居抜き店舗として造作、什器備品を売る場合において気をつけなければいけないのは、新しい借主の入居審査です。


店舗物件を借りるにあたっては、大抵入居審査というものがあり、貸主が承諾しなければ借りられません。


居抜き物件も例外ではありません。


造作の売買代金では合意しても、その後の審査で断られたり、貸主との賃貸条件で交渉が折り合わないことも少なくありません。


ですから、造作譲渡の買受人が見つかってもその事を踏まえて撤退の準備や、引き継ぎの準備をする必要があるでしょう。


サロンの店舗売買のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD