ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:

シェルパ斉藤さんのイベントに出たことがあるという
平野勝之さん。


経歴は、
90年代はAV監督で、代表作が「由美香」だそうです。
今は、自転車で旅をしているんだそうです。


その方が、山と渓谷出版から、本邦ほぼ初、ランドネ(ツーリング用自転車)の本を出したということで、出版記念トークイベント (with 香山リカ)がありました。


AV監督と、精神科医香山リカの組み合わせ?


...興味だけで、行くもんじゃないねー。


Q: ランドナーで旅をする魅力ってなんですか?
A: 分からないんですよねー。


Q: なんでよりによって、厳冬の北海道の礼文島を目指して年を越そうとするの?
A: いや、特に理由はないんです。

.....。


あのねえ。。。。


ランドナそのものの本をテーマにした本を出しておいて(トークショー開いておいて)、「分からない」とか言うなよ。


当然すぎる質問なんだし(うそでもいいから)答えぐらい用意して欲しい。


で、その厳冬の北海道を旅する自分を延々と撮り続けた作品「白 THE WHITE」も観ましたが


こちらが察するに

厳冬の冬に、しかも大晦日に、サンタの格好て北海道を旅する、いかれぽんちな自分。
俺ってバカでしょ?


↑ということらしい。


やたら、長い。
そして、退屈。


そして、おっさんが自転車こぐ姿は、ぬけない。
(諸事情によりこれが「AV作品」)


あげくのはてに「AVって僕に合わないと思うんですよね」とまで言う。


周囲がいろいろお膳立てしている割には、ちょっとなあ。


その2、3時間では、その人の才気は感じなかった。


ものを作る人が、自分の作った仕事に対して「分からない」と言うのは、ナンセンスと思うのだ。(ナンセンスって、お前は学生運動か)

自分は何も示唆しないから、そっちで勝手に解釈よろしく、という意図があるとしたら、
はあ、払った金返してください。その金で原宿のアウトドアショップ巡って山スカート買うわい。
(あ、もう店も閉まっている時間だった。キーっ。)


トークショーの出だしが、
香山さん「私は自転車乗らないんですけど、自転車に乗る勝間(和代)さんだったら分かるんじゃないですかね」
「あ、そういう企画もありですね」という始まりだったので、
見える利益にガツガツ進むカツマーにしてみれば、
こう目的ありません、理由もありませんとか言っちゃう人は「ダメだこれ」と言っておしまいなんじゃ。
カツマーにぼこぼこにされるAV監督という図は見てみたいが。


今の時代、AV業界も厳しい時代と言っていましたが、

90年代のAVが、企画段階で発想が「なんでもあり」。でもここ止まり。というものが量産された結果なんじゃあないでしょうか。


(ちなみに、次回作予定「監督失格」(笑))


オープニングに登場した、その世界では有名な元女優の小室友里による、獅子舞奉納を見れただけでもありがたいと思うかあ。

って、見たことないけど。小室友里。


旅用自転車 ランドナー読本/平野勝之
¥1,890
Amazon.co.jp


ボロクソに書いてますが、せっかくのネタなので。

これが出版記念本です。

小室友里も、その他女性も出てこないよ(念のため)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

....いざ必要になると、名前を知らないものってありませんか?


この週末、うTは散々悩んでいたのよ。


本見ながらヨガをする時に、本がバタンと閉じてしまうことに。
本の内容をPCに打ち込む時に、本をめくるのに非常に苦労することに。

うー、両手を離しても、本が開いた状態をキープできるものが欲しい!


しかし、これなんて名前なんだ?
そして、どこに行けば買える?

こういうのって、スーパーの入り口なんかでよく「アイデア商品特集」の週なんぞで売っていないか?


名前知らないんじゃ、Amazonでだって探せないじゃないか。


あー、モノはあふれているのに、探し物が分からないなんて。
そろばん鳴らしながら歌ってみても、知らないものは知りません。


こういう時は、ひとまずそれがありそうなTOKYUハンズへ!


一階の案内カウンターで言ってみたのが
「本を開いた状態にできる、譜面台みたいなのないですかね?」


その昔、ヴァイオリンなる楽器をいじっていたので、その時に使っていた記憶を頼りに思い出したのだ。
知識って役に立つもんだ。


その「譜面台みたいなもの」という説明で通じたので、案内されたフロアに行ってみたのですが、ここは、絵を飾ったり、お店のPOPつくったりする時に使用する類の「ディスプレイ用品」のフロアだった。

....なんだか合っているような、ないような。


そこで見つけたのが、
CDの表面を見せる(飾る?)もので、おしゃれなカフェやレストランでメニューを置いておく(飾る?)のに使う、「スタンド」というらしい。


値段が500円くらいでなので買ってみたのですが
家に帰っていざ使ってみると、なんせ本のほうが重量があるので
倒れてしまう。ちーっとも本を開いた状態にはできないではないか。


作戦失敗!


ちなみに、ハンズで「文鎮とかペーパーウェイトってないですか?」と聞いところ
「あー、取り扱いやめちゃったんですよね」とのこと。
ふー、やっぱり紙の需要って減っているのかね。


とにかく、本の「バタン」がストレスこの上ないもので
なんとかヒントだけでも名前分からないかなー
とグーグル画面を前に頭を悩ませていたところ、


そういえば、

時代劇で、本を読んでいる時にそれを使っていないか?


ほわんほわんほわん、わわわ~~~ん

(自分の頭の上に吹き出しが出てくる状態)


夜更けに部屋の中で、本を読んでいる時に、
ひそかに「...雪乃助殿」
「む、その声は、彦丸か」
「菊姫の行方が分かりましたでござる」
「申してみよ。苦しゅうない、出てまいれ」
「は...。」
といって、障子が開いていないのに、暗がりからぼよよんとその彦助だか雲助だかが出てくる


~~~(吹きだし終わり)

というシーンで出てくる、主人公が読んでいるその本が載っている台。
あれですよ!


うー、あれは、なんていうんだろう、

たしか...、

たしか...、あれは...


...そう!


「書見台」!!


古くさい名前ですが、いざそれで検索をかけたら


....あったよ。


しかも「読書用品通販サイト 」という、初耳のジャンルがあるんだね!

知らなかった。


大きめの本屋でも、本を読むのに使う老眼鏡とか、しおりといった類は併設された文房具コーナーにあるけれど、こういう「書見台」は置いていない気がする。


それにしても、このサイトの製品、豊富~。

本にクリップして挟める読書灯なんぞ、欲しくなってしまう。

あ、でもアウトドアラーだからヘッドランプあるじゃん。

しかもさー、この書見台、時代劇で出てくる小道具なのに、

21世紀は、全て輸入品ですよ。("BOOL HOLDER"というらしい)


後になって、Amazonで「ブックホルダー」で検索したらヒットしたんですが、それはPC用品のジャンルにあったんだけど、紙程度ならはさめる小さいものだったり、あるいは形状がごつすぎて、イマイチセンスが合わない。そして値段も結構いいんだよね。


1万円以上お買い上げて送料無料というので、、、


こんだけ買っちまいました。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-100520_02

...誰か必要な人いませんかね?

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

八日目の蝉(角田光代)
はぁ~。切なかった。この本に登場する女性全員に共通する母性。女は母性で神にも鬼にもなれるのね。
それにしても男は情けないな。つうか、母性を理解できない男はひたすら馬鹿。そして、そういう男を愛する女は愚か者。

最悪(奥田英朗)
私、この人もっと面白いと思ってたんだけどなぁ…。伊良部医師シリーズも一作目だけの気がする。
地方の疲弊、閉塞をひたすら救いがたい人物を登場させて描いていますが、同じような人は東京にもいるんだし、地方都市の貧困をあぶりだした社会派小説とは思えず…。(地方の閉塞感ならば、吉田修一「悪人」がオススメ)
読後感が最悪だよ。借りた本でよかった。


小学校の宿題の読書感想文で、大大大大大大...大嫌いだった。

今でも、あまり好きとはいえず。。。本は好きなのに、なぜそれを文字指定されないといかんのよ。

つうわけで、ついたーは、ライブなWEB環境ではないため、限られた時間内でフォローするのっもったいないので、140字くらいなら、読んだ本の感想いえるかなあ、、、というわけれす。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image021.jpg

はっはっは。


当たっちゃたよ、
献血バスが。

正しくは
けんけつちゃんラッピング 献血バストミカ

と呼ぶそうな。

応募したことさえ忘れてたので、びっくりしました(汗)
当選のお知らせとともに、今後も献血に協力してね、という丁寧なお手紙を読む。


ううっ、ただいま投薬治療中(副鼻腔炎)につき、献血できないんだよ~
ごめんなさい。

これを読んだアナタ、アウトドアにはまり、情熱、体力知力、そして血潮が有り余っている方、ぜひぜひ献血お願いしま~す。

あ、献血バスより、献血センターでされるのがオススメですよ!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-sweets05



最近はまっているのが、レーズンサンド作りでございます。


そもそもの始まりが、

3時のおやつで有名な某カステラ屋の工場販売所にて

両親が買いこんでくるB級品のおやつ

(カステラの切り端とか、箱に入りきらなかったドラ焼きとか...)

の中に、なんてことない四角いクッキーのビニール詰めがあって、

まあそれもおいしいんだけど

クッキーあるなら、これでレーズンサンドつくれないかねえ、と思ったのでした。


かもーん!レーズンサンドゥ!


今回見つけたレシピはこちら

中のクリームが、超簡単にできる。


で、GWはあっちこっちのクッキーを利用してサンドしまくっては

トレイルに持っていって、おやつ食べて帰ってくるという日々でした。


写真で使っているのは、デンマークの「Lotus」。

見栄えがいいから写真に撮りましたけど

クッキーにジンジャーが強く効いているので、味は賛否両論ですね。


そして、ただいま、私ダイエット中です。。。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

「トレイル開拓団の歌」


♪お、お、おいらはトレイル開拓団~♪

朝も早よから電車に乗って

目指すはあの山どの道蛇の道~

男にゃ弱いがヤブには強い~

かきわけかきわけドンドコドンドコ

気付けば人生やぶの中~



,,,,入団希望者は、この歌を歌うことが条件。



まあ、せっかくのGWなんだし、Mリンと山地図を見て

「こことこことでトレイルをつなげられるんでないかい?」

という、かなーりアバウトな目星のもと、当日到着したのは「山北駅」。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-takamatsu01


駅前にある「矢島美容室」。

ってうそです。ちゃんと「タケイ美容室」ってあるじゃん。



実はこの日、某トレラングループの練習コースとかぶるという情報を前日になってキャッチしまして

「チームとコースが一緒になるのはイヤだああああ。」と協調性精神ゼロに騒いだため、そのグループが集合する1時間前に出発。

おかげで寝不足だ。くそー。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-takamatsu02

いつも見慣れている富士山も、ここ高松山頂上から見るとでっかく見えます。

イイネッ。


さて、トレイル開拓団、ここからが本領発揮。

山地図では、正規の登山道になっていないところ(とはいっても点線が引いてある)

を辿っていくことに。


それでも、ちゃんとお手製の道標なんてもあるので

迷いはしなかったですが、、、、


急な下り。

急な登り。

急な下り。

急な登り。


ずっとこれの繰り返し。

あまりトレラン向きではない道だったかなあ。


考えてみれば、あの魔の「道志村トレイルレース」と同じエリアだもんね。

丹沢山塊があまりなだらかな地形にはなっていないようで。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-takamatus04

急登を終えて、突如現れた「太陽の塔」。

大阪にあるのはこれがモデルなのよ(ホンマかいな)。


しかし、連休初日というのに、誰にも会わなかった。

たしかに、ここまで急すぎるとメジャーにはならない道なんだろなあ。

でも、汗をダラダラかいたんですが、風が心地よいし、景色はいいし、静かだし。

トレイルを満喫できた一日だったのでした。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-takamatus05

ずっと、こういう角度で登ったり降りたりしたんですわ。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-takamatsu03

旅の安全を見守ってくれた、馬頭観音に感謝。

(馬の頭が超カワイイー♪心のどこかで「これは馬ではなくて、豚では?」という呟きが聞こえるが)


しかしねえ、新松田駅についてから、お風呂に入ろうと行ってみた福祉センターのお風呂が

16:30で終わりという事実に愕然としました。早すぎるよっ。

つうか、あたしが都会に慣れすぎなんですかね?


次はどこの山へ行こう。。。

まだまだつづくよトレイル開拓団。


(つづく)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-MARU05

うれーしやー ごがーつ

ひかーげは はえー

(モーツアルト作曲「五月の歌」)


みなさまGW楽しかったですか?

今年は、ど晴れ日和が続きましたね。


今年は特に遠出はせず、のんびりさせてもらいました。

昼寝したり掃除したり

昼寝したり「探偵!ナイトスクープ傑作選DVD」の「爆発卵」に笑い転げたり

昼寝したり犬と散歩したり

昼寝したり庭にゴーヤを植えようかと思案したり

昼寝したりプリキュアピーチの撮影会に駆り出されたり...


という日々でした。


ああ、でもやっぱり外岩に行きたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。