ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:
雨の中、長い時間をかけてたどり着いたテント場は、たき火がたかれすでに先についた人たちで飲めや歌えの大騒ぎ、、、、というわけでもなく至って静か。当初は、テント場着いたら鍋パーティーしようとか話していましたが、雨はますますひどくなる中どんちゃんしている酔狂な方は見えず。

ここでトイレに入って、壁に張られた注意書きが目に入ると、初めてこの場所が良品計画の「カンパーニャ嬬恋キャンプ場」なことを知る。
一度は行きたいと思っていた場所なのに、この雨と暗さと疲労困憊ぶりで、なにがなんだかさっぱり分からないまま。もったいないことしたな。

設営したのは、ポーリンが知人に借りた軽いテント。
テントに入って早速ガスを炊いて暖をとりつつ着替えたり、食事の用意をしたりしていましたが、鍋をひっくり返しテント内を水浸しにするというのをやらかす。(もちろん犯人は私です。てへっ)
挙句の果てに、ガスが点火しなくなり予備のライターも用意していなかったため、最初のお湯で作ったアルファ米のドライカレーとパスタ以降は行動食ばかり食べてました。

そして夜寝袋に入って就寝。

...あれ。
...なんかおかしい。
気がつくと自分が口を開いて寝ている。
ポーリンも何度も起き上がる気配がするし、二人とも息遣いが荒くなる。
明け方になると頭痛まで出てきた。

結局ぐっすり眠ったという感覚もないまま4時半に起床。

標高が高いからかなあ…

翌朝、それが酸欠だった事に気づく。
テントには当然ベンチレーションもついていたのですが、降りしきる雨の重みで穴がほぼふさがれていたのでした。雨のテント設営は怖い事を実感しました。
テントのフライシートって大事だねえ。

ゆうべのガスが点火しなかったのも酸欠だったからかも?

さて、スタートリストで指定された自分のチームの出発時間は6時40分なので、それに合わせて準備をのんびりとしていたら、前日失格のチームは6時スタートだという事を知らされる。
ザサーッ(←血の気が引く音)

その時点で既に6時10分。
慌ててテントをたたむが、水気をたっぷり吸ったソヤツをポーリンのザックに押し込み(ポーリン、重くしてごめん!)、6時25分に2日目スタート。

前日の山岳エリアがコースに含まれていたらそこはパスしたかったのですが、スタートで渡されたのは、1日目よりも南のエリアの地図。しかも前日よりも地図サイズが小さい。

1日目に失格になっていることなので、2日目は早めに切り上げてゴールに戻ってくつろいじゃえよ!と、心の中のブラックスワンがささやきかけます。となると、一番遠くのエリアのCPは飛ばすかな、なんて考えてました。

CP7で関門時刻2分前にポイントをとった時には、もうここまでだと思ってしまった。
が、ポーリン、ぐいぐい先に進みます。

ここのあたり、身長の高さの熊笹やぶ漕ぎの繰り返しでキャップを落とす、そして転ぶの繰り返しでヘロヘロに。
やぶを脱出して歩こうとすると足がクロスになって出てしまう。ポーリンから「おなかに力入れて!」と声をかけられる。

先のCP8は林道とトレイルを登って行くルート。ここまでCP付近で出会う事が多かった混合チームにあっという間に置いて行かれる。ここで抜かされないようにしたいのにとてもついていけない。やる気が出ないまま、雨も上がったことだし昨日からずっと着ていた雨具をようやく脱ぎました。
「これからもやぶ漕ぎあるよ。いいの?その恰好だと服破れない?」とポーリンに言われるけれど、服が全身ビリビリに裂けようが、雨具を脱いだ快適さはもう手放せない!

再び前進を開始すると、後から来たチームが走って行くのを追いかける気力が出てきました。
そこから徐々にCPをとるたびに、関門時刻に余裕が出てくるようになりました。
...と思っていたら…ポーリンから「制限時間内に戻るよ。本来スタートするはずだった時刻(6時)に合わせて3時までに戻るのを目標にしよう」と告げられる。その言葉と地図を見比べて、ガビーーーンと(笑)。

ふと手元の計測計(●PSON)を見たら、設定リセットの画面になっている事に気づく。
現在時刻もここで分からなくなる。あー、ヤラレタ!

そこからは、嬬恋スカイラインをつかってゴールエリアのゲレンデまで行くのですが、ロードが遠い遠い。ただただ何も考えられずに進むのみ、という状態。

ただ、やはり速度は遅く、見かねたポーリンから目標を「制限時間9時間切りを目指す」に。
この目標もかなり微妙だなあ、と思いつつ、ゲレンデの入口が見つけられなかったり、ゲレンデ内のゴンドラに沿って登るの急だったりで...ストックを使えばいいじゃねえか、という考えにも至らず登り続け、やぶ漕ぎで進むと、やがてゴールを目の前にしたゲレンデにひょっこりと脱出できました。

....後で知ったのですが、2日目は8時間55分で完走できていた。
(遅刻ペナルティをするにも前日失格なのでマイナスできる要素なし)

女子1位という結果ですが、昨年に引き続き、最下位での完走組でした(笑)。
これはお約束かしら?
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ミドリカワさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。