最近の賃貸店舗事情

最近、物件探しや内見の際に管理会社や貸主から、「資料に書いてある賃料より大幅に下げますのでご検討お願いします。」と、いわれる事が多々あります。


最初から、下げた賃料を表示すればいいのにと思われがちですが、高い賃料で入居されている他のフロアーの借主がいる手前、安易に表示できないのです。


ともすれば、他のテナントの賃料減額請求のきっかけにもなりかねません。


ですから、最近では大幅に交渉が可能な物件が増えてきています。


しかし、ここで気をつけなければいけないのが、賃貸借契約の契約形態です。


大幅に減額した賃料の店舗物件の場合、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)で契約をする場合があるからです。


定期借家契約は、契約期間の終了とともに必ず契約が終わり、入居を続けるためには再契約をしなくてはいけませんが、再契約時には大幅に賃料の増額を提示される事があるからです。


店舗の契約は、入居時の条件だけではなく更新時、解約時の事も注意して契約する事が大切です。

AD