ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:

今日は、B2帰りに銭湯へ寄ってみました。

ここは、以前B2帰りに桜木町まで歩いて帰ろうとブラブラしていたときに見つけた

「松崎館」という名前の銭湯です。


(B2で紹介されている「夢の湯」ではないのだ)


いやー、気持ちよかったー。

お湯は熱めだったけど

お湯に浸かっている時に見上げた、天井の窓から見える

夏の夕暮れの空の色。

いつまでも見ていたかった。


結局そんなにつかれないまま出てしまって

湯上りに全裸で扇風機の風を受けて涼んでいた時間が長かった。


銭湯といえば、牛乳!と思って飲み物の四角いガラスの冷蔵庫をみてみたけど

牛乳は見当たらず。

しかし、「鉄骨飲料」がありました!まだあったんだね。



今度はB2帰りにジム服のまま来てみようっと。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


KANAZAWA01


駅弁「ほたて弁当」

          北陸鉄道内



KANAZAWA02

ニューヨークチーズケーキ

             21世紀美術館にて



KANAZAWA03

加賀棒茶

        東茶屋にて



KANAZAWA07

ハントンライス

        香林坊にて

         



KANAZAWA06

抹茶

      長町武家屋敷にて



KANAZAWA05


水出しコーヒー

      東茶屋にて

KANAZAWA04

黒蜜ときなこのかき氷

             東茶屋にて




KANAZAWA08

プリン?なのかな。

               駅にて


金沢に行ってきましたーー。

いやー、どれをたべてもおいしかった。。。


特にSWEETSなんてなにをたべてもおいしいの。



金沢の人はお茶を習っている人が多いから

お茶うけなお菓子が発達しているから?

...という意見があったけれど

答えをご存知の方おしえてくだされ。



あー、実際に食べたものは他にもいっぱいありました。

夜ご飯に食べた、塩チャーシューとか、

帰りの車内で食べたクリームあんぱんとか、

この2点はあまりのうまさに写真とるのも忘れたくらいです、、

でも、もっと食べたかった!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
Image187.jpg
今朝、玄関の前で見つけた
羽化直後のセミ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


光


なかなか不思議な光景ざんす。


mixiで告知された「花火写真教室」というのに参加して、実験で撮影した光です。


この教室を開いた、花火写真家の福田 武さん というのが、ものすごく物腰が低い方で、

彼の優しい口調にあわせて語られる花火への情熱に聞き入ってしまいました。



しかし、当日教室に参加してみて

団塊の世代の皆さんって、すごいカメラをお持ちなんですね。。。。。

その中で、コンパクトデジカメ1台と三脚のみで参加してしまった私(汗)。

そんなカメラのペーペーな私にも

福田さんは「あ、じゃあシャッタースピードをどこまで変えられるかためしてみましょう。。。あれ、こんなに設定できるの?これはすごくいいカメラだね!」

とやさしくしかも率直な言葉で指導してもらったのでした。


そして、この教室に参加して「おー、カメラってこんな機能があって、それはこういう場合に使うためのものだったんだ!」と

おそらく取扱説明書を100回読んでも理解できなかったことがわかったのでした。



ヘレン・ケラーが水を手に受けて「Water!」っと叫んだ時ってこういうことだったのかな、というくらいに。



わはははは。これで今年の花火の撮影は準備万端さ!


いや、やっぱりビールを飲みながら、スターマイン(花火大会のクライマックス近くでやる、花火を何百発も連続であげるアレです)をみて、過ぎ行く夏に思いをはせながら目を潤ませるほうがいいかなあ。。。



いやいやいや。

それでは、せっかく教室にいったのに意味が無いぞ!

撮影しますよ。今年は。

さっそく花火大会の下見から~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://movies.foxjapan.com/notesonascandal/



あー、やだやだ。

女のいやらしさ満開のサスペンスでした。

あー、やだやだ。



でも、孤独を選んで生きてきた人が

実はものすごく寂しがりやで、一度憧れと羨望を持った人物を見つけるとストーカーまがいの

愛情の押し売りをするようになって,,,,というのに



私だってこうなるんじゃないか!

思ってしまった自分がなんか情けなかった。



でも、、、孤独感は他人が癒してくれるのではなく、

自分で自分に向き合うことでしか抜け出せない

というのは承知しているつもりだけどね。。。。



それから、結婚すること、家族を持つことで

不満、我慢ってついて回るものだと思います。


でもさ

家族がいるからこそできる妥協こそが

自分の人生をプラスにするんじゃないかな、とも思ったのでした。

、、、といっても実際に結婚したことないから「結婚は人生の墓場」なんていう人の気持ちはリアルには分からないもんで「どんだけーの墓場」かわかんないけどねー。




しかしさ、主人公に付きまとわれる女のシーヴァ(ケイト・ブランシェットの肌の美しさ、、、すいこまれるー)の

そのお嬢様ちっくな世間知らずさ、ヨワッちさにはホント、イライラしました。

教師なのに教え子に手を出した挙句に

「真実の愛だと思った」



うわわわー、どどどどどう考えたって

少年はあなたといちゃりんこしたいだけですってば。

アナタ、まじでお馬鹿すぎます。



このストーリの元になったという

女教師と生徒の関係って、

スキャンダルとして世界を駆け巡った記憶がありますが

(映画でもシーヴァへのマスコミのくらいつき方がすごかった)



ここ最近、日本じゃそういうことをする教師の事件に接する機会が増えてきた気がするし

それがセンセーショナル度がどんどん低下しつつある気がして

現実の世界によっぽど背筋がぞっとしたのでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。