店舗の入居申込み時に、必ずと言ってもいい程、借家人賠償保険と店舗の什器備品への損害保険加入が条件となります。


それは何故でしょうか?


例えばテナントビルや近隣の他の店舗の失火により、自分の店舗が損害を被った場合、その損害を失火元に請求できるのかという問題。


失火起こしてしまった場合、重大な過失がなければ延焼先(他の店舗)の損害は「失火の責任に関する法律」により、損害賠償は免れます。



ですから、もらい火により自分の店舗は多額の損害を被る可能性があるのです。


そして、自分が火災を起こした場合は、建物の貸主に対して原状回復義務の債務不履行責任により損害賠償が発生します。


店舗を借りるにあたっては、いろいろなリスクも発生します。


この様なリスクは、損害保険に加入する事により回避ができます。


店を借りる際は、この様な事も考慮しなければいけません。


サロン開業のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュースへ

AD