今や、サロンを探す人の70%が、ホームページやサロン系検索サイトを経由してからお店を決めています。


お店の前を通りかかり見かけた方や、折り込みチラシを見た方も同様にホームページ等を検索します。


以前は


「サロンがあることを視認ができる」

「サロンの特徴を掲示し、興味を持たせる方法がある」

「お店の雰囲気を確認できる方法がある」

「価格帯がわかる方法がある」

等の視認、興味、安心、確認ができれば、「記憶」に残り「行動(来店」になるという流れでした。


だから、1階路面店舗物件は広告力が有ると絶対的な人気が有りました。


これが、最近の一部の層では、「お店のホームページ」や「ブログ」を検索しアクセスして、「再確認」と「発見」(お店の雰囲気や客層、スタッフの確認、付加価値や特典の有無)を求める傾向にあります。


ですから、現在ではホームページやブログという仮想店舗に一度来店されてから、現実の店舗へ来店するという事になります。


せっかくお客様が、お店のホームページやブログに来店されたにも関わらず、帰してしまって他店に行ってしまっては無いでしょうか?


ホームページにも、お客様をエスコートする作り方が必要です。


第12回サロンアプリケーションズセミナー~サロン経営向上編~ では、ベストサロンを運営する「TOP広告社」様をお招きし、この集客ができるホームページの作り方をお話しして頂きます。

サロンアプリケーションズセミナーは、美容業界に貢献する目的で協力業者様の協力により、開催しているセミナーです。


サロンアプリの無料会員登録を行えば、無料で受講できます!


無料招待になるには、サロン支援ポータルサイト「SALON APPLI」サロンアプリの 無料会員登録をして頂き、マイページからセミナーを申込むだけ!

サロンアプリへはこちらをクリック!

AD