居抜き物件は、掲載にあたって貸主の許可や根回しが必要な場合などあり、一般情報公開まで時間が掛かる事があります。


その様な時は、事前にお問い合わせがあった方に優先的に公開や連絡を致します。


多分、どこのサイトや不動産業者でも、居抜き、スケルトン問わずその様な物件情報はあるでしょう。


物件をお探しの方も、できれば一般に公開する前の情報を、誰よりも早く欲しいはずです。


その様な情報を得る為に必要な事とは!


何よりも大切な事が一つあります。


きちんと名乗り、身元を明らかにすることです。(;^_^A


居抜き物件は、営業中の撤退情報であったりするので、どうしても慎重に扱わなくてはいけません。


まだ、働いているスタッフに知らせて無い案件もあったりします。


ですから、公開前の情報は、どの仲介業者さんも情報を提供しても安心な方から情報提供をします。


なぜ、この様なことを申し上げたかというと、弊社のお問い合わせの8割近くは、何も名乗らない方がほとんどです。


もちろん、名乗る必要はありませんし、名乗ってくださいとも申しません。


しかし、いろんな不動産業者や居抜きサイト等に問い合わせをするなら、しっかりと名乗ったほうが良い情報を得られるのにと思ったりすることがあります。


事業用の賃貸借は、事業者同士の取引なのです。


事業者の概要がお互いに分かって、初めて取引が開始されます。


チェーン店の開発担当は、良い物件情報得る為に日夜多くの不動産会社等へ挨拶や、自社紹介をしに回っております。


その方達より良い情報を得るのにまず必要なのは・・・・ですね(o^-')b



次回の 第24回サロンアプリケーションズセミナー~出店、開業、経営編~ では、居抜き物件の事例について、数多くの美容業の居抜き物件を仲介した私がとことんお話しします。



例えば、1年掲載しても決まらなかった人気の無い居抜き物件を借りて繁盛店にした事例や、居抜き物件で失敗した事例等、実際の事例に基づきお話し致します。


もちろん、開業者や出店希望者でなくても構いません!


美容業界の業者の方等、聞きたい方はどなたでも参加してください。


みんなで勉強して美容業界を盛り上げましょう!


第24回サロンアプリケーションズセミナー~出店、開業、経営編~のご案内


AD