店舗物件探しの極意

来月10日開催の「第17回のサロンアプリケーションズセミナー~出店、開業編~」 での私のパートでは、「失敗しない物件探しの極意」をお話しさせて頂きます。


普段仕事では、多くの物件をご案内し様々なサロンオーナー様ともお会いしていますが、何店舗も出店されてるオーナーでも、店舗の不動産については意外と知らなかったり、間違った解釈をされている事も少なくはありません。


例えば、良くあるのが「居住用の賃貸借契約」と、「事業用賃貸借」を同じように考えている例。


居住用賃貸借では、消費者契約法に守られ借主に不利な事は無効になりますが、事業用賃貸借では公序良俗に反したり、不当行為で無い限り、契約書通りに履行しなければいけません。


貸主から見ると居住用の借主は「消費者」、事業用の借主は「事業の取引先」なのです。


ですから物件の探し方から、交渉や契約までの取引の仕方が全く違うものになります。


また貸主が、どんな業種の企業かによっても交渉の仕方が違います。


まだ他にもたくさんありますが、そんなお話しを実例を交えてお話しさせて頂きます。


その他にも美容に特化したプロたちが、役に立つお話しをしますので是非ご参加ください!


第17回サロンアプリケーションズセミナー~出店、開業編~のご案内

AD