賃貸店舗を借りる際、賃貸条件の交渉が入る場合があります。


どの様な交渉をすれば良いのか?他の方はどの様な交渉をしているのか?気になるところだと思います。


今日は今まであった、交渉内容を書いてみます!


●賃料の減額交渉

(期間的なものや継続的なもの含む)


●保証金の減額交渉

(初期費用を削減するのに多いようです)


●契約期間の延伸交渉

(更新時期を延ばすことで、更新料の発生回数を少なくします)


●賃料発生日の延伸交渉

(フリーレント期間や契約期間自体を先に延ばす交渉です)


●電気容量の増設費用の負担

(特に美容室では多い交渉です)


●設備の修繕や新設

(エアコンの新設やトイレの修繕等がありました)


●残置物撤去費用の貸主負担


●造作譲渡を承認する特約付帯


●フランチャイズ等で転貸する特約


●看板スペースの交渉、看板使用料の交渉


●解約予告期間、償却等の解約条件の交渉


●敷金、保証金の返還の期間


●店舗の分割交渉


こんなところでしょうか・・・


全て交渉するなんて事は難しいところですが、物件や貸主の事情も考慮していくつか交渉される事が多い様です。


むやみやたらに交渉すると交渉決裂という事態にもなりかねませんから、よく見極めて交渉する事が大切ですね(o^-')b


サロンの賃貸店舗探すなら

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース



AD