ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:
パイは小さな秘密を運ぶ (創元推理文庫)/アラン・ブラッドリー

¥1,155
Amazon.co.jp

あー、やっと読み終わった。
考えると、ここ最近一日中本を読んで過ごすことってなくなったなあ、、、。
でも、独り身で親と暮らしていたときは
週末といえば、本を両手にごごろご転げ回っていたというのに。

暮らすって、やらなきゃいけないことが多すぎますよ。
でも、これまでやらなきゃいけないことを誰かがやってくれていたんだなあ。。。
おかあさーああん。

で、ここ最近の読書の傾向としては
通勤電車内が唯一の読書時間になっていたりする。
それだって、スマホで「発言小町」読んでた方が
「事実は小説よりも奇なり」っとばかりに、
一時期あれほどハマっていた、ミステリーからも遠のき。。。

今回読了した本は、海外ものでございますが、
ミステリー賞を9冠達成とか帯に書いてあるから
久しぶりに創元社文庫読もうと思ったんだけど。


うーむむむ。
これをおもしろいというかどうかといえば、おもしろい。
しかし、もう一度読みたいかというものではないので
新しい内に古本屋に出そうかな、というジャンルに分けてしまった。

主人公が11歳の少女、とかいう割には
あんましカワイクないんだよなー。

ただ、これは巻末にも書いてあったのですが
なにゆえこれが賞を獲りまくっているかといえば
今書店に並ぶミステリーに対する警鐘でもあるのかも。

なんかさー、いきなり殺人事件現場に刑事が直行して、
それがとんでもない凄惨な殺され方とかいって、
快楽のために人の命奪ったり
かといえば、一介の刑事やら検死官やらに捧げる殺人とか
事件担当者の個人名なんぞ調べて事件の起こすようなIQ高いのに殺人者なんて
なんか、小説だからってつくりすぎやろーおい、とか突っ込みたくなるね。

はー、また本屋巡りをしなくちゃいけないのかしらん。
めんどくさいなーもう。

一時期、全然知識もなくミステリー本ハンターしていたときは
嗅覚が優れていたのか、おもしろいものを立て続けにゲットできていた。

ジェフ=アボットの「図書館の死体」とか、ケン=フォレットの「第3双生児」なんか
読み終えたときの満足感は、半分は「これを見つけた自分ってすごい」といった
自分リスペクトだった。
嗅覚が鈍ってるってことなんだろうなー。ぐずん。

面白い本見つけたら、報告します!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
覚悟はしていたけど、入場するまで30分待ち。

しかし、待った甲斐ありましたね。
前期に一度見ていたので、会場の配置は覚えていたため
「今回は「武者絵」はいいかなー。見るのは飛ばそうかしら」と思っていたんだけれど、
武者絵が前期に出ていた固定サイズ(半紙1枚分ていうのか?)以外にも、
屏風のように何枚も組み合わせてザイズが大きくなっていた作品が増えていた。

国芳の武者絵といえば、でっかい骸骨が登場する「相馬の古内裏」が後期展示はなし。でも、武者絵で扱っている題材が、忠臣蔵、八犬伝、、、といった私でもわかるものが多かったです。

でも、やっぱり国芳といえば動物絵。ネコですよー。
ネコを片手で抱きながらお弟子さんに絵を教え、死んだ猫に戒名をつけさせるくらいの猫好き。
「金魚づくし」は、イタリアで見つかったという幻の8枚目「ぼんぼん」が出ていたし、美人画のカテゴリで、ネコと戯れるお姉さんの絵が、見ていて和むのでした。

人が多かったのもあって、1時間もかけずに見たんだけれど
美術展て、2回見るのがいいかもしれないです。

次はいつ会えるのかしらー。
でも、これをきっかけに他の浮世絵展も見てみたいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2年ぶりに神奈川マラソンに出場しました!

昨年は、この時期が公私共に忙しくしていたので大会に出るなんて余裕もなかったんですが
「やっぱり出ればよかったなあ」とくよくよしていたんですよ。

今年は、せっかくなので相手も誘って参加。

自宅から、移動時間30分でスタート地点までいけるので
ヒジョーにラクチンでございますね。

さて、気になる結果ですが

ハーフ、1時間57分というところで自己ベストを更新できました。

ただし、これはネットタイム(しかも手元の時計で測った結果)のため
公式記録は、2時間2分だった。
公式で2時間きりたかったんだけど
スタートラインを越えるまでの待ち時間の壁が破れん!きー。

ダンナもひざの故障とか抱えつつの結果だったそうで
途中で私が一度抜いていったらしい。
しかも最後抜かして行ったらしい。
いずれも気づかず。

なぜなら、目の前におしゃれ系ランナーがいると、異様に闘争心を燃やして抜かそうと必死になるという、いつものクセが丸出しの時に、家族の存在に気づかなかったということらしい。

自己ベストは更新したとは言っても、1月にそれだけ走った結果としては
まあ、それなりにがんばったよね、ぐらいの結果だったんだよなあ。
本音は、「大して練習していないのに自己ベスト出せましたー」とか言ってみたいですよ。

これはもう年齢の壁ってことなのか
今以上の結果を出そうと思ったら、今の2倍3倍と時間をかけて打ち込み、ある程度の犠牲を払わないといい結果というのはやってこないんだなーと思う今日この頃。


******

さてー、神奈川マラソンが終わったあとは
横浜に出て、NISSAN GLOBALビルに行き、ゴーン社長と会談
、、、、というわけもなく
あべ博」こと、「NISSAN PRESENTS BEYOND THE 阿部礼司」のなんというか、
ファンミーティングみたいなイベントまで。

この番組は、ダンナに教えてもらったのをきっかけに聴き始めたんですが
ガンダムネタの回とか、大映ドラマの伊藤かずえが出演した回とか
主人公をはじめとするアラフォー世代にはたまらん話題と曲が毎週あれやこれやと出てくる番組だす。


コレを聴いていると、自分の多感な時に聴きまくっていた数々のアルバムを、引越しをきっかけに燃えないごみとして処分してしまった自分を呪いたくなることが多い。
断舎離のばか。


今日のイベントは、主人公の阿部礼司が勤めるごくごく一般的な企業「大日本ジェネラル」の会社のイベントというシチュエーションだったので、ダンス部発表会とか、クイズとかのステージショーを見たり、よくわからずに行列に並んでいたら、主人公の奥さんこと倉橋(安部)優から名刺をもらった。
優ちゃん、とてもカワイイ人でした。

、、、、とまあ、せっかくNISSANに来たんだからってことで、事前に申し込んでおいた
NISSAN の電気自動車LEAFのドライブツアーに参加したんだよねー。

LEAF、ぜんっぜん音がしません。
この静けさは、感動するしかない。

みなとみらいのあたりを、ぶぶーん(あ、音しないからぶぶーんでもないか。ウィーンていうかすかなモータ音)、とLEAFに乗って、運転手から説明を受けつつ快適なドライブを楽しむ。

最初は、「自分が運転したいんだけどなあ」とか言ってたダンナも
説明員の話を聞くうちに「いいなー、この車」といいはじめた。

日常的な買い物とか、ちょっと半日ぐらいの遠出だったら
LEAFで十分できちゃうよね、というとってもカジュアルな車でした。

でも、「普段はX-TRAILなんですよ」と言ったら、スタッフの方から
「すごいイイ車ですね!いや、あれはもう、雪道とか強いんですよー」と
X-TRAILの話題のほうで盛りあがってしまった。
雪道、まだデビューしていないんだよなー。タイヤそろえていないもんで。

*****

今日はてんこ盛りに動き回ったなー。
アミノ酸飲みまくってます。うぃっく。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。