ぽれぽれカエルが雨に鳴く

雨の日でもユウウツとは無縁!

妄想でカエルを飼っている私の日々の出来事です。



最近は、クライミングとトレイルランばかりの脳みそ筋肉な週末中心の記事が多いので、ちょっと反省してます。元々文化系なんですー。


テーマ:

元会長(現会長?)がすんごっくワンマンだろうが、

記者が放火しようが、

NHKドラマって結構好き。

(いかにもウケを狙いがみえて、若手アイドルを起用したり、某鬼ファミリー脚本家のドラマをやったりすると気分が乗らないけどね)


12月始めに放送されたドラマ「クライマーズ・ハイ 」は、

「クライマーっていうからには見たほうがいいよなあ。誰が出るんだ?佐藤浩一?ふーん」

と何気なく録画して、ようやくこの3連休に観た。


(1時間後)


テレビの前で正座をして、こぶしを握り締めながら、見ている自分。


(ドラマ終了後)


「あーーっ。やっぱりNHKドラマっていいじゃん!受信料10年分先払いしてもいいよ!」

体中をアツクしながらつぶやいちゃった。


なんといっても、出演者の顔ぶれがすごい。

冒頭、谷川岳の「登山訓練所」の職員役で、寺島進が1シーンだけ登場します。 

そんなしぶいおじさんが登山指導センターにいたら、アタシ毎週谷川に行っちゃうよー。

赤いチェックの山シャツがお似合いでした(笑)。


そして、主人公の佐藤浩一が勤務する群馬県の地方新聞社のスタッフもすごい顔ぶれが。

松重豊が佐藤浩一の同期の社会部デスク(つまり、出世頭)。

同じく、同期のスポーツデスクが、大和田伸一。

部長が岸辺一徳(色つきメガネがコワイ、、、)。


中年俳優ばかりじゃないぞ。


佐藤浩一(現場主義、つまり出世コースに背を向けた人)を慕う後輩に、大森南朋(80年代の七三分けヘアがステキ♪)。目つきの鋭い若手記者役をやっている俳優をどこかで見たなあ、、、と思っていたら、新井浩文でした。



うわわわーー。「新春・顔見世歌舞伎」よりも豪華・贅沢すぎるぞ。このドラマ。

みんなそろって「こういう人たちがいるから、日本のドラマって面白いんだよねー」と思わせる面々です。

ここでは挙げた俳優さんは、あくまでアタシがたまたま名前を知っていただけなので、それ以外でも誰が主役を張ってもおかしくないくらい。みなさん80'sファッションに身を包み(シャツはズボンの中に入れているのがお約束)、熱演でした。



ドラマの内容も、なかなか文字で表すのが難しいのだが

85年に起きた日航機墜落事故を背景に、

会社人生の中で、ヤマを迎えた人

家族関係の中で、ヤマを迎えた人

そんなこんなのイロイロな節目のヤマに、本当の山登りを絡めてドラマが展開していって

そして最後に、さわやかなどんでん返しが待っている、というものでした。



最後は、マジで男泣きしたーー!

アタシ女だけど。



んで、年が明けたら、井上靖の「氷壁」がドラマで始まるそうです。

原作は日本国内の山だけど、21世紀ということで(?)、K2が舞台らしい。

ドラマの宣伝を見ていたら、主演の玉木宏山本太郎が、三つ峠の垂壁で、山野井泰史の特訓を受けていた。(山本太郎って、トップランナーに小山田大が出たときに「うわっ。ありえへんよ、難しいでこれ!」とか騒いでたような) 



こっちも重厚なドラマを期待してしまうよー。

早速今から録画予約しておこうっと。




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご隠居さんのうTチチが、「ポータブルのDVDプレーヤーが欲しい」と秋ごろから言い始めたので

その日は某量販店へ。



今年は「うTサンタ」にでもなるかーあ、と珍しく気が大きくなっていたんだが、

実際イロイロな種類があるのをみると、何にすればいいのかよく分からない。



結局、「いくら親とはいえ、そんな高いものはやれん!安いのでいいんじゃー」っと選んだのが

聞いたことない海外メーカーのヤツだった。



んでもって、会計でのやり取り。

店員「メーカー保障を、500円払えば5年に延長できますよ」

アタシ「結構です。なしにしてください」

店員「ポイントためておきますか?」

アタシ「全部使っちゃってください」


つまり、なるたけこっちの出費を減らそうと、かなりシブイ客になってしまったのだ。



,,,,,すると!



店員「それではお会計が、、、、あっ、当たりですよ!おめでとうございます。お客様のお買い上げの商品は、無料になりました!!!!」



フロア中の店員の「おめでとうございます!!」の怒号と拍手。

どこかで鳴らされる鐘の音。

となりのレジのおじいちゃんの声「おーーいいなあー、うらやましい」。



紙ふぶきこそ降ってこなかったものの、ボーゼンと立ち尽くすアタシ。



心の中の声:ハ、ハイエンド機を選べばよかった。。。。。。



家に帰ってチチに渡したら、子供のように喜ぶチチ。

「ムスメに贈り物をされる歳になったなあ、、、」と感無量だった。

ちなみに、無料だったことは言っていません。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

その週は、なんだか飢えていた。



うーーー、

本読みたい!

本読みたい!

本読みたい!



でも、買うのはなんだかイヤ。



こんなことってありません?

なにか読みたいんだけど

でも、何を読みたいのか分からない。

だからブックオフに行っても、買わずに出てきてしまう。

(これって、たんなるケチか?)



散々悩んだ結果、

そうだ、図書館へ行けばいいんじゃん♪

という、ニュートンのようなすばらしいアイデアが浮かんできた。



そういうわけで、3連休の1日を使って、図書館へ。



最寄り駅を降りたら、近くにある山やスポット「カモシカスポーツ」にも行ってみる。

我楽多市コーナーに、NORTHFACEの、ショート丈ダウンジャケットのワイン色が

27000円が15000円に値下げ、とあって、かなり悩んだ。

MILLETの冬山用のゴアのジャケットというのも50000円が25000円になっていて、

こっちも欲しくなったんだけど、



Northfaceのダウンジャケットショート丈は、見た目はいいけど、腰が隠れる丈でないと長くは使えないのだ!

MILLLETのジャケットは、K2登山に行きたいのか、お前は?



と無理やり言い聞かせて、結局買わずに店を出てしまった。

はあ、煩悩に支配される図書館への道のり。。。。



と歩いているうちに、たどり着いたのは「県立図書館」。

ちっがーうう!アタシが行きたかったのは、「市立中央図書館」だってば!



なんせ、来るのは5年ぶりだったので

道が分からなくなった!



うーむ。昔は自称「文学少女」だったというのに、図書館への道のりを忘れるとは。

こんなんじゃ大沢親分に「喝!」とか言われちゃうよ。



livlary01


ようやくたどり着いた図書館では、「美空ひばり展」をやっていました。


livlary02


さすが横浜のお嬢!

不死鳥とは、彼女のためにある言葉。



目的もないまま来たので、書庫の間を行ったりきたりしながら適当に読みたいものを選んでみる。

んで、5冊くらい集まったところで


「なんだか、女流作家ばっかりだなあ」

と思って、再び探索開始。



そして、次は

「なんか、ミステリばっかりだなあ」

と思って、またまた探索。



そんなんしている内に

エッセイを2冊。

小説を1冊。

うTハハが最近「老眼が進んだ!」と騒いでいたので、大きな活字のヤツを上下巻で。モチロンアタシだって読むので、読んだことがないやつ。



というラインナップに。

お正月の予定は、読書できまりか?

あ、正月なんだから、時代小説でも借りればよかった。。。。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

eve01      eve02


今年のイブは、うT一家が全員そろって

親戚、アネの夫も含めて総勢7人でにぎやかになりました。



うTアネがチキンとケーキを用意してくれたので、

冷蔵庫でその存在を忘れられかけていたワインも登場。



たまたまその場に、うTハハの姉二人もいたのですが

「あらー、アタシ車だから飲めないわよ」

うTハハ「そんなの家に置いてきなさいよ!!帰りは飲めない人が送っていくから!」



,,,っというわけで、みんなでそろって乾杯。

ここで開けたワインがすごくおいしかったのだ!

チチは「こんなおいしいワイン珍しいな!さすがうPだな!」っとすっかりアタシがそれを購入したということにしていたが、そんなもん、アタシは買った記憶がナッシング。

でもまあ、ほめられているんだからいいか。



それから、アネが買ってきたケーキを、全員でピラニアのように食べていると

アネが蒼白な顔をしている。



アネ「あのね、、、そのケーキ、鎌倉のレザンシュ のヤツで、一個4000円なんだよ。

もっとありがたがって食べてよっ!」



ひええーーーっ!

よ、よ、四千円!!



ハハ「あら、やだ!どうりでおいしいと思った!」

オバ1「ええ?!●ージーコーナとかで十分なのにさ!」

オバ2「どうしよう!もう食べつくしちゃったわよ!最初に言ってくれればいいのに!」



上の写真は、親や親戚とで食べつくされた後の最後の2切れ分(つまり、アネとアタシの分)。


普段は両親二人きりの食事がほとんどだったので(アタシも普段はめったに家で食べないのだ)

こんなに、にぎやかな食卓になったことに、チチは終始上機嫌だった。



こうして家族全員&親戚も含めて食卓を囲めるなんてあと何回あるんだろう。。。



んで、この日は、横浜の山手カトリック教会 のミサに行ってみた。

ジム友達まっきの家では、近所にあるその教会のミサに毎年行っている、という話を聞いて

興味が沸いてきたので、まっきに「参加したい!」とお願いして、深夜のミサに出るために車を運転して山手まで行った。



オーストラリアにいたときに、ホストファミリーがアイルランドにルーツがある人だったので

カトリック教会のミサに連れて行ったもらったんだが

そのときに、

言っていることはなにを意味しているのかな、これは何をやっているのかな、、、、



と思っていたので、今回参加した行事で、「おー、なるほど。こういうことだったのか!」と新しい発見が一杯だった。



横浜の山手カトリック教会といえば、世界遺産に登録されてもおかしくないんじゃない、

というくらいの、由緒正しき所です。

(教会の名前を聞いたときには「ふーーん」程度だったんだが、たどり着いた場所にあるその教会を見た瞬間に、腰が抜けそうになった)



熱心なクリスチャン&セレブ地区にある教会&地元の人たちに愛されている場所



行われていることに、勝手が分からないで戸惑ったりもしたんだが、、、、他の人たちはみんな「あ、うん」の呼吸でお祈りをしたり、歌ったり、「聖なる祭典」なんだわ、と堪能したのだ。



賛美歌もいくつか歌われたが、この前まで練習したゴスペルとは、ひと味もふた味も違う。

ゴスペルがブラックミュージックで「ポップス」で自分の中に神の存在を招き入れるかのように表現しているのに対して、

カトリック式の賛美歌というのは、「祝詞(のりと)」のような感じがする。自分からその存在に向かって歩幅を進めるかのような感じというのかな。

ゴスペルは受動態

賛美歌は能動態

(あー、英文法で習ったような言葉だ)



2000年あまり、脈々と受け継がれてきた儀式に、なんだか感動してしまった。

感動ついでに「山手カトリック教会の保存運動にご協力ください!」なんて紙ををもらってきてしまった。



帰り道、今年のイブはすごかったなーと、夕飯の食べすぎで重くなった身体を引きずるように動かしながら考えた。



家族そろってにぎやかに過ごせたこと、、、、

ゴスペルをやらなければ、考えなかったこと、、、

出会いがあったから、すばらしい行事に参加できた機会に恵まれたこと、、、、



人と人とのつながりがあることを確認するために

行事ってあるのかもなあ。



そして翌日は、胃痛と体重増量に激しく落ち込んだ。。。














いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

Dog_Winter

こんな写真を見ると、小さいワンコが苦手な私でも思わずほほが緩んじゃいます。

ウチの犬にも着せてやりたいけど、サイズないだろうなあ。



先日、近所の家が引越してしまいました。

原因は、犬だそうで。


そこの犬(ミニチュアダックスフント)の声が、住民から苦情が来てたんだと。

うTも、朝出勤時に、そこの家の前を通ると

オギャアアアアアッン!!!ギャンギャンギャンギャンギャン、、、、(エンドレスに続く)」っと聞かされて、一気に目が覚めたこと多数。



でも、だからといって犬を保健所につれていくことなく、

犬と一緒に新天地を求めたその家族って、いい人たちなんだと思うなあ。



でも、子犬の頃に、しつけに失敗をするとその後が大変です。

知り合いの飼っている犬(やっぱりミニチュアダックスフント)も、ムダ吼えがすごすぎるのだ。



チャイムが鳴っては「ギャンギャンギャンっ」

電話が鳴っては「ギャンギャンギャンっ」

話に花が咲いて「わははははっ」と笑おうものなら

「わははは(ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん)、、、だからねー(ギャンギャンギャン)さんがこう言ってさーー(ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん)、、、

ちっとも聞こえやしない。

飼い主、犬が大きくなってからあわててスリッパでたたくなどしていたんだが、叱ったらその倍の吼え声を出すようになってしまい、とうとうあきらめてしまった。



犬を常に抱っこして、ひたすらおだてて声を出さないように

周囲の人に聞かれないようにビクビクしている。



いくらかわいいからといって、人間だって甘やかしちゃロクな人間に育ちません。

犬でもそれは一緒だね。



がらんと空いた家の前を昨日通ったら、

玄関の明かりがついていた。

多分所有権はそのままなんだろうか。

犬が死んだら帰ってくるのかな。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

チャングム

いやー、「チャングムの誓い 」は面白いねー。



毎週土曜日になると、テレビの前に座って、彼女が辿る波乱万丈な運命に

手に汗握って観てしまいます。



主題歌も覚えて

「おーなーらー こーならーーー」

っと言うフレーズが頭の中をぐるぐるぐするように。



そういうわけで、ここ最近は「東洋医学かー。漢方とかはじめようかな」

と思うようになってきた。

リトマス試験紙並に反応しやすい性格だなあ。



今朝もラジオを聞いてたら、DJ(女の人)が

「アレルギー持ちだったんですけども、漢方を初めてからすっかり直りました」

といっているのを聞いて、ますます興味が。



しかし、亡くなった祖母の薬物マニアぶりを思い出す。

漢方を毎日飲んでいたからか、体臭がキツイんだよね。。。。

はじめたけれども、飲みづらくてやめてしまったという人もいた。

そこのところどうなんでしょ。



じゃあ、薬膳料理はどうだろう、ということで最近本屋で入手したのがこれです。

峯村 静恵, 新井 友加里
キレイ&元気のための「漢方」+「薬膳レシピ」

薬膳料理とはいっても

材料に

蛇の皮

とか

すっぽん

とか

熊の手

なんぞは入っておりません。



冷え性の人は生姜を入れた紅茶がいいとか

夏は体温が上昇するから、トマトとかセロリとか「季節に合わせたもの」を食べて体を冷やすとか

おばあちゃんの知恵袋、はたまた「あるある大辞典」みたいなネタと一緒に

症例に合わせて、それに効く材料を使ったレシピが載っている。



早速、自分が気になる症状を調べてみると、、、、



眠気がする→ 食べすぎです。ゆっくり噛んで食べましょう。

雨の日に頭痛がする→ 体の水分が多すぎます

口内炎→ 食べすぎで胃に負担がかかっています (キャベツがいいらしい)



食べて治そうと思っていたんだけどなあ。。。

断食道場に行けってことか?



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

オフィスビルに入っているカフェでご飯を食べていたときのこと。



なんか寒いなあ、風が来る、、、と思って周りを見回すと

そこのお店の扉が中途半端に開いていた。

前に通った人が開けて通ったはいいが、その手動の扉が開けっ放しなのよ。



「もーーー、閉めていけよ!お前!」っとカウンター近くにいる

テイクアウト待ちのスーツ男をにらんだけど

ちっともその人気づいちゃいなかった。



よって、扉に一番近い位置にいたアタシが閉めることに。



そして、注文が出来上がって帰っていくそのビジネスマン

やっぱり同じ扉をガバーッと開けて、後ろを振り返りもしないで去っていく。



やっぱり開けっ放しの扉。



んで、私が閉める。



その後、その店にいる間にそこの扉を通る人を観察していたが

扉を閉めた人、8人中1人。

しかも外人。



んもーーーっ!なんなのよ!それ?



ちょっとその日は虫の居所が悪かったのもあるんだけど

「自分の通った後を見もしないってどういうこと?」

と、かなーあり、ストレスをためて店を後にした。



日本人て、「身じまい」という英語には直せない言葉を持っているくらい

気配りが効く人たちじゃなかったの?



「発つ鳥、跡をにごさず」とかもう死語になっちゃってるんだろうか。



うTチチは結構そういことに厳しい人だったので

小さい頃からうるさかった。

靴を揃えろ、洗面所は使い終わったら雑巾で拭け、だのだの。。。。

口答えしようものなら、鉄拳を喰らったくらい。

で、上にあることはまあ今でも身に染み付いて実行しているんだが

人よかどれだけのことができるかっていいたいのではなくて

「自分のことだけじゃなく、自分のあとのことも考える余裕を持て」

とチチは一貫して言ってるんである。

、、、、というのに気がついたのはかなり後のこと。



それでも「お前は母さん似てがさつだ。嫁の貰い手がないぞ」っと未だに嘆かれている。



そんな隠居の身のチチがそのカフェにいようものなら、卒倒してたんじゃないかな。

かなりの一流企業が入っているビルだったし。。。



でそして、もうひとつのことに気がついたのは、電車に乗ってからのこと。



なんで、あの扉閉まらなかったんだろう、と初歩段階のことを考えているうちに

(*゚ロ゚)ハッ!!



まさか、1階にあったあのカフェ、高さにひずみが起きているんじゃないだろうね。



.....鉄筋足りている...?



(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

1位:パッチギ!

2位:逆境ナイン

3位:該当なし



そういうわけで、制服フェチを自覚した1年だったな。。。。



「パッチギ」はねー、胸がマジであつくなります。

アタシのいる地域じゃ、あんまり流行らなかったのか(いや、井筒監督が嫌われていた?)

行った映画館が、座席指定だったので、2列だけぎっしりというがらがらぶりだったんだけど

途中でアタシが華厳の滝のように涙を落としていたら

前後左右で「ずずっ、ズズッツ、ズルズルズル」っと泣くわ泣くわ。

あの映画館をサーモグラフィーで見てたら、あの2列が温度200度のまっかっかになっていたんじゃないか。



「逆境ナイン」も、あまりのばかばかしさにあきれながら見ていたのに

最後にエンドロールで流れる、岡村孝子の「夢をあきらめないで」でポロリっときてしまった。



いやー、やられた!



学生時代に、車に載せてもらった先輩の車の中でエンドレスで岡村孝子を聞かされてからというもの、

「岡村孝子」と聞くだけでじんましんが出るように洗脳されてたんだけど。。。。

(表情のない女って苦手だよ)

ありえない設定とありえないキャラクターの中、ありえない闘志を燃やし続ける玉山鉄二が好きになったくらい、ありえないことがてんこ盛りの2時間を味わった中で聞く岡村孝子。

相変わらず中途半端なロングボブヘアなんでしょうか。



3位以下が該当なしというのも、

この1年あまり映画に行ってないってことを思い知らされた。。。。



「オペラ座の怪人」とか「男と女の5つの分かれ道」とか、面白い映画もたくさん見たんだけど

いずれも「想定の範囲内の面白さ」にとどまった。



期待しないで見たら、すんげー面白かった。

こんな映画に来年も出会いたいな。



ということは。

この冬は「SAYURI」でも観てみる?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりにロルフィングに行った。



前回、施術の後に、その場で予約を取るのを忘れて、

そのまま行かないで、3ヶ月過ぎてしまった!



さすがに、今回は予約の電話を入れるときに、

受話器を握る手が震えた。



3ヶ月ぶりに行ってみると

野口宇宙飛行士ガオの先生は、ヨギーニになっていた



以前、ロルフィングに通っていた人が、インストラクターしている

ヨガスタジオに通っているんだって。



っとまあ雑談をしてから施術に移ったのですが

「3ヶ月ぶりだからねえ、、、、もしかしたら1工程増やす必要があるかもしれない」

っと予告を受けた。

トホホ。サボりのツケで、出費が増えるのか、、、。



でも、2時間の施術が終了してみると、立つ感覚がまったく違ってくるのさ。

体重が足の裏全体にかかっている実感がわいてくる。

体重が2キロくらい落ちたかのように、身が軽い!



ついでに財布も軽くなったんだが。。。。。



やっぱり通い続けないといかんなあ、、、、。

そう思って、年内にもう一度行くことにした。



通っていない間、日常の忙しさにかまけて自分の体のことなんて全然気を使っていなかったんだけれど

ジムに行って、ストレッチを十分にやらないで登ると、たまに右の背筋が痛くなってくることもあったのだ。

そのまま「自分の体が、一番バランスが取れている状態」を忘れていたら、この先何が起こっていたことやら。。。。ゾゾゾゾ。



ロルフィング後は、

エステに行って、やっぱりここ最近ずぼらな手入れでボロボロになった箇所を直してもらって



そこの先生の持ち車が、アルファロメオ

奥さんの車が、プジョー(オープンタイプ)

そして、一人息子が手先の細さを買われてなったという

茶道の師範



、、、、という、バブリーなアルバムを見せてもらって

めまいが起きる。



そして、その後は岩盤浴へ。



なんちゅーか、この日1日を振り返るに



おまえは君島十和子かっ!



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。