熱烈歓迎中華街

テーマ:

久しぶりに中華街に行きました。


china town01



地元とはいえ、なかなか行かないものですが、

この街に来ると、ここ最近たまっていたモヤっ度が流されるような元気な気分になってきます。



china town02



かなり昔に当時付き合っていた人に教えてもらった、台湾家庭料理屋で食べた

東波肉丼を思い出して行って見ました。



当時と同じ1杯500円。



さて、今日の目的は、買い物!!!!

ここは、中華街の秘密スポット。

ROUROU01


私の大好きなお店 です。

友人に中華街を案内するときは、必ずここへ連れて来ます。



何年か前に、久しぶりに会った学生時代の友人を連れて行ったら、とても喜んでいたっけ。。。

あの時買った服、まだ持っているのかな。



で、この店、ROUROUですが、前回来たときは1フロアしかなかったのに

2階ができていました。



1階のカジュアル路線とは趣がかわって、こちらは隠れ家風。

rourou02



2階はちょい高めなので、1階で2000円のTシャツをゲット。

chinatown03

他にもブタやら龍やらの柄があります。

アジアチックなおめでたいキャラのオンパレードでした。




gokuu

買い物は、布製のバッグにいれてもらえます。



china town03


買い物のあとは、隣にある茶室の「悟空」でくつろぎました。




ついでに、1階のお茶コーナーにあった、フォーチューンクッキーを買ってみました。

中身はなにかしら、、、、と家でドキドキしながら開けてみると、、、、。


fotume


「買い物で迷ったときは、大きいほうを選んでね」



。。。。。。。。


。。。へっ?

こ、これって占いじゃなくて、ショップ定員のどうでもいい営業トークじゃ?



思わず虚につかれてボーゼン。



ううむ、中華街って、奥が深いです。

AD

避暑地のおばちゃん

リトリートに行ってきました。



++ リトリート:避難[隠退]所。 清修:宗教的修行や黙想のために閉じこもること ++

retreat oneself:自分の世界に没頭する  summer retreat:避暑地



これは時々通っているヨガ教室の先生主催の企画です。

ここ最近、なかなかヨガにも通えず、仕事は忙しいしで体はガチガチだったもんで、「都会の喧騒を離れて気分を一新させたいワ☆」と、普段は買い物大好きなくせに、都合のいいときだけ俗世を離れたい、なんちゅう正真正銘のエセセレブな気分で申し込んだのでした。



さて、当日。



参加者50名のメンツを見渡すと、平均年齢50+ン歳といったところ。

東京で流行っているヨガとは違い、神奈川圏域のヨガ習っている人たちってかなり庶民的。

東京のスタジオに行くには、



「ヨガでダイエットしたければ、まずダイエットしてから入会してください



というのが入会資格なんじゃないかと思うくらい、セレブという名の鼻持ちならないオーラがバンバン出ているのですが、ここ横浜だと「ヨガ=中高年の健康体操」という方程式でがっちり堅持されています。



で、そのおばちゃんていうのがすごいの。



バスの後部座席がサロン座席になると知った途端に、座席をサロンに仕立て上げ(アタシら姉妹の席も回転できたために巻き込まれる)、バスが出発した途端に「(プシューと缶を開ける音)カンパーイ!」。



おいおい、朝9時からビールかよ。

そして、うとうとしながらバスに揺られていたのに、「ドリフ大爆笑」のような笑い声に起こされることン回。

ていうか、リトリートって修行なんじゃないの、か、なあ。

たぶん彼女たちの目的はまったく別のところにある。



行き先は、手配をすっかり姉任せにしていたもんで、「伊豆のどこかの高原かしら」と思っていたのですが、

埼玉県のとある盆地にあるリゾートホテルだった。



そこのホテルっていうのが、いかにもバブル期に立てられたかのような80'sの余韻を残す、絶妙なからくり感覚をかもし出す場所でした。



ホテルのトイレ入口が、これだけだったり、

リトリート3



遊歩道の案内にしたがって、渓流まで行ったら、水は2年放置されたプールみたいな色だったり、

水が枯れた「ます釣り場」があったり

リトリート2



ちなみに、夕飯時のビュッフェも味は「....」。おばちゃんは従業員を呼びつけてクレームをつけ、やきそばとワインを出させていました。(その後、パーティでおばちゃんたちはダンスを始めて、1時ごろまで起きていたらしい)

アタシら姉妹は、冷房が効きすぎのパーティー会場をさっさと抜け出し、温泉館でラーメンをすすって暖をとっていた。



おりしも東京で今年最高気温を記録した日。そこは関東圏でも屈指の最高気温を出す熊谷の隣。

セミの声を聞きながらのヨガとなったのでした。



普段は週に1回ヨガができればよいほうで、家でやるのも「死体のポーズ(寝ているだけ)」が得意中の得意というヘタレなアタシですが、



1日目:

現地に着いてから旅の疲れを取るヨガ60分(瞑想時間に寝込んで起こされる)

夕方になって、パワーヨガでみっちり90分(途中でへばってしまう)



2日目:

朝6時にプールサイドでヨガ30分

帰る前に、パワーヨガ120分(瞑想時間に、やっぱり寝込んで起こされる)



という、ヨガ三昧にすっかり身も心もリフレッシュ。



韓国あかすりにコエンザイムQ10パックまでまで体験して、日ごろの疲れも取れたみたい。

バスに揺られて心地よい眠気に誘われて帰路についたのでした。



ドリフ大爆笑もさらにレベルアップされてたんだけどね。

おそるべし、おばちゃんパワー。

AD

早起きは恐怖

テーマ:

目が覚めた。

タイマーのラジオがかかっていないところをみると、また寝坊したみたい、、、、。とほー。

っと思っていると、なんか様子が違う。暗すぎる。



ワン、、ワン、、ワン、、ワン、、ワン、、



犬の声で起こされた、らしい。しかも5時前。



えー、やめてよー。今週ずっと激務だったんだから。

深夜4時に帰宅してたんだから。

やっと昨日は12時に寝てたんだから。

もーーーーっ(怒)



っと、無視を決め込んで寝ようとしても、犬の声がちっとも泣き止まない。

声も、人に対する唸り声ってわけでもなく、

規則正しく吼えている。



しばらく放っておいてもやっぱり鳴きやまないし

これじゃ近所迷惑だし。。。。。



パジャマ+寝癖のアフロヘア+最悪のスッピン(怒りマークがおでこにアリ)で外に出てみる。



うちのアホ犬は庭の草陰に向かって吼えていた。

ねずみかなあ、、、と思いつつ

「静かにしてよー、もー」っと散々言ってもとまらない。



なに見てるんだろ、、、と思って薄暗いなかよくよく目を凝らすと

いかにも「今朝目が覚めましたー」ってばかりの

でっかい芋虫がいました。



きゃーーーーー|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| ー



庭でパニクっているうちに、うTチチが寝巻きで登場。



「おー、なに鳴いているんだー」

「いっ、いっ、芋虫芋虫芋虫芋虫芋虫芋虫芋虫芋虫芋虫芋虫!!」



「おー、そうかそうか、そんなんで鳴いているのかーほれ!」



日ごろの野良作業で芋虫ごときじゃちっとも動じないうTチチ。

何気なく芋虫を素手でつまむと、犬に差し出す。



(パクリ)



ギャ━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!



早朝に、町内の人を起こした叫び声を上げたのは、アタシです、はい。







AD

美しき緑の星を守るには、グリーンバンド

テーマ:

...っと、なんかカタイタイトルでございますが、

ヒトからの紹介ネタを一つ。



「グリーン・バンド」活動というものがあるらしいです。


GreenBand01


------------------------------------------------------
 『 グ リ ー ン バ ン ド 活 動 』~緑を増やそう~
------------------------------------------------------
ティーケイ名古屋が独自に考案した寄付システムで、
地球環境を考えるNGOアリーナへグリーンバンドの売上金の一部(寄付金額は下記参照)を寄付するという活動。


GreenBand02


    地球温暖化 = 山が崩れる = 岩場の危機


春に行った丹沢は、10年間に比べて酸性雨の影響がはげしく、山頂付近の樹木の荒廃ぶりに胸を痛めて下山しました。



何か自分にできることがあればなあ、、、、と思っていた矢先のこの情報だったので「ちょっとは助けになるかも」っと思いました。



自然を守るのは、これからを生きていく私たちの使命かもしれません。

豊かの自然の中で、人は楽しくクライミングをし、動物ものびのびと暮らせる、、、そんな未来を実現させるのは、あなたたちでーす!!



■グリーンバンド活動とは?(動画)
http://www.tk-nagoya.com/greenband/image.htm

■概要と購入申し込み
http://www.tk-nagoya.com/greenband/
http://www.tk-nagoya.com/greenband/mail.html




クライミング日和

テーマ:

ものすごーーーーっく暑かった日。



だらだらしながらジムにやってくると、2階フロアに

「イメルダ夫人かっ?」

というくらいの靴が産卵、じゃない、散乱しておりました。


climbing_shoes



これは!やまたさんが最近購入のevolveじゃん!

その日は試着会だったのです。



ココ最近、アタシの赤モカシムに穴が開いてくるし、足裏は薄くなってイタくなってきたので、丁度この日もショップに行ってみてきたところ。



チャーンス!



evolveのミドリ色でマジックテープで止めるタイプ(プレデター):足入れ悪すぎ。すぐに脱ぐ。



evolveの黒で、マジックテープで止めるタイプ(ディファイ):足入れはとってもいい。けど、1サイズ下もはいてみないとこれがジャストかわからないなあ。。。。



evolveの黒のレースアップとevolveのミドリのスリッパタイプ(アグロ)は該当サイズなし。(ノω=;)。。。



なんといっても、いずれも1万円以下という値段が魅力的。

でも、足入れがやわらかーなモカシムに慣れすぎちゃったこの足が果たして新しいシューズを受け入れてくれるんだろうか。



ダウントゥに興味があったんだけど、スメアが効かなくなると聞いて、イマイチ試す気が薄れてきたし。。。


ああ、こんな時にKATANAがあればなあ。。。。



だから、早くエドガーに連絡すればいいっつうの!!!

(↑1代目がどうもエドガーの「忘れ物袋」に入っているらしい)



多分ね、このままだと2代目KATANAを買っちまうかも。



菊地 敏之, 前之園 多幸
クライマーズ・ボディ

最近これ読んでます。


が、帯に「対象者:1級を卒業したクライマーへ」って、書いとけよってくいうくらい、へなちょこクライマのアタシにはレベルが高すぎる。



「ウォームアップよりも、クールダウンが大切」



って言葉がイタイです。。。。

わかっちゃいるんだけどね。。。


マイアヒ

テーマ:

朝起きればラジオから「マイアヒ~」



職場のラジオから「マイアフ~」



ジムに行ったら「マイアホ~」



ホント、四六時中「アイアヒ4段活用」聞かされています。



思わずく口ずさんじゃったりする自分が一番怖いっす。



でもさ、でもさ。



コレを聞いて、

コレ(↓)を思い出すのはアタシだけ?


ジンギスカン
ジンギスカン

同じコト思ってるあなたは、間違いなく昭和人。




チョコレート工場の秘密

9月公開予定の、ティム・バートン監督の新作の予告編を見ました。


「チャーリーとチョコレート工場」


うーん。みたいみたい!


原作本は、小さい頃からのお気に入りの本。

R・ダール, Q・ブレイク, 柳瀬 尚紀
チョコレート工場の秘密

そして、監督のティム・バートンの毒気のあるファンタジーが好き。

なによりも、ジョニー・デップ!



夏が早く終わって、9月が早く来ないかといまからそわそわしております。



しかし、予告編を一緒に観たY姐の感想。

「あのジョニー・デップてさ、マイケルジャクソンをイメージしているわけ?」



まあ、そりゃ、たしかにチョコレート工場の持主のウォンカ氏はかなり変人という設定ではありますが。

危ないイミでの変人になってやいないか、かなり心配です。



映画の予習、原作の復習と称して、なんとなんと、ペーパーバックまで購入したぜ

ロアルド・ダール
チョコレート工場の秘密

さすが児童文学。かなり英語がやさしい。

そして、あまり使い道がなさそうな英語でもあったりするんだが。

規格外摂取熱量

テーマ:

会社の近くでピラティスやっているところがあります。


ある日、興味半分でソコを訪れてみたところ

入り口のガラス戸には、明朝体の太字で

「肉体改造工場」

とありました。



結構早めに行ったので、始まるまでの間に体脂肪計のような測定器にのって、自分の身体をチェック。



この日の体験ピラティスといい、その後の測定結果のアドバイスといい、かなーり、「鍛えてますねー」とほめられた。

身体を4つに区切った場合の、各パーツの水分量がほぼ同じ数値というのが、どうやらすごい良いことらしい。

その他の結果についても、(歳の割には)いずれも標準以下という良い数字が。

日ごろクライミングをやっているおかげかなあ。。。

にやけながら、測定結果シートを受け取って読んでいるうちに、とある数値に目が行った。



1日に必要な摂取量:1495キロカロリー



せ、せんよんひゃく???

だってさ、ご飯一杯160k/calはあるんだよね。

1日1500k/calと考えて、3食必ず食べているので、1回につき必要カロリーは500k/cal。


==============

うTのある日の食べたもの


朝:これはゼッタイ家

ご飯

メンチカツ

すき焼き

かぼちゃの煮物

酢の物

あんみつ

すいか



昼:会社

幕の内弁当



おやつ:会社のデスク

アンバター(あんこwithマーガリンのコッペパン)

ヤクルトおばさんの豆乳



夜:99.9%外食

大戸屋で揚げ豆腐定食



摂取量の合計:

(じゃらじゃらじゃらじゃら....)



ちーん!



(おおよそ)2700k/cal

=================


はあ?なんじゃこの数字わ!

朝の時点で必要摂取量の半分は喰ってない?



しかししかし。

我が家にいる限り、このくらい食べるのは全然問題ないこと。

つまりこれが「うT家標準値」。



小さい頃から食べ残そうものなら、孫の代まで祟られそうな勢いで怒られた。



そして、たまには家族でレストランに行ったりする機会があると

「ホラ、若いんだから食べなさい!」っと寿司やら揚げ物やらが自動的に皿に積まれてしまう。(一応30代)。

自分でも、食べ物を残すのが、ものすごい罪悪感を抱くようになる。



小さいころから、カレーライスが朝に出てくるのが当たり前田のクラッカーな家だったんである。

さすがにココ最近、「会社に行くのにカレー臭漂ようなOLになりたくないわい!」っとカレーについては拒絶しているんだが、ハハは明らかにむかついている。



だけど、おかーさん。

娘の食べている量って、明らかにJIS規格超えているらしいよ。。。。



でもさ、1日に1500k/calって何を食べればいいのだろう。

主食をこんにゃく?



いつまでも十分若いつもりで食べているわけにはいかないのですが、

それにしてもね。



もっと食わせろ!

ギグ

テーマ:

日曜日は、B2でギグをやりました。



朝、うTハハに「部屋掃除をしなさい!」っと言われていたのを振り切っての参加。

ああ、コレで帰宅拒否症にますます拍車がかかる。



競技は12時開始。



「この分だったら、7級、6級は全部制覇して、5級もできれば落としたいなー」

なんて希望を持ちつつ課題にとりかかる。



夏だし、ギグとはいっても参加費はジム使用料のみだし、参加者の顔ぶれも「俺はここの賞金でプロテインを買うぜ!!」とかいう切羽詰ってるような連中もおらず、まったりモードで競技は進む。



後半戦に入ってくると、室内の暑さで、だんだんとだらけた雰囲気に侵食されるクライマーたち。

汗を流し続ける人あり。はだしの跡をくっきりと残す人あり。

競技続行中なのに、さっさと着替えて寝そべる人あり。

横浜の一角がカオスと化してくる。



朝の新鮮な気分はどこへやら、あたしも靴が食いこんでくる感覚が徐々に短くなってくるので、裸足になって鑑賞中心になる。



結果は、6級制覇どころか、6級でさえもスタート地点で落ちちゃうような、やっぱりへなちょこクライマーだった。

前日のロルフィングも効果なし。



くじ引きの商品クラッシュパッド欲しかったなあ。

最後は夏の風物詩、スイカ割りで終わり。



暮れなずむ町並みの中、ビールを求めて帰ったのでした。

のるかそるかロルフィング(4回目)

テーマ:

ロルフィングも、4回目からは本格的になるんだそうな。



説明書にいわく「体の深層部をほぐします」とある。

深層部?体の奥深くから何かが目覚めちゃうんだろうか?



とはいっても、今日はコレまでのアタシの悩みに一番近い「股間節をほぐす」のがテーマなので、いそいそと出かけた。



最初のカウンセリングで、蓮華坐がココ最近うまくいっている話をしたら、先生かなり喜んでいた。

ヨガの話もしつついざ施術にうつる。



で、この日(というより、前々から思っていたんだけど)

人間、立った姿勢から膝を曲げるときに背中をそう丸めていないのに、アタシは背中をかなり前に傾けていたんである。または、しゃがむ時にかかとが上げなければしゃがめないのは、レアなことだってことに。。。



う、つまりどういうこと?

アタシ日本人なのに、和式便所で育ったのに、しゃがむ姿勢が変なのである。



脚の裏が硬いのに、よくこれまでアキレス腱をいためないでこれたなあ、、、、と感慨にふけるまもなく、この日のマッサージはかなりイタかった。この日は足の内側から骨をまっすぐになるようにぐぐーっと上から押さえつけられるようなことを何度も繰り返される。



コレをやってもらっているうちに、これまで「股関節股関節」っと呪文のように唱えながら、ひたすら足の裏を合わせて左右に開く、という繰り返しばかりをしていた日々を思い出した。

先生が脚の付け根に手を差し込んで、お尻の内側から脚の骨をまっすぐにしてくれている実感を感じながら「これまで無理なことばかりしてたのかも、、、、」っと思ってきた。脚の骨がしなってくるような感触に触れたのでした。

これは、かなり効いたみたい。



終わってから「どう?なにか変化を感じますか?」っと聞かれたが

立ち姿勢で足踏みしたり、しゃがんだりしてみたけれど、とくに変化は感じない。

「うーん。特に、、、、」と正直に言ったら、先生はがっくりきていた

でも、先生!

もしその場に「身長測定器」があったら、確実に1センチ背が伸びていたと思うよっ。



施術中に、先生が「ヨガってダイエットにいいの?」と聞いてくるので

「最近セレブダイエットとか言って、ヨガがいいとかいいますけど、ダイエットを目的にするとつらくなるんじゃないですかねえ。ヨガを通して自分の身体を知ったり、労わったりすることで結果やせたって言うのが一番いいんじゃないかなあ」っと、少し知ったかぶりのようなことを言ったら、

「そうか、、、、実は理想体重より5キロ増えているから、かなりやばいんだよね、、、」とつぶやかれた。

アタシ、かなりきついことを言っちまったらしい。

「あっ。そっ、そっ、そうなんですか。じゃあ、今のうちにいかないと、やばいですよ!ほら、気になるうちが一番よくて、気にならなくなって服のサイズ変わったりしたらもうおしまいですから!」っと言ったんだけど、ああ、アタシってどうして気の利いたことがいえないのだろうか



最後に、脚の裏をやわらかくするのに、おそらく有効になる骨盤を前後に動かす体操を教えてもらう。

「これ、寝ながらでもできるからできるだけやってね」だって。

で、ロルフィングの効果を実感したのは家に帰ってから。



いつものように蓮華座に挑戦したら、今までの3段階くらいupされたようにすんなりと組めたのでした。

まだまだ安定しているわけではないけれど、でも、、、、すごい。組めている、、、、と思ったら、じんわりと感動してきた。



もちろん次回も行くことに。