ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:

ここ最近のマイブームといえば(いまどきマイブームっていうのか?)

図書館にある文庫本コーナーを、逆順から見ていくことです。


なにが楽しいって、文庫本というのは、ある決まった定型の版サイズというだけで

逆順から見ていくと、「分類しきれない」本がどっさり。

まさしく宝の山(笑)。



ここ最近感動したのは、動物写真家の岩合光昭 氏(出演しているCMみているとE-3欲しくなっちゃった。。。)のお父上で同じく動物写真家の岩合徳光氏の自伝「動物写真家」を見つけたことです。

これは「芸術・写真」コーナーで。(妥当な分類)



しかし、「経済・商業」コーナーに佐野眞一の「カリスマ」

があったのにはかなり違和感が。

カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」〈上〉 (新潮文庫)/佐野 眞一
¥660
Amazon.co.jp

佐野眞一って、作者名で十分棚1段分くらい著作ある人なのに。。。。

ノンフィクション、中でもルポタージュが軽んじられている気がしてちょっと腑に落ちない。



しかし、しかし。

今年一番の収穫といえば、間違いなくこれでしょう。

「言語・日本語」のコーナーで発見した

吉田戦車・川崎ぶらの「たのもしき日本語」。



吉田戦車は「伝染るんです」も読んでいない私ですが

この本がさ、金田一晴彦とか「美しい敬語の使い方」といった本の中に存在しているんですよ!

見つけた瞬間、ピピピッと私の中にある「JIS規格外探知機」が反応したね。



そして読んでの感想。

いやー、愉快痛快っす。

まるで、飲んで帰ってきた後でテレビをつけたら

先週見逃してしまった「タモリ倶楽部」をたまたま深夜3時くらいの枠で再放送しているのを見つけたときくらいのような嬉しさ。

そして本の内容もまさしく「タモリ倶楽部」のような、どうでもよさ。

そのくせ、夢中になっている彼らを見ているうちにいつの間にか「そうか、日本語はたくましいのだ」(←だから「たのもしい」んだって)という気にさせる伝染るんです状態になってしまったという、これまたリトマス試験紙のように反応してしまう自分。



これ、さっきAmazonで探したんだけど、それにさえも出てこないの(1992年出版)。

結構今買う気になっているというのに!

あー、返却したくないなあ。

だってさ、吉田戦車探しに「言語・日本語」コーナーに来る人って果たしているのかな。

図書館さーん、この本譲って下さい!




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

写真新世紀というのは、キヤノンによる若手写真家の作品コンテストで、

写真家の芥川賞のようなものなのかな。

新人という意味ではすばる文学賞に近いのか?


公開審査会が11月9日に開かれ、運良くその観覧に当選したので行ってきました。

写真のこと全く分からないけど、どんなもんなのかなー、というくらいの野次馬根性丸出しで。


そして当日、会場の東京都写真美術館に着いたら、

20メートルくらい先のエレベーターの中にいるアラーキーを発見。


そう、アラーキーはこの写真展の審査委員なのです。


写真新世紀の審査というのは、一般応募で何千点もある中から

佳作と優秀賞が決定されて、優秀賞の6名は持ち時間10分で審査委員の前でプレゼンをして、その中からグランプリが決定されるというもの。

つまり、作品はモチロン、それを作った人のパーソナリティも審査されちゃうんだよね。


佳作と優秀賞の作品は既に展示されているので、審査会前に見ましたが

うーむ、く写真の見方が分からない私でも「これは参った!こんな素晴らしいものが若い人たちは撮っているのか!」と唖然とするぐらい、いずれも力強い作品ばかり。(ちなみに、この展示も作者自身が行うので、展示方法もポイントになる)


そして、審査会が開始され、アラーキー、森山大道はじめ、内外で活躍する著名な方たちが審査員として登場。そして、ラッキーなことに私は一番前の席に座れたので、アラーキーが登場した時は

「しまったあ、こんなに近くでアラーキーに会うんだったら勝負下着はいて来ればよかった!」とマジで後悔しました。

だってさあ、アラーキー受賞者を壇上で口説いているんだもん。嫉妬しちゃうよ。

女は常にイザと言う時に備えなければいかんということだね。



さてさて、肝心のプレゼンの内容ですが

若さあふれる人たち、そしてこれまで話す代わりに写真ばかり撮ってきたんだなあ、、というのが分かるくらい

みなさん写真を愛していて、そしてまっすぐで、そして輝いていました。


今の若い人たちの特徴なのか

それとも、写真を撮る人たちの性なのか

優秀賞の作品からはいずれも彼らの「死生観」を語りかけてくるような気配を感じました。


考えてみればそれも当然で

いくら作りこんだ写真といっても、写真というのは一期一会のもの。

何万枚も撮っていようとも、どんなに賞賛される一枚があっても、撮れば撮るほど「あれを撮ればよかった」という取り戻そうにも取り戻せない一瞬を彼らはたくさんもっているんだね。


この審査会の結果というのが、写真新世紀のサイトにはまだ載っていないので、結果は載せないでおきますが

「写真を撮る」ということについて、深く考えた一日でした。


http://web.canon.jp/scsa/newcosmos/


優秀賞の皆さん、おめでとうございます。

そしてますますのご活躍をお祈りします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Image729.jpg
トレイルラン大会に出るのも、三度目となりました。

この大会はその距離23キロ。

うーむ。未知なる領域です。
制限時間4時間内で果たして完走できるのか?

前回味わった屈辱のように
脇腹痛くならないか?
膝痛めないか?

スタートのピストルが鳴るまで、「やめるなら今だぞ」と、心の中で全身黒タイツ(プラス長いしっぽででかいフォークみたいなものを持っている)自分がささやき続けていた。

ですが、前日降った雨と気温の低さがいい方に向いたみたいで、膝も脇腹もOKでした♪


トレイルランというと過酷でハード面ばかりが強調されますが、山の中を最初から最後まで駆け抜けるベテランの人達は入賞狙いグループですが(どこどこ駐屯地と書かれたユニフォーム着用している)、
オイラが位置している
基本、上りは歩く、下りは走る人達で固まりができて、その中で抜いたり抜かされたりという展開になります。
走りながら眺める雲海の中から浮かび上がる陣馬周辺の山が幻想的。霧の中を漕ぐように進んで、着いたときが頂上だった時に感じるシアワセ。

がしかし、中間過ぎて登場するコンクリートのロードの部分はかなり精神がやられた。

せっかく山道でブイブイいわせて抜いて来た人達に、ここで抜かされる。きっとロードで鍛えている人達なんだろうなぁ…。
トホホ。

で、あるところを過ぎると、どこからか誘導員の「ここを過ぎればあと5キロです」とマイクを使った声が聞こえるんだけど、行けども行けども坂道は続くし、声のする場所にたどり着けない。

しだいに「うるせー」と切れ気味になってくる。

と、霧の中からマイクを握るおじさんが登場してひしゃくの水が差し出されると、思わず手を合わせたくなってくるんだなー。
現金なもんだ。

で、ふたたび山道と下り坂になると、スーパーうTになってきて、ロードに強い人達が下りに足をとられてスピードが落ちている横を駆け抜けて行く。わはは。

がしかーし!
ここでパンツがずり落ちるというヒゲキに襲われるスーパーうT。下り坂でコントロールが効かない中、パンツを必死に上げながら走る。
スーパーマンが全身タイツなのはパンツがずり落ちるのを防ぐ為だったのか!ナルホド。

と、ようやくパンツがしっかりはけたところで最後のロードにはいる。よ、よかった。いろんな意味で。

で、優勝者が1時間50分でゴールテープをきったその2時間後にはらほろひれはれ~とゴールできました。

写真は参加賞の大根と完走証です。

ワキバラまひざもなんとか最後までもったのでヨカッタけど、鼻水がとめどめなく流れたり(みんな出ないの?)、レイヤー選択に失敗してパンツがずり落ちたり(だからタイツなの?)反省点はイロイロ出てきます。(途中のロード部分のダメダメぶり解決が先のような気もする。)

はー、でも一日に23キロとは、未知なる領域に足を踏み入れてしまったよ。
今年はGWに22キロ歩いたりしたし、なんかうTいまさら進化系でしょうか?
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。