ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:
今年の大会を振り返ると、1日目の出来がすべてだったのかなあ、と思います。

ロゲ、オリエンとナビゲーションレースが開かれるのは山でも麓エリアがほとんどですが、
OMMは山岳総合力を問われるレースというのをつくづく実感。

今回のように過酷な状況でも乗り越えられる山での経験値とタフさが一番大事な要素でした。

スピード練習をしたところで、持久力と装備を持てる強靭な体力、判断力、地図読み能力のバランスがとれていないと、2日間というステージをこなすのは難しい。

本場のOMMだと現役アスリートではなく、普段、普通に山を楽しんでいる人たちが上位に入るというのもナルホドねー、と思います。

日本のOMM、今年もやっぱり柳下さんチームが強かった。
ぶっちぎりでした。

スタート地点に行く際のゲレンデ登りにこっそり後ろについて行こうとしたら、「歩いているのに」めっちゃ速かった。忍者としか思えない…

1日目で失格となったので、2日目は最初からスタートしてポイントを回らずにゴールする、というのもありでしたが、リザルトで2日目に完走のグループに入ることができたのを知ると「諦めないで良かったー」と思いました。
まあ、早くゴールして、ホットワインやらショップ展示やら表彰式やら..そういったお楽しみにはありつけないのは昨年も今年も同じでゴール後のけんちん汁1杯でした。

昨年とは打って変わって、CP探しが時間をかけずに出来たのは、ポーリンのおかげ。
今度反省会の時に、コース取りの反省箇所は出てくると思いますが、目標を見つけられずにウロウロするという嫌ーな時間は短くてすみました。

私の走力不足が相変わらずだったのが反省する事しきり。

思いがけない収穫だったのが、今回大会を通じていろんな人と出会えたこと。
昨年の大会で会った人と再会を喜んだり、自分たちのコース取りを悟られないようにかたくなになっていた昨年とは変わって、今年はCPが見つけられない時に同じようにウロウロしている人に「どっち行きました?私はここから来たんですけどなかったんです」「じゃあ、今からこっち行くんで一緒に行きましょう」と一緒に行動したりする内になんだか全員と知り合いになったような気がしてきます。

1日目にリタイヤ決定の地点からテント場までの遠い遠いロードを一緒に歩いたみなさん。
途中のキャベツ畑のど真ん中にあるステーションで、誰かが「今夜ここでビバークしちゃおうかー。雨しのげるし」というのに全員うなずきかけたのが良い思い出です。

装備について
今回持って行ったレイヤリングはまずまず満足。

大会の1週間前にカモシカスポーツでTetonBros.のネオシェルが半額なのを見つけて、ますおさんに「これは絶対買いだよ!」と言われて購入したのを、今回雨具兼トップレイヤーとして持って行きましたが、これがよく耐えてくれた。

というのも、散々やぶ漕ぎをした結果、周囲の人がびりびりに破けてたのが、一切それはなかったです(コーティングはがれかけてるじゃん、と指摘されたけれど…)。

ただ、フード部分が顔を覆うには不足していて風で脱げてしまう。これはMILLETなどの登山ウェアを見習ってほしいところです。

ミドルレイヤーに薄手のはっ水加工のダウンを持って行きましたが、寒さは一切感じず。フリースと迷ったけれど、小さくできるこっちを選んでよかった。

レイヤーで唯一残念だったのがキャップで、これが背丈ほどあるやぶ漕ぎでしょ中脱げた。紛失まで至らずに済んだのは良かったけれど、やぶ漕ぎ必須の時って頭に何をつければいいの?(私はBuffでもよく脱げてしまいます)

靴はBrooksのカスケディアでレースの時はコレと決めているのですが、やっぱり雨と決まっていたら防水仕様のGORE-TEXにするべきだったのか。それは判断に迷います。
…というのも、1日目の雨雪と泥んこ祭りでGOREを履いていたポーリンも泥まみれだったのと、2日目のやぶこぎと雨具とのこすれで紐がほどけることが多く(サロモン履くことが多いと、この紐ほどけはヒジョーにイラッと来ます)、なかなか「全方位に死角無し!」という靴はないものですね。
じゃあ登山靴、となるところですが、やっぱり自分では走りたかったので。

荷物について
重量は、1日目のスタート時は私もポーリンも7.5kgから8kgでした。(2日目、雨を吸ったテントを持ったポーリンは増量していただろうな)

もっと軽くできる要素があるとすれば、食糧でしょう。
でも、2日間山の中で過ごすのに、ジェルとエナジーバー、アルファ米だけというのはさみしい気がして、大福・トレイルミックス(ベビースター、ブルボンのアルフォートなどをジップロックで混ぜる)、カルディで購入したおこげスープ、それに黒パン、クロワッサンも持って行きました。

1日目のストーブ故障実は酸欠かもで(大会での事故とならずに済んでよかった…「OMM嬬恋村キャンプ事件」とかシャレにならない...)お湯を使えなくなった際に、パンに助けられた。
結局大福は食べずに終わりましたが、いざとなればザックの中に大福、心に松岡修造がいるさ♪と思うと結構頑張れた。

とまあ、すべての装備や食料にに役割と意味づけがあったので、洗っても乾かしても未だに泥を吐き続けるモロモロを見てもなんだか愛おしいと感じます。
現在我が家は家の中が砂ぼこりです。

で、一番、ていうか今とても怒りを感じているのが、計測器の●PSON。
バッテリー容量なくなれば途中リセットされるのは致し方なしですが、1日目のゴール時にデータセーブをした際には残量70%だったのに…

まあ購入してから年数経っているからバッテリーの持ちが悪くなるのはしょうがない、と思いながら今回のデータを見ようとPCにつないで表示されるバッテリー残量を見たら、30%。
30%でリセットされるってどういうことやねん!ムキーッ。

2日目のデータ、カムバーック!


OMM、今年も反省点多いし、制限時間ギリギリで、すべてにおいて常に締め切りに追われて余裕を持てない心境に陥るというのが昨年とまったく同じという結果にしくじたるものを感じます。
写真1枚も取れなかったし。
参加した人の写真を見ると、スマホを取り出す余裕もないというのは貴重な機会を見逃しているよなあ…と。そもそも、エントリーカテゴリーが違うからだろっ、と思うのですが、
でもやっぱりまた出るなら、ストレートロングで出たくなるのはなんでだろうね...

ん、あれ?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
雨の中、長い時間をかけてたどり着いたテント場は、たき火がたかれすでに先についた人たちで飲めや歌えの大騒ぎ、、、、というわけでもなく至って静か。当初は、テント場着いたら鍋パーティーしようとか話していましたが、雨はますますひどくなる中どんちゃんしている酔狂な方は見えず。

ここでトイレに入って、壁に張られた注意書きが目に入ると、初めてこの場所が良品計画の「カンパーニャ嬬恋キャンプ場」なことを知る。
一度は行きたいと思っていた場所なのに、この雨と暗さと疲労困憊ぶりで、なにがなんだかさっぱり分からないまま。もったいないことしたな。

設営したのは、ポーリンが知人に借りた軽いテント。
テントに入って早速ガスを炊いて暖をとりつつ着替えたり、食事の用意をしたりしていましたが、鍋をひっくり返しテント内を水浸しにするというのをやらかす。(もちろん犯人は私です。てへっ)
挙句の果てに、ガスが点火しなくなり予備のライターも用意していなかったため、最初のお湯で作ったアルファ米のドライカレーとパスタ以降は行動食ばかり食べてました。

そして夜寝袋に入って就寝。

...あれ。
...なんかおかしい。
気がつくと自分が口を開いて寝ている。
ポーリンも何度も起き上がる気配がするし、二人とも息遣いが荒くなる。
明け方になると頭痛まで出てきた。

結局ぐっすり眠ったという感覚もないまま4時半に起床。

標高が高いからかなあ…

翌朝、それが酸欠だった事に気づく。
テントには当然ベンチレーションもついていたのですが、降りしきる雨の重みで穴がほぼふさがれていたのでした。雨のテント設営は怖い事を実感しました。
テントのフライシートって大事だねえ。

ゆうべのガスが点火しなかったのも酸欠だったからかも?

さて、スタートリストで指定された自分のチームの出発時間は6時40分なので、それに合わせて準備をのんびりとしていたら、前日失格のチームは6時スタートだという事を知らされる。
ザサーッ(←血の気が引く音)

その時点で既に6時10分。
慌ててテントをたたむが、水気をたっぷり吸ったソヤツをポーリンのザックに押し込み(ポーリン、重くしてごめん!)、6時25分に2日目スタート。

前日の山岳エリアがコースに含まれていたらそこはパスしたかったのですが、スタートで渡されたのは、1日目よりも南のエリアの地図。しかも前日よりも地図サイズが小さい。

1日目に失格になっていることなので、2日目は早めに切り上げてゴールに戻ってくつろいじゃえよ!と、心の中のブラックスワンがささやきかけます。となると、一番遠くのエリアのCPは飛ばすかな、なんて考えてました。

CP7で関門時刻2分前にポイントをとった時には、もうここまでだと思ってしまった。
が、ポーリン、ぐいぐい先に進みます。

ここのあたり、身長の高さの熊笹やぶ漕ぎの繰り返しでキャップを落とす、そして転ぶの繰り返しでヘロヘロに。
やぶを脱出して歩こうとすると足がクロスになって出てしまう。ポーリンから「おなかに力入れて!」と声をかけられる。

先のCP8は林道とトレイルを登って行くルート。ここまでCP付近で出会う事が多かった混合チームにあっという間に置いて行かれる。ここで抜かされないようにしたいのにとてもついていけない。やる気が出ないまま、雨も上がったことだし昨日からずっと着ていた雨具をようやく脱ぎました。
「これからもやぶ漕ぎあるよ。いいの?その恰好だと服破れない?」とポーリンに言われるけれど、服が全身ビリビリに裂けようが、雨具を脱いだ快適さはもう手放せない!

再び前進を開始すると、後から来たチームが走って行くのを追いかける気力が出てきました。
そこから徐々にCPをとるたびに、関門時刻に余裕が出てくるようになりました。
...と思っていたら…ポーリンから「制限時間内に戻るよ。本来スタートするはずだった時刻(6時)に合わせて3時までに戻るのを目標にしよう」と告げられる。その言葉と地図を見比べて、ガビーーーンと(笑)。

ふと手元の計測計(●PSON)を見たら、設定リセットの画面になっている事に気づく。
現在時刻もここで分からなくなる。あー、ヤラレタ!

そこからは、嬬恋スカイラインをつかってゴールエリアのゲレンデまで行くのですが、ロードが遠い遠い。ただただ何も考えられずに進むのみ、という状態。

ただ、やはり速度は遅く、見かねたポーリンから目標を「制限時間9時間切りを目指す」に。
この目標もかなり微妙だなあ、と思いつつ、ゲレンデの入口が見つけられなかったり、ゲレンデ内のゴンドラに沿って登るの急だったりで...ストックを使えばいいじゃねえか、という考えにも至らず登り続け、やぶ漕ぎで進むと、やがてゴールを目の前にしたゲレンデにひょっこりと脱出できました。

....後で知ったのですが、2日目は8時間55分で完走できていた。
(遅刻ペナルティをするにも前日失格なのでマイナスできる要素なし)

女子1位という結果ですが、昨年に引き続き、最下位での完走組でした(笑)。
これはお約束かしら?
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回、何も考えずに「ストレート ロング」にエントリーしましたが、
直前に公開されたプログラムを読むうちに、心臓がバクバクと波打つ音が...。

え、いや、これって無理過ぎない?
それに女性チーム私たちだけじゃん!
2日間で直線距離55kmって、、、、そ、そんなに無謀すぎるかしら?
(昨年は2日間で50kmだった)

昨年と同じく、ポーリンとチームを結成したのですが
それは、昨年の伊豆大会の反省点をクリアするのが目標でした。

目標その1:ナビゲーションスキルを向上させること
目標その2:脚力をつけること

昨年の大会後、切磋琢磨しようね!と言ってからのこの1年...。
う、やばい、自分、そんなにスキルアップしていない!
という状況で迎えたOMM(The Original Mountain Marathonの略です。正しくはね)、
いよいよスタート!


1日目、スタートからゲレンデの急登。

その奥に進むと、山岳地帯へと入り込みます。
スタート時に、雨が降るのは覚悟していたけれど、雪や風が吹き荒れる稜線は視界がまったくなし。

山の総合スキルを問われるレースという事ですが、普段の山登りだったら「危険!引き返せ」とアラートが鳴る状況です。

雪と泥で足が取られてはすってんすってんと転び、風にあおられてザックカバーが飛んでいく。後ろにいた方に「取るまもなく飛んで行っちゃったよー」と言われ「あ、いいですいいです。(本音:どうでもいいです)」。
新品の雨具が、地図が泥んこに。
靴の中もすでに泥汚れでぐちゃぐちゃ。

少しでも立ち止まると指先から冷えてくるので、とにかく体を動かし続ける。
ここでかなり体力を消耗。

ここを引き返すコースでは、本来なら地図読み不要で走れるところなはずでしたが、
足も前に出ないし気力もわかない。
のどの渇きを感じつつも水筒を出すのも面倒。笹の上に積もった雪をかじったり、泥を浴びた雨具に雪をこすりつけたりしながら何も考えられずに前進。

山岳エリアを終えてからは、ナビゲーションスキルを要されましたが、昨年散々悩んだコンパス直進が、今回はうまくいきました。
ポーリンのナビゲーションの精度が上がっています。
2人なので、私が距離と標高を担当、ポーリンがコンパス直進で右左と指示出しをするという編成を取りましたが、今回これがうまく機能しました。

しかしながら、途中のCPで関門オーバー。
ルールに従うなら、ゴール制限時間内までに戻る方が順位には残るのですが、なぜか2人してその考えは全くなく次のCPへと回ることしか考えられず。
スタッフがCP回収の場に来て「はい、もうおしまいですよー。今日のゴール地点に自力で戻ってください」と言われるまでひたすらどうやって次のCPに進もう、しか考えられなかった。

自分のナビゲーションの未熟さがここで、全体構成を考えられないのです。
つまり、制限時間を超えたゴール到着時点で、リタイヤ(失格)になったということ。

そりゃ、ストレートロングの実力には達していなかったてことだよなあ。無謀な挑戦だった、、と分かっていたはずなのに、な・ぜ・か・途中で失格になった場合の扱いのルールを読みこんでいなかった私は翌日に起こる事件を想像すべくもなかったのでした...
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。