美容室を開業するにあたって、最近では大変大事な広告戦略が一つあります。


それは、目に見えない来店されているお客様です。


最近では1階路面店でも、お客様は飛び込みでは来店せず、一度インターネットでその店を検索し、割引クーポンや店の雰囲気、客層、スタッフを確認してから来店されます。


それは、美容室検索サイトやホットペッパービューティ、お店のホームページ、お店のブログと様々ですが、この何らかのインターネットサイトを経由してから来店されるお客様は、実に70~80%とも言われております。


ですから、およそほとんどのお客様が、実在の店舗に来店される前に、インターネット上の仮想店舗に来店されている訳です。


その中で、美容室検索サイトだけではお店の様子や雰囲気、コンセプト等をお客様へ周知させ、他店との差別化を図り、来店に繋げるのは容易ではありません。


「記憶」に残り、「行動」(来店)させる為の「確認」という安心感と付加価値への「興味」を持たせるには、ホームページ、ブログを効果的に使う必要があるのです。


特に「ブログ」では、ホームページでは埋める事の出来ない「ロングテールワード」(数多くの検索ワードの組み合わせ)に対するインターネット検索対策や、顧客への告知、お店への安心感の増加等たくさんの効果が期待できます。


ですから、毎回ブログを書く際の「ブログタイトル」は非常に重要なのです。


例えば、近所に新規オープンした飲食店等に訪問し、レポートをブログに記載します。


その際、ブログタイトルに「地名、料理、店名」等のそのお店に興味を持った人が、検索しそうなワードで記載するのです。


そうすれば、近所のお店に来店する方が、自分の美容室のブログに検索で引っ掛かり、多少ですがお店の宣伝にもなる訳です。


実際、私のブログも造作譲渡や居抜きのトラブルについて、検索した時に辿り着いた方もいらっしゃいますし、飲食店や旅行についての検索で辿り着いた「美容業に関係ないお客様」が、自分の通う美容室のスタイリストさんで独立する人に、弊社のサイトを教えて頂いた事例もあります。


この様な効果があるから、ブログの更新を習慣として続けられるのです。


まだまだ、一部ですがこの様な目に見えないお客様に対する広告戦略が、これからは大変大切なのです。


実は、これが「居抜き物件」で成功するにあたっての大きな鍵になるのです!


しかし、注意しなければいけないのが、ある程度続けられないのであれば、ブログを開設する必要はありません。


放置されていて更新されないお店や企業のブログは、逆にマイナスのイメージに繋がります。


せめて、1週間に1度くらいの更新は必要でしょう(o^-')b


AD