ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:

葉山というとどんなイメージでしょうか?


陽光きらめく、海。

そこに浮かぶヨット。
葉山の御用邸。
太陽族。
げんぺいサンダル。
マーロウのプリン。


真っ赤に 燃ーえるゥ
太陽だーからァ
真夏の海はァ 恋の季節なの



↑こんなイメージを持っていたそこのアナタ、
アナタは本当の葉山の姿を知ってはいません!


今回は、ミドリカワ隊員がお送りする、葉山の魔境潜入レポでございます~。


++++++++++++
日曜日は、昼前から雨が降り出したのですが、今日は「ホタルツアー」の日だったのですよ。


次第に雨脚が強くなる中、どうしよー、このまま中止にした方がいいのかなあ、、、という悶々とした気分を抱えつつ逗子駅に集合。


地元葉山在住のこうさん(ウィンドサーファー)に案内をお願いして行った先は、、、、


ん?ここは不法投棄場か?
というくらいの、廃材の山。
そして、ほったて小屋。


ここ、星山稲龍スポーツランド という、れっきとした温泉なのです。


雨の中、ジョギングしながらたどり着いた
木材の山の前で、あぜんとする、ミフォリンと私。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image187.jpg

廃材と思えた実は薪で、お風呂を沸かしている。

携帯は圏外。


ここが温泉です、と案内された掘っ立て小屋の前には
まとまりのない食器の山。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image189.jpg


内部はこんなカンジ。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image188.jpg

えーと、この浴槽、よく山に不法投棄されているタイプの家庭用のだよね。。。

二人は入れるかとミフォリンと仲良く入ったのですが、やっぱり二人で一つの浴槽は無理。
交代でひとり5分ずつ浸かって出た。
泉質はよかったですよ。ぬるぬるしていて。

お肌にコラーゲンをつけている感じ。


ここをふもとから歩いて登ってきた人でも、

ここの異様な光景に、入るのをやめてしまう人も多いとか(汗)。


さて、お次のこうさんが交代で温泉に入っている間に、休憩室というところで待ったのですが....
テーブルの上に置かれたワイングラス、コップ、食器と箸。ほこりまみれ。
まるで、夜通し飲んだくれた後のような室内の光景...。

ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image190.jpg

トタン屋根にあたる雨の音が、物悲しい雰囲気を演出しています。


ミフォリンに撮ってもらった写真を見たら、
汚部屋の住人を写した森山大道の写真のような仕上がりだった(涙)。


休憩所の前にある、これまた掘っ立て小屋の扉。
扉全体が、白地に赤丸が書いてあって怪しいことこの上ない。

そこを開くと、内部全体は学校の集会室のような広さ。

クリスマスでもないのに、豆電球が点滅を繰り返す、そこは神棚(なぜ?)
そして、神棚の前にある、ゾウのリアルな置物(これまたなぜ?)
そして、神棚の中央に位置する、150センチぐらいの熊のぬいぐるみ(ホワイ?)


頭の中が、パノラマ島奇談。
いや、奇談じゃなくて現実なんですけど。


いたって人のよさそうな温泉の主人に「ありがとうございましたー」と送り出されて
3人そろって黙々と砂利道を下り、もと来た道の分岐点に出てきたところで、やっと顔を見合わせる。


「スゴイ所だったね....」


もうこの時期、ホタルはほとんど見られなくなってきたということだし(先週見た群れは産卵期に入っていたので)、この雨じゃあ今から夜まで走るのも無理かな、ということで、


こうさんが、いつもトレーニングをしている葉山のトレイル、二子山へ向かう。


葉山から湘南国際村へ抜ける道路の竜神トンネルを抜けて双子山頂上へ。
あいにくの天気なので眺めはイマイチですが、遠くにシーパラダイスがうっすらと見えた。


雨の中のランなので、雨よけにウィンドブレーカーを着ていたのですが
まとわりつくような感覚に苦しめられて、結構悪戦苦闘。
ここんところレース予定が無いのをいいことに好き勝手やっていたから
身体のしまりが消えていたナー。
まあ、いいや、これを機にまた練習始めようっと。とつくづく実感。


そこから、後はくだりだけだよー、と言いつつ逗子駅方面へのトレイルを下っていくと...。


登山道は、既に滝になっていて、ところどころに登場するロープを使って下へ。(インディ・ジョーンズかっ)
下ったところで、森戸川と呼ぶ渓流が出現。
雨のせいなのか、もともとなのか、何度も何度も沢を渡った。


一部崩落エリアもあって、冷や冷やしながら川沿いに進む。
既に水と泥でぐちゃぐちゃ。
開けるところになると、映画「リバー・ランズ・スルー・イット」を思わせる光景。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-river
晴れていればこんな光景が。

ここはホントに日本なの??


山を下ってから先は、ロードで住宅街を抜けたのですが
その住宅街、延々と坂道を上がるのですよ。
トレイルを走ってきた身にはツラーい道のりでした。


坂道の途中に、あんみつ屋を発見して、飛び込みたくなってくる。


高台に上ってから、「ここから下りマース」と入ったのは
トトトトト、トレイル?

普通のトレイルに、コンクリブロックを並べて足場が設置してるような感じ。


「あの、こうさん、通勤時にここ使って下っているんですか?」
「うん、革靴だからぐちゃぐちゃになって大変(笑)」

スゴイ人だ。


逗子駅に到着してからはお隣の東逗子にある銭湯へ。
着替えを上のシャツしか持ってこなかったので、帰りもぬれたパンツだったのがつらかった~。


++++++++++++++++++++++++++++++++++
ね、葉山っていいところでしょ?

ビバ!葉山の秘境へ!


東逗子の駅前のそば屋で食べた天丼セット。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image191.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image185.jpg
週末はレトロ列車が走ってました。

横須賀線120周年記念、だそうで。

たまたま鎌倉に行った時に、カメラを手にしたどエライ人で、ホームはいっぱい。

写真は、ホケラーと列車待ちしていた時に、レトロ列車がホームに入ってきたところの一枚です。わかる人なら「モハ一号(?)」とかで盛上がるんだろうけど、あいにく無知なもので。
せっかく撮っても価値を知らないんだからもったいない。

でも、この電車、ホームに入ってくる時に、乗車員が窓から顔を出しているのを見て、そうか、今やコンピュータ制御だから顔を出さなくていいんだろうけど、昔は目視確認が重要だったのねぇ、と感慨深し。

こういう記念列車に乗るには、それこそ大変な思いをして切符入手なんだろうけど、乗客、かなり寝ていたゾ。

せっかく貴重な列車体験なのに、それこそもったいないと思う。(車内爆睡率95%の私が言うな)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月27日 菅平スカイライントレイルランレース (40キロ)
昨年の第1回に出場。
牧場の中を牛が口から草を吐くのを横目に走ったり、遠くに見える雪をかぶったアルプスの山並みに感動したり。
今度は時間どれだけ縮められるかなー。


10月18日 森林浴トレイルラン in 精神湖・本栖湖  (20キロ)
歌うトレイルランナー(そしてドクター)福田六花氏プロデュースの大会。
エンタメ性あふれるドクトル六花のこと、楽しいこと期待して間違いなし??


10月25日? 高尾天狗トレイルレース(18キロ?)
参加賞が、パタゴニアのオーガニックコットンシャツ。しかも、デザイン最高。
コレを主催する「虎十の会 」の人たちの明るさが大好きなのよ。

ゴール後の音楽といい、出店といい、フェスのようなノリがあります。


11月1日 しまだ大井川マラソン in リバティ 富士山静岡空港開港記念  (42.195キロ)
東京フルマラソンは一生当選しない気がしてきたので、ここでフルに出ておいて、自分の実力を知るのもいいかなあ。。。なんてね。
第1回目開催ということで、どんなものだか興味が。フラットなコースで、制限時間が7時間という初心者向きらしきニオイがする。
レースで町おこしって、ここ最近多いよね。
千葉県の森田知事もアクアラインでマラソン大会やるとかいっているし。(当日風とか吹いたらどうするのかね)


11月8日 信州戸隠トレイルランレース & アウトドアミーティング (45キロ)
9月の菅平と同じ主催者らしいので、じゃあ楽しいかなーと。神社の参道を駆け上がるとか観光気分を味わえると聞くと参加したくなる。


でもさ、いくらなんでも、フルマラソンの1週間後に45キロってどうよ。


それよりも、旅費+宿泊手配の経費をどこから調達するのさ。

エントリーだけで終わりそうな気がする。


そして、この日は、陣馬トレイルレース(22キロ)も開催されるのでした...。


はぁ、、、、ランネットのばかばかばか(涙)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

珈琲問屋の後は、桜木町にあるカモシカスポーツ へ。


メンバーだけのセールが始まって、初めての週末なのでした。


店内、熟年の方たちでごった返していました。


夫婦で来る人たちよりも、ご婦人グループで来ている人たちというのが多い。


そして、元気。スゴイ。
この人たちに政治を任せたら、日本の将来は明るくなる気がする。



店内片隅に設置されたアウトレット専門の部屋は
おばちゃまグループに占拠されてました。



かくいう私、当初は、
トレラン用のサングラスでもあれば買おうかな~、というつもりで来たのですが
blurrのウェアが、普段5000円から2000円になっている赤札を見たとたん、脳内に軍艦マーチが鳴り始めた!!



ボルダリングで鍛えたムーヴを駆使して、
おばちゃまの海をくねくねしながらコーナーの奥へ。



結局、最初に見つけたblurrのTシャツ(ポケット付)と
アウトレットじゃないけど普段より1割引のクライミングパンツ購入。


本当は、トレランに使えそうなジップ付シャツとか、macpacのアンダーウェアとかも握り締めたんですが、散々試着室で迷った結果あきらめた(涙)。
世知辛い世の中だ。うぐぐぐぐぐぅ...



当初目的のサングラスも、走る仕様になっているのを購入。
テントペグも数が揃っていないのを思い出して、こっちも購入。



でも、、、、今一番欲しいのは、
slacklineなのよね。
店長より「黄色はまだ在庫ありますよ」と。



うー...。今月中に決断しなくちゃ。。



slackline(スラックライン)とは??(↓)



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日、Fリンを送りがてら、横浜駅で野暮用を済ませてぶらぶらしていたら、
裏通りで「珈琲問屋」 なるお店を発見。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image180.jpg

生豆の状態で袋に入れられてズラーっと並んでいるのをみたら
ワクワクしてきた!

今まで海外旅行に行っても
世界遺産見るよりも、市場に行く方がよっぽど楽しいんだよねー。

中国の市場なんて、
中から「たった今首を絞めたばかりです」という出きたて(?)の鴨を5羽ほど腰から下げたおじさんが
自転車を押しながら出てくるのを見た途端に、アドレナリンが全開に。
市場の中に入ると、入り口付近はありとあらゆる野菜が並び
奥に行くと肉類、カメやカエルも売られているという。。。
なんて楽しい場所なんだろう!
いったいどうやって調理するんだろう!!
と、一般の人たちの生活を想像するのが楽しかったのでした。
(築地のマグロのセリが海外の人に人気があるというのも分かるね。
しかし、マグロってそう庶民的な食材でもない気がするんだが)


ま、モチロン、横浜にあるこのお店、ディスプレイを市場風に見せているだけではあるのですが
豆は一般的な値段よりも安いので、購入してみました。

ちなみに、私、珈琲の淹れ方がうまいとかいった特技は無いです。
つまりが、そうこだわりは無いので、こういうマニアックなお店に私めごときが行ってもなあ、という気はするんですが。

あー、疲れて帰ってきた時に「オツカレサマ、うっちー」とかいって、
さりげなーく、おいしい珈琲を淹れてくれるような松山ケンイチっていないかなー。
(スミマセン、妄想全開で。)


マイスターなる人に豆の焙煎、豆挽きもお願いしたところ、
待っている間、コーヒーを一杯出してくれたので、結構くつろいでしまった。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image179.jpg
コーヒー一杯じゃなんなので、ついでに頼んだパン。
カワがもちもちしていておいしかったです~(肝心な珈琲画像はないです。だって、特徴あるコーヒーにも見えないもんね)


また1週間、仕事に趣味にがんばります。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062001

街の灯りが、とてもキレイで横浜~♪


(クリックして拡大するとブレブレなので、このままのサイズで見てねっ)


さて、蛍RUN企画2回目(2夜連続)。


今回集まったのは、男性3人。

女は私ひとりなので

いわゆるウハウハ状態、なはずなのですが、

3人とも既婚者なんだなー。ちえっ。


しかも、この3人てのが、

この日すでに昼間20-30キロほど走ってから夜集合したという

(こうさんはその後で葉山からそのまま走って参戦してきたという)

なんか、全員いかれぽんちなんじゃないの!


なんだかなー、

向こう岸にそびえたつキリマンジャロのような格差を感じつつ、さて出発~。


今日は、昨晩のコースを変えて

その先にある、上郷自然の森まで行ってみる事に。


みなさん昼間30キロ走ってきたことなので

それこそブイブイ飛ばしちゃうんだろうな、と思ってましたが

そこはナイトランなのでけっこうゆっくり目でした。


昨晩も夜のトレイルはちょこっと走ったんですが、

今回は本格的な丘陵トレイルで距離も長い。そして暗い。

緊張した!

ヘッドランプの明りで闇を切り裂きながら進むトレラン一行。

明りに浮かび上がる地面の状態を、一瞬で判断して足を踏み出すというかなりきわどい感覚を味わいました。


そして、夜のトレイルは、くもの巣がはってます。かなり。


企画+先導者だったので、先頭を走ってたんですが

顔にフワーン...と何かがまとわりつくことが何度もあった。

巣だけならまだしも、くもの本体が顔についたら....。発狂してたかも。


で、到着した横浜自然観察センター でみたのは.....、地上の星。

ヘイケホタルの池というエリアでは、

今まで生きてきた中で、最大のホタルの群れを見ました。

なんだか自分の身体が宙に浮いているかのような感覚を味わうくらいです。

これは見事です。


この後、いつもの川沿いのホタルエリアに行く予定でしたが

ここまでたくさんのホタルを見た後だと、ショボイ感が否めず。

そのまま来た道をまたヘッドランプをつかって戻った。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062002

昨晩の三幸苑が閉店ギリギリだったので、寺田屋へ。

うま辛ラーメンおいしかったー。

またニンニク臭漂っちゃうなあ。。。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062103


ただいま地図読み中。


1月、ほーんの肝試しのつもりで参加した大会をきっかけに

いつのまにか、オリエンティアの世界に引きずり込まれてしまった。


オリエンティアの条件とは、

その1:地図を愛するようになる

その2:反省会が好きになる

その3:マナーを大切にする


ってところでしょうか。

別にオリエンティアに限らずアウトドア好きだったら

こういうことは大事にして欲しいですね!!


1月の大会というのでも、

その大会直後に、イロイロ反省会をしつつ帰ったわけですが

(途中で酒も飲んだ気が)

ちゃんと、大会後には「アフター講習会」てやつがあるのが約束らしい。

それが、雨で延期になったのが、今月になってやっと開催。

長い反省会だなあ~


当日、朝起きると激しい雨の音がする。


「あー、また中止かなあ」と行く気ゼロになりながらも

本部から発表される中止連絡を待っていたら、いざ開催決定となったら遅刻必須。

八王子に行くだけ行こうと出発。

(横浜から参加ってこういうところがキツイっす)

中止の連絡が入ったら、八王子でコーヒー飲んで帰ろうっと♪


さて、電車に乗っていると、ミフォリンよりメールが。

「開催決定だってー。一度中止にしているからこれ以上は延期できないんだって」


えー、この土砂降りの中を~?げー。


そういうわけで、トホホな気分になりつつ

八王子でミフォリンと待ち合わせて会場へ。


どうせ、あまり人もいないよね、と思いつつ行ってみると

明らかに10代の子供たちで会場は埋まっていた。


講習会の内容というのは初心者向け講習会だったらしくて

オリエンテーリングとはなんぞやという説明から始まって

地図の見方(尾根と沢さえ読めれば、Bクラスは卒業してもいいそうな)

整地のやり方(1月の田中さんの講習会だともう少し上級者向けのやり方だったけど今回のがわかりやすい)

実践(グループ分けでやるのと、個人でやってみる)


という内容でした。


やっぱり若いね、オリエンテーリングの世界は。

そして、概して聡明なコドモたちで、ちゃんと走り回っていたのだった。

一緒についていく本部の人も大変だなー。

急な斜面を前に、3人くらいの少年が地図を見ながら

「どうする?ここ突っ切る?」

とか会話しているのを耳にすると

私って、この子たちの年代の時なんてなにやってたんだっけ

部活帰りに今日は何マン買って帰ろうとか、今月の別マのいくえみ稜の連載の内容とかしか興味なかった気がするっていうのに!!!



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062105

ステキなきのこ発見♪



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062104

途中で通った、トウモロコシ畑(のはず)。


反省会のときに「とうもろこし畑で道間違えたみたい」と言ったら

ミフォリンに「なんでとうもろこしって分かるの?」といわれ

何も言えなかった...。

まあ、正解がさとうきび畑でも納得かもです。

いきなり山の中で唐突に登場するので、驚く場所でもある。

この滝山城址は、1月の大会でも通ったエリア。

今回、午前と午後とで合計3回この土地を通ったワケなので

さすがに土地勘がついてきた。


でも、オリエンテーリングの地図読みって

カーナビの画面に似ているんですが

常に自分を中心におくことで、目の前のものしか目に入らなくなるので

自分が全体の中のどの地点にいるのか、っていうのが分からなくなるんですね。

行くべき道が標高が高くなるのか低いのかっていうのがわからなくなる。

男の人だと、空間認知に長けているから得意らしいけど。


コース設定だと、1.9キロが最短の距離らしいけど

今日はコースミスがあったのを入れると4-5キロは走った気がする。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062106

いのちのコントローラー。


てなわけで、今回午後の個人実践も終わる頃には脚がドロドロに。

会場に入るにも、正面玄関から入るのは禁止で

裏口の非常階段を通るように指示された。


今回も、オリエン後はやたらと食欲が湧いてきたのでした。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062107

脳内糖分補助にはデザートだす。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家の近くは、横浜にしては珍しく蛍が出るんです。


ホタル=firefly (飛ぶハエ??ギョエー)

     lightning bug (米) (稲妻の虫?こっちのほうがまだいいけど)


ン年か前に、市民運動とボランティアの方たちにより

蛍の幼虫を持ってきて、川に蛍が住める環境を目指そうといった

活動が始まりらしいのですが

ここ数年は、彼らの子孫が自然に孵ってくれて

それが時を経て地上に現れて、

夏の始まりのほんのひと時、

この土地をほのかに照らしては通行人を楽しませてくれる。


さてさて、今年は蛍見物にトレランを組み合わせようじゃないかと

トレラン仲間に声を掛けてみました。


19日は、Fリン参加。


19時に港南台駅で待ち合わせ。

夏至目前なので19時でも充分明るい。

しまったー、もう少し時間ずらせばよかった、と思いつつ

自宅によって準備してから出発。

結局20時付近に蛍スポットに行っていると

数匹がフワフワと光を放ちながら飛んでいた。


蛍よりも人間の数のほうが多いんだけど

なかなか幻想的な光景でした。


一般の人たちは、川沿いのメイン道をたどって往復して帰りますが

トレラン衆は、もっと暗い池の奥へ。


トノサマガエルの声が

ブォーン、ブォーン

としじまの闇を揺るがすように響いてます。


人がやってこないあたりでも

蛍は数匹いたのでした。


夜の中の山道は、勝手がちがうねー。

足場が不安定なので、普段の3割ぐらいの走力で。


氷取沢エリアの方面にも、川が流れているので

そっちにもいるかなー、と思いつつ行ってみましたが

こっちは、ほーんの数匹といったところ。

でも、こっちのは自然の蛍って感じでまたオツでした。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062101
↑かえるのエドモンド(勝手に命名)



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-09062102
終わった後は、三幸苑。うひひひ。


翌日、

「アンタ!ニンニク臭いわよ!」

と家族にブーイングを浴びてしまった。。。


Fリンはお泊り頂きまして

タモリ倶楽部を一緒にみながら

反省会(?)をしたのでした。


翌日も蛍RUN企画があったのですが

それはまた次回。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image178.jpg

ハイクラウンて知ってます?

小さいころ、家に 常備してあったお菓子なんだけど

当時は妖精カードがついていた気がする。


検索したら、昭和39年発売 なんだそうな!!


今日、お昼に職場近くのスーパーで発見して

懐かしさのあまり購入。


妖精カードはついていなかった。

しかも、一箱240円ナリ(高っ)。


なんか、このお菓子を見かけるときって

100円ショップで見かけたこともあったし

場末のスーパーでみかけることも多いんのよねえ。


なんか、センチメンタルを感じつつ、味わってます。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-ogawa2009


若葉から降ってくる木漏れ日を浴びながら、朝寝をするゼイタク....



本日の成果

プーシェ:○

ライトスパイアー:○

穴社員:3/7 (やっと斜め穴がとれた。次はクロス)

潮吹き穴:撃沈(GWよりできなかった。最初の乗り込みができず。グズン)


まっきと「今年は穴社員落とそうね」と誓ったけれど、おそらく最後のを取るのに何回も通うんだろうな。


そうそう、アウトドアラーにして、やっとやっと、ETC装着したんですよ!

これで渋滞にはまっても「1000円だから、しょうがないや」とあきらめもつきます(汗)。

こうより教えてもらったのが、韮崎まであずさで行って、そこからレンタカーという方法。

それもいいよねー。


今日はスラブだったので、腕に擦り傷でいるわ、ひざ小僧があざだらけになるわ。

しばらくスカート履けませんぬ。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。