昨日の「第18回サロンアプリケーションズセミナー~サロン経営向上編~」 では、私は居抜き店舗で多店舗展開するに当たっての攻略法についてお話しました。


その中で、私がお話ししたのは、どちらかといえば居抜き物件は、既存の店舗があり、2店舗目以降の出店に向いているというお話しでした。


初めての出店では駄目なの?ということではありません。


居抜き物件の特性を理解し、活かす戦略をしっかり立てればリスクを少なく初めての開業も可能です。


しかし、お問い合わせで多いのが、自分のコンセプトや戦略を伝えず「何か良い居抜き物件はありませんか?」という、初めての開業の方。


初めての開業で、誰が営業しても繁盛する居抜き物件はありません。


その方の戦略や、コンセプトに合った居抜き物件を探す事が大切なのです。


事実、弊社の居抜き物件で成功しているお客様で


1年近く決まらなかった居抜き物件に入居


リスクの高い賃料の高めの大型店舗


美容業界での経営経験は短い


にも関わらず、繁盛店にされている企業があります。


更に他の事例でも、入居申込みで競合相手がいなかった居抜き物件で、繁盛店にされている方が少なくない事実があります。


その皆様が口を揃えて言うのが、「私達だからこの物件を借りる、きっと他の人が営業してもうまくいかないでしょう」と、自信をもって言うのです。


私からその方達をみて思うのが、本当に居抜き物件を理解されているという事。


来月の9月11日火曜日の第19回サロンアプリケーションズセミナー~出店・開業編~では、今回のブログテーマ「居抜き物件で成功する人、失敗する人」についてお話しします。


成功する人だけではなく、居抜き物件で失敗する人には大きな共通点があります。


ブログでは話せませんが、セミナーだからお話し出来る真実。


他のカリキュラムが、まだ決まっておりませんので決まり次第、こちらのブログで発表します。

AD