ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:
ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image088.jpg
2月22日(猫の日)開催の鎌倉アルプス・トレイルラン大会の参加キットがやってきました!

これ、スタート会場が、家から2分の位置なのです。

しかし、読んでみたら
次回はスタート位置変更とのこと。


そして、新しいスタート地点は、
えっ、出身高校じゃん。
(やっぱり自宅から徒歩圏内)
参加する人、案内しますよー。

ランニング熱、トレランブームにのって、盛況のようです。

渋滞が起こりにくいコースなので、かなり楽しめるんじゃないでしょうか。
成功しますように。

それよりも、地元の強みで熟知しているんだから変な失敗したくないなあ。
年末年始ガンバロウっと。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、撮った写真ですが、

こうして撮っていました。

ぽれぽれカエルが雨に鳴く-tokyo01


ほふく前進する私です(汗)。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-ties01


こんにちは。うTではなく、牛です。

後ろに見える赤い建物は。。。。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-ties02

時計台。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-ties03

名物の赤門ラーメン です。

ホットに刺激を受けました。

頭がよくなった気がします。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-ties08


金色の~ 毛皮を干して~ 猫日和~

(よく分からんなあ。構内で「和歌研究会」という催しをしていたので、なーんか刺激を受けたらしい)



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-ties06


その後、一緒に行った友人の友人がやっているカフェ へ。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-ties05


とってもシックな内装の、大人な場所でした。


それから、湯島天神まで歩いていって、

絵馬を読んで人間の要望を垣間見る、

キレイな文字が多いなあ、と思っていたら、孫の受験祈願で来るお年寄りが多いようで。


さて、ブラブラ歩いていったら御徒町に到着。

御徒町といえば、、、、ART SPORTSでしょー。

お互い意思確認もせずに無言で入る。

(一緒に行った友人はトレ友なのです)

靴を見ていたら、スタッフさんとトレラン話に花が咲き

「はー、でも今年はもういいや、と思ってもう練習の予定もないんです。全然身体動かしていないしー」

と言ったら

「そんなことしているうちに、レースの3週間前になってしまって慌てる羽目になるんですよ」

と、かなりグッサリと来ることを言われた。


スタッフさんが、3週間後に出るのに練習をしていないという、自分のことをさして言ったんですが

そっくり自分に言われているかのようで、、、。


店を出るなりお互いに

「やっぱ、練習しようよ。やる気出てきた!」

「かなり身に応えたねー。あのセリフ」


でも、

今日ってもともと、

「たまには走るの忘れてさー、のんびりとカメラ持って散歩に行かない?」

っていうのが発端じゃなかったっけ?


ん、なんでまた「全てを忘れて試合に全力を注入しろ」

みたいなメッセージで一日が終わってしまったんだろう。

なんだか来年も波乱万丈な予感がします。

トホホ。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-paxi05

手前が牛肉のパクチーのせ

その奥がパクチーのかきあげ

左がインドネシアのビール?


Kissデジで撮ると、


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-paxi01

残飯さえもがキレイです。


++++++++++

16日に経堂で、

横パンのお仲間より、「パクチーハウス忘年会」のご招待にあずかりました。

パクチーハウス: http://paxihouse.com/tokyo/


あんなにパクチー食べたのはじめてかも。。。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-paxi03

パクチーのパスタ。カルボナーラ。

4人占めしてしまいましてごめんねー。


帰る頃には、吐く息が緑色になったと思った。

(でもおいしかったです。シアワセ。)

横浜にもお店できないかなあ。


写真、mixiにはコミュにUPしたのですが、顔出しNGの人はメールください。

Webアルバムで管理する予定です。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-paxi02
マムートビール

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日は、毎年この時期に京都で行われる

京都東山三十六峰トレイルマウンテン

というレースに参加。

距離は30キロです。(京都の町を囲む山は60キロあるから、その半分かな)



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0812kyoto01

前の夜中に雨が降っていたそうですが、

朝にはやんでいた。


東京では雨が降っていたそうですね。

しかも、御岳のレースじゃ雪ですと?(ふぉふぉふぉふぉふぉ)


出発地点の宝ヶ池という所に行くと、

出走確認は、ゼッケンが風に揺れているのを、自分のゼッケンを探してとる。

残ったもので欠席者が分かる。

これはイイアイデアかと。いつもレースって、当日の出走確認がすごい混むし並ぶんだもん。


10時5分にピストルの音と共にレーススタート。

最初の5キロはひたすらロードでした。


地図によると、コースは、赤山禅院というところから山をあがって、石鳥居というところまでが第1のピーク。

このピークと、そこの下りまでは結構渋滞気味でした。


下ってくると、銀閣寺横らしいんだけど、これは気付かなかった。


とにかく、第1関門の「朝鮮学校」までの制限時間(2時間)が気になったので、あまり余裕も無いまま

1時間30分で朝鮮学校に到着。
ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0812kyoto08
ここは、映画「パッチギ」 で出てきた学校なのかな。

まだカワイイ沢尻エリカと、まだ清純派の真木よう子を観られるという

かなり貴重なお宝ですよ。この映画は。


とまあ、感慨にふける間もなく、次は、大文字山へと駆け上がる。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0812kyoto09

じゃーん。ここが大文字山からの景色です。

眺めがよいわー。


さらに山の上へ。

そこが第2のピークで、このレース中は一番標高が高い。

そして、ここまでで15キロ。半分です。

じゃあ、あとはラクかなー、と思っていたら

甘い。かなり甘かった。


ここを下ってから、その次の第3のピークの将軍塚に行くのに

幹線道路のようなところをロードで行くのですが

そこがダラダラした坂道。

30分くらい続く。ここはかなりツラかった。陣馬で実践した歩き走りを実践したけどゴールが見えない坂道はツラいわ。。。


ロードが終わると、公園に入って、ここから将軍塚をピークにしてまた降りる。


降りてからのロードが、普通の民家の私有地のようなせまい道を進みながら行きます。

住んでいる人が出てきて応援してくれました。


で、またトレイル。

残り4キロ。でも、今までで一番疲れた残り4キロ地点だった。

最初の時ほど激しいのぼりはないのですが、ここでかなり疲労がたまってしまい

結構歩いてしまいました。

中には膝が痛くなって立ち止まっている人もいる。私の場合、身体自体は丈夫なので、ここで踏ん張ればペースをあげられるハズなんだけれど、ううう。。。。


最後は、伏見稲荷の鳥居の脇を駆け降りてゴール。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0812kyoto10


ゴールしてもらった、ウィンドブレーカーとアミノバイタルでえす。

(Sサイズにしたら、家に帰ってきてみたら袖が短かった。しまった。)


時間は4時間11分でした。

なんか私の前後にゴールした人が、順位が切り番の「飛び賞」をもらっていたらしい。くやしい。


はー、でもこれで今年のレースはオシマイです。店じまいです。

今年はほぼ月に1回出ていたけれど、こんな怒涛のレース三昧からは足を洗います。


友達とも話していたんだけど、

レースに出ていると他のことが出来なくなるし、

走らない人との交流がかなり減ってしまって友達がいのない人間になってしまったし、

とまあ弊害がイロイロと。


でも、こうやってレースを楽しめるようになってきて、新しい目標を立てて、それをやり遂げる素晴らしさも味わいました。今年の成果を他のことに展開していきたいなあ、なんても思ってみた。


上洛レースで締められてよかったです。

京都はいいところだー。







いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

京都では、嵐山大覚寺にあるレディス専用の宿に宿泊。

結構海外からもお客さんがやってくるんだそうです。


本棚に、お客さんの置き土産らしき、レディスコミックが。

読んでみたけど、ちーっとも濡れ場なし。期待してたのに。

(だから置き去りにされたのか?)


せっかくの京都だし、観光でも、と思ったのですが

到着したのが5時ごろだったので、拝観時間は既に過ぎていた。

あー、残念だなあ。と思っていたら、

この期間、花灯路 というのをやっているということで

大覚寺までブラブラ行ってみた。


ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0812kyoto02


京都に来るのは3回目です。

若い時は、こういう歴史的建造物の中にいるということにたいしてかなり無関心で、せいぜい「あ、教科書に載っている」「あ、みうらじゅんいわく、エマニュエル婦人の原型という弥勒菩薩像だ」とか、かなり「京都に枕投げと、消灯してからの「2組の小林君が好きなの」「ええ、あたしもー」から始まる告白タイムに来ました」的な痴性丸出しの青きうTでしたが。


今回訪れた大覚寺は、狩野派の絵がある、ということでそれはまあ「ほほー」とそれなりに鑑賞。

でも、奥に行ってみると、外の空気に当たる障子の下に書かれた絵でも「あー、どうせ中国の仙人とか楊貴妃みたいな女の人の絵だろ」と思っていると、以外や以外。

女の人の住居部分はウサギの絵があったりとか、なんかちゃんと住む人の好みに合わせているんだなあ、そりゃ、位が高いと外に出ることもままならない生活だし、結構こういうインテリアに囲まれて、住む楽しみもあったのかも、と、思いをはせてみる。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0812kyoto03
寺の庭に出て回ることもできます。

宝塔がライトアップされている。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0812kyoto05

竹林の道に、筍が。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-kyoto06


こんな感じで道が照らされている。



ぽれぽれカエルが雨に鳴く-0812kyoto07

嵯峨野の竹林。人が多かった。


野々宮神社というところに来てみると

縁結び

とあったので、思わず入る。

やたらと「源氏物語」の野々宮のことをクローズアップしていますが

うーむ。それをいうならば、この野々宮の地で、光源氏と六条の御息所は別れているんだし、、、本当に縁結びなのか。ここは?


でも、買ってしまった。


恋に勝つ

仕事に勝つ

試合に勝つ
病気に勝つ

家内安全に勝つ


という「勝守」を。(欲張りすぎじゃ)


さー、明日は京都でトレランレースです。

勝守に願を込めて。




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぽれぽれカエルが雨に鳴く-Image076.jpg
京都に行ってきまーす。

新横浜から新幹線に乗るときは、
いつもBECK'Sのランチセットを買う。これが楽しみだった。
のに、ORGANIC CAFEに変わってて、いきなりの予想外にちとへこんでます。

そして、窓際の席を指定したら、
富士山が見えない側だった。

あー、この先どうなるんでしょう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日は、トレラン合宿でご一緒させていただいた方に、
奥多摩のトレランコースに連れて行ってもらいました。


題して
奥多摩ミステリートレラン、午後の陽だまりコース大作戦
(最後に作戦をつけたがるのは、「あばれはっちゃく」の影響です)


実は、こっちの勝手な事情で朝一番集合のところを午後出発に代えてもらったのでした。すみません。

地元の方だったのでコース説明はなしのまま、付いて行きますどこまでも、というノリで、

御岳駅から出発。

いつもはマットを背負って河に下るところを、駅の裏側にある社から山に駆け上がることに。


出発してみると、最初は登りが。(当然か)


最初に到着したのが、惣岳山。高水三山のひとつだそうです。

このコース、標高1000メートルはないのに、その次の黒岳(だっけ?)と足を進めるにつれて、眼下に広がる海のような山並みにただただ圧倒されました。

え、東京ってこんなに緑が多いの?というくらい。


あそこまで行くんだよーン、と指された方向に見えるのは、
天竺、、、じゃなくて、今日の目的地「棒ノ折山」。
(この名前、一瞬「棒の俺山」って変換されたんですが、どういう俺ですか。ひ弱すぎ)

遠い。。。すでに日差しは午後の日差しを思わせる時間。自分の影が目線の高さになっているし。

落ち葉を踏みしめつつ走るうちに、なんとか目標地点に午後4時ごろ到着。
よよよ、よかた。


陣馬山を終わって気が抜けたんだか、先週の鎌倉でもイマイチ身体が重くなっっている気がする。冬篭りの準備なんでしょうか。


帰りは沢沿いのコースをたどって名栗湖へ。


ふもとにたどり着いて、「おつかれさま!」と帰りの道に進んで、と思っていたらそこにあった車に「ハイ乗って」。
へ??どゆこと??

なんと、ikeさん、朝早く本日のゴール地点に車を運んでくれたのでした。
なんて紳士な方!
行動食にプリンやらキウイやらもらえちゃうし、かなりもてなされた気がします。

わはははは。もう、感謝感激ですワ。
笑顔くらいしか返せなくてすみません。


東京の山も奥が深いなあ、半日でもこんなコースがあるなんて。
ありがとうございましたー。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

この年になってくると、

結構周囲からも


「親に○○を贈った」

「両親を旅行に連れて行った」とか聞きます。そのたびに身が縮むような思いをしているドラムスメの私。。。。


姉なんて踊る掃除機、じゃなかった、掃除機ロボットプレゼントしているし。。。(冷や汗)。


そんなある日、とあるバスツアーが目に入った。
企画は、大人の社会見学。
吉田茂亭と白州次郎の別荘をみるんだそうな。


そうだ、これにしよう。
これだったら、いつもは旅行に行こうと父が誘うたびに
「犬の世話がある。掃除がある。ムスメ(私)に家事させたら火事になる」とか散々渋っている母も、日帰りならよいでしょう。


内容は
①吉田茂亭
②大磯のホテルでランチ
③白州次郎亭
④国会議事堂
⑤東京タワーで夜のイルミネーション


うーん。首都圏近郊に住んでいるので、④と⑤は盛り込みすぎな気がするけど、なんせ企画メインの①も③も、一般で入れない場所だし、古きよきセレブの生活を垣間見るなんてめったにない機会だから、いいでしょう。

ドドーンと行ってください。
第2の母でもある伯母も参加させてしまった。


かくて日曜日。3人を送り出す。
さー、一日家でくつろごうっと。
あ、犬の散歩をしなくちゃ。


1時間犬に連れまわされる。


帰ってきて、犬小屋の掃除と犬の敷物を干し。

これがとんでもなく沢山あった。笑点のざぶとん十枚じゃあるまいし、いったいどんだけ布団を重ねて寝ているんだ。

なんだかどっと疲れが出てきて昼寝。


ランチをあわただしく食べてくつろいでいたら
せっかくの晴れだし日曜日だし、たまには遠くまで犬と出かけようかな。
さっきは自宅周辺で済ませてしまったことだし。。。



2時間山で犬を追いかけ続ける。



帰ってきたら既に夜。
夕食の時間。私じゃなくて犬の。


ごく簡単に自分の夕飯を済ませてDVDを見る。
あ、そうだ、年賀状デザインしようと思っていたのに。
げげ、しまった。締め切り間近の原稿書きがあった。

慌ててPCを立ち上げて打っていたら
犬が「散歩に連れて行け。ワンワン」と騒ぎ始めた。
さっき行ったばっかりじゃん!いったい何時間散歩しているんだよ!
くそー、父め。退職してから一日中犬の散歩をしているからだ!


そこへ両親が戻ってきた。


私「どうだった?」

母親「それが、とんでもないツアーだった」


なんでも、バスが白州亭にたどり着けなかったんだと。(バスが道を知らない?)
吉田茂亭を見て、大磯のランチ後に白州亭のはずが、国会議事堂に3時までに着かなくちゃいけないとかで、大磯→国会議事堂→白州亭という、ありえない順番になって、結局白州亭も4時半までしか開いていないのに間に合わなくてキャンセルになったらしい。


メイン企画をなくしてどうするんだよっ(怒)。
いったいどんな時間割を立てていたんだ?
企画の段階で「東京と大磯を巡る?一日で?」とほんの少し感じた違和感が、
こんな現実になるとは。


しかも、バス内に変なゴムのにおいが立ち込めるわ
東京タワーでまたバスが駐車場所が探せなくて迷走するわで
途中で乗客が何人か怒って帰ってしまったとのこと。


話を聞くうちに、怒りを通り越して背中をつめたい汗が流れてきた。


旅行保険をかけておいてよかった、いやいや、使わないで帰ってこられてよかったくらいのかなり危ない一日だったそうです。


機嫌が悪くなっても当然なのに、
「バスの運転手も大変ねー。道知らないのに駆り出されるなんて。
まあ、めったにない面白いものをみちゃったから楽しかった。ありがとうね」
と笑う両親。


なんでそうなるかなあ。。。。
という親孝行DAYになってしまったのでした。


そして、その日3回目の犬の散歩に出かけてまた1時間。
結局1日中犬の世話で終わってしまった日曜日でした。


慣れないことのダブルパンチでヘロヘロです。


あー、年賀状がっ。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

石川弘樹のブログを読んでいて


http://www.beach-hayama.com/blog/hiroki/



いいなあーーーーー!行きたーいぃ!!



NZの素晴らしいトレイル風景をみて、

よだれが出てきちゃいます。


でも、、、、ダメダメ。

今年はスウェーデンいってしまったし。

オイルサ-チャージが最高のとき時行っていることだし

向こう4年は日本国内から出られません。。。。


あー、どこか行きたいよー。

宝くじでも買えばいいのでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。