン,ブレンダ・バッカロ

¥2,625
Amazon.co.jp

ジャケットからして、宇宙飛行士がいるので
「宇宙に行って未知の生命体と遭遇して」みたいなX-FILEもどきの内容だったら嫌だなあ…と思いましたが、予備知識もなく見たほうがこういうのは楽しいのに違いない、きっと。


で観たところ、、、、宇宙、ゼロ。
そして、むっちゃ面白かった!!

ジャケットの宇宙服の意味とは…?

内容は、火星に向かうべく「カプリコン 1号」に乗りこんだ宇宙飛行士が、出発直前になって突然宇宙船より降りるように命令される。(ロケットは予定通り出発する)

なんでも、今乗り込んでいる宇宙船に欠陥があることがわかった。
しかし、壮大な宇宙計画に水を差すわけにもいかず、膨大な費用の無駄遣いとも言われかねない事態のため、宇宙飛行士3人に、軍の倉庫内に作られたセットで宇宙に行ったふりをして火星に降り立つところを中継する、というもの。

なんかね、昨年の震災をきっかけに日本の技術に対する安全神話が崩れ去ってしまった今見ると、なんだか身につまされる話でした。

後半部分の宇宙飛行士が秘密裏に消されようとしていることから始まる逃亡と、スクープを追うジャーナリストとの攻防から、一気にサスペンス劇へと展開されるのですが、ここは見ていてハラハラした。最後になって登場する飛行機乗りのオヤジが、かなりの曲者なんだけれど、主人公たちを救うヒーローになるところがまた痛快だったりする。

ここ最近のやたらド派手な作品よりも、よっぽど楽しめましたです。
いやー、映画っていいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
犬語を学習したら、お次は猫様だね!

キャット・ウォッチング 1 なぜ、猫はあなたを見ると仰向けに転がるのか?/デズモンド・モリス

¥1,260
Amazon.co.jp


近所に、(飼い猫なんだけれど)自由気ままに動き回っているのが3匹いる。
猫への対応方法がまったくもってワケワカメだったので、こっちを読むほうが実用的ではあったのでした。


「なぜ、こちらの顔を見たとたんに仰向けになってごろごろし始めるのか。」
とかいいつつ、実際に近づこうとすると逃げたりするのが、また不思議。
「猫は気まぐれ」というゆえんでしょうかね。

しかし、この本によると、それは気まぐれでもなんでもなく。
猫が人に対して仰向けになって腹を見せるのは、単なるあいさつでして、
「なででくれ。うふーん」という意味ではないとのことでした。
正しい対処法としては、「はいはい」と目を見て答えて通り過ぎるのがベター。
(それができない習性なんだけどなー)

たまに近づいてくる猫もいるのですが、彼らはフレンドリーなのはよいとして、顔のほっぺを寄せてすりすりしてくる理由。

猫の唇の横には、匂いの出る汗腺があって、それをなすりつけているとか。

猫は気に入ったものには自分のにおいをとにかくなすりつける。
ゆえに、ご主人様のお気に入りの椅子、ソファー、布団が猫の爪とぎに使われるのは、「おいらの匂いをつけてあげるのにゃー」ということらしい。余計なお世話だ。

お気に入りのものは猫に傷つけられても、
「そういうものだ」と割り切るしかない。(とほほ)

…とまあ、すでに猫と一緒に暮らしている人には当たり前すぎることでしたね。

しかしですよ、この後、パート2の「猫に超能力があるのか」を読んでみると、猫の不思議な世界への興味がますます深くなりました。

キャット・ウォッチング 2 猫に超能力はあるか?/デズモンド・モリス

¥1,260
Amazon.co.jp

たとえば、青目の白猫は、聴力が弱いものが多い。(遺伝子的なものらしい)

三毛猫はメスしかいないのか、という問いには、
オスの三毛猫もいるけれど、行動様式がメスっぽくて中性的な行動様式になるのが多いそうな。(発情期がないということも書かれていた。本当かな?)

これはびっくりでしたねー。

タイトルにある、「猫に超能力があるのか」というのは、たとえば帰ってきて玄関を開けるとすでにねこがそこに座っていて飼い主さんを迎えてくれたりすることから、そう思う人が多いらしいのですが、猫の聴力がずばぬけて優れているゆえんだそうです。

ほほー、ますます猫と一緒に暮らしたくなるなと思っていたところへ、
しかも、「猫と暮らしていると体が丈夫になる」(耐性がつくらしい)とも書いてありましたので、これをダンナさんに読み聞かせつつ、来るべき日(!)に備えて勉強を、、、、と思っていたのですが、
YouTubeで猫の動画を見て「いいなー、猫と暮らしたいな」とつぶやくようになってきたので、まあいいか。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
犬語の教科書―楽しく暮らすための共通のことば/藤代 冥砂

¥1,260
Amazon.co.jp

動物が飼えない環境なので、「飼った気分」をちょいと味わいたくて購入。
しかしー、いかんね。こういう本は。
読めば読むほど、マルのことを思い出して、ちょびっと涙ぐんでしまった。
ううっ、ぐずん。
(ちなみに、まだ生きてます)

犬の飼い方本はこの世に数あれど、この本は「実用書」のジャンルにいれるべきではないのでは。

この本のメインは、写真家の藤代冥砂氏による、自分の愛犬と奥様の田辺あゆみさんとの日々を綴った写真と、専門家の先生による犬との生活について、犬とのコミュニケーションの方法、犬のしぐさについて(犬語辞書)の説明で構成されています。

この前、鎌倉のトレイルで休憩していた時に、
ソフトバンクのお父さん犬と同じ犬が、
飼い主のおじさん(見た目老齢)にのしかかって腰を振っている光景を見て
「あれはいったい、、、なぜ(おじいさんなのに)?」
と二人であっけにとられて見ていたのですが、そのジェスチャーの説明もあって、二人で納得。

なんでも、犬はおじさんに交尾しかけようとしていたのではなくて、自分の優位性を占めそうということだったらしい。
ただ、本にはしっかり「人前でそれをするのはいい光景ではないので、やめるようにしつけましょう」と書かれていたが。
(しつけに失敗したね、おじいさん。)

一昔前に、藤代氏の新婚時代をつづった「もう家に帰ろう」の写真集をビレバンで目にして
「ちくしょー、写真家でパリコレモデルを奥さんだとー?こいつどんだけ男前なんだよー、いい気になりやがってー」と、(私女ですが)なんだかジェラシーと気恥ずかしさで手を震わせながら読んだ記憶がありますが、、、、。

はー、この本にちょびっと登場する藤代さんは、それはそれはいい男でした。
なんか、彼のかもし出す発酵臭(なんじゃそりゃ)というか。いわゆるスーツが似合うとかブランド物が似合うのとはわけが違う、「自由人」の空気を身にまとっている人というんですかね。
そして、そういう「フリーダム」を出したくて全身パタゴニア着たぐらいじゃぜんぜんそこにたどり着けない類の男子を世に数多く算出させてしまうという。
なんて罪な人だ。


うおお、いけないいけない。私人妻なのに。


奥様の田辺あゆみさんも、「もう家に帰ろう」では、線が細くて、いかにも低血圧そうなアンニュイな、生活感のなさが出ている、江国香織の小説に出てきそうな人だなと思っていたのですが、この本に登場する犬が、ブルドッグ2匹で、しかもそのブルドッグをだっこしたり、散歩中の後始末のスナップを見て「この人、いい人じゃん!」と、自分勝手にお友達設定をしてしまうという、始末に終えない自分であった。

田辺あゆみさんはドッグトレーナー訓練を受けていたり、犬猫の里親支援活動をしていたり、震災にあったペットの世話をしたり、最近のブログを見ると葉山から沖縄に行って猫を拾ったりしている。
やっぱりフリーダムなファミリーなのであった。

まあ、私の憧れの生活なんだよね。
いいなー、私だって一日もふもふしていたいよー。

でも、そういう生活を実現するのに、とてつもなく努力している人たちなんだなーとも。
だから一層憧れるんだよな。

はあ、犬飼いたい(ダンナは横で「オカメインコ飼いたい」と)。
でも、犬も(オカメインコも)人間もハッピーに暮らすには、それなりの環境を整えないといけないよね。集合住宅よりは、ちゃんと犬や猫が出入りできる扉がある家だとか、なによりもお互い日中まったく家にいない、暇なときだけ相手するっていうんじゃなくて、せめてペットがおなかすいたタイミングでそばにいてやれるぐらいのことができないとなあ。

そういうわけで、この本に書かれた犬語を学習しつつ、動物と暮らす日々に思いを馳せる今日この頃でした。


もう、家に帰ろう/田辺 あゆみ

¥2,625
Amazon.co.jp

↑最初、宮沢りえの写真集だと思ってた。
今や、その細腕に息子さんと犬と猫数匹を抱える日本版、ブリジッドバルドーですよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日曜日は、「127時間」を観に
横浜ブルクへ。

$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-110619

これ、公開2日目なのに館内ガラガラ。
ちょっとやばいですよ。
ダニー・ボイル監督なのに。
アカデミー賞獲っている人なのに。
これもノミネートされているのに。
海賊映画観るよりこっち見ておけってーの。


いてててててっ。


はあ。。。すごい精神力。
わたしだったらとてもとても、、、、
たぶん遭難2時間で
孤独に耐え切れなくて発狂して死んでる。
チキンなので。



普段、自然大好き。
孤独大好きとかいって
ふらーと勝手気ままに動き回りたいと思うこともあるし
実際やってしまったこともあるんだけれど
両親は何も言わなかった。
それでも、本心では、百万遍殴りたいくらいだったんだろうなあ。。。


ま、いまやこうして一緒に映画を見る相手もできたことなので
見終わった後、二人して
「行き先を書いたメモは置いておこうね」
と約束したのでした。


破るとしたら、私のほうかも?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

偉大なる、しゅららぼん/万城目 学

¥1,700
Amazon.co.jp


うわーん。すばらしすぎる。


「プリンセストヨトミ」が、イマイチだったので
あまり期待していなかったんだけれど、
これはよかったです。
購入してよかった。

万城目学の真骨頂は、10代が出てくる青春小説なんじゃないかしら。


「鴨川ホルモー」を読んで、実際に鴨川デルタに行ったくらいなので
今、琵琶湖に行きたいですね。
そういや新婚旅行行っていないし。
しかし、琵琶湖に行ってもなあ、
鳥人間コンテストを見るくらいしか思いつかん。


あらすじ:

琵琶湖の周辺に住む主人公、日出涼介は、生まれながらにして琵琶湖の周辺に住む一族の「運命」を背負っている。
高校入学を機に、その「運命」に従って、本家に入った涼介は、
本家の「ナチュラルボーン淡十郎」、高校で、宿命の天敵、棗広海に出会う。
お互い先祖代々からいがみ合う仲の日出家と棗家。
3人そろって同じクラスになったある日、
ちょっとしたことから喧嘩に巻き込まれた涼介は、異音を耳にして…

運命、とかライバルとか、
ハーレークインロマンスかい。

でも、とってもさわやか。
久しぶりに、男子の青春物語を堪能しました。
(愛と勇気と冒険の三つ巴)

学校に入ってから、部活の決めた理由とか
ああ、、そうそう。アニメとか映画の憧れで決めるんだよね。と
ちなみに、私のころ中学高校と女子はいっせいに「テニス部」でした。
これは、エースをねらえ!の影響。


私はですね、ユーレイとか、怨霊とか、超能力とか
非科学的なことは信じないたちでして。
見たことないから信じない。
非科学的なことを平気でいう人間を一番信じていない。


ただ、こういうほら話は読んでいてヒジョーに楽しいです。

これはもう、その昔、遠野に行って、
そこの神秘的な空気に身も心も洗い流されるかのような気分になって
「こういう場所ならば、妖怪も楽しく暮らせるだろうなあ」
と思い、こういうものは文字で表現できるものでなく感じるものなのかな、
と思っています。

だから、この本に描かれているような「水の民」という人たちが
先祖代々から伝わるものを守ってひっそり生きていてほしい。
絶対に、TVとか、Ustreamとか使って出てこないでほしいな。
(KOWABY SHOWは見たいけど)

私は、グレート清子は、ずっとハリセンボンの近藤春菜を思い浮かべていましたね。
これも映画化されないかな。
棗は、三浦春馬なんだけど、もう老けちまったしなあ。

いっそのこと、
マキメストーリーの小説の舞台めぐりとかしたいです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
アウトドア映画を見るなら横浜ブルクがお勧め。

前回は「アイガー北壁」を観た。
そして来月は「127時間」ここで上映するらしいです。

このラインナップ、同じビル内にDAVOSが入っているからでしょうか?

-------

$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-gaku


そうがっかりもせず…。
しかし「もうひとつ!」観が否めず。

雪壁とか、岩とか作り物っぽさは編集時点で気づかないのかな。

俳優さんが身体張って熱演しているだけに、もったいない。

劇画ではドラマとして盛り上がるエピソードも
実写になると「それはないよな…」というシーンになったり。
漫画原作の難しい一例だと思う。

平山ユージも出てきましたよん。

でも、小栗旬みたいな爽やか男性が山レスキューやっていたら、
私崖を転がり落ちてでも小栗旬の救助待つなあ。

いやいや、本当に救助必要な状況になったら、
たとえフットボールアワーの岩尾君に助けられても
小栗旬に見えるのに違いない。

だから、この映画は、本当は、「主演:岩尾望」なのに
そのカリスマ性ゆえに小栗旬に変換されて見えるのだ。
たぶん。

-------

学生時代に過ごした町がいろんなシーンで登場したので興奮した。

「ねーねー、ここの近くに私住んでいたんだよー」
「ここはねー、ナワテっていうんだよー」

とか、いちいち隣に話しかける、
うぜえ自分。

やっぱり青春時代を過ごした町ですからね。
格別な思い入れがあります。
空気が澄んでいて、水がきれいで。

夏の夕方に聞こえていた、セミの声がスクリーンから聞こえてきたときは
鼻の奥に水が入り込んだようにツンとしてきた。
もう20年も経っているのに、不思議だ。

夏あたりに里帰りしたいなあ。


…と、気が散る映画でもあったのでした。
中途半端に山登っているのと、土地勘があるとで
どうでもいいことにいちいち反応する。

もっと集中してみなくては。

ツタヤに行って「八甲田山」でも観ようかしら…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハングオーバー [DVD]/ブラッドリー・クーパー,エド・ヘルムズ,ザック・ガリフィアナキス

¥1,500
Amazon.co.jp

新居のディジタルテレビではじめて観た、記念すべきDVD(笑)。

二日酔い、何度もやっています。
そして、最悪の二日酔い状態も何度か経験しております。

とても人のことを言える立場じゃないのだ…。

あんなサイテーな気分のまま朝を迎えて(分かる、分かるよ)
バスルームにトラはいるし(こういう状態は分からない)
知らない赤ん坊は登場するし(こういう状態も経験したことない)。

パニックで、何がなんだか分からないのに

消えた友人(しかも明日挙式予定)を探すために右往左往する男たち。
その探す過程で出るわ出るわの自分たちのやらかした醜態の数々。(一晩でよく動き回っているなー)

私は警察署のシーンが、笑ってしまったです。

彼らが「馬鹿なことをやっちまった」という経験で次第に絆が深まっていくのを見て、男同士の友情っていいなあ、とじんわりとくるという終わり方でした。
そんな経験いらんけど。

夏にパート2が公開予定。こっちの予告編もYOU TUBEで見るとかなりイッちゃってます。

ちなみに、自分のダンナさんは酒豪の家系らしいのですが
本人は家で飲むことがないので、私は「酒を飲んだ彼の真の姿」を知らない。
その後車を運転するためだったり、調子よければ晩酌するよりはジョギングしたいという健康オタクだったり、とかで。

うーむ。気になる。
酒を飲むと人格が変わるというのでなければいいなあ。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三十路の中盤あたりを過ぎたころから
TVで耳にする音楽が、ものすごーくなじむ。


とくに、80年代音楽なんてのが
オリジナルのままかかっていたり、アレンジされてかかっているのを聞くと

「ああー、場面に合っているな」と。

ってことを友人に話したら


「あー、それはねー、そろそろ同年代、あるいはちょっと上の世代の人たちが製作現場トップになっているからシンクロしているんじゃない?」


ということだったので、深く納得した永遠平社員の自分であった。



アメリカ発ドラマなんてのも、そろそろ自分と同じ世代の人たちが
プロデュースする立場になっているんだなー、と思ったのが、これ。


glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]/マシュー・モリソン,コーリー・モンテース,リー・ミッシェル
¥1,490
Amazon.co.jp


内容は、「ダサい、キモイ」といわれているさえない高校生が、
廃部寸前の合唱部に集まり
活動を通じて成長するというありきたりではあるんですが。


合唱部といっても、日本のような
黒白の制服を着て立って歌うのとはワケが違う。


「歌って踊る」という、かなりエンターテインメントしているようで

そりゃ、ミュージカルやゴスペルの国だもんね)
しかも、高校生ですよ。信じられん。


その中で、象徴的に歌われるのが
Journyの、「Don't Stop Believin'

なんちゅー、バリバリの80年。
白い歯がキラーン♪


ところが、

第1話に出てくる、彼らの歌うこの場面のくだりには
目がウルウルしてしまった。


「自分はこうしたい。でも、できない」


フラストレーションを抱えながら毎日を消化するしかなかった彼ら、

そしてその周辺の大人が、

合唱部とかかわりあう中で

「自分の手で人生を作らなくちゃね!」
と変化していく。


まあこれもありきたりではあるんだけれど
高校生を取り巻く大人までもが、悩みの本質は同じというのが
現代を象徴するドラマですなあ。


しかし、
学校一の美人(そしていじわる役)が、
一日中チアリーダーの格好をしているのは、
今も昔もドラマで見る光景。

アメリカの高校生って一日中部活のユニフォームを着ているのか?
誰か教えて。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

村上春樹とかけまして
トルコで食べたフランスパンとときます


(そのこころは)


どんな味付けもできる。
でも、そのままでも十分おいしいのに。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-20101218



観て後悔する話でもなし。
とかいいつつ、
すげーいい話を観た!というのでもなし。


村上春樹の話そのものが、わかったようなわからんかったような
ぶっちゃけ、読まないでも人生困る話じゃない。
それなのに、彼の書く本が、とにかく性別、年齢、国境でさえも超えて

受け入れられるのが、

村上春樹のすごさだと思う。


「ほぼ日刊イトイ新聞」で糸井重里がこの時の自分の写真を載せていた日記を読んだとこだったので、今日この映画を観られて、タイムリーでしたわ。


私は、いつ坂本龍一教授が出演されるのかと、待ち構えていたんだけど。
誰か同じように思った人いませんか?


松山ケンイチはやっぱり「好き(ハート)」だった。

でも、もて過ぎのおいしい役なのに、
女性から「この人とならできる(何を?)」と思われる位の男なのに、
女性はみんなワタナベを通り過ぎて去ってしまうのだ。


そういうわけで、私は松ケンは映像で見てデレデレしとくだけにしときますー。


まかり間違って、彼が白ブリーフ一丁で目の前に現れようとも


「ダメよ、松山クン。あなたの優しさって、
冷たい冬の日に、「かきフライ定食を食べたい」と思いながら
自宅へ急ぐ私の目の前に突然現れた、
ほかほかの湯気が立った肉まんのように、とても残酷なの。
これ以上私に近づいたら、私はだめになってしまうわ」


とやたら語尾の句点を読むようにはっきり言って、
松ケンの脇を通り過ぎることにしよう。


そうそう。
ミドリ役の人ですが、この監督の「青いパパイヤのかおり」とか「シクロ」に
出ていた女優さん(たしか当時監督の恋人だったような)に、よく似ていました。


…顔で選んだんだろうなー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。