ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:
TSUTAYAにて、「隠れた名作コーナー」というのが設置してあります。
派手ではない。いまや名優のなにがし、が出ているわけでもなし。
知名度はないけれど、観てみると結構面白いよ、ドーゾ、というコンセプト。

そこにあった「カプリコン」を観てみる。

カプリコン・1 [DVD]/エリオット・グールド,ジェームズ・ブローリン,ブレンダ・バッカロ

¥2,625
Amazon.co.jp

ジャケットからして、宇宙飛行士がいるので
「宇宙に行って未知の生命体と遭遇して」みたいなX-FILEもどきの内容だったら嫌だなあ…と思いましたが、予備知識もなく見たほうがこういうのは楽しいのに違いない、きっと。


で観たところ、、、、宇宙、ゼロ。
そして、むっちゃ面白かった!!

ジャケットの宇宙服の意味とは…?

内容は、火星に向かうべく「カプリコン 1号」に乗りこんだ宇宙飛行士が、出発直前になって突然宇宙船より降りるように命令される。(ロケットは予定通り出発する)

なんでも、今乗り込んでいる宇宙船に欠陥があることがわかった。
しかし、壮大な宇宙計画に水を差すわけにもいかず、膨大な費用の無駄遣いとも言われかねない事態のため、宇宙飛行士3人に、軍の倉庫内に作られたセットで宇宙に行ったふりをして火星に降り立つところを中継する、というもの。

なんかね、昨年の震災をきっかけに日本の技術に対する安全神話が崩れ去ってしまった今見ると、なんだか身につまされる話でした。

後半部分の宇宙飛行士が秘密裏に消されようとしていることから始まる逃亡と、スクープを追うジャーナリストとの攻防から、一気にサスペンス劇へと展開されるのですが、ここは見ていてハラハラした。最後になって登場する飛行機乗りのオヤジが、かなりの曲者なんだけれど、主人公たちを救うヒーローになるところがまた痛快だったりする。

ここ最近のやたらド派手な作品よりも、よっぽど楽しめましたです。
いやー、映画っていいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あら、いらっしゃーい。
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-2012_01


待ってたのよーん。
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-2012_02


オレも♪オレも♪
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-2012_03


(...ちっ、うぜえ)
$ぽれぽれカエルが雨に鳴く-2012_04
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。